thumb1 thumb1 thumb2 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb7 thumb8

W800(2014年式)買取価格事例と相場

時代を越えて受け継がれる美しさ ?カワサキ ER-6f? 1966年、カワサキが日本国内最大排気量を誇るマシンとして開発した650-W1(通称・ダブワン)。
今は亡きメグロ製作所のスタミナこと1Kを模範とし、その源流はトライアンフ社のBSA A7シューティングスターまで遡ります。
トライアンフ独自のバーチカルツインエンジンを再現し、日本バイク史上に多くの影響を与えた風雲児としてオールドファンに人気の高いモデルとなりました。
独特のエンジン音と、当時のバイクとしては非常に猛々しさを感じさせる瞬発力は、時代を象徴する名車として挙げるファンも多く、旧車談義では必ず名が挙がるマシンでもあります。

そのW1を彷彿とさせるクラシカルなデザインで1998年に誕生したのがW650で、ネオクラシックというジャンルに新たな風を吹き込みました。
2008年に排出ガス規制の強化により、生産終了の憂き目を見たW650でしたが、2010年に輸出モデルとしてボアアップしW800として復活します。
ボア×ストロークを77.0mm×83.0mmまで拡大し、773ccまで排気量をUPさせながらも最大出力はそのまま据え置き。
最大トルク値62Nm(6.3kgf・m)/2,500rpmと極低回転仕様にしたことで、「乗りやすさのW800」を強く印象づけました。
車体重量216kgと、W650最終型よりも5kg増加となったW800ですが、非常な粘りを見せるトルクの太さで安定感は抜群。
全く車体をフラつかせずに進めるのは大きな改善点で、心地よい鼓動感と肌に感じる低音のエンジンサウンドは、W800の大きな特徴となっています。
W1からW650,そしてW800まで受け継がれる曲線の美しさは健在で、W1の誕生から50年を迎える今日現在でもその魅力は色褪せていません。

ネオクラシックというジャンルでは、ヤマハ SRやカワサキ エストレアなどが人気を集めていますが、その優雅さと抜群の走りやすさでW800は頂点の一台と言っても過言ではありません。
W800には成熟した大人だけが乗ることを許されるようなジェントルさがあり、独特の気品は国内のどのバイクにもありません。
エンジンの造形美や、美しい曲線を描くデザイン、立体的なエンブレムに数々の高級感あふれるメッキパーツなど、どれをとってもW800というバイクが特別な乗り物であるということを強く感じさせてくれます。
ネオクラシックというジャンルでは、デザインありきで運動性能はさほど…といった印象が強いものですが、前19・後18インチのタイヤサイズを採用したW800は、キレの良い軽快なハンドリングも兼ね備えています。
やや限界値は浅めですが、慣れてしまえば現行のリッターネイキッド並みに倒し込んで攻めることも可能で、排気量UPの恩恵で力強い攻めの走りが出来るのもW800の魅力となっています。

今回は、そんなカワサキ W800の査定依頼を和歌山県橋本市在住の佐々木様(仮名)より頂きました!

1000km未満とかなりの低走行です
  • 1000km未満とかなりの低走行です
  • 60万円で買取させていただいたW800
  • 小キズが少々ある程度
  • ウインカーは社外品
  • オプションのエンジンガードが付いています
  • 凹み一切ないタンク
  • 使用感のないシート
  • 社外品のテールランプ
  • 足周りも劣化していません
  • 人気の落ち着いたカラーリング
  • タイヤの山もまだまだ残っています
  • 金属部分にサビは殆ど見当たりません
  • 光輝くマフラー
  • 駆動部分は劣化ありません
  • 綺麗な状態のヘッドライト
  • 精悍な前からのアングル
  • 評価点
  • ◆総合評点 7点  
    (エンジン 6  車体フレーム 6  外装 7  電装保安部品 7  フロント周り 7  リア周り 7)
    ※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
    査定のチェック箇所と項目
  • W800 買取価格実例
  • バイク名
  • W800

    買取価格

    600,000円

  • 年式
  • 2014年
  • 走行
  • 808km
  • 車体番号
  • EJ800A-019***
  • エンジンの状態
  • 実動
  • 外観の状態
  • 小キズ少々あり
  • 事故歴
  • なし
  • 改造の有無
  • ウインカー、テールランプ、エンジンガード、ETC付
  • 買取年
  • 2016年8月
  • オンライン相場案内

    出張買取無料査定

    フリーダイヤル 0120-819-118

W800買取事例

■走行距離一桁のW800!BSA A7シューティングスター購入の資金に…

大阪府との県境に位置する和歌山県橋本市。
緑あふれるこの地域は、世界遺産・高野山に連なる静謐な雰囲気のある街です。
大阪府河内長野市から山間部を縫って行くように走っていくと、夏場でも涼しさを感じられる澄んだ空気と夏らしいセミの鳴き声が木霊する峠道を抜けて佐々木様のお宅へ向かいます。
お約束時間の午前10時、玄関先でお出かけ前のお孫さんを優しく見守っていた佐々木様に出迎えて頂き、ごあいさつをさせて頂きます。
ちょうど60歳の還暦を迎えたという佐々木様は、ロマンスグレーという表現がぴったりの老紳士。
英国紳士のイメージがよく似合うジェントルな男性で、これほどW800オーナーとして相応しい方はちょっと見当たらないでしょう。
これまでにメグロ 1K・W-1・W650と乗り継いできた筋金入りのWシリーズ愛好家でしたが、思うところあって最後にシリーズの原型であるBSA A7シューティングスターの購入を決意。
海外バイヤーとの交渉中であるため、W800を売却して資金にあてたいとの事でした。
広大な自宅敷地内にあるガレージにご案内して頂き、まずは実車を拝見させて頂きます。
ガレージのシャッターを開けて目にしたホワイトのW800は、思わず息を飲むほどの綺麗な車両でした。
人気の落ち着いたカラーリング W800の随所にふんだんに使用されているメッキパーツは、全て顔が映り込みそうなほど磨き上げられており、いつまでも眺めていたくなるほどです。
驚きなのは走行距離で、イグニッションをONにして確認させて頂いたところ、わずか808km。
2014年モデルですので、新古車で通じるほど良好なコンディションと言えます。
エンジン音は静かな中にも力強さを感じさせる低音で、ぞくぞくするほどいい音質をキープ。
「乗らない時でも月2回はアイドリングしていた」と佐々木様がおっしゃる通り、新車同然の素晴らしいコンディションでした。
ウインカーは社外品 店頭試乗用の車両を1年落ちで購入されたとの事で、ちょうど1年前のこの日に納車されたとか。
社外品のウインカーに交換済みで、小さなヨーロピアンウインカーとなっていました。
オプションのエンジンガードが付いています 非常に綺麗な状態で、念の為にエンジンガードも装着。
エキゾーストパイプも曇り一つなく、非常に綺麗です。
この空冷フィンの美しさは、W800のバーチカルエンジンの大きな魅力の一つですね。
凹み一切ないタンク ガソリンタンクに装着されたタンクパッドはW650・W800の特徴の一つですが、こちらも当然変形等一切なし。
ガレージ内でお孫さんがやんちゃをした際につけた傷が2ヶ所タンクにありましたが、それ以外は極上です。
使用感のないシート シートにもクセがついておらず、新車同然の形を維持しています。
サスペンションもコンディションは良好で、W800の座り心地を100%堪能できる状態。
金属部分にサビは殆ど見当たりません テールランプは純正から社外品への交換となっていますが、こちらは純正パーツあり。 わずかではありますが、プラス査定とさせて頂きました!
駆動部分は劣化ありません W800のトレードマーク・バーチカルツインエンジン。
クランクケース部にかすかな擦り傷がありますが、何かの金具でひっかけてしまった程度のようです。

エキゾーストパイプの焼けなどもなく、総合的に評価してかなり高めのW800と言ってよいでしょう。
さらにバイク用ETCも装着されていますので、こちらもプラス査定となります。
非常にコンディション良好なW800で、今回の査定で決定した佐々木様所有の2014年式W800の最終査定金額は、600,000円となりました。
弊社による査定ランクは、10段階評価の「7」です。

■現行モデルで軽整備のみで店頭販売可能なW800。 納得の査定価格で即決成約に!

素晴らしいコンディションの2014年式W800で、佐々木様もそれなりの買取価格をご期待されていたとの事でした。
最終査定価格をお伝えしたところ、「いいですね! それじゃぜひお願いします。」と柔和な笑顔で成約となりました。
査定評価額の決め手は、まず現行モデルであるという点と、走行距離の少なさ・ほぼノーマルという点です。
中古バイクはなるべくノーマルに近い状態で、外装の状態のよさ、エンジンの始動性なども大きなポイントではあります。
今回のW800に関しては、シーズンオフであってもエンジンは30分ほどアイドリングを行っていたとの事で、ガソリンも腐らせることなく少量を給油しながら暖気後2?3km走行されていたとの事。
それだけに、購入時の良好な状態をキープされていたのは大きな長所となっています。
ガレージ内でお孫さんのやんちゃが外装に軽度のダメージを与えてしまったそうですが、弊社でのリペアで十分カバー可能な範囲。
マイナス査定は低めの判定となり、高評価につながっています。
こうした買取成約後の整備にかかる手間・コストがない車両は非常に評価を高くつけることも、弊社パッションの査定の大きな特徴となっております。
後日、廃車証明等の書類をお送りさせて頂いた旨をご連絡させて頂いた所、走行距離2万km未満のシューティングスターの商談がまとまったという佐々木様。
長年の夢のマシンが到着するのも間近との事で、今後のバイクライフの充実を心よりお祈りさせて頂きます!

■W800の相場

販売開始からネオクラシックジャンルでのフラッグシップとして不動の人気を誇るカワサキ W800。
数年前、トライアンフ社の再建の際にはカワサキが技術協力を行ったバーチカルエンジンの完成度は高く、美しさとタフさを備えた見事な作品となっています。
気品を感じさせるジェントルな佇まいと、トルクフルで乗りやすい走行性能に、大型車としては非常に珍しいほどの足つき性の良さもあり、これからもネオクラシックの第一線で通用するマシンです。
それだけに熱心な固定ファンを獲得しており、弊社でも大いに注目して力を入れております。

W800 買取相場

W800
◆定例(状態の良いオートバイの)業者間オークションにおける直近3ヶ月間の取引価格は
取引台数 43台
平均取引価格 540,907円
最高金額 742,000円
最低金額 394,000円

◆蚤の市(事故車・不動車などの)業者間オークションにおける直近12ヶ月間の取引価格は
取引台数 3台
平均取引価格 358,333円
最高金額 405,000円
最低金額 320,000円

相場情報:2016年8月時点

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。
 いくらになる?
  • 無料出張査定
  • 無料オンライン査定
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
W800買取査定お任せください
買取査定お任せください

W800は売ろうと考え時が一番高く売れます

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118