調整画像 パッション屋良とバイク お笑い芸人パッション屋良 直線 自動査定 個人情報不要 RGV250ガンマΓ-2最強の買取価格 調整画像 パッション屋良とバイク お笑い芸人パッション屋良

全車種
の査定相場

  • 良好~極上 最高値とは 型式の平均的な状態より綺麗で状態の良い車両の買取額。
    最高額は買取業界の9割超の売却先である業者間オークションでの最高落札額
    0 0
  • 買取平均 平均相場とは ボリュームゾーンである平均的な買取価格帯
    0 0
  • 取引数 落札台数とは 買取業界の9割超の売却先である業者間オークションで落札された台数
    0 12ヵ月間

データ最終更新:2019/10/11 平均相場とは データは最新の状態に毎週更新されています

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種名
  • 総合状態
  • 車台番号
査定を予約する

鍵紛失で10年放置されていたVJ22A不動車|RGV250ガンマ買取査定と相場

「鍵をなくしてから10年間ハンドルロックされたまま放置していたガンマを売りたい」と買取査定のご依頼を頂いたのは1992年式のVJ22A型のRGV250ガンマ。
実働化までは、鍵の複製、キャブ・タンク内洗浄、フロントフォークのオーバーホール、劣化で使用できなくなった多数の消耗品の交換など多数の工程が必要な状態でしたが、 エンジンに圧縮はあり外装もそこそこの状態であることから、実働化の流通価値から修復コストを差し引いた査定額で買取させて頂きました事例です。

2ストレプリカの人気再燃で相場が高騰しているRGV250ガンマ。
2019年1月時点の買取相場に照らすと同じ状態でも13万円の査定額をお付けできる相場となっています。
最新の相場情報は、個人情報不要の自動査定からご確認して頂けます。

RGV250ガンマ不動車買取事例
  • RGV250ガンマ不動車買取事例
  • RGV250ガンマ
  • 10年放置
  • 錆び激しい
  • 鍵無しロック
  • 評価点
  • 総合評点:1点
    (エンジン0 車体フレーム0 外装0 電気保安0 フロント0 リア0)
    ※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
    査定のチェック箇所と項目
  • RGV250ガンマ不動車 買取価格実例
  • バイク名
  • RGV250Γ

    買取価格

    50,000円

  • 状態
  • 不動車:10年放置でエンジン非稼動、鍵無しロック、錆び多数
  • 走行
  • 2,298km
  • 年式
  • 1992年式
  • 車体番号
  • VJ22A-116
  • エンジンの状態
  • 長期間放置で非稼動
  • 外観の状態
  • 損傷・錆が目立つ
  • 事故歴
  • なし
  • 改造の有無
  • ノーマル車両
  • 買取年
  • 2011年1月
  • オンライン相場案内

    出張買取無料査定

    フリーダイヤル 0120-819-118

【毎週更新の買取相場】 RGV250Γ (VJ22A型/1990~94年式)

矢印
事故車・不動車 RGV250Γ (VJ22A型/1990~94年式)の取引価格帯

買取業者の転売先である業者間オークション市場の取引価格帯

2019年10月時点から24ヵ月間遡った数字

相場のボリュームゾーン

最多価格
20〜24
万円
apacer-for-layout
%
33
構成比
apacer-for-layout
第2位
25〜29
万円
apacer-for-layout
%
22
構成比
apacer-for-layout
第2位
15〜19
万円
apacer-for-layout
%
22
構成比
apacer-for-layout

※データ更新:2019年10月11日

apacer-for-layout
評価点別 RGV250Γ (VJ22A型/1990~94年式) の平均取引額
矢印

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格

2019年10月時点から24ヵ月間遡った数字

評価点別の取引額

4
軽い難
最高
平均
最低
取引
46.8万円
38.6万円
26.2万円
7台
spacer-for-layout
3
難有
最高
平均
最低
取引
39.2万円
25.4万円
14.8万円
36台
spacer-for-layout
1
事故
不動
最高
平均
最低
取引
34.3万円
22.6万円
8.6万円
18台
spacer-for-layout

※データ更新:2019年10月11日

spacer-for-layout
事故車・不動車 RGV250Γ (VJ22A型/1990~94年式) 買取相場の推移 凡例
矢印

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格の推移

査定現場での買取価格は上記取引金額から業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります
51~125ccの場合、上記転売金額から2万円程度差し引いた金額が正味の買取額となります

2019年10月時点から48ヵ月間遡った数字

平均相場のUp Down

対前年比
-1
% down
apacer-for-layout

【2018年間 vs 2019年間】

対3前年比
+47
% up
apacer-for-layout

【2016年間 vs 2019年間】

年間平均
取引台数
12
apacer-for-layout

過去4年間の取引台数÷4

※データ更新:2019年10月11日

apacer-for-layout
嬉しくなる査定価格で全国出張買取中 状態や型式に沿った相場情報をより正確に迅速にご案内できます。フリーダイヤル 0120-819-118

VJ22A型不動車 RGV250ガンマ 買取査定のポイントや詳細

査定させて頂きましたのは1992年モデルのVJ22A型のRGV250ガンマです。
10年近く動かしていないということで、タンク内のガソリンは劣化しえ人はかからない不動車の状態に。
ハンドルがロックされた状態のまま鍵を無くされたとのこと。ブレーキが引きずりを起こしており車体の押し引きは出来ない状態。
また車体の各所に劣化や風化の痛みが刻まれています。
以下に査定内容のトピックスをご紹介させて頂きます。

エンジンの状態

10年放置されていたため、フュエルタンク内のガソリンは劣化し独特の腐臭を放っています。キャブレター周りでは固着したガソリンが粉を吹いています。
バッテリーは上がっていますが、持参したブースターを使用するまでもなく、エンジンはかからない状態であることが判別できます。
2ストマシンで起こりやすいエンジンの焼き付きが発生していないか、キックスターターをキックいたしましたが圧縮はしっかりとありエンジン自体は生きているようです。
絶版から20年以上経過しているVJ22A型のRGV250ガンマはパーツの入手も難しく、たとえ査定現場では始動しないエンジンであっても焼き付きなどを起こしているか否かは重要な査定ポイントとなります。
その意味で、実働化までは、キャブ洗浄や、タンク内の防錆加工、プラグ・バッテリー交換が必要な状態ではありましたが、商業的に実働化可能なエンジンとして十分に買取価値がある判定となりました。

外装の状態

艶を失い干からびて年季を感じさせるシート、曇って司会を失っているスクリーン等とは異なり、埃をかぶっている外装カウルはシートやスクリーンほどは年季を感じさせる退色や色褪せは見られません。
とても綺麗とは言えませんが、目立つような外傷もなく年式未満の状態ながら十分に再販価値を保持しているといえるでしょう。

放置による劣化やマイナスポイント

「鍵を無くしてから10年くらいはそのまんま」とはオーナー様のお言葉。
(ハンドルはロックされた状態で車体の押し引きができません。買取後は車体の下に台車を噛まして搬出させて頂きました)
高年式のモデルですといもびらーざー機能付きの鍵など、複製コストが高価になる鍵も多くありますが、20数年前の車両であれば鍵の複製コストも高くはありません。
弊社パッションでは、買取した鍵なしバイクが10台ほど溜まった段階で提携の鍵業者に依頼して複製してもらっているため非常に安価で紛失鍵の複製をすることが出来ます。
そのため、鍵の種類にもよりますが鍵なしバイクでも大きなマイナス査定なしに買取いたしております。

劣化としては、茶色一色となっているチェーン。点錆が浮いて一部塗装が盛り上がっているアウターチューブ、要オーバーホールのキャリパー、各所取付ボルトの錆などメッキ・金属各所に見られる強めの錆。
一部ひび割れを起こしているタイヤ、パサパサ感のあるグリップなどゴム類の劣化。
傷や錆に腐食が強い前後のキャストホイール、抜けていて要オーバーホールのフロントフォークなど使用感の強い足回りなどがマイナス査定となりました。

総合的な評価と査定価格

10年放置されていて、鍵がなくハンドルロックされたままだったVJ22A型のRGV250ガンマ。
エンジン実働化までは、鍵の複製に加えて、キャブO/H、タンク内の防錆加工、プラグ・バッテリー交換が最低限必要な状態。
再販に向けては、フロントフォークのオーバーホールや、チェーンにタイヤやグリップなど消耗品の交換も必須。
劣化の目立つ金属部分の研磨や、外装の艶出しなど再販に向けた工程とは少なくない状態だったガンマです。
それでも目立った外傷なく一式揃った外装カウル、生きているエンジンなど商業的にはレストア可能な状態でした。
レストア後の市場流通価値から、レストアコストを差し引いて5万円の査定価格で買取させて頂きました1台です。

この価格で買取できるのも、修理単体でのもうけを必要としない弊社販売店の大きな整備工場があるから!
不動車の買取査定は弊社パッションにお任せください!

【2019年1月追記】の買取相場情報

上記の買取事例は2011年の内容です。
2ストレプリカの人気再燃によって2012年頃から相場が右肩上がりのガンマシリーズ。
2011年と2019年では買取相場が全く異なります。
はたして、もし2019年1月時点の買取相場に照らすといくらの査定額が付いたのか? 買取業者の査定価格の指標であり、販売業者の仕入れ値であり、つまり日本の中古バイクの相場を決定している業者間オークション市場の取引データを使用して、VJ22A型ガンマの買取相場をご案内差し上げます。

【2011年 vs 2019年】VJ22A型 取引相場の比較|実働車
平均落札額 最高額 最低額 取引台数
2011年 16.2万円 45.0万円 6.5万円 26台
2019年 25.2万円 46.8万円 14.8万円 26台
(2011年1月時点と2019年1月時点で、業者間市場の落札データを過去1年間遡った数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)

2011年と2019年の平均取引額の比較で、実働車は約6割価格が上昇しています。
エンジン焼き付きなどの大掛かりな修理を必要としない(キャブやタンク洗浄程度で実働化が見込まれる)不動車は、実働化後の流通価値から実働化までの工賃コストを差し引いた査定額で買取することが出来ます。
特に弊社のように自社で買取から整備修理と販売を手がける、修理工場を併設した買取販売店では、修理コストを最小化できる分だけ高く買取することが出来ます。
2011年時点では、実働車の平均取引額が16万円程度であったVJ22A型RGV250ガンマ。

■2019年の相場に照らすと、実働化を視野に入れた査定額は11万円

買取した車両の実働化コストを5万円程度、実働化後の市場での取引額を12万円程度と見込んで、査定額を算出いたしました。
12万円-5万円=7万円ですが、7万円で買取しては儲けが出ません。実際には運走コストや市場への出品手数料などの他儲けも考慮しないといけないため、ぎりぎりの査定額である5万円で買取させて頂きましたが。
2019年時点では、実働化後の流通価値(想定取引額)として18万円程度が見込めます。
そのため2019年1月時点の相場に照らすと、実働化を視野に入れた際の査定額は、11万円程度になっていたでしょう!

【2011年 vs 2019年】VJ22A型 取引相場の比較|不動車・事故車
平均落札額 最高額 最低額 取引台数
2011年 8.3万円 12.4万円 5.1万円 26台
2019年 21.3万円 34.3万円 8.6万円 26台
(2011年1月時点と2019年1月時点で、業者間市場の落札データを過去1年間遡った数字)

2011年と2019年の平均取引額の比較で、事故車や不動車は実に150%近く価格が上昇しています。
さらに、2019年の相場は、実働車と不動車・事故車の取引の価格差が非常に狭くなっていることに驚かされます。
なぜ、これほど非実働状態のガンマの相場が上がっているのか?
理由に1つには、絶版から25年以上が経過し、良好な個体数が減少していることが挙げられます。
実働車の大半は多かれ少なかれ不具合を抱えているため、比較的簡易な修復で実働化できる不動車は、実働車に近い金額で取引されていると見てよいでしょう。
また大掛かりなレストアが必要な不動車やパーツ取り用途の事故車なども、部品の圧倒的な品薄状態から、パーツ自体が高値で売れる状況にあって、残存パーツの価値で取引されています。
経年とともに、修理してでも乗りたい絶版車のパーツ需要は高まります。今後も事故車や不動車の相場は堅調若しくは上がっていくことが予想されます。

■2019年の相場に照らすと、不動車現状の査定額は13万円程度

2011年時点では、実働化させて市場に流したほうが高値で取引される傾向にあったVJ22A型RGV250ガンマですが、2019年1月時点では不動車現状のまま市場に流したほうが高値で売れる相場となっています。
2011年で買取した状態で、市場に出品したとすると、想定される取引額は15万円程度が見込まれます。そこから自社の経費と儲けを差し引いた査定額はギリギリ13万円まで提示することが出来ます。
つまり、2011年に限界査定額が5万円だった、「10年放置で錆び錆びの鍵なしVJ22A型RGV250ガンマ」は2019年1月時点では13万円まで査定額が出せる相場となっています。

■売り時を逃さないために!

今後も相場の値上がりが期待できるVJ22A型 RGV250ガンマ。売却をご円筒中のオーナー様にとっては、最新の相場情報が気になるところ。
最新の相場情報は、個人情報不要の自動査定からご確認して頂けます。

ガンマの買取査定は丁寧対応と、2ストレプリカの価値を余すところなく積み上げて高額査定が評判!旧車の買取に強い弊社バイクパッションにお任せください。

RGV250ガンマの買取相場

RGV250ガンマ(VJ22A型)
状態の良いバイクの業者間取引市場(定例オークション)における、
買取時点直近6ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 26台
平均価格: 162,615円
最高価格: 450,000円
最低価格: 65,000円

事故車・不動バイクの業者間取引市場(蚤の市オークション)における、
買取時点直近12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 4台
平均価格: 83,714円
最高価格: 124,000円
最低価格: 51,600円

相場情報:2011年1月20日時点

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。

RGV250ガンマ不動車に関連する買取事例

  • RG400ガンマ

    RG400ガンマ不動車

    200,000円

    1985年式 走行 9,296km
    エンジン焼付 20年放置
    2018年9月買取

RGΓ・RGVガンマ買取の最強店

口コミでも抜群の評判 バイクパッション
  • 無料出張査定
  • オンライン査定
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
RGV250ガンマΓ-2買取査定お任せください
買取査定お任せください

RGV250ガンマΓは売ろうと考え時が一番高く売れます

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118