バイクパッション フリーダイヤル tel-0120819118
メニュー開閉ボタン
オンライン査定 相場情報をご案内 無料出張査定 全額現金でお支払い
cbr250r1
調整画像 高額買取 お笑い芸人パッション屋良 cbr250r1最強の買取価格
無料です!出張査定

査定は全て無料です (お断り頂いても無料です)
査定自体は5分。お支払い含めて20分程です

  • 希望日ご希望の査定日時
  • 時のお伺い
  • 車種名
  • お名前
  • メールアドレス
  • 郵便番号
  • 町名の先のご住所(お部屋番号まで)
  • お電話番号
    到着の30分前にご連絡を差し上げます
  • 車両状態を選択する(任意)
  • ご希望
  • 補足
全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118

【CBR250R】買取査定事例を一挙公開!

最新の買取相場をcheku!

CBR250R買取査定実例

CBR250R事故車・不動車

CBR250Rシリーズ モデルチェンジとその変遷

CBR250R(MC17)とは

CBR250R(MC17)は、1986年にデビューしたCBR250Fourのマイナーチェンジにより1987年に誕生しました。
時はまさにレーサーレプリカブーム。
サーキットから公道に飛び出してきたようなレーシーなモデルが主流となり、パワー争いも過激さを増します。

CBR250 Fourとの違い

CBR250R(MC17)はCBR250 Fourのパワーユニットをベースとして、動弁系の材質と形状を改良、それに伴い燃焼室の形状も変更されています。
それによりCBR250 Fourが17,000rpmからレッドゾーンに入るのに対し、CBR250R(MC17)は18,000rpmまで引き上げられた高回転エンジンとなりました。
もちろん市街地での使い勝手も考慮され、CBR250 Fourよりも中低速域の発生トルクを太らせ、フラットなトルク特性を与えるとともに、加速性能も向上させています。
また、全身をフルカウルに包み、エキゾーストシステムにステンレスマフラー、リアにディスクブレーキを採用するなど、外観からもCBR250 Fourから進化したことが一目でわかるルックスになっています。
CBR250R(MC17)のスペック
型式 MC17
全長(m) 2
全幅(m) 0.68
全高(m) 1.12
軸距(m) 1.365
最低地上高(m) 0.14
シート高(m) 0.75
車両重量(kg) 155
乾燥重量(kg) 139
乗車定員(人) 2
燃費(km/L) 48.5(50km/h定地走行テスト値)
最小回転半径(m) 2.7
エンジン型式 MC14E・水冷4サイクルDOHC4バルプ4気筒
総排気量(cm3) 249
内径×行程(mm) 48.5×33.8
圧縮比 11
最高出力(PS/rpm) 45/15,000
最大トルク(kg-m/rpm) 2.6/10,500
始動方式 セルフ
点火方式 フルトランジスタ
潤滑方式 圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L) 2.7
燃料タンク容量(L) 14
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1速 2速 3速 4速 5速 6速
変速比 2.733 2.000 1.590 1.333 1.153 1.035
減速比(1次/2次) 2.966/3.142
キャスター(度) 26°00′
トレール(mm) 97
タイヤサイズ 前 100/80-17 52H
タイヤサイズ 後 130/70-17 62H
ブレーキ形式 前 油圧式ダブルディスク
ブレーキ形式 後 油圧式ディスク
懸架方式 前 テレスコピック(円筒空気バネ併用)
懸架方式 後 スイングアーム(プロリンク)
フレーム形式 ダイヤモンド
販売計画(国内・年間) 20,000台(シリーズ合計)
全国標準現金価格 559,000円

CBR250R(MC17)の遍歴

1987年3月20日発売 同年8月マイナーチェンジ 1988年5月、MC19型にモデルチェンジされて生産中止

CBR250R(MC19)とは

1988年5月にCBR250R(MC17)がモデルチェンジし、CBR250R(MC19)となります。
当時の250ccクラスは、2ストロークのNSR250Rに代表されるよりレーシーなバイクが受け入れられ、4ストロークバイクもそれに傾倒していきます。
ライバル各社も、ヤマハFZR250R、スズキGSX-R250などを投入。
CBR250Rも、よりレーサーレプリカ然としたフォルムに変身することが必要でした。
より過激さを増したCBR250R(MC19)は、さらに過激になるCBR250RRへと進化を遂げるまでの2年間、ホンダの250ccの主力として走り続けたのです。

CBR250R(MC17)との違い

メカニック的な変更点は、エアクリーナを6リットルに大容量化し、キャブレターも大口径化。
外観では、ヘッドライトを耐久レーサーイメージの強いデュアルライト(60/35Wx2)に変更。
ハンドルにマウントされていたミラーはアッパーカウルに移動。
異形5画目の字断面アルミツインチューブフレームの採用、後輪サイズを130-70/17→140-70/17に幅広化 前輪ディスクブレーキを310mm大径シングル化、足つき性向上の観点からリアサブフレームの設計を見直し、キャストホイールをVT250SPADAと共通デザイン化するなど、大幅な改良がおこなわれた。
また、シート高が750mm→720mmに低下したことで、女性ユーザーからも支持を得られることになりました。

消滅したハリケーン

CBRシリーズには「ハリケーン」と言うペットネームが与えられていましたが、カワサキの「ニンジャ」や、スズキの「ハヤブサ」のように定着することはありませんでした。
車体に大きく書かれていた「ハリケーン」の文字は、1989年のマイナーチェンジで消滅。
現在発売されている単気筒のCBR250Rにも受け継がれていません。
CBR250R(MC19)のスペック
型式 MC19
全長×全幅×全高(m) 2.020×0.685×1.075
軸距(m) 1.365
最低地上高(m) 0.135
シート高(m) 0.72
車両重量/乾燥重量(kg) 154/138
乗車定員(人) 2
燃費(km/L)50km/h定地走行テスト値 41.5
最小回転半径(m) 2.9
エンジン型式 MC14E(水冷・4サイクル・DOHC・4バルブ・4気筒)
総排気量(cm3) 249
内径×行程(mm) 48.5×33.8
圧縮比 11
最高出力(PS/rpm) 45/15,000
最大トルク(kg-m/rpm) 2.6/10,500
キャブレター型式 VG05
始動方式 セルフ式
点火方式 フル・トランジスタ式
潤滑方式 圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L) 2.7
燃料タンク容量(L) 13
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1速 2.733
変速比 2速 2
変速比 3速 1.59
変速比 4速 1.333
変速比 5速 1.153
変速比 6速 1.035
減速比(1次/2次) 2.966/3.176
キャスター(度)/トレール(mm) 25°00′/89
タイヤサイズ 前 100/80-17 52H
タイヤサイズ 後 140/70-17 66H
ブレーキ形式 前 油圧式ディスク
ブレーキ形式 後 油圧式ディスク
懸架方式 前 テレスコピック
懸架方式 後 スイング・アーム
フレーム形式 バックボーン
販売計画(国内・年間) 25,000台
全国標準現金価格 599,000円

CBR250Rは売ろうと考え時が一番高く売れます

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い

買取査定の安心ステップ

【リピーターやご紹介のお客様が非常に多い】 のは、お客様の立場に立った誠実な査定と相場以上での高額査定が評価されてのことだと自負しております。
事実、パッションのバイク買取査定はお客様満足度95%超!
弊社パッションは最高の接客と特別な買取価格で常にお客様満足度No1を追求しています。
【当社の査定員はみんな査定資格とマナー講習を修了】
お客様が気持ちよく満足してオートバイを売るできる事がとても大切だと考えています。 買取提示価格がお客様のご希望金額に届かない等、御満足頂けない 場合は買取不成立となりますが、その場合もパッションの査定はモチロン無料です! 査定は全て、最初から最後まで無料。安心してお気軽に最高の無料査定をお試しして頂けます。

バイクパッションについて

出張買取エリア

北海道を除く全国で出張査定

【即日対応!資格を持った査定士がお伺いいたします】
全国の支店からご希望日時に出張査定にお伺いしています。弊社の査定員は全員。査定士の資格を取得し、マナー講習を修了しております。
リピーターやご紹介のお客様が非常に多いのには理由がございます。
最高の査定額と最上のご対応でお客様のご期待にお応えいたします。

買取の際に必要なもの

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い
to top