バイクパッション フリーダイヤル tel-0120819118
メニュー開閉ボタン
10秒自動査定 無料出張査定 全額現金でお支払い
yzfr1_jikofudo
調整画像 高額買取 お笑い芸人パッション屋良 yzfr1_jikofudo最強の買取価格
オンライン査定
詳しい相場情報&お見積りをご返信差上げます
  • 車種名

  • お名前

  • メールアドレス

  • 郵便番号

  • お電話番号

  • 車両状態を選択する(任意)

    お見積が詳細になります

  • ご希望
  • 補足
全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118

2009年式 逆車のYZF‐R1買取査定事例|故障多数の全損扱いのレース仕様

『長年、筑波サーキットで走り続けてきた愛車をどうにか買い取ってほしい』とのお電話を受けて無料出張査定にお伺いさせて頂くことに!
車種はヤマハのフラッグシップであるYZF‐R1。
1998年の発売から進化し続けているスパースポーツにあって、お客様のR1は2009年モデル(ファンの間では出目金の愛称で親しまれる2眼ライトが特徴)の海外仕様の逆車。お客様曰く国内発売するのか、しないのかという瀬戸際で手に入れた1台だそうです。
大手バイクショップで購入後すぐに自作でカスタムをしたため純正パーツはほぼ無傷で揃っており、お客様の努力の甲斐あって見事にレーシング仕様へ変貌を遂げたそうです。車体を見てまず目に入ったのは前後の摩耗したタイヤ!1本3~4万円はするそうで、レースの度にお財布が軽くなっていってしまったそうです、、、一見すると相場価格以上で買い取るには何の問題ないように思えますが、話を聞くと当社で3社目で前の業者はレース用の書類(完成検査証)なし車両は引き上げ不可と言われてしまったそうです。
愛車を門前払い同然の扱いをされ疲弊しきったお客様を救うために今回もパッションは頑張りました!

YZF‐R1買取価格実例

完成車検紛失で買取時に全損扱いとなった2009年モデル逆車のYZF-R1レース仕様
  • 完成車検紛失で買取時に全損扱いとなった2009年モデル逆車のYZF-R1レース仕様
  • AKRAPOVICのスリップオンマフラーもパーツ価値の計上は難しい
  • 市販車を改造したサーキット使用車の為メーターはあり
  • 出目金の愛称もある09年モデルのYZF-R1の二眼ヘッドライト
  • サーキットで酷使されて溶けているYZF-R1のスリックタイヤ
  • 車体全体にサーキット仕様でのヤレや損傷が目立つYZF-R1

総合評点:3点

エンジン 不動 車体フレーム 3 外装 2 電装保安部品 3 フロント周り 2 リア周り 2

【評価点の目安】
8点以上:新車 7点:超極上車 6点:極上車
5点:良好車 4点:多少の使用感 3点:難有 2点:劣悪
1点:事故不動
  • バイク名
  • YZF‐R1
  • 買取価格
  • 20,000円
  • 年式
  • 2009年式
  • 走行距離
  • 不明
  • 車台番号
  • JYARN23Y39
  • カラー
  • エンジンの状態
  • 動作未確認/クラッチ故障
  • 外観の状態
  • ウィンカーなし ヘッドライトなし カウルなし
  • 損傷や事故転倒歴
  • クランク擦り
  • カスタムや改造
  • レース仕様のサーキット使用車
  • 買取年月
  • 2021年8月7日
  • 買取エリア
  • 武蔵野市吉祥寺本町の買取事例
  • ジャンル
  • 改造 カスタムバイクスーパースポーツ

【登録不可の故障車】2009年式YZF‐R1の買取査定内容

ご結婚とお子様の誕生を機に、めっきりレースに出なくなってしまったという今回のお客様。サーキットにも行く回数も大きく減り、いよいよ手放す決心がついた時にひとまず値段だけでも、、、と呼んだ地元のバイク屋さんでは買取不可と厳しい判断。
もしもどこに出して金額がつかなければ最後の砦でスクラップにすると覚悟していたそうです。お客様がコーナーをバッチリ攻めて何度も走りこんだ思い出の1台がこちら。

サーキット走行で酷使されたR1。主なマイナス査定箇所

多い時には週2~3でサーキットに通っていたお客様のバイクで一番目を引いたのはそのタイヤです。
摩擦熱で溶けこんでいて、一般道路で走っているぶんにはまずお目にかかれない一本でした。
次にクランク周りです。この大きな車体を地面と擦れるほど倒さないと付くことはない擦り傷はサーキット未経験の査定員からすると驚きばかりです!

高回転で激しく攻めるサーキットでの走行はマシンへの負担が大きく、残念ながらレースの勲章でもある車体の損傷や故障、そしてレース仕様車の改造は買取価値を下げることに。 今回のR1では主に下記が減点に
・エクステリアの象徴である両センターカウルの欠品
・クラッチの故障(レバーやギアの操作に関係なく常に車体が動く状態)
・摩耗し欠品扱いの前後タイヤ
・原因不明で始動しないエンジン
・エンジンの激しい削れ傷や車体各所の傷にヤレ感
・レースで不要な保安部品の欠品
サーキットで酷使されて溶けているYZF-R1のスリックタイヤ
spacer for layout

完成検査証紛失で再登録不可

1998年に海外デビューし2009年モデルで国内仕様が登場したYZF-R1。
09年は逆車と国内仕様が選べる最初の年でしたが、レース向けに迷わずフルパワー183馬力の海外仕様(国内仕様は145馬力)を選択されたオーナー様。
サーキットでのみ使用を想定されていたことから、税金も勿体ないとのお考えで登録せずに12年間ご使用されていたそうですが。 250cc超のバイクの新車登録に当たって必須となるメーカー発行の完成検査証を紛失されていました。
完成検査証は新車に対してメーカーから発行される保証書譲渡証明書といった性質の書類で再発行が出来ません。
登録が出来ず公道走行用の車両としてのフレーム価値を完全に失っています。
YAMAHAが市販車とは別に発売しているサーキット専用のレースベース車であれば、登録不可能でもレースベース車としての流通価値がありますが、 元来が市販車(RN23型の09年モデル)ですので、名義変更や登録が出来ずフレーム価値を失うことで車両の流通価値は大きく減ります。
伴い今回査定させて頂いたR1はフレーム価値ゼロでの査定に。
完成検査証紛失で買取時に全損扱いとなった2009年モデル逆車のYZF-R1レース仕様
spacer for layout

部品取り価値か輸出用評価かの2択となった買取額

『走るためにこの一台にかけた金額は想像も付かない』と嬉しそうに思い出を語るお客様に何とか応えたい一心で見ていきましたが、他方で『レース仲間に無償譲渡を打診しても貰い手が無かった』というオーナー様のR1。
公道使用を度外視したサーキット走行専用を想定してもレストアコストが再販価値を上回り商業的には採算に乗りそうにありません。余談ですがメーカー発売のサーキット専用のレースベース車は公道走行用の市販車よりも安価な価格設定で販売されています。例えば09年モデルの新車価格を比較すると国内仕様の市販車が141万円(逆車は08年が142万円、10年が160万円)に対して、サーキット専用に不要な灯火器類の装備を省いたレースベース車は131.2万円となっており、2006~現行21年モデルまで常に10~20万円ほどレースベース車には廉価な価格が設定されています。
市販車ベースのレース仕様車ということで、その時点で価値が下がってしまうのですが、市販車の査定に当たって最重要パーツであるフレームに価値が無い(12年前の完成検査証紛失で登録や名義変更が出来ない)時点で国内市場では部品取りの価値になります。フレームに次いで重要パーツであるエンジンは、レースで酷使され、クラッチが壊れ、ガリ傷が入り、原因不明でエンジンが始動しません。
フレームから取り外して再販するにはコストが合わずコチラも査定額を計上できません。
SSの重要パーツであるセンターカウルも欠品しており、まとまった査定額を計上するのが難しい状態。
車検非対応のAKRAPOVICのスリップオンも傷が入り使用感強めですが中古の流通価値は数万円は期待できそうですが、取り外しはリアを分解しての取り外しなので工賃を考えると纏まった査定額には至りません。
また再利用できないパーツの廃棄コストも考えると部品取りでは、買取査定額を計上するのは難しいとの判定に。

残された販路は海外。ロードレース人口の多い欧州をはじめ海外であれば需要も高くさらにフレーム登録も可能です。
弊社提携先の貿易業者によると海外現地の業者仕入れ価格が10万円台。通関やヤード保管料に輸送費など諸々の貿易コストを差し引いた貿易業者の仕入れ値は(毎月数十台を卸している関係から)弊社特別価格で4~5万円。 どんな状態でも情熱査定のパッションですが、今回ばかりはと諦めかけていましたがお客様のお気持ちと熱意に寄り添い、海外貿易ルートを活用し何とかお気持ち2万円という金額をご提示させて頂きました!
『これだけ情熱とお金をかけてきたのに、仲間も貰ってくれず、業者は引き取ってくれず、解体業者への持込だけは避けたかった』とのお客様のお言葉で買取成約となりました。

今回は12年前の完成検査修了証の紛失という稀に見る非常に特殊な事情でした。『書類なしのレース仕様車は引き取り出来ない』と無下にお電話で断られ続けた中で、弊社が買取できたのは(単店舗としては日本で一番中古バイクを売っている直営販売店をはじめとした)販路の多様性ですが。廃車証や登録書類の紛失は日常的にある買取事例です。廃車証の紛失も車種や条件によっては再登録まで行い車両価値を復活させて買取致しており、登録証の紛失は登録時の情報さえ分かれば通常の査定額で買取致しております。
紛失している書類別の買取査定額への影響
買取査定は、ご事情に如何に関わらず、多様な販路と経験で培われた対応力を駆使して最善の買取額をお約束する弊社パッションにお任せください。

【2009年モデルの逆車】YZF‐R1の買取相場

海外仕様 2009年モデル

【実働車】の業者間オークション市場における、買取時点直近12ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 15台
  • 平均価格: 611,675円
  • 最高価格: 880,000円
  • 最低価格: 434,000円

【事故車・不動車】の業者間オークション市場における、買取時点直近12ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 8台
  • 平均価格: 315,000円
  • 最高価格: 493,000円
  • 最低価格: 121,000円

相場情報:2021年8月7日時点

最新の相場情報は、10秒で買取相場が出る自動査定でチェックして頂けます。


上記金額は、買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の落札データであり、買取業者の転売金額です。
業者間オークション市場とは買取業者と販売業者が参画する競り市場で、年間に約20万台のオートバイが取引される市場です。
買取業者が買取したバイクの約9割は上記市場において転売されています。
その事実が、業者間オークション市場の落札金額が買取業者の査定額の基準値である所以です。
査定現場での買取価格は下記の転売(落札)金額から買取業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります。
査定現場での正味の買取額は、転売金額である落札額から5~10%を割り引いた金額が適正で競争力のある価格となります。
金額にすると単価の安い原付バイクで1万円から、100万円を超える高額車両では6万円までが適正な割引額です。

YZF‐R1は売ろうと考え時が一番高く売れます

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い

買取査定の安心ステップ

【リピーターやご紹介のお客様が非常に多い】 のは、お客様の立場に立った誠実な査定と相場以上での高額査定が評価されてのことだと自負しております。
事実、パッションのバイク買取査定はお客様満足度95%超!
弊社パッションは最高の接客と特別な買取価格で常にお客様満足度No1を追求しています。
【当社の査定員はみんな査定資格とマナー講習を修了】
お客様が気持ちよく満足してオートバイを売るできる事がとても大切だと考えています。 買取提示価格がお客様のご希望金額に届かない等、御満足頂けない 場合は買取不成立となりますが、その場合もパッションの査定はモチロン無料です! 査定は全て、最初から最後まで無料。安心してお気軽に最高の無料査定をお試しして頂けます。

バイクパッションについて

出張買取エリア

北海道を除く全国で出張査定

【即日対応!資格を持った査定士がお伺いいたします】
全国の支店からご希望日時に出張査定にお伺いしています。弊社の査定員は全員。査定士の資格を取得し、マナー講習を修了しております。
リピーターやご紹介のお客様が非常に多いのには理由がございます。
最高の査定額と最上のご対応でお客様のご期待にお応えいたします。

買取の際に必要なもの

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い
to top