全車種
の査定相場

  • 良好~極上最高値とは型式の平均的な状態より綺麗で状態の良い車両の買取額。
    最高額は買取業界の9割超の売却先である業者間オークションでの最高落札額
    0
  • 買取平均平均相場とはボリュームゾーンである平均的な買取価格帯
    0
  • 取引数落札台数とは買取業界の9割超の売却先である業者間オークションで落札された台数
    0 12ヵ月間

データ最終更新 2017,8/16平均相場とはデータは最新の状態に毎週更新されています

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種名
  • 総合状態
  • 走行距離
査定を予約する

SP370 買取価格実例

1978年式のSP370の買取価格事例
セルスターターの取り付けや灯火・電装類の交換などの改造作業途上で完遂できずに分解されたままの状態での査定となったSP370
生産台数が少ない希少車のため査定の値付けが難しい車種でしたが、オールペイントで綺麗に仕上げられた外装はプラスに、ミラー・ドライブチェーン・グリップなど欠品しているパーツ、分解されたままの状態の配線類やクランクケースなどが主なマイナスとなったマシンです。

SP370査定の目安になる相場情報も詳しくご紹介しています

8万円の買取査定金額が付いた1978年式のSP370
  • 8万円の買取査定金額が付いた1978年式のSP370
  • オールペンで全体を綺麗に塗装しているSP370
  • 外れているクランクケースカバーやチェーン
  • セルスターターを取り付けようとしていた最中
  • 外れているヘッドライトむき出しの配線
  • クランクケースなど再塗装の剥がれが目立つ個所も
  • 評価点
  • 総合評点:3点
    (エンジン3 車体フレーム3 外装3 電気保安3 フロント3 リア3)
    ※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
    査定のチェック箇所と項目
  • SP370買取価格実例
  • バイク名
  • SP370

    買取価格

    80,000円

  • 年式
  • 1978年式(昭和53年式)
  • 走行
  • 6,000km
  • 車体番号
  • フレームSP370-107/エンジンSP370-108
  • エンジンの状態
  • 年式相応(異音・ギア抜け・煙吐きあり)
  • 外観の状態
  • 年式を考えると綺麗(各所に再塗装ハゲや錆び傷)欠品有
  • 事故歴
  • なし
  • 改造の有無
  • カスタム箇所あり(オールペイント)
  • 買取年
  • 2014年11月
  • オンライン相場案内

    出張買取無料査定

    フリーダイヤル 0120-819-118

SP370 買取査定のポイントや詳細

36年前の車両である1978年式のSP370
写真でもご覧いただけますように、配線剥き出しで所々に嵌っていない
パーツが散見されますが、その理由は
お売りくださいましたお客様がご自身でセルスターターを取り付けようとして、
完遂できずに作業途上の状態のまま買取に至ったためです。

往年の懐かしさから中古でご購入されて1年ほどという事でしたが、
毎回デコンプのないキックスタートが大変でセルスターターを取り付けようとされた他
購入後間もなくのギア抜けに始まり、時々のエンスト。
明度の弱灯火類、振動が強くブレが激しいバックミラーなど諸々
整備しようとしたそうですが、上手く行かず、
取り回しの大変さもあって、売ることを決意されたそうです。

■エンジン周り
エンジンの始動や回転は確認できますがドライブチェーンがないため走行しての
状態は確認できませんでした
腰上から異音、煙吹き(小)、エンジンヘッドと腰下からエンジンオイル漏れ(少)
再塗装ハゲ(大)、エンジン・キャブレター錆び(中)、エンジンカバー傷(中)
クランクケースカバー取り外し

■ハンドル/フロント足回り
フロントフォークオイル漏れ(少)作動音あり・錆び(多)
ステム・トップブリッジ塗装ハゲ・錆び(多)
ハンドル曲り・錆び(小)、ホイール錆び傷・ベアリング不良

■リア足回り
リアサス錆び・抜け、スイングアーム傷錆び塗装ハゲ
ドライブチェーン欠品、スプロケ減り、ブレーキ錆び(多)、ホイール錆び傷(多)

■電装保安部品
ミラー両サイド欠品、ヘッドライト取り外し
マフラーペイントはげ錆び、エキパイ錆び(大)
ブレーキランプカバー・ウィンカーレンズカバー傷、メーター内変色
各所ウィンカーステー錆び、バッテリー電圧不足

■外装
両サイドカバー取り外し、タンク小傷・内部錆び(大)
前後フェンダー傷・塗装ハゲ

■フレーム周辺
フレーム各所小傷・錆び・塗装ハゲ、ハンドルストッパー凹み
シートレール曲り(小)、ステップ傷曲り錆び、スタンド傷錆び

■カスタム箇所/欠品パーツ
外装や金属メッキ部分オールペイント
ミラー両サイド・左グリップ・ドライブチェーン欠品

■全体
所々に再塗装ハゲが目立ち、傷や錆び機能的な劣化も散見されましたが
外装は全体をオールペンで綺麗に塗装していて綺麗に見えます。
タンク内やエキパイなどオールペンされていない箇所の劣化は目立つものがあり
ましたが、オールペイントはプラス評価されました。

作業途上で損傷したドライブチェーンエンジンが欠品になっている為、走行しての
状態は確認できませんでしたが、エンジンの状態は、年式相応に異音や煙吹きが有る他
ギア抜けもありました。
今回の買取では特徴的だったのが
作業途上でバラしてある個所が多数ある状態での査定だった点です。
作業途上で欠品となっているミラーやドライブチェーングリップなどは社内の
ストックパーツを装着
配線類を含めたヘッドライトやサイドカバーなどは初期状態に戻るために組み付け
セルスターターの取り付けは構造的にも費用的にも難しいためこちらも
スイッチ類や配線やからクランクケースまでデフォルトの状態に戻していきます。
上記のように欠品パーツの補填や、ばらされている状態からの組み付け作業などが
査定価格に影響しました。

■相場の参考情報
当時人気を博さなかったことが影響してか?1978〜1980年頃の短命車種となった
SP370。累計販売で1,000台にも満たなかったこともあり、現在では殆ど流通していない
モデルです。
下段で紹介していますが、中古バイクを業者間で取引する市場での
落札台数も過去12か月間を遡っても1台となっています。
台数が少ない希少車ではありますが、Z系などに代表される往年の旧車ように中古市場で
プレミアが付くようなこともなく当時の車両としては相応の相場で取引されている
モデルです。
希少性があるだけに店頭販売価格ではかなり膨らむこともありそうですが、
(また落札台数や中古での流通数が極端に少ないため、傾向としては弱いですが、)
買取査定相場としては状10万円程度を基点にして状態が良ければで上は10万円程度、
状態に難があれば下は5万円程度の振れ幅になりそうなSP370です。

SP370買取相場

SP370(SP370-)
状態の良いバイクの業者間取引市場(定例オークション)における、
買取時点直近12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 1台
平均価格: 114,000円
最高価格: 114,000円
最低価格: 114,000円

事故車・不動バイクの業者間取引市場(蚤の市オークション)における、
買取時点直近12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数:0台
平均価格: No Data
最高価格: No Data
最低価格: No Data
(2014年11月14日時点の相場情報)

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。

SP370買取の最強店

口コミでも抜群の評判 バイクパッション
  • 無料出張査定
  • オンライン査定
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
SP370買取査定お任せください
買取査定お任せください

SP370は売ろうと考え時が一番高く売れます

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118