査定風景 調整画像 高額買取 お笑い芸人パッション屋良 査定もすごく親切だね
バイクのイメージ画像

最新!買取査定相場

CBR250R【1987~2018年】

下記、自動見積りの表示金額は査定現場での実際の買取額!
買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の(年間 約20万台の)取引データを忠実に反映し、業者の最低限の儲けと経費を差し引いた競争力の高い買取額を表示しています。

高額買取 お笑い芸人パッション屋良

業者の指標である買取相場を把握することは、適正価格以上での売却に繋がります!先ずは詳細な相場情報をご覧くださいませ。

より詳しくお知りになりたい方は
0120-819-118(全国対応!年中無休9:00-21:00)

出張買取予約
CBR250R【1987~2018年】 の買取相場

データ最終更新:2024年05月17日

  • 出張査定を予約する
  • 無料査定のご希望日時
    査定は全て無料です (お断り頂いても無料です)
    査定自体は5分。お支払いと車両の引取を含めても20分程です

    戻る 05月19日〜05月25日 進む
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    8:00-
    10:00
    10:00-
    12:00
    12:00-
    14:00
    14:00-
    16:00
    16:00-
    18:00
    18:00-
    20:00
    20:00-
    21:00
  • 郵便番号

  • 町名の先のご住所(バイクの保管場所)

  • お電話番号(ハイフンなし 数字のみ)

  • メールアドレス

  • お客様のお名前

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い

CBR250R【1987~2018年】毎週更新の買取査定相場

CBR250R【1987~2018年】 買取査定に役立つ豆知識

【車両解説】CBR250R【1987~2018年】
CBR250R【1987~2018年】

250㏄クラスのフルカウルスポーツが人気を高めていた2010年代初頭にホンダが投入したマシンがMC41型「CBR250R」だった。しかし、ホンダが「CBR250R」を発売したのはこれが最初のことではない。1987年にレーサーレプリカブーム真っ只中の時代にも同じく「CBR250R」という名称でフルカウルマシンを発売していた。このMC17型こそが初代「CBR250R」ということになる。
デビューモデルは1987年7月に登場し、実質的には前年から販売されていた「CBR250 FOUR」の豪華版という位置づけだった。
車体は軽量高剛性のダイヤモンド型アルミフレームにDOHC4バルブの水冷4サイクル4気筒エンジンを搭載。最高出力は、15,000回転で45馬力を発揮する高回転型マシンだった。
当時の250ccクラスは、「NSR250」を筆頭に2ストレーサーレプリカが非常に盛り上がっていたが、4ストロークマシンも各メーカーから競合モデルが展開されていた。
MC17型「CBR250R」のライバルとしては、スズキの「GSX-R250」が台頭していた。同じく45馬力エンジンを搭載していたが、乾燥重量が138kgで本モデルより1kg軽かった。
その後、「CBR250R」は1988年にフルモデルチェンジを実施して2代目モデルとなるMC19型へ進化。丸形デュアルヘッドライトを採用してよりレーシーなスタイリングとなり、フレームはアルミ製のツインチューブバックボーン式へ変更。制動系統にはフロントにフローティングシングルディスクブレーキを装備した。
以降は、仕様変更を実施しながら1990年に「CBR250RR」へ世代交代を果たす形で生産終了となり「CBR250R」のモデル名がカタログラインアップから消えることとなった。
しかし、それから20年もの月日が経過した2010年10月に主にアジア市場をターゲットにしたグローバル戦略モデルとして復活。MC41型「CBR250R」として再デビューを果たした。DOHC4バルブの水冷単気筒エンジンを搭載するが、二輪車のDOHCエンジンとしては世界初となるローラーロッカーアームを採用することで低フリクション効果を高めていた。またシングルエンジン特有の振動を低減するための高性能バランサーを採用することで快適な走行フィーリングを実現している。安全装備としてABS搭載モデルをタイプ別設定し2グレード構成で展開された。
ライバルモデルは既に国内でブームを巻き起こしていたカワサキの「Ninja250R」だ。31馬力を発揮するパラレルツインエンジンを搭載し走行性能は一歩先を行くスペックだった。
再復活を遂げた「CBR250R」は、カラーチェンジと仕様変更を繰り返しながら展開されていくが、排ガス規制の壁に阻まれ2017年モデルを最後に生産終了となった。

買替や売る際の買取査定は、CBR250Rの中古価値に精通しているバイクパッションに!

解説記事更新日:2021年12月31日

【スペック・仕様】
車名/型式/年式 CBR250R/MC41/2011
発売年月 2011年
車両サイズ(mm)・重量(kg) 全長・全幅・全高 2035mm・720mm・1125mm 重量 161kg
シート高・最低地上高(mm) シート高 780mm 最低地上高 145mm
エンジン機構・最高出力・燃費 水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒・27ps・49.2km/1L
エンジン始動・燃料供給装置・タンク容量 セル・インジェクション・13L
新車販売価格 42.8万円(税抜)
【ライバル・兄弟車】最新買取相場

実働車【型式別 平均取引額】 CBR250R【1987~2018年】

【万円】

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格

2024年5月時点から6ヶ月間遡った数字

【型式別】平均買取額の目安

平均
11.6万円

※データ更新:2024年05月17日

【実働車の取引価格帯】 CBR250R【1987~2018年】

単位【万円】

買取業者の転売先である業者間オークション市場の取引価格帯

2024年5月時点から6ヶ月間遡った数字

【取引価格帯と構成比】

最高
35 ~ 40
万円
%
0
構成比
最多
10 ~ 15
万円
%
39
構成比
最低
0 ~ 5
万円
%
4
構成比

※データ更新:2024年05月17日

【状態別の取引額】 CBR250R【1987~2018年】

最高額
平均落札額
最低額
【評価点】
【万円】

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格

2024年5月時点から6ヶ月間遡った数字

【状態別買取額の目安】

6
極上
最高
平均
最低
取引
26.8万円
26.8万円
26.8万円
1台
5
良好
最高
平均
最低
取引
33.6万円
16.8万円
7.2万円
61台
4
軽い難
最高
平均
最低
取引
39.6万円
10.7万円
3.2万円
162台
3
難有
最高
平均
最低
取引
20.2万円
8.1万円
2.4万円
18台
1
事故
不動
最高
平均
最低
取引
16.5万円
6.8万円
0.5万円
74台

※データ更新:2024年05月17日

【実働車|過去60ヶ月の買取相場の推移】 CBR250R【1987~2018年】

最高額
平均落札額
最低額

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格の推移

査定現場での買取価格は上記取引金額から業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります
※51~125ccの場合、上記転売金額から2万円程度差し引いた金額が正味の買取額となります

2024年5月時点から60ヶ月間遡った数字

【平均買取相場の変動】

対前年比
-2
% down

【2023年間 vs 2024年間】

対3前年比
-30
% down

【2021年間 vs 2024年間】

年間平均
取引台数
729

過去4年間の取引台数÷4

※データ更新:2024年05月17日

実働車【年式別|買取相場の推移】CBR250R【1987~2018年】


  • 【海外仕様】2011~18年式

  • 【MC41型】2011~17年式<ABS>

  • 【MC41型】2011~17年式

  • 【MC19型】1988~89年式

  • 【MC17型】1987年式

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格の推移

査定現場での買取価格は上記取引金額から業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります
※51~125ccの場合、上記転売金額から2万円程度差し引いた金額が正味の買取額となります

2024年5月時点から60ヶ月間遡った数字

【平均買取相場の変動】

対前年比 対3年前比 2024年の取引台数
【海外仕様】2011~18年式 -36 -56 2 台
【MC41型】2011~17年式<ABS> -1 -29 69 台
【MC41型】2011~17年式 -5 -38 101 台
【MC19型】1988~89年式 +27 +36 9 台
【MC17型】1987年式 -29 -20 1 台

※データ更新:2024年05月17日

spacer-for-layout
自動査定の金額】は査定現場での実際の買取額です。
買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の(年間 約20万台の)取引データを忠実に反映し、業者の最低限の儲けと経費を差し引いた競争力の高い実際の買取額を表示 しています。

【グラフ領域の金額】は買取業者の転売額です。
転売額とは買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場での落札金額に当たります。
業者間オークション市場とは買取業者と販売業者が参画する競り市場で、年間に約20万台のオートバイが取引されています。
実は買取業者が買取したバイクの約9割は上記市場において転売されています。
そのため、業者間市場での取引額(業者の転売額)から買取業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を割引いた金額が査定現場での実際の買取額になります。
業者間での取引額から割引かれる金額は、単価の低い原付バイクで0.6万円から、100万円を超える高額車両では6万円までが適正かつ競争力の高い割引額と言えます。
率にすると概ね2%~10%の(高額車両ほど率が低い)割引率なので、業者間での取引額の90~98%が実際の買取額となると憶えておけば、査定額の妥当性や競争力を判断する材料になることでしょう。

CBR250R【1987~2018年】 上位20台の取引額 (データ更新:2024年05月17日)

落札額 評価点 車台番号 走行距離 カラー
1 CBR250R【1987~2018年】 39.8万円 4.0点 MC19-101 606km
2 CBR250R【1987~2018年】 33.8万円 5.2点 MC41-140 5,895km
3 CBR250R【1987~2018年】 33.2万円 4.0点 MC19-101 11,413km
4 CBR250R【1987~2018年】 31.2万円 5.2点 MC41-140 5,451km
5 CBR250R【1987~2018年】 30.8万円 4.7点 MC19-105 13,147km
6 CBR250R【1987~2018年】 29.1万円 4.0点 MC19-101 12,428km
7 CBR250R【1987~2018年】 26.9万円 5.8点 MC41-150 2,580km
8 CBR250R【1987~2018年】 26.5万円 3.8点 MC19-105 8,051km
9 CBR250R【1987~2018年】 26.1万円 5.0点 MC41-160 5,402km
10 CBR250R【1987~2018年】 24.7万円 5.2点 MC41-160 8,938km
11 CBR250R【1987~2018年】 24.4万円 4.7点 MC41-150 686km
12 CBR250R【1987~2018年】 23.5万円 4.8点 MC41-140 9,770km
13 CBR250R【1987~2018年】 23.5万円 4.8点 MC41-150 7,234km
14 CBR250R【1987~2018年】 23.3万円 5.0点 MC41-140 10,613km
15 CBR250R【1987~2018年】 23.1万円 3.8点 MC19-101 10,159km
16 CBR250R【1987~2018年】 23.0万円 5.3点 MC41-160 12,345km
17 CBR250R【1987~2018年】 23.0万円 4.7点 MC41-140 15,344km
18 CBR250R【1987~2018年】 22.8万円 4.7点 MC41-140 15,526km
19 CBR250R【1987~2018年】 21.8万円 4.7点 MC41-160 20,450km
20 CBR250R【1987~2018年】 21.4万円 4.8点 MC41-160 5,566km

【評価点】8点以上:新車 7点:超極上車 6点:極上車 5点:良好車 4点:多少の使用感 3点:難有 2点:劣悪 1点:事故不動
(※3~4点の評価ながら、値段が跳ねているケースの多くは純正品の無いカスタム車です)

【走行距離】単位はkm

上記は買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の落札金額のデータ
業者間オークション市場では年間に約20万台の中古バイクが取引されています