直線 炎 個人情報不要 リアル金額 自動査定 調整画像 パッション屋良とバイク お笑い芸人パッション屋良

全車種
の査定相場

  • 良好~極上最高値とは型式の平均的な状態より綺麗で状態の良い車両の買取額。
    最高額は買取業界の9割超の売却先である業者間オークションでの最高落札額
    0
  • 買取平均平均相場とはボリュームゾーンである平均的な買取価格帯
    0
  • 取引数落札台数とは買取業界の9割超の売却先である業者間オークションで落札された台数
    0 12ヵ月間

データ最終更新 2017,8/16平均相場とはデータは最新の状態に毎週更新されています

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種名
  • 総合状態
  • 走行距離
査定を予約する

違法改造スレスレな旧車會仕様の CB400D スーパーホークⅢ 買取価格実例 1980年式

ド派手な旧車會仕様のホンダ CB400D スーパーホークⅢ 買取価格実例と相場 4ストローク2気筒エンジンを搭載し、「吸い込み」と呼ばれる独特の吸排気音により、「バブ」の愛称で知られた「ホンダ CB400T ホークシリーズ」。
そのホークシリーズをCB750Fのヨーロピアンスタイルに変更した「CB400N ホークⅢ」のフルモデルチェンジ車として、ホークシリーズ最後のモデルとなったのが型番「NC-04」を与えられた「CB400D スーパーホークⅢ」です。
モデルチェンジに伴ってジュラルミン製セパハンや、リアブレーキのディスク化などが施され、従来のホークシリーズよりも走行性能を大幅に強化したロードスポーツバイク志向の旧車と言うべきマシンです。
今回は「車検が通らないほどのカスタム車両ですが、査定をお願いできますか?」というご相談を受け、他社との価格競争の形で査定させて頂いた「ホンダ スーパーホークⅢ」の買取事例をご紹介させて頂きたいと思います。

旧車會仕様のバイクを所有されているものの、他社での買取査定に納得がいかないオーナー様必見の内容となっておりますので、あなたの愛車の検討材料にご覧頂ければ幸いです。

30万円で買取させていただいたスーパーホーク
  • 30万円で買取させていただいたスーパーホーク
  • 走行距離は9504km
  • 年式は1980年
  • フロントタイヤ部分
  • エンジンカバー部分
  • 車体番号はNC04-100始まり
  • ホンダらしいトリコロールカラー
  • 買取は2017年7月に行いました
  • マフラー部分
  • シート部分
  • エンジン部分
  • フロントからのフォルム
  • 評価点
  • 総合評点:3点
    (エンジン3 車体フレーム4 外装3 電気保安3 フロント4 リア3)
    ※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
    査定のチェック箇所と項目
  • CB400DスーパーホークⅢ 買取価格実例
  • バイク名
  • CB400DスーパーホークⅢ

    買取価格

    300,000円

  • 年式
  • 1980年
  • 走行
  • 9,504km
  • 車体番号
  • NC04-100****
  • エンジンの状態
  • キャブ不調も実動状態をキープ
  • 外観の状態
  • 3段シートや自家塗装など典型的な旧車會仕様車
  • 事故歴
  • 不明
  • 改造の有無
  • BEET製サイドカバーやメーカー不明直管マフラーなど改造多数 純正パーツ欠品
  • 買取年
  • 2017年7月
  • オンライン相場案内

    出張買取無料査定

    フリーダイヤル 0120-819-118

ホンダ CB400D スーパーホークⅢ 買取査定のポイントや詳細

車体番号はNC04-100始まり
今回ご紹介させて頂く「ホンダ スーパーホークⅢ」は、「車検が通せなかった車両ですが、それなりの価値があるバイクなので、一度見て欲しい」というご相談を受け、実車拝見に伺わせて頂くことになった車両です。
オーナーの上原様(仮名)によれば、最初から旧車會仕様車として売りに出されていたものを購入したものの、車検時期の段階になって車検を通らないことが判明してしまい、抜き差しならなくなって売却を決意されたという経緯のようでした。
現在では絶版車両はプレミア価格も大きく上乗せされ、最初からこうした旧車會仕様車として販売されることもあるのですが、ニッチユーザーをターゲットにしていることもあり、大手買取業者でも買取に二の足を踏むことも多いのが実状です。
上原様によれば購入したショップは昨年店仕舞いをしてしまい、どうするべきか途方に暮れていたところ、「パッションは改造車に強い」という評判を聞きつけて相談に至ったとのことでした。
エンジンカバー部分
拝見させて頂いたスーパーホークⅢは、3段シートに族車定番のBEETサイドカバーが装着されており、マフラーもJMCA対応品かどうか不明な社外マフラーが装着されていました。
その他、アールズ製オイルクーラーなどもあり、カスタム箇所は非常に多数となっております。
エンジン部分
この状態では確かに車検を通すことは難しく、純正パーツを探そうにも問題が多い状態と言えます。
査定を続けさせて頂いているうちに、上原様が同時刻に依頼していた大手買取業者Lの査定スタッフも到着。
同時に査定させて頂き、より査定金額の高い方に譲りたいという希望をお聞きいたしました。
先に車両詳細をチェックさせて頂いたこともあり、名刺の裏に査定評価額を書き込み、L社の査定が終了したのを見計らって一斉に上原様に名刺を手渡しさせて頂き、検証して頂く形を取らせて頂きました。
その結果、弊社からの提示金額は300,000円で、L社査定を上回る高額買取にお喜び頂き、即決でのご成約となりました!

CB400D スーパーホークⅢ買取相場

CB400D スーパーホークⅢ
状態の良いバイクの業者間取引市場(定例オークション)における、
買取時点直近12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 4台
平均価格: 465,500円
最高価格: 546,000円
最低価格: 352,000円

事故車・不動バイクの業者間取引市場(蚤の市オークション)における、
買取時点直近12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 1台
平均価格: 190,000円
最高価格: 190,000円
最低価格: 190,000円

最近では旧車ブームの煽りを受け、プレミア価格が当たり前となった感のある「ホンダ スーパーホークⅢ」ですが、今回の上原様ご所有の車両のように、旧車會仕様が災いして扱いに困るというケースも増えております。
カスタムバイクの評価は、中古バイク市場の動向と合わせて見極めが必要な難しいものですが、旧車會仕様車は特に熟練のスタッフでも評価をつけることが難しく、ノーマル車を好んで扱う大手買取業者ではオーナー様にご満足頂ける価格が提示できないケースもしばしばあります。
弊社パッションでは、「カワサキ Z1」などの旧車も取引実績が多数あり、マニアックなカスタムでも性格に査定評価できる点が大きなウリのひとつです。
それだけに、稀少価値の高い旧車の売却を検討されているオーナー様にとって、どこよりも心強い味方にならせて頂けるという自負がございます。
ノーマル車両はもちろん、カスタムバイクにも絶対の自信を持つ弊社パッションならではの高額査定を体験し、あなたの大切な愛車の売却目安として頂ければ幸いです。

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。

当時最先端装備を搭載した本格派400ccヨーロピアンツインスポーツ

「ホンダ ドリームCB400Four」以来絶えていた400cc4気筒モデルに代わり、ホンダ400ccバイクの主力モデルとして生み出された「CB400ホークシリーズ」。
後に発売される「カワサキ Z400FX」などの人気に押され、独特の形状を持つ「やかんタンク」などのデザイン改善を求める声が多くなり、それに応える形でモデルチェンジとなったのが本機「ホンダ スーパーホークⅢ」となります。
イグニッション連動タイプのハンドルロック採用や、リヤブレーキのディスク化、2輪車初のデュアルピストンキャリパー採用など見所が多く、当時最先端の装備が搭載された画期的なモデルでもあります。
最高出力40psと、出力性能的にはややマイルドではありますが、CB750Fを彷彿とさせるヨーロピアンスタイルとクラス初のセミエアサスペンションにより、路面追従性と操縦性の高さでも評価を得た扱いやすさが自慢のオールドマシンのひとつです。
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
買取査定お任せください
買取査定お任せください

CB400D スーパーホークⅢは売ろうと考え時が一番高く売れます

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118