thumb1 thumb1 thumb2 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb7 thumb8

カワサキ Z1000(2008年式)買取価格実例と相場

使用頻度よりも経年での劣化により見た目のヤレ感が強まっている車両でした。
たまに乗る程度とのことでしたので、細かくチェックしたところ足回りは好調と判断できました。
エンジンにも目立つマイナスポイントはなく、こちらも年式の割には好調。
このようなプラス査定のポイントが外装の不安よりも上回ることで高額買取となる好例となりました。

今回は新型Z1000へ買い替え希望のZ1000 B型オーナー・矢野様(仮名)から査定依頼を頂きました!

40万円で買取させていただいたZ1000
  • 40万円で買取させていただいたZ1000
  • 年式は2008年
  • 走行距離は11000km
  • フロントからのフォルム
  • 足回り好調
  • コクピット部分
  • タンクには小キズが散見
  • ヘタリの強いシート
  • リアタイヤは山が減っています
  • 車体番号はZRT00B
  • カラーリングはブラック
  • 使用感があります
  • サビが浮き出ているマフラー
  • 動作自体は良好なエンジン
  • エキパイ部分
  • 社外のグリップヒーター
  • 評価点
  • ◆総合評点 4点  
    (エンジン 4  車体フレーム 4  外装 4  電装保安部品 5  フロント周り 4  リア周り 4)
    ※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
    査定のチェック箇所と項目
  • Z1000 買取価格実例
  • バイク名
  • Z1000

    買取価格

    400,000円

  • 年式
  • 2008年
  • 走行
  • 11,596km
  • 車体番号
  • ZRT00B-015***
  • エンジンの状態
  • 実動
  • 外観の状態
  • 使用感、ヤレ感あり
  • 事故歴
  • なし
  • 改造の有無
  • Rフェンダーレス、マフラー、スライダー、ETC、グリップヒーター、スクリーン
  • 買取年
  • 2016年11月
  • オンライン相場案内

    出張買取無料査定

    フリーダイヤル 0120-819-118

年式の割にエンジン好調のカワサキZ1000買取査定価格

カワサキ Z1000 B型 買取査定のポイントや詳細

今回、Z1000の査定依頼を頂いた矢野様は、実は運送会社のセールスドライバー。
横浜店の配達担当代理として、定期的に顔を出してくれるちょっと特別な「常連さん」といった方でした。
そんな矢野様から、9月頭に配達物とともに愛車の査定相談を頂きました。
セールスドライバーというお仕事上、毎日疲れて帰宅後はそのまま爆睡。
数少ない休日も、疲労回復にほぼ一日ゴロ寝というサイクルが数年続いているとの事。
40万円で買取させていただいたZ1000 「5?6年前に買ったZ1000があるんだけど、たまに街乗りできる程度で勿体無いから売却したい。」との事で、査定日程の調整を行わせて頂きました。
査定当日、矢野様のお仕事が終わった21時にご自宅前で待ち合わせをさせて頂き、Z1000とご対面に。

経年によりヤレ感の強いZ1000。査定の結果出たお値段は…

査定当日は、いつもより1時間早起きして愛車Z1000で出勤されていた矢野様。
「金額次第では今日売却するつもりだったので、最後に乗ってやれる機会だと思いまして。」と語って下さいました。
よく顔を合わせている身近な存在の方でしたが、バイク好きの気持ちは皆一緒ですよね、と共感できました。

すでにエンジンの始動性は確認できていましたので、始動性のチェックは最後にすることにして査定開始です。
フロントからのフォルム 最初に目についたのは、フロントスクリーン。
純正のものよりも大きなサイズが装着されており、ツーリングが趣味のような印象を受けました。
2008年モデルのため、経年による傷みが多少あります。
ヘタリの強いシート 足回りの状態を確認させて頂く為、跨って荷重をする際にシートの破れを確認。
こちらも経年によるヘタリ具合となっており、あまり乗れなかったという事もあり、本来の座り心地が半減した状態でした。
意外に足回りのコンディションは悪くはなく、年式からすればなかなかの状態です。
タンクには小キズが散見 タンクには細かい傷が無数に走っていました。
角度によってはかなり目立つため、要リペアの判定をさせて頂くことに。
足回り好調 ディスクローターに多少錆が浮かんではいますが、ホイールやフロントフォークへの傷はさほどありません。
あまり走らせていなかったため、タイヤは経年による寿命で、こちらは要交換対象。
リアタイヤは山が減っています リアタイヤも、フロント同様に経年による寿命です。
こちらはかなり山の残りも少なかったこともありますが、矢野様ご自身の走りは低中回転域の走行が主であった様子。
中回転域で最大トルクを発生するのがZ1000の出力特性で、リアタイヤの減り具合がそれを物語っています。
リアにフェンダーレスキットを組み込んでおり、純正パーツはありませんでしたが、人気の定番カスタムのため相殺で気持ち程度の上乗せに。
サビが浮き出ているマフラー マフラーは4in1の社外集合管に交換済み。
アサヒナレーシングのチタン製フルエキゾーストで、かなりの高性能を誇るパーツ。
純正マフラーはやはりなしでしたが、それを相殺してこちらもプラス評価の対象とさせて頂きます。
エキパイ部分 駐輪場での放置期間も多少あったため、エキゾーストパイプやエンジンには錆が目立ちます。
表面上での軽度な錆のため、そこまで深刻な問題ではありませんが、広範囲に渡るためマイナスポイントです。
コクピット部分 車体チェックを終了し、エンジンが程よく冷えたところで最後に始動性を確認させて頂くことに。
2008年モデルのためFI化しており、始動性はまずまず良好。
アイドリングも安定しており、年式と比較して少し上の評価がつけられそうです。
走行距離は11,596kmと少なめで、外観の錆による腐食や傷と相殺して評価点4より少し上、といったところです。
社外のグリップヒーター アイドリングを確認していると、ほんのりと手に暖かさを感じました。
夜間なのでうっかりしていましたが、グリップヒーター装着しておりました。
その他、ETCキットも確認できたので、そちらと合わせてプラス評価対象となります。

夜間のため少々傷がわかりにくく、日中の査定よりも気持ち長めの時間がかかってしまいましたが、矢野様の2008年式Z1000 B型は400,000円で買取させて頂くことに。
経年による傷みも多く、錆が広範囲に渡っていますが、エンジンの調子がまずまず良好である事などを考慮し、査定ランクは10段階評価の「4」となっております。

単刀直入に矢野様から希望額の提示あり。許容範囲で即決成約に!

査定の途中で、矢野様が冷たい缶コーヒーを2本手に、状態を尋ねてこられました。
「大体でいいのですが、40万円いけますか?」との事で、ちょうどマイカーの現金購入予算にその額が加われば即決できるとの事でした。
「もう少しチェックさせて頂きますが、大丈夫な範囲だと思います。」と回答させて頂き、査定終了までチェックを行わせて頂きました。

結果としては大きな問題もなく、純正パーツの欠品や錆・傷はプラス査定分で相殺し、矢野様のご希望通りの40万円という事で即決させて頂くことに。
書類を受け取り、売買契約成立で車載の前に矢野様のご希望で記念撮影をする事になりました。
今日のブログネタに使いたい、という事で、弊社スタッフがZ1000との最後の思い出作りのため、矢野様のスマホで撮影。
3分ほど色々な角度から撮影させて頂き、横浜本店へ運搬させて頂いて無事終了です。

Z1000買取相場

Z1000
水冷仕様となったZ1000は、今年発売された現行モデルは4代目となるD型になります。
空冷エンジンの初代Z1000から数えると、30年以上の歳月が経過していますが、Zシリーズの基本コンセプトは脈々と現行モデルにも引き継がれています。
かなり見た目が変わり、機械生命体のようなデザインフォルムとなったZ1000は、かなり個性的なモデル。

過去のZ1000 B型・C型から乗り換えるオーナー様も年々増えており、過去3年間での弊社での総取引実績は25台。
B型だけの台数ですので、Z1000全体ではかなりの台数と言えるでしょう。
それだけに査定スタッフも相場状況や車両コンディションを拝見し、無理なご希望でなければ矢野様のようにご希望金額での決済も可能となっています。

落札価格の車両差はそれなりにありますが、よほどの過走行・やエンジン系の問題がなければ、Z1000 B型は比較的安定した価格に落ち着く傾向にあります。
注目点は事故車・不動車・蚤車両を示す評価点1の車両で、いずれも高値で落札されています。
殆どが事故車両でしたが、カスタムパーツが多かったりすると、なかなかの高額価格で査定されています。
今日現在、Z1000 B型は使える中古パーツなら安定した需要があるため、評価点の低い車両でもこうしたケースは多々あります。
その反面、過走行気味な車両やエンジントラブルがある場合、相場よりも値が落ちるケースも。

◆定例(状態の良いオートバイの)業者間オークションにおける直近6ヶ月間の取引価格は
取引台数 33台
平均取引価格 393,515円
最高金額 522,000円
最低金額 256,000円

◆蚤の市(事故車・不動車などの)業者間オークションにおける直近12ヶ月間の取引価格は
取引台数 6台
平均取引価格 311,833円
最高金額 398,000円
最低金額 163,000円

ちょっと愛車の価値が気になるな、と思ったZ1000 B型のオーナー様がいれば、ぜひ一度弊社までお気軽にご相談ください。
豊富な取引実績で、あなたのZ1000の車両価値を丹念にチェックし、最新の相場情報と合わせた独自査定で評価させて頂きます。
まずはお気軽にご連絡を!

相場情報:2016年11月時点

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。
 いくらになる?
  • 無料出張査定
  • 無料オンライン査定
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
Z1000買取査定お任せください
買取査定お任せください

Z1000は売ろうと考え時が一番高く売れます

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118