thumb1 thumb1 thumb2 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb7 thumb8

2009年式 事故車|Z1000買取査定事例

ご紹介させて頂く買取事例はZ1000の事故車両。2009年式のマレーシア仕様です。 極上車でこの走行距離(2,200km)であれば70万円オーバーの査定額となるところでしたが、事故による損傷が減額要因となり32万円で買取させて頂きました事例です。 2003年に新登場したA型(ZRT00A/ZRCA)、2007年のモデルチェンジでB型(ZR1000B/ZRCB)、2010年のモデルチェンジでD型(ZRT00D/ZRCD)へとモデルチェンジを続けているZ1000。 買取相場はモデルチェンジを境にして大きく異なります。人気の現行シリーズの宿命ともいえますが、D型が出て間もないことからB型の相場は高値で推移していますがA型の相場は大きく下落しています。 なお最新の買取相場は、【毎週更新している】事故車不動車に特化したB型 Z1000の最新買取相場&過去4年間の相場変動のグラフでご確認して頂けます。
それでは2009年モデルの事故車の査定内容について以下に詳しくご紹介いたします。

32万円の査定額で買取したZ1000の事故車
  • 32万円の査定額で買取したZ1000の事故車
  • 2009年式マレーシア仕様のZ1000
  • アクラポヴィッチの社外マフラー/右サイドは損傷により欠品
  • 割れているフロントフェンダー
  • タンクの目立つ転倒傷と凹み
  • 評価点
  • ◆総合評点 1点  
    (エンジン 0  車体フレーム 0  外装 0  電装保安部品 0  フロント周り 0  リア周り 0)
    ※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
    査定のチェック箇所と項目
  • Z1000 2型 買取価格実例
  • バイク名
  • Z1000

    買取価格

    320,000円

  • 年式
  • 2009年式
  • 仕様
  • マレーシア仕様
  • 車体番号
  • ZRT00B-030
  • 走行
  • 2,200km
  • エンジンの状態
  • 稼動
  • 外観の状態
  • 中程度の事故車
  • 事故歴
  • フロント周り損傷ホーク歪み、右マフラー欠損、タンク凹み、ウィンカー等損傷
  • 買取年
  • 2010年10月
  • オンライン相場案内

    出張買取無料査定

    フリーダイヤル 0120-819-118

2009年式マレーシア仕様のZ1000 事故車

「事故してレッカーで搬送された先に保管している事故車を査定してほしい」とのご依頼を受けてお伺いした先は横浜市内のとあるバイク販売&修理店。
事前に許可を頂いて販売店さんの敷地をお借りしての査定となりました(NGとなる場合は敷地外の歩道まで移動させての査定となります)。
「保険のロードサービスを利用して修理店まで運んでもらったのは良かったのだけれど、48時間過ぎて結構保管料が高くなってきたので。フロントフォークが歪んでいて自走は出来ないということもあって。」とはお客様のお言葉。
早速、査定を行うにあたってヒントとなる事故状況などをお伺いしつつ実際に車体を拝見させて頂くことに。

程度の良い中古車価格を上回る修理見積
片側2車線の左車線を走っていたところ、右前方を走行していた車が急な車線変更をしながらコンビニの駐車場に入ろうとして急ブレーキ。アッと思った時には追突して右に転倒。というのが事故状況でした。
このような事故理由は、事故車の査定現場でよく耳にします。
前方を走行していた車両の後方不注意に急ハンドル、急ブレーキが事故を誘発させた主要因でしたが、バイク側の過失も問われて保険の割合は2:8。
お客様も到底納得出来ないと仰っていましたが、「修理金額は中古車よりも高額な金額が出てきたので、保険で降りる金額プラス車体が高く売れれば、それで新しいバイクを購入しようかと」とご売却の理由をお聞かせくださいました。

事故による損傷が減額査定に
車体の左側面を一見すると本当に事故車なのか?と思えるほどに損傷は目に付きません。
しかしフロント側から良く見るとフロント部分の損傷が激しいことが分かります。
フロントフォークは少し内側に入っていて歪みが出ています。ハンドルを真っ直ぐの位置に合わせてもタイヤが左を向いてしまっています。自走不能の状態のため要交換判定に。

事故後に右側に転倒したため右側面にも損傷が目立ちます。
特に買取額の減額理由として大きかったのは右側マフラーの欠品。マフラーが潰れていたためレッカー屋さんに処分してもらったそうです。
AKRAPOVIC製の社外マフラーが欠品ではなく擦り傷のレベルであればもう1~2万円は高い買取額となっていたでしょう。
ウインカーもレンズが割れて配線が剥き出しに。
ステップは折れて欠損、リアのウインカーも外れています。

車体の左側を見ていくと左側にも傷が見られます。
査定額の減額が大きかった順に、タンクの凹みは拳サイズの凹みが2か所に見られるタンク、シートカウルの広範囲の削れ傷、ステップの削れ傷です。

事故車として評価できた点
事故車の場合、評価できるプラスポイントは少なくなりがちですが、この2009年式のZ1000にも評価できるところはあります。
まず、年式が新しく販売されて1年しか経っていない点。販売から間もないためパーツの流通が少なく需給の関係でパーツ1つ1つにより高い価値があると判断できます。
次いで走行距離2200キロと低走行である点。エンジンはフレームスライダーを装着していたことが功を奏して事故による損傷もなく、始動性も回転も絶好調でした。

事故車の場合、エンジンの実働確認ができるのは査定の大きなポイントとなります。
余談ですが、
インジェクションの車両はエンジンの始動確認が出来ない場合、キャブ車に比べて想定される理由が複雑である(工賃や部品代が嵩む)ことが多く査定額の算出により慎重になる傾向があります。
仮にインジェクターや燃料ポンプが故障している場合、高年式車両のZ1000ゆえ部品を探すのが難しくメーカー取り寄せとなり、高価な部品代と多くの時間を修理に要することになります。
事故車でエンジンが始動しない代表的な原因の1つである配線の断線も軽度であれば修復は容易ですが、度合いによっては修復作業の難易度が高く大きくマイナス査定となることがあります。
それ故にインジェクション車の事故車でエンジンが始動するという事実は大きくプラスの評価になります。
具体的な金額は車種の買取相場に準じますが、高年式のリッタークラスに該当するZ1000では症状に準じて5~10万円ほど査定額が変わってくるでしょう。

金額提示とお客様の反応
要交換判定となったフロントフォーク、折れて欠品となっていたマフラーやステップ、大きな凹みのあったタンク、広範囲のガリ傷が見られたカウルなど事故による損傷が減額に。
一方、始動確認ができた低走行距離で調子のよいエンジン、目立った損傷がなく再利用可能なフレームの状態を評価させて頂き32万円の査定金額を提示をさせて頂きました。
お客様にお値段を提示いたしましたところ、快諾してくださいました。
お客様で幾らくらいになるか色々お調べされたそうですが、高年式の事故車のため実際に見てみないと金額は出せないと具体的な金額への言及がなかったそうです。
当社にお電話いただいた際に20~40万円と金額への言及があったことが、出張査定に呼んでいただく決め手だったそうです。
相場データの無い新型車両の場合は、お電話で査定額をお答えするのに時間を頂くこともございますが、当社独自の過去5年間に渡るあらゆる車種の統計データを駆使して確かな査定額をお伝えいたしております。

20~40万円との事前の査定額を踏まえて20万円以上なら売却しようと考えていたそうですが、想定を上回る査定金額であったことからご快諾頂けました。
買取後の積み込みの際も、フォークが歪んでいるのでトラックまでの移動が少し大変でしたが、お客様の方から手を貸してくれると言ってくださり、とても助かりました。
このように、事故車や不動車でも丁寧な査定や接客をに努めているため、積み込みのお手伝いしてくださるお客様、お礼を言って下さるお客様が多く、そのような時は大変うれしく思います。
バイクの売却を考えている方は是非パッションまでお問い合わせください!!
お客様のご期待に応えられるように精一杯誠実にご対応させて頂きます!

■この記事の執筆監修

小出涼介

バイクパッション査定士

小出 涼介

1992年生まれ
2012年(株)パッション入社して以来一貫して査定士の仕事をしています。
穏やかで物静かですが、バイクを愛する内に秘めた思いは誰にも負けません。
物腰が柔らかくお客様に値切られて赤字での買取になることもしばしば。
そのせいか飲み物やお菓子を差し入れてもらうことも多いんです。


【毎週更新の買取相場】Z1000(2007~2009年)

矢印
事故車・不動車Z1000(2007~2009年)の取引価格帯

買取業者の転売先である業者間オークション市場の取引価格帯

2020年2月時点から24ヵ月間遡った数字

相場のボリュームゾーン

最多価格
15〜19
万円
apacer-for-layout
%
38
構成比
apacer-for-layout
最多価格
10〜14
万円
apacer-for-layout
%
38
構成比
apacer-for-layout
第3位
25〜29
万円
apacer-for-layout
%
25
構成比
apacer-for-layout

※データ更新:2020年2月19日

apacer-for-layout
評価点別Z1000(2007~2009年) の平均取引額
矢印

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格

2020年2月時点から24ヵ月間遡った数字

評価点別の取引額

5
良好
最高
平均
最低
取引
45.6万円
37.4万円
30.2万円
30台
spacer-for-layout
4
軽い難
最高
平均
最低
取引
40.0万円
32.6万円
18.8万円
75台
spacer-for-layout
3
難有
最高
平均
最低
取引
48.0万円
35.3万円
22.6万円
2台
spacer-for-layout
1
事故
不動
最高
平均
最低
取引
26.1万円
18.5万円
12.7万円
8台
spacer-for-layout

※データ更新:2020年2月19日

spacer-for-layout
事故車・不動車Z1000(2007~2009年) 買取相場の推移 凡例
矢印

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格の推移

査定現場での買取価格は上記取引金額から業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります
51~125ccの場合、上記転売金額から2万円程度差し引いた金額が正味の買取額となります

2020年2月時点から48ヵ月間遡った数字

平均相場のUp Down

対前年比
-0
%
apacer-for-layout

【2019年間 vs 2020年間】

対3前年比
-40
% down
apacer-for-layout

【2017年間 vs 2020年間】

年間平均
取引台数
5
apacer-for-layout

過去4年間の取引台数÷4

※データ更新:2020年2月19日

apacer-for-layout
嬉しくなる査定価格で全国出張買取中 状態や型式に沿った相場情報をより正確に迅速にご案内できます。フリーダイヤル 0120-819-118

Z1000 買取相場

Z1000(ZRT00B型/2007~2009年モデル)
◆定例(状態の良いオートバイの)業者間オークションにおける直近1ヶ月間の取引価格は
取引台数 14台
平均取引価格 674,000円
最高金額 798,000円
最低金額 570,000円

◆蚤の市(事故車・不動車などの)業者間オークションにおける直近3ヶ月間の取引価格は
取引台数 3台
平均取引価格 409,200円
最高金額 474,000円
最低金額 228,000円


相場情報:2010年10月時点

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。

Z1000に関連する買取事例

  • 2014年モデルZ1000

    Z1000

    780,000円

    2014年式  走行 4,041km
    転倒傷有り

 いくらになる?
  • 無料出張査定
  • 無料オンライン査定
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
Z1000 2型買取査定お任せください
買取査定お任せください

Z1000 2型は売ろうと考え時が一番高く売れます

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118