バイクパッション フリーダイヤル tel-0120819118
メニュー開閉ボタン
オンライン査定 相場情報をご案内 無料出張査定 全額現金でお支払い
pcx-jikofudo-
調整画像 高額買取 お笑い芸人パッション屋良 pcx-jikofudo-最強の買取価格
10秒で愛車を見積る

個人情報不要です

全車種の買取相場

データ最終更新:2020年09月11日

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118

PCX150買取査定実例|2013年式KF12型の【フレームに亀裂ありの全損事故車】

雨天時の事故でフロント壊滅!大ダメージを受けた初代KF12型 PCX150の全損事故車は買取可能?
ウェットな路面で中央分離帯に激突し、勢いよく滑り、フロントカバーからステップボードまでが損壊し、フレームにまで亀裂が入る大きなダメージを負ってしまった初期型KF12の全損事故車。
見た目以上に大きなダメージを受けた車両でしたが、車屋さんを経営されているお客様から部品取りの価値として4万円の査定価格で買取させて頂きました。
以下、査定内容の詳細をご案内させていただきます。

仮に事故による損傷がなければ15万円程度の査定価格が付いていたPCX150の初期型KF12。同じ全損状態の事故車でも型式がKF18であれば10万円程度の査定価格が付いていました。
PCX150を売りたい方必見!初期型KF12と新型KF18のの買取相場の比較もページの下段でご案内しております。
なお最新の相場情報は、10秒で査定額が出る個人情報不要の自動査定でチェックして頂けます。

PCX150買取価格実例

買取した事故車のPCX150/KF12
  • 買取した事故車のPCX150/KF12
  • 背面のコックピットまで突き抜けて損壊
  • 車体が圧縮されて閉まらない給油口カバー
  • 歪んでいるフレームに損失しているサイドモール
  • 亀裂が入って割れているメインフレーム
  • フレームネック部分に衝撃を吸収した痕の皺が寄っている
  • フレームからステップボードまで大破しているフロント
  • 歪んでいるフロントフォーク
  • ハンドル曲り、割れているインナーパネルやカウル
  • 割れているメーターパネル
  • 唯一パーツ価値として使えるのはフレームを除いたリア部分

総合評点:1点

【評価点の目安】
8点以上:新車 7点:超極上車 6点:極上車
5点:良好車 4点:多少の使用感 3点:難有 2点:劣悪
1点:事故不動
  • バイク名
  • PCX150
  • 買取価格
  • 40,000円
  • 年式
  • 2013年モデル
  • 走行距離
  • 5,797km
  • 車台番号
  • KF12-120(初代)
  • カラー
  • パールヒマラヤズホワイト
  • エンジンの状態
  • 電装系に何らかの不具合が起きたためか始動せず不動判定
  • 外観の状態
  • 劣化や錆びや汚れは少なめ
  • 損傷や事故転倒歴
  • フレームとフロントフォーク歪みの全損車両
  • カスタムや改造
  • ノーマル車両
  • 買取年月
  • 2017年12月

【型式KF12 全損事故車】2013年式 PCX150買取査定内容

「昨日の夜半、息子が事故を起こし本人立ち合いが難しいのですが、買取査定をお願いできますか?」という形で出張査定のご依頼をいただいたホンダ・PCX150。
早速事故現場近辺にて車両状態を拝見させていただいたところ、中央分離帯に接触したフロントをはじめ、ほぼ前半分が大破した痛々しい状態となっておりました。
今回のように、大きなダメージを負ってしまったPCX150の査定評価はどのようになるのでしょうか?
以下、今回拝見させていただいた2013年式で初期型KF12にあたる全損事故車のホンダ・PCX150の車両詳細となります。
背面のコックピットまで突き抜けて損壊
spacer for layout

足回り

フロント回りを大破し、Fフォークが素人目でもわかるほど曲がってしまった初期型KF12のPCX150。衝突時にブレーキパッドが噛んでしまったのでしょうか、押し引き時にやや引きずるような状態に。
リアサスなどへの影響はなかったものの、これほどの大ダメージでは中古パーツとしての再利用は困難と判定。
結果、車体後部を中心に、再利用可能なリアサスなどを中心に、パーツ単位で査定評価させていただく形に落ち着きました。また、ハンドル曲りの他メーターレンズも事故時の衝撃で割れています。査定内容は総じて辛めに。
歪んでいるフロントフォーク
spacer for layout

外装

フロントカバーから樹脂製インナー、アンダーカウルに至るまで、メリメリと外装が剥がれ落ちてしまった状態。
お電話で伺っていたよりも広範囲に及ぶダメージを受けた状態です。フレームをチェックしてみたところ、衝突時のショックをダイレクトに受け、フレームの曲がりとともに巻き込まれる形で破損したものと思われます。
ガソリンタンク給油口の開閉部が空いているのは車体が圧縮されて閉まらなくなっている為。
フレームの歪みとなると車体評価はかなり厳しく、無事に生き残っている車体後部の外装を対象とし、こちらもパーツ単位での評価をさせていただくことに。
歪んでいるフレームに損失しているサイドモール
spacer for layout

エンジン周り

エンジンの始動性を確認しようとイグニッションをONにしたところ、オドメーターなどの作動はしたものの、セルは回らず。
キックでの始動が出来ない設計のPCX150で。事故による影響で電装系に何らかの不具合が起きたためかエンジンに関しては始動せず不動車の状態。
しかし、目視でのチェックではセルモーターや電装系の修復によって始動する可能性はそれなりに高いと判断し、完全不動状態のものよりは高めの査定評価に。
亀裂が入って割れているメインフレーム
spacer for layout

フレーム回り

中央分離帯への当たりどころが悪く、衝撃でフレームにもダメージあり。アンダーカウルとの連結箇所が大きく曲がり、 フレームには亀裂が入っています。フレームのネック部分には衝撃を吸収した痕である目立つ皺も寄っており再商品化は安全性と難易度の面からもコスト大という判定に。
PCX150の車両価値的にもフレームの修正は費用対効果が折り合わず、残念ながら評価はかなり厳しいものに。
現状ではフレーム価値のない全損車両のとしての評価になり、車両の価値はフレームから降ろしたパーツの価値となり、買取できる価値を大きく下げました。
ハンドル曲り、割れているインナーパネルやカウル
spacer for layout

電装/保安部品

イグニッションをONにしてみたところ、オドメーターは表示。リアウインカーは点滅しましたが、ブレーキレバーを握ってもテールランプは点灯せず、再商品化にあたっては全交換という判定に。
フロント周りの損壊状況から、内部断線も疑われる状態であったため、その他に続き辛口の買取価値となってしまいました。
フレームネック部分に衝撃を吸収した痕の皺が寄っている
spacer for layout

その他

カスタムされることも多い初期型KF12のPCX150ですが、今回拝見させていただいた車両はフルノーマル状態。
純正マフラーやグラブバー、シートなど中古部品として再利用できる箇所は多く、後部ホイールやリアサスが無傷であるため、これらの箇所を総合的に判断しての買取価値となりました。
フレームからステップボードまで大破しているフロント
spacer for layout

事故車としての総合評価と買取価格

以上が今回のPCX150の査定チェックポイントです。
一言で今回の型式KF12の状態を現すと「全損事故車」になります。
斜め後ろなど特定の角度から車体を見ると損傷が見えず綺麗な車両には見えますが、フレームは損傷で使用できず、エンジンは始動せず、フロントフォークは歪み、外装はフロントを中心に損壊。
買取出来る車両の価値はフレームから分離して再使用できそうなパーツの価値になります。
走行距離も少なく生き残った部分を見る限りでは綺麗な状態であっただけに、残念ではございました。
仮に事故による損傷がなければ、走行距離も少なく外装も綺麗でしたので15万円程度まで査定価格が伸びていたと思われます。
4万円まで査定価格が下落した要因は以下になります。
  • フレーム修正がコスト割れになるフレーム損傷
  • フレームが使用できず、分解してフレームから降ろした再利用可能な部品価値に減損
  • フロントカバーからグラブボックス、アンダーカウルに至るまで広範囲に渡る外装類の破損
  • アンダーカウルの取り付けステーの曲がりを含むフレームへのダメージ
  • エンジンが始動できなかったことに起因するエンジン全体の低評価
オートマで機能面の訴求が少ないスクーターモデルは外観が車両価値に反映されやすい傾向にあります。 外装カウル類の損壊に加え、フレーム損傷の全損事故車。パーツとしての価値などを考えてもかなり査定評価が難しいケースでしたが、部品価値の総計として40,000円をの査定価格で買取させて頂きました。

仮に事故による損傷がなければ15万円程度の査定価格だったと申し上げましたが、 同じ全損状態の事故車でも型式がKF18であれば10万円程度の査定価格が付いていました。
型式の違いによる相場情報は下段で詳述しています。

お客様のご感想と買取後記

「私は板金屋をやっているので例え壊れていても車両の価値は分かります。車屋の私から見てもこの金額なら納得です。運搬回収もやってくれたことを考えれば大助かりですよ」とは、今回の査定にお立会い頂いたPCX150オーナーのお父様。
弊社の前に相談された他業者では、事故車と聞いただけで処分費用の説明を始められた、とのことで、話を最後まで聞いてくれなかったことにうんざりして即刻電話を切ってしまわれたそうです。
専門知識のある同業の方にもご納得頂ける形でご成約となり、お褒め頂けたことを喜ばしく思います。

KF12型とKF18型の比較|PCX150買取相場

2012年4月に発売された初期型KF12。2014年5月にフルモデルチェンジされて車両価格も上がった新型KF18。買取の相場に差はあるのか?実働車と、事故車不動車の相場を比較してみました。
  • KF12型(2012~2013年モデル) 新車価格32.97万円
  • KF18型(2014~2017年モデル) 新車価格36.07万円
実働車|PCX150の査定相場比較
モデル/
落札価格帯
KF12
2012年~
KF18
2014年~
平均落札額 14.2万円 20.6万円
20~24万円 0台 37台
15~19万円 16台 20台
10~14万円 45台 0台
事故車・不動車|PCX150の査定相場比較
モデル/
落札価格帯
KF12
2012年~
KF18
2014年~
平均落札額 9.6万円 17.1万円
20~24万円 0台 8台
15~19万円 0台 53台
10~14万円 48台 10台
5~9万円 44台 0台
5~9万円 1台 0台
(2017年12月時点で、業者間市場の落札データを過去3ヶ月間遡った数字。事故車不動車は過去12か月間の数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)
実働車で見ると、PCXは取引されている値幅に特徴があります。これだけ取引台数がありながら非常にコンパクトな値幅で取引されています。
KF18は20万円台前半に実に6割以上の車両が集中、KF12は10万円台前半に7割以上の車両が集中しています。
上記は業者間での取引値(販売業者の仕入れ値=買取業者の売却値)ですので買取業者の実際の買取価格は上記から数万円(業者の儲けと経費)差引いた金額となります。
KF18はメーカーの儲けを差引いた正味の車両価格として、走行距離0kmの新古車が23万円台で取引されています。したがって中古車の上限は22万円台~というのが現在の相場です。
買取価格の中心をかなりピンポイントで示すとKF18は18万円程度。KF12では12万円程度が中心。そこから状態に応じて若干上下していけば適切な査定価格としてイメージ出来ます。

事故車や不動車の取引に目を転じると、KF18の相場の高さが際立っています。
最低落札価格が10万円であり実働車の相場と大差がないことが見て取れます。人気車種の最新モデルだけにある特徴ともいえますが、事故車でも実際の買取額が7~12万円程度が基中心となる相場になっています。
対してKF12は2~8万円程度が買取額の中心となる相場となっています。
今回4万円で買取りしたPCX150の全損事故車でしたが、KF12の相場に照らすと適正以上ということがご理解して頂けると存じます。仮に同じ状態でも型式がKF18であった場合は10万円程度の査定価格となっていた事が 相場からは読み取れます。

PCX150豆知識

v原付2種クラスで圧倒的な人気を博したPCX125の上位排気量として2012年にラインナップへと追加されたホンダ・PCX150。
125と共通のコンパクトなボディに152ccのエンジンを搭載し、2種スクーターの運動性能にワンランク上の走行性能を両立。
「コンパクトビッグスクーター」という新ジャンルを開拓し、このジャンルでの代表者として高い人気を誇るモデルとなりました。
PCX125同様、2014年に2代目へとモデルチェンジし、これまで以上の充実度で幅広い層からの支持を獲得しております。

PCX150の買取相場

PCX150【2012~2013年モデルのKF12型】

【実働車】の業者間オークション市場における、買取時点直近3ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 61台
  • 平均価格: 142,475円
  • 最高価格: 182,000円
  • 最低価格: 114,000円

【事故車・不動車】の業者間オークション市場における、買取時点直近12ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 93台
  • 平均価格: 95,763円
  • 最高価格: 129,000円
  • 最低価格: 49,000円
spacer for layout

相場情報:2017年12月11日時点

最新の相場情報は、10秒で買取相場が出る自動査定でチェックして頂けます。

上記金額は、買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の落札データであり、買取業者の転売金額です。
業者間オークション市場とは買取業者と販売業者が参画する競り市場で、年間に約20万台のオートバイが取引される市場です。
買取業者が買取したバイクの約9割は上記市場において転売されています。
その事実が、業者間オークション市場の落札金額が買取業者の査定額の基準値である所以です。
査定現場での買取価格は下記の転売(落札)金額から買取業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります。
査定現場での正味の買取額は、転売金額である落札額から5~10%を割り引いた金額が適正で競争力のある価格となります。
金額にすると単価の安い原付バイクで1万円から、100万円を超える高額車両では6万円までが適正な割引額です。

PCXに関連する買取事例

  • PCX125
    PCX125タイ仕様

    買取査定価格

    178,000円
    JF28/EU仕様 走行 1,603km
    所々に小傷や錆の出始め
    2013年12月買取
spacer for layout

PCX150は売ろうと考え時が一番高く売れます

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い

買取査定の安心ステップ

【リピーターやご紹介のお客様が非常に多い】 のは、お客様の立場に立った誠実な査定と相場以上での高額査定が評価されてのことだと自負しております。
事実、パッションのバイク買取査定はお客様満足度95%超!
弊社パッションは最高の接客と特別な買取価格で常にお客様満足度No1を追求しています。
【当社の査定員はみんな査定資格とマナー講習を修了】
お客様が気持ちよく満足してオートバイを売るできる事がとても大切だと考えています。 買取提示価格がお客様のご希望金額に届かない等、御満足頂けない 場合は買取不成立となりますが、その場合もパッションの査定はモチロン無料です! 査定は全て、最初から最後まで無料。安心してお気軽に最高の無料査定をお試しして頂けます。

バイクパッションについて

出張買取エリア

北海道を除く全国で出張査定
パッションの査定士

【即日対応!資格を持った査定士がお伺いいたします】
全国の支店からご希望日時に出張査定にお伺いしています。弊社の査定員は全員。査定士の資格を取得し、マナー講習を修了しております。
リピーターやご紹介のお客様が非常に多いのには理由がございます。
最高の査定額と最上のご対応でお客様のご期待にお応えいたします。

買取の際に必要なもの

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い
to top