調整画像 パッション屋良とバイク お笑い芸人パッション屋良 直線 自動査定 個人情報不要 エイプ50/Ape50最強の買取価格 調整画像 パッション屋良とバイク お笑い芸人パッション屋良

全車種
の査定相場

  • 良好~極上 最高値とは 型式の平均的な状態より綺麗で状態の良い車両の買取額。
    最高額は買取業界の9割超の売却先である業者間オークションでの最高落札額
    0 0
  • 買取平均 平均相場とは ボリュームゾーンである平均的な買取価格帯
    0 0
  • 取引数 落札台数とは 買取業界の9割超の売却先である業者間オークションで落札された台数
    0 12ヵ月間

データ最終更新:2020/04/03 平均相場とは データは最新の状態に毎週更新されています

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種名
  • 総合状態
  • 車台番号
査定を予約する

劣化や損傷の目立った2001年式|Ape50買取査定と相場

2001年モデル・クラシカルホワイトのエイプ50の買取査定事例
錆びや腐食の目立つエンジンからの異音やアイドリング不調、足回りの色濃い劣化、非常に目立つマフラーの転倒傷、全体的にやや色褪せしている外装など、2001年モデルとしても年式並み未満の評価に留まったエイプ50。
エイプ50(2001~2008年モデル)全体の平均買取相場は10万円程度となっていますが、2001年モデルはそこから若干低く、8.5万円程度となっています。
年式並み未満の劣化や損傷が目立ったため、2001年モデルの平均相場を若干下回る6万円の査定額での買取となりました。

エイプ50の最新の相場情報は、10秒で査定額が出る個人情報不要の自動査定でチェックして頂けます。

発売初期モデルのApe50
  • 発売初期モデルのApe50
  • AC16-100エイプ50
  • フロントフェンダーの汚れなど
  • マフラーの広範囲な擦り傷
  • フロントフォークの点さび
  • シート破れ大をガムテ留め
  • ステムハンドル周辺の腐食目立つ
  • フロ各所に変色の目立つエイプ50
  • 評価点
  • 総合評点:3点
    (エンジン3 車体フレーム4 外装4 電気保安4 フロント4 リア3)
    ※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
    査定のチェック箇所と項目
  • Ape50買取価格実例
  • バイク名
  • エイプ50/Ape50

    買取価格

    60,000円

  • 年式
  • 2001年モデル
  • 車体番号
  • AC16-100
  • カラー
  • クラシカルホワイト
  • 走行
  • 6,522km
  • エンジンの状態
  • 異音・錆び腐食・変色など
  • 外観の状態
  • 外装に変色や汚れ、各所に損傷や劣化
  • 外傷
  • やや目立つ転倒傷あり
  • 改造の有無
  • ノーマル車両
  • 買取年
  • 2013年8月
  • オンライン相場案内

    出張買取無料査定

    フリーダイヤル 0120-819-118

【毎週更新の買取相場】エイプ50 (2001~2003年式/AC16-10~12)

矢印
実働車エイプ50 (2001~2003年式/AC16-10~12)の取引価格帯

買取業者の転売先である業者間オークション市場の取引価格帯

2020年4月時点から12ヵ月間遡った数字

相場のボリュームゾーン

最多価格
5〜9
万円
apacer-for-layout
%
66
構成比
apacer-for-layout
第2位
0〜4
万円
apacer-for-layout
%
17
構成比
apacer-for-layout
第3位
10〜14
万円
apacer-for-layout
%
15
構成比
apacer-for-layout

※データ更新:2020年4月3日

apacer-for-layout
評価点別エイプ50 (2001~2003年式/AC16-10~12) の平均取引額
矢印

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格

2020年4月時点から12ヵ月間遡った数字

評価点別の取引額

4
軽い難
最高
平均
最低
取引
16.2万円
8.0万円
4.0万円
55台
spacer-for-layout
3
難有
最高
平均
最低
取引
13.6万円
6.2万円
1.8万円
55台
spacer-for-layout
1
事故
不動
最高
平均
最低
取引
6.7万円
3.9万円
0.8万円
77台
spacer-for-layout

※データ更新:2020年4月3日

spacer-for-layout
実働車エイプ50 (2001~2003年式/AC16-10~12) 買取相場の推移 凡例
矢印

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格の推移

査定現場での買取価格は上記取引金額から業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります
51~125ccの場合、上記転売金額から2万円程度差し引いた金額が正味の買取額となります

2020年4月時点から48ヵ月間遡った数字

平均相場のUp Down

対前年比
+4
% up
apacer-for-layout

【2019年間 vs 2020年間】

対3前年比
-6
% down
apacer-for-layout

【2017年間 vs 2020年間】

年間平均
取引台数
184
apacer-for-layout

過去4年間の取引台数÷4

※データ更新:2020年4月3日

apacer-for-layout
嬉しくなる査定価格で全国出張買取中 状態や型式に沿った相場情報をより正確に迅速にご案内できます。フリーダイヤル 0120-819-118

【劣化た傷の目立つ2001年式】エイプ50買取査定の詳細

買取させて頂きましたのは、エイプ50が世にリリースされた最初の年である2001年モデルのクラシカルホワイト。
2013年現在としては12年前のモデルでありますが、劣化や損傷がやや目立った1台です。
劣化や損傷は査定価格にどう影響したのか?
以下に査定内容のトップクスをご紹介させて頂きます。

■エンジン周り

原付でありながら5速ギアを備えたエイプ50。3.7馬力の空冷4ストローク単気筒エンジンから査定していきましょう。
空冷フィンやキャブレターをはじめ六に腰上のエンジン全体錆びや腐食の劣化が見られます。腰下のクランクケースカバーやジェネレーターカバー周辺も当時は輝いていた銀の光沢は色褪せ多数の小傷が刻まれています。
見た目の評価はイマイチとなっていましたが、機能はどうでしょうか?
始動は一発で始動性は良好でしたが、アイドリングと排気音がやや不安定です。自慢の5速ギアは2速3速が若干入りにくいものの、抜けや目立つ引っ掛かりはありません。
回転数を上げていきますが、エンジン腰上からタペット音とは違う異音が発生しています。
エンジンの査定評価点は年式並み未満の4点となりました。
チェーンさび(要交換時期)

■ハンドル/足回り

先ずは見た目から前後のサスペンションを見ていきます。
正立のフロントフォークのインナー点錆びが浮いていて、アウターチューブは腐食がやや目立ち輝きを失い、オイルシールにはひび割れが見られます。
リアサスペンションはやや濃い錆が付着していて、前後サスペンションとも見た目の劣化はやや強いものがありました。
シート高71.5cmのシートに跨って前後サスの沈み具合と戻り具合をチェックさせて頂きましたが、機能的にはオーバーホールの必要もなく十分に機能していました。
エイプ50の特徴の1つであるワイドタイヤですが、ブロックタイヤパターンのタイヤに変更されています。タイヤにひび割れが出始めているほか、前後のブラックのホイールは劣化で輝きを失っています。
チェーンケースは見た目の疲労も色濃く、再販に向けては社内のストックパーツと交換したほうが良さそうです。
チェーン・スプロケ・スイングアーム・ハンドル周りなども錆びや腐食・小傷が多く、足回りの査定評価も4点と3点に留まりました。

■電装保安部品

保安部品としては、価値が高い代表格であるマフラーとメーターから見ていきましょう。
エイプ50のアナログメーターですが、メーター内が変色しています。エキパイはエンジンから出ている上方は錆が多く、サイレンサーに近い下方は変色が目立ちます。
サイレンサーには非常に目立つ転倒傷が刻まれ、。
その他、ウィンカーに転倒傷や曲がり、ヘッドライト錆びなどが見て取れました。
電装系は、交換されたバッテリーは残量十分配線系の加工もなく、査定評価点は年式並みの3点。保安部品については目立つ転倒傷や劣化が買取価値を損ねていたため3点に留まりました。

マフラーの広範囲な擦り傷

■外装/フレーム

2001年モデルでクラシカルホワイトのカラーリングのエイプ50。
外装パーツである、タンク・サイドカバー・前後フェンダー・シートは完品です。
シートカバーは破れ要張替え。
タンク下部のリム部分に塗装はげと錆が浮き、外装パーツ各所に小傷が刻まれ、全体的にはやや色褪せしていますが、12年前の原付としては年式並みでしょうか。

目立つ転倒傷が刻まれていたサイレンサー、曲がっているウィンカーなどが転倒したことを示唆していましたが、フレームの状態はどうでしょうか?
念入りに、衝撃を受けた痕跡や修復した痕跡が残る、メインフレームのネック部分や接合部を検分いたしましたが、衝撃や修正した後はありませんでした。
周辺部のステップやスタンドなどとともにメインフレームにもやや錆が目立ちますが、経年使用で生じることもある車体の歪み殆どなく高い剛性は保持していることから、査定の評価点は4点となりました。

■カスタム箇所

ノーマル車両、タイヤ履き替え

■総合評価と買取額

錆びや腐食の目立つエンジンからの異音やアイドリング不調、足回りの色濃い劣化、非常に目立つマフラーの転倒傷、全体的にやや色褪せしている外装など、 2001年モデルとしても年式並み未満の評価に留まったエイプ50。
2013年現在では、エイプ50(2001~2008年モデル)全体の平均買取相場は10万円程度となっています。
2001年モデルはそこから若干低く、8.5万円程度となっています。
年式並み未満の劣化や損傷が目立つ車両ということで、2001年モデルの平均相場を若干下回る6万円の査定額での買取となりました。

最新の買取相場をチェック!

上記の相場は2013年8月時点の情報です。
エイプのご売却をご検討中のオーナー様は、2017年に生産終了となったこともあって、今後の相場動向が気になるところでしょう。
最新の相場情報は、10秒で査定額が出る個人情報不要の自動査定でチェックして頂けます。

Ape50買取相場

Ape50(AC16)の
状態の良いバイクの業者間取引市場(定例オークション)における、
買取時点直近3ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 203台
平均価格: 115,034円
最高価格: 212,000円
最低価格: 40,000円

事故車・不動バイクの業者間取引市場(蚤の市オークション)における、
買取時点直近12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 114台
平均価格: 48,921円
最高価格: 99,000円
最低価格: 15,000円

相場情報:2013年8月10日時点


(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。

エイプ50/100に関連する買取事例

  • Ape100/HC13-100

    エイプ100TypeD

    200,000円

    2009年式 走行 99km
    極上車
    2013年8月買取

ホンダ Ape50買取の最強店

口コミでも抜群の評判 バイクパッション
  • 無料出張査定
  • オンライン査定
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
エイプ50/Ape50買取査定お任せください
買取査定お任せください

Ape50は売ろうと考え時が一番高く売れます

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118