thumb1 thumb1 thumb2 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb7 thumb8

Z1000買取価格事例と相場

今回買取させていただいたバイクは、2009年モデルのカワサキ・Z1000です。
2002年にドイツのインターモトミュンヘンで発表され、2003年に発売されました。
往年の名車「Z1000」と同じ車名を名乗っていますが、ゼファーやZRXのようなオールドスタイルではなく、これまでのカワサキにない前衛的なスタイル。
エンジンはNinja ZX-9Rをベースに開発され、車体系統は専用の新設計。
まさにストリートスポーツと呼ぶにふさわしいバイクです。

2007年にフルモデルチェンジし?型へと移行。
デザインは?型を継承していますが、車体すべてが新設計になっています。
ただしエンジンは?型を改良。
このためエンジン形式はZRT00AEのままにとどめられています。
?型・?型共に国内販売はされず、ブライト社による逆輸入販売が行われていました。
2010年にはフルモデルチェンジが行われるとともに、国内仕様も販売を開始。
2014年には4度目のモデルチェンジが行われ、国内販売も継続されています。

今回、Z1000の査定依頼を福島県伊達市在住の金沢様(仮名)より頂きました!

48.5万円で買取させていただいたZ1000
  • 48.5万円で買取させていただいたZ1000
  • 全体的に綺麗な状態
  • 少しエンジンに火をいれてない期間がありました
  • ヘッドライト回りは問題なし
  • 独特なコクピット部分
  • 凹み等は見当たらないタンク
  • へたれは感じられないシート
  • 少々へたれているリアタイヤ
  • 年式は2009年
  • 走行は14000km超
  • カラーリングは人気のブラック
  • 純正のマフラー
  • 事故歴はありません
  • 細かい傷は散見されます
  • そこそこ順調のエンジン回り
  • 精悍な後ろからの眺め
  • 評価点
  • ◆総合評点 4点  
    (エンジン 3  車体フレーム 4  外装 4  電装保安部品 4  フロント周り 4  リア周り 4)
    ※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
    査定のチェック箇所と項目
  • Z1000 買取価格実例
  • バイク名
  • Z1000

    買取価格

    485,000円

  • 年式
  • 2009年
  • 走行
  • 14.051km
  • 車体番号
  • ZRT00B-030
  • エンジンの状態
  • 実動
  • 外観の状態
  • 年式、走行距離に即した使用感
  • 事故歴
  • なし
  • 改造の有無
  • エンジンスライダー
  • 買取年
  • 2016年10月
  • オンライン相場案内

    出張買取無料査定

    フリーダイヤル 0120-819-118

カワサキZ1000逆輸入車買取事例

Z1000買取査定のポイントや詳細

査定の申し込みを頂いた金沢様は、福島県伊達市在住の農作物を扱う会社に勤める40代のサラリーマンです。
がっちりとした体つきから、「体を動かす仕事なのですか」と尋ねると、「経理です」と意外な答えが。
小学生の時から野球をやっていて、今も草野球チームに所属しているとのこと。
「今年は10年連続で甲子園に出場している母校が、ベスト8に進出したんですよ」と興奮気味に教えてくれました。

今回査定させていただくZ1000は、2009年モデルのマレーシア仕様です。
昨今、世界的に排ガス規制・騒音規制が厳しく、特に環境先進国と言われる日本の基準は高く設定されています。
そのためヨーロッパ仕様や、北米仕様では逆輸入した際に日本の基準をクリアすることができません。
マレーシアは日本同様に厳しい基準を設けているため、逆輸入されるカワサキ車の多くは日本の基準を満たすマレーシア仕様が主流となっています。

マレーシアからの輸入に関してはカワサキの出資子会社が輸入代行を行っているため、新車の保証アフターサービス等が国内仕様とほぼ同じにできることや、日本と同じ左側通行のため設定を変更しなくても日本で販売できる点なども利点なのです。

早速査定にかかりましょう。
48.5万円で買取させていただいたZ1000 年式が新しく車庫保管。
事故や改造もなく全体的に綺麗な状態を保っています。
走行距離は14,051km。
年間の走行距離は約3,000~4,000㎞で、ソロで東北各地をツーリングすることが多かったそうです。
事故歴はありません エンジン周り
しばらく乗っていなかったためか少しアイドリングが不安定ですが、特に問題はありません。
定期的にエンジンオイルを交換、使用するオイルもこだわっていたようです。
独特なコクピット部分 ハンドル/足回り
アナログタコメーターと、デジタルのスピードメーターの組み合わせが斬新です。
誤作動もなく、ハンドルまわりにサビも見当たりません。
精悍な後ろからの眺め 電装保安部品
ヘッドライト、テールランプ、ウィンカー、ホーンいずれも問題なし。
購入から約5年目でバッテリー交換が行われています。
メーカーでは2年毎のバッテリーの交換を推奨していますが、保管が良ければもう少し長持ちします。
金沢様は、長期間バイクに乗らないときはバッテリーを外していたそうです。
そこそこ順調のエンジン回り 外装/フレーム
年式、走行距離に即した使用感はありますが、大きなキズや凹みがなく全体的に程度が保たれています。

入念に各部位をチェックして査定を行わせて頂きました。
その結果、最終査定金額は485,000円となりました。
弊社による査定ランクは10段階評価の「4」です。

ご納得の上、即決売買成立になりました。

7年落ちではありますが、走行距離が短いことが高額査定の決め手となりました。
金澤様自身は「40万円くらいかな」と思っていたそうで、それを上回る金額にご満足いただけた様子。
即決売買成立になりました。
次に買うバイクは何と旧車。
「渋いカワサキ車に憧れていた」と言うことでZ1000MkⅡを購入予定だそうです。

Z1000 買取相場

Z1000
すでに2つ前のモデルなため、40万円前後が平均となります。
カワサキのバイクは販売終了後に思わぬ高値を付けるバイクが多いので、このZ1000も今後どう変わるかわかりません。

◆定例(状態の良いオートバイの)業者間オークションにおける直近6ヶ月間の取引価格は
取引台数 38台
平均取引価格 402,684円
最高金額 578,000円
最低金額 256,000円

◆蚤の市(事故車・不動車などの)業者間オークションにおける直近12ヶ月間の取引価格は
取引台数 6台
平均取引価格 311,833円
最高金額 398,000円
最低金額 163,000円

相場情報:2016年10月時点

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。
 いくらになる?
  • 無料出張査定
  • 無料オンライン査定
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
Z1000買取査定お任せください
買取査定お任せください

Z1000は売ろうと考え時が一番高く売れます

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118