調整画像 パッション屋良とバイク お笑い芸人パッション屋良 直線 自動査定 個人情報不要 TZR250RS最強の買取価格 調整画像 パッション屋良とバイク お笑い芸人パッション屋良

全車種
の査定相場

  • 良好~極上 最高値とは 型式の平均的な状態より綺麗で状態の良い車両の買取額。
    最高額は買取業界の9割超の売却先である業者間オークションでの最高落札額
    0 0
  • 買取平均 平均相場とは ボリュームゾーンである平均的な買取価格帯
    0 0
  • 取引数 落札台数とは 買取業界の9割超の売却先である業者間オークションで落札された台数
    0 12ヵ月間

データ最終更新:2018/12/07 平均相場とは データは最新の状態に毎週更新されています

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種名
  • 総合状態
  • 走行距離
査定を予約する

外装は綺麗だが細微に劣化も目立ったTZR250RSの買取査定

中古市場では、80~90年代のレーサーレプリカにプレミアが付いて買取相場も右肩上がりです。
程度がよいバイクであれば、当時の販売価格を上回る査定価格を付けることも。今回買取させていただいたTZR250RSは、レプリカの見た目の殆ど全てである外装カウル類はほとんど無傷で艶がありその状態の良さは高価買取を予感させました。
残念ながら、ステムやクラッチ、ブキャリパー、ホイール、エンジン、キャブ、各ボルトやナット類など金属やメッキ各所には錆びや腐食が目立ち、全体としては極上車未満の良好車との評価となりましたが、 劣化は磨いて磨いてリカバリー可能な状態でしたので、相場平均を大きく上回る査定価格を付ける事ができました。
ページ下段では、1985年の初代TZR250~1995年の最終型TZR250SPRまで、TZR250シリーズの査定相場をモデル別に比較した買取相場表もご案内しています。

買取したTZR250RS
  • 買取したTZR250RS
  • スプロケットやスイングアームの塗装ハゲ
  • 綺麗なチャンバー
  • 腐食やオイル汚れの目立つクラッチペダル周辺
  • 塗装ハゲや多少の腐食がむられるステム周辺
  • アンダーブランケットの腐食
  • ブレーキディスクやブレーキキャリパーのボルトなどに錆び
  • 1993年式のTZR250RS
  • リアブレーキキャリパーの腐食がやや目立つ
  • タンクやカウル等の外装は綺麗
  • 配線類のゴムやプラスチックなどに汚れや劣化が目立つ
  • 評価点
  • 総合評点:4点
    (エンジン4 車体フレーム4 外装5 電気保安4 フロント5 リア4)
    ※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
    査定のチェック箇所と項目
  • TZR250RS買取価格実例
  • バイク名
  • TZR250RS
    TZR250 Racing Sports

    買取価格

    478,000円

  • 年式
  • 1993年式
  • 走行
  • 12,819km
  • 車体番号
  • フレーム3XV-088 エンジン3XV
  • エンジンの状態
  • 軽いオイル漏れや異音あり/年式を考えると良好
  • 外観の状態
  • 年式を考慮すると綺麗/細部や金属部分に錆びや腐食が散見される
  • 外傷
  • 目立つ大きな外傷はなし
  • 改造の有無
  • ノーマル車両
  • 買取年
  • 2017年11月
  • オンライン相場案内

    出張買取無料査定

    フリーダイヤル 0120-819-118

TZR250RS 買取査定のポイントや詳細

兵庫県西宮市にお住いの渡辺様(仮名)より、TZR250RSの買取のご依頼を受けました。2ストバイクが全廃されたと聞き、2003年に中古で購入されたそうです。
「一度は2ストに乗ってみたいと思っていました。ロケットのような加速で驚きましたよ」と今でも衝撃が忘れられないようです。「TZR250RSを購入したときはそれほど高くなかったんですが、 今は人気があって相場が高く良い売れると聞き、売却に踏み切りました」と手放す理由を教えてくれました。それでは、じっくりと査定させていただきます。
1993年式のTZR250RS
1993年のモデルとは思えないほど外装は良い状態を保っています。レーサーレプリカは峠を攻めるなど荒い乗り方をされていることが多く、カウルが割れていたり、タンクがへこんでいることが多いのですが、 このTZR250RSは、外装に関しては、この年式では珍しい5点で高い査定となりました。
タンクやカウル等の外装は綺麗
キックを降ろしてエンジンを始動します。一発で点火し、甲高いエンジン音とともに、チャンバーから排気ガスを吐き出しました。 多少の白煙吐きやクラッチ周辺からの異音はありますが、前のオーナーの方も渡辺様も大事に乗っていられたようで、TZR250RSとしては程度がよいことが分かります。
エンジンは修理に費用が掛かるため、重要なポイントです。査定としてはまずまず良好の4点の評価です。
綺麗なチャンバー
カウルの中にすっぽりと納まったメーター類。走行距離12,8119kmは、年式から考えると少ないです。その理由を渡辺様は「前傾姿勢がきつくて長距離走行は疲れる」と語ってくれました。
赤/白/黒のカウルの配色が綺麗
RSの特徴の一つである乾式クラッチをニュートラルからローにおろしてみましたが、「カチッ」という感じでスムーズに作動します。 クラッチペダル周辺は錆び腐食にオイル汚れが目立ちます。
腐食やオイル汚れの目立つクラッチペダル周辺
こちらもRSの特徴の一つである伸圧減衰力調整式サスペンションです。古いバイクはサスペションがヘタってしまい走行に影響を与える車両が多く見られますが、このTZR250RSは機能を十分に果たしています。
渡辺様は「車関係の仕事をしているので、足回りの大切さは熟知している」とのこと。頭が下がります。 アンダーブランケットやブレーキディスク、キャリパー、ホイールなどに目立つ腐食があり、前後の足回りの評点は3に近い4点となりました。
ブレーキディスクやブレーキキャリパーのボルトなどに錆び
電装系をチェックします。ヘッドライト、テールランプ、ウィンカー、フォーン、すべて正常に作動しました。このTZR250RSは車庫保管されていたので問題ないですが、長時間雨ざらしになっている場合は、 電装系が故障していることがあります。電装系の配線は奥まった隠れた部分にあるので汚れや劣化が目立ちやすい個所です。
配線類のゴムやプラスチックなどに汚れや劣化が目立つ
TZR250RSとしては極上とは言えませんが状態はかなり良い部類ではありました。2ストロークのバイクは希少なうえに、古いレーサーレプリカの人気が再燃焼しています。そのようなニーズも踏まえて査定させていただきました。 査定を終了して、渡辺様に478,000円の買取価格を提示させていただきました。 レーサーレプリカはブームを知っているライダーに人気で、買取価格を高く設定しても買い手が付くこと、エンジンの調子も良く外装の程度がとても良いこと、 各所に目立った細かい劣化は自社工房で磨いてリカバリー可能なレベルであることなど、高価買取の理由を説明させていただきました。
「中古で買った時はもっと安かったんですよ。まさかこれほどまでにプレミアが付くとは思いませんでした」と喜んでいただき、買取契約成立となりました。

今回のTZR250RSで評点の5点ついた箇所は外装のみでした。エンジン、フレーム、電気保安、前後足回りについては4点の評価で一部は3に近い4点でした。 もしすべてが5点であれば70万円台の査定価格となっていたでしょう。
「TZR250RSの加速を他の方にも楽しんでほしい」最後に渡辺様はこう言われました。80年代のレーサーレプリカにプレミアが付いています。もしそれを知らなければ安く買いたたかれることも。 バイクパッションはお客様の立場になり、バイクを適切な価格で査定します。買取はぜひバイクパッションにお任せください。

■年式別のTZR250RSの査定相場の比較

国内での製造販売期間が1997~1993年にまたがるス―パーシェルパ。年式モデルによって買取相場は異なるのか?以下の3つの年代に分けてその査定相場を比較してみます
  • TZR250 1985年~ (フレ番1KT)
  • TZR250 1989年~ (フレ番3MA)
  • TZR250R 1991年~ (フレ番3MA)
  • TZR250SP 1991年~ (フレ番3MA)
  • TZR250RS 1992年~ (フレ番3MA)
  • TZR250SPR 1995年~ (フレ番3XVC)
モデル別のTZR250RS実働車の査定相場の比較
相場/
モデル
平均落札額 最高落札額 落札台数
TZR250
1KT
17.7万円 30.0万円 28台
TZR250
3MA
29.1万円 68.4万円 37台
TZR250
R
29.1万円 67.0万円 38台
TZR250
SP
42.7万円 56.4万円 7台
TZR250
RS
34.1万円 47.2万円 13台
TZR250
SPR
60.6万円 60.6万円 1台
(2017年11月時点で、業者間市場の落札データを過去1年間遡った数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)

流通数は非常に少ないのですが、最も相場が高いのはTZR250SPRで中古の車両価格は店頭小売で100万円を超えてきます。
次いでSPやRSで業者間では30万~40万円台で取引されています。年々相場が高くなっていますので、極上車であれば80万円程度まで伸びてくるかもしれません。 業者間での流通価格と店頭販売価格に大きな乖離があるのは、プレミアムが付く絶版車の宿命で、回転率が低い上に故障を前提とした保証販売をする場合は 仕入れ値と販売価格が大きく開いてしまうからです。因みの上記価格は販売業者の仕入れ値であり、買取業者の売却値でもあります。
少し脱線しましたが、続いてTZR250の型式3MAとTZR250Rでは相場に差はなくどちらも状態が良ければ60万円台後半、平均的な取引値は30万円弱となっています。
最後に1KTのTZR250で10万円台後半が取引値の平均値となっています。
実際の買取査定額は、上記指標から買取業者の儲けと経費(運搬や出品手数料に人件費名ぢ)で数万円を差し引いた額となります。

TZR250RSの買取相場

TZR250RS
状態の良いバイクの業者間取引市場(定例オークション)における、
買取時点直近12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 13台
平均価格: 341,231円
最高価格: 472,000円
最低価格: 172,000円

事故車・不動バイクの業者間取引市場(蚤の市オークション)における、
買取時点直近12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 4台
平均価格: 242,750円
最高価格: 286,000円
最低価格: 206,000円

相場情報:2017年11月30日時点

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。

■TZR250RS豆知識

加熱するレーサーレプリカブームに、バイクメーカー各社は次々とハイパワーマシーンを市場に送り込みましたが、それが仇となり1993年に馬力規制が行われます。
TZR250RSもそれに合わせるように最高出力45馬力から40馬力にパワーダウンしています。RSとはRacing Sportsの略であり、乾式クラッチとスポーツ走行に優れた伸圧減衰力調整式サスペンションを装備しています。 TZR250としては3代目となる3XVは、ヤマハのレーサーレプリカ集大成といわれていますが、自主規制やネイキッドブーム、排ガス規制などにより1999年に静かに姿を消しています。

 TZR250RSいくらになる?
  • 無料出張査定
  • 無料オンライン査定
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
TZR250RS買取査定お任せください
買取査定お任せください

TZR250RSは売ろうと考え時が一番高く売れます

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118