調整画像 パッション屋良とバイク お笑い芸人パッション屋良 直線 自動査定 個人情報不要 XJR最強の買取価格 調整画像 パッション屋良とバイク お笑い芸人パッション屋良

全車種
の査定相場

  • 良好~極上最高値とは型式の平均的な状態より綺麗で状態の良い車両の買取額。
    最高額は買取業界の9割超の売却先である業者間オークションでの最高落札額
    0
  • 買取平均平均相場とはボリュームゾーンである平均的な買取価格帯
    0
  • 取引数落札台数とは買取業界の9割超の売却先である業者間オークションで落札された台数
    0 12ヵ月間

データ最終更新 2017,8/16平均相場とはデータは最新の状態に毎週更新されています

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種名
  • 総合状態
  • 走行距離
査定を予約する

目指したものは空冷最速マシン! ~ヤマハ XJRシリーズの歴史~

1993年に誕生した「空冷最速のネイキッドマシン」をコンセプトとするヤマハ XJR。
愛称である「ペケジェイアール」が示すように、1980年代にヤマハ史上初となる400ccDOHC4気筒モデルのXJ400をイメージしたマシンです。
XJR400を皮切りに、1200cc・1300ccとビッグバイクに相応しい大排気量を持つ兄弟車が多くのライダーを魅了した人気シリーズでもあります。
空冷エンジン特有の冷却フィンの美しさを前面に押し出し、鋼管パイプ製ダブルクレードルフレームというオーソドックスな車体構成。
ヤマハ車の基本コンセプトであるスリム&コンパクトを守って作られたXJRは、排気量に合わせた扱いやすさを保ちながら進化を遂げています。
シリーズ共通として、エンジンのレスポンスのよさに定評があり、乗り手の意思を汲んで即座に反応してくれる抜群の扱いやすさが身上です。
発売開始からもうすぐ四半世紀を迎えるヤマハの看板ネイキッド・XJRシリーズの姿をもう一度振り返ってみたいと思います。

XJR買取価格実例一覧

  • XJR1300

    XJR1300 RP03J

    600,000円

    2000年式 走行 8,045km
    綺麗なカスタム車両

  • XJR400R/RH02J004

    XJR400R RH02J

    235,000円

    2005年式 走行 11,660km
    転倒の損傷が目立つ

  • XJR1300買取

    XJR1300 RP03J

    550,000円

    2004年式 走行 4,000km
    上質

  • XJR1200型

    XJR1200 4KG

    210,000円

    1997年式 走行 9,731km
    状態:良好

  • XJR400R-2型

    XJR400R 4HM

    160,000円

    1999年式 走行 12,000km
    状態:年式に比して良好

XJR事故車・不動車

  • XJR400R-3型

    XJR400R-3不動車 RH02J

    95,000円

    2003年式 走行 12,800km
    2年放置、錆び・苔が生え

  • XJR400R-2型

    XJR400R-2不動車 4HM

    46,000円

    1999年式 走行 不明
    状態:エンジン焼き付き

  • XJR400事故車

    XJR400事故車 4HM

    39,000円

    1996年式 走行 8,098km
    Fフォーク歪み、タンク凹み

  • XJR400R/RH02J-005

    XJR400R不動車 RH02J

    80,000円

    2006年式 走行 不明
    鍵紛失後に5年放置

  • XJR400R-3型事故車

    XJR400R事故車 RH02J

    30,000円

    2005年式 走行 不明
    2tトラックとの事故

XJRシリーズのトップバッター・XJR400

XJR400相場グラフ

XJR400の年式ごとの相場推移 2014~2016

XJRシリーズのトップバッターとして、1993年に登場したのがXJR400です。
空冷最速ネイキッドを掲げてデビューしたXJR400は、先行販売されていたホンダ CB400SFや、カワサキ・ゼファー400といったライバル車に一歩も引けを取らない人気車となります。
大ヒットを受けて1年後、XJR400Sが追加販売。
サスペンションの最高峰・オーリンズ製のリアサスペンションを標準装備し、よりスポーティな仕様として支持されます。
さらに1995年にはブレンボ製のフロントブレーキキャリパーを採用したXJR400Rが登場し、400ccネイキッドでの地位を不動のものとしました。
1996年にはビキニカウルとデジタルメーターを採用したXJR400R2が追加販売されましたが、オーソドックスなスタイルのXJR400ほどの支持は得られず販売数は少なめに終わりました。
ベーシックなブラック・ホワイトに人気が集中しましたが、1998年にはシルバー・グリーン・レッドといったカラーバリエーションも追加。
ヤマハ伝統のYSPカラーなども限定販売され、2001年以降のモデルではグラフィックパターンを取り入れたブルー系統のカラーも登場しました。 非常に多くのカラーバリエーションを持ち、ファッション性を持たせたネイキッドとして高い人気を誇りましたが、自動車排出ガス規制強化のため惜しまれつつ2008年に生産を終えました。

1993年式 4HM-000

フレーム番号が4HM-000から始まる1993年式のXJR400

1993年式XJR400 カラーリングはブラック

  • 型式
    4HM型
  • 年式
    1993年
  • カラーリング
  • フレーム番号
    4HM-000~
  • 買取車両の
    業者間取引相場
     
    平均137,917円
    最高288,000円
    最低42,000円

1994年式 4HM-025

フレーム番号が4HM-025から始まる1994年式のXJR400

1994年式XJR400 カラーリングはブルー

  • 型式
    4HM型
  • 年式
    1994年
  • カラーリング
  • フレーム番号
    4HM-025~
  • 買取車両の
    業者間取引相場
     
    平均128,000円
    最高160,000円
    最低90,000円

1995年式 4HM-050

フレーム番号が4HM-050から始まる1995年式のXJR400

1994年式XJR400 カラーリングはレッド

  • 型式
    4HM型
  • 年式
    1995年
  • カラーリング
  • フレーム番号
    4HM-050~
  • 買取車両の
    業者間取引相場
     
    平均129,933円
    最高232,000円
    最低70,000円

1996年式 4HM-098

フレーム番号が4HM-098から始まる1996年式のXJR400

1996年式XJR400 カラーリングはブラック

  • 型式
    4HM型
  • 年式
    1996年
  • カラーリング
  • フレーム番号
    4HM-098~
  • 買取車両の
    業者間取引相場
     
    平均138,100円
    最高214,000円
    最低64,000円

1998年式 4HM-112

画像準備中
  • 型式
    4HM型
  • 年式
    1998年
  • カラーリング
  • フレーム番号
    4HM-112~
  • 買取車両の
    業者間取引相場
     
    平均127,385円
    最高222,000円
    最低52,000円

1999年式 4HM-117

フレーム番号が4HM-117から始まる1999年式のXJR400

1996年式XJR400 カラーリングはブラック

  • 型式
    4HM型
  • 年式
    1999年
  • カラーリング
  • フレーム番号
    4HM-117~
  • 買取車両の
    業者間取引相場
     
    平均128,000円
    最高204,000円
    最低70,000円

2000年式 4HM-120

フレーム番号が4HM-120から始まる2000年式のXJR400

2000年式XJR400 カラーリングはブラック

  • 型式
    4HM型
  • 年式
    2000年
  • カラーリング
  • フレーム番号
    4HM-120~
  • 買取車両の
    業者間取引相場
     
    平均160,857円
    最高212,000円
    最低98,000円

2001年式 RH02J-000

フレーム番号がRH02J-000から始まる2001年式のXJR400

2001年式XJR400 カラーリングはブルー

  • 型式
    RH02J型
  • 年式
    2001年
  • カラーリング
  • フレーム番号
    RH02J-000~
  • 買取車両の
    業者間取引相場
     
    平均147,250円
    最高300,000円
    最低88,000円

2002年式 RH02J-002

画像準備中
  • 型式
    RH02J型
  • 年式
    2002年
  • カラーリング
  • フレーム番号
    RH02J-002~
  • 買取車両の
    業者間取引相場
     
    平均181,000円
    最高248,000円
    最低114,000円

2003年式 RH02J-004

フレーム番号がRH02J-004から始まる2003年式のXJR400

2003年式XJR400 カラーリングはブルー

  • 型式
    RH02J型
  • 年式
    2003年
  • カラーリング
  • フレーム番号
    RH02J-004~
  • 買取車両の
    業者間取引相場
     
    平均219,059円
    最高376,000円
    最低100,000円

2007年式 RH02J-006

画像準備中
  • 型式
    RH02J型
  • 年式
    2007年
  • カラーリング
  • フレーム番号
    RH02J-006~
  • 買取車両の
    業者間取引相場
     
    平均255,714円
    最高476,000円
    最低96,000円

ツアラー譲りの性能と軽快なハンドリングで大ヒット! XJR1200

XJR1200相場グラフ

XJR1200の年式ごとの相場推移 2014~2016

1994年にXJR400の大ヒットによってリリースが決定したXJR1200。
排気量1188ccの空冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒エンジンはヤマハ FJ1200をベースとしたもので、当時としては空冷4気筒エンジンで世界最大の排気量を誇りました。
スピードツアラーとして評価の高かったFJ1200同様、非常に瞬発力のある加速力が自慢で、全長2,170mm・車体重量232kg(94年モデル)の大きな車体を軽々と動かすパワフルさを身上としました。
ハンドリングの軽快さはリッターバイクとしては驚くほど軽く、扱いやすさではホンダ CB1000SFと肩を並べるマシンとして評価を得ます。
1996年にはこのXJR1200をベースとし、ハーフカウル装着のXJR1200Rが追加販売されましたが、オリジナルであるXJR1200ほどの支持を得られず生産打ち切りに。
XJR1200自身もその製造期間は短く、1997年を持って正統後継車XJR1300へバトンタッチとなり、ビッグネイキッドの開拓者としての役目を終えました。
94&95年モデルはブラック・ディープレッド・シルバー、96年にはブルーイッシュブラックのカラーリングが販売され、これとは別に輸出仕様カラーが存在。
97年の輸出仕様ではメイチャーレッド・ブルーイッシュホワイトカクテル(黄色ベースのストロボカラー)、98年はグレーメタリック・ブルーメタリックが追加されています。

1994年式 4KG-004

フレーム番号が4KG-004から始まる1994年式のXJR1200

1994年式XJR1200 カラーリングはレッド

  • 型式
    4KG型
  • 年式
    1994年
  • カラーリング
  • フレーム番号
    4KG-004~
  • 買取車両の
    業者間取引相場
     
    平均146,108円
    最高252,000円
    最低70,000円

1995年式 4KG-020

画像準備中
  • 型式
    4KG型
  • 年式
    1995年
  • カラーリング
  • フレーム番号
    4KG-020~
  • 買取車両の
    業者間取引相場
     
    平均157,077円
    最高262,000円
    最低100,000円

1996年式 4KG-028

画像準備中
  • 型式
    4KG型
  • 年式
    1996年
  • カラーリング
  • フレーム番号
    4KG-028~
  • 買取車両の
    業者間取引相場
     
    平均173,348円
    最高356,000円
    最低106,000円

XJR1200からのフルモデルチェンジで現在も販売中のXJR1300

XJR1300相場グラフ

XJR1300の年式ごとの相場推移 2014~2016

1998年、XJR1200のフルモデルチェンジ車として販売を開始したXJR1300は、今日現在もセールスが継続されている現行車です。
結果としてはシリーズ最長の販売期間を誇り、エンジンは当初のコンセプト通り空冷4ストローク4気筒。
排気量は1,250ccまでスープアップされ、よりトルクを太くした推進力をウリにしたモデルとなりました。
ビッグバイクとして堂々たる車格となり、全長2,175mm×全幅780mm×全高1,115mmと抜群のグラマラスボディに。
それでいながら持ち前のハンドリングの軽快さと扱いやすいスマートさはそのままで、ヤマハ車史上最高のマシンに挙げるファンも少なくありません。
テールカウルやフロントフェンダー形状が大きく変更され、より洗練されたデザインとなりました。
多くのモデルチェンジを行う毎に完成度が高まり、年を追って熟成を続けたモデルです。
1998年の基本カラーはブラック・シルバー・メタリックグレーの3色でしたが、後にファンからの要望に応えてホワイトを追加。
1999年にはマルーン・ディープパープリッシュブルーメタリック・ホワイト・シルバーの4色に。
2001年はディープパープリッシュブルーメタリックのみグラフィックパターンを採用。
後年はビビッドレッドカクテル・往年のXJシリーズのカラーを再現したシルバーなどが追加となりました。

1998年式 RP01J-000

フレーム番号がRP01J-000から始まる1998年式のXJR1300

1998年式XJR1300 カラーリングはブラック

  • 型式
    RP01J型
  • 年式
    1998年
  • カラーリング
  • フレーム番号
    RP01J-000~
  • 買取車両の
    業者間取引相場
     
    平均254,574円
    最高678,000円
    最低120,000円

2000年式 RP03J-000

フレーム番号がRP03J-000から始まる2000年式のXJR1300

2000年式XJR1300 カラーリングはブルー

  • 型式
    RP03J型
  • 年式
    2000年
  • カラーリング
  • フレーム番号
    RP03J-000~
  • 買取車両の
    業者間取引相場
     
    平均276,220円
    最高506,000円
    最低152,000円

2006年式 RP17J-000

画像準備中
  • 型式
    RP17J型
  • 年式
    2006年
  • カラーリング
  • フレーム番号
    RP17J-000~
  • 買取車両の
    業者間取引相場
     
    平均480,789円
    最高682,000円
    最低282,000円

XJR買取の最強店

口コミでも抜群の評判 バイクパッション
  • 無料出張査定
  • オンライン査定
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
XJR買取査定お任せください
買取査定お任せください

XJRは売ろうと考え時が一番高く売れます

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118