バイクパッションメニュー
バイクパッション

全車種の査定相場

データ最終更新:2019/11/08 データとは

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種
  • 総合状態
  • 車台番号
電話でお問合せ
嬉しくなる査定価格で全国出張買取中
嬉しくなる査定価格で全国出張買取中

やや色褪せの目立った1993年式GJ74A|バンディット250買取査定と相場


1993年式・キャンディアンタレスレッド・セパハン仕様のGJ74A型バンディット250の買取価格事例

外装全体の色褪せ、特にタンク上部やテールカウル上部の色褪せが買取価値を損ねていましたが、比較的綺麗な足回りなどを含めて見た目は総じて年式並みの評価となったバンディット250。

対して、走行距離が若く機能的に良好であったエンジンとメインフレーム。修理コストと車体の再販価値を天秤にかけると不可逆的な要素が強い基幹パーツの状態が良い点を高く評価させて頂きま...続きを読むした。

外装の状態に若干の難はありましたが、基幹機能の状態の良さを最大限評価して平均相場を大きく上回る9万円の査定額にて買取させて頂きました。



バンディット250の買取相場は非常に緩やかにですが下落基調にあります。
最新の相場情報は、10秒で査定額が出る個人情報不要の自動査定でチェックして頂けます。




上記を閉じる

バンディット250買取価格
  • バンディット250買取価格
  • BANDIT250
  • エンジン
  • GJ74A-124
バンディット250買取価格実例
バイク名
バンディット250
買取価格 90,000円
走行
10,370km
年式
1993年式
カラー
キャンディアンタレスレッド
車体番号
GJ74A-124
エンジンの状態
良好
外観の状態
色褪せやや目立つ、総合的には年式並み
事故歴
なし
改造の有無
ノーマル車両
買取年
2011年2月
評価点
総合評点:4点
(エンジン4 車体フレーム4 外装3 電気保安3 フロント4 リア4)
※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
査定のチェック箇所と項目
layout-spacer

【毎週更新の買取相場】バンディット250(GJ74A型/1989~1993年モデル)

矢印
実働車バンディット250(GJ74A型/1989~1993年モデル)の取引価格帯

買取業者の転売先である業者間オークション市場の取引価格帯

2019年11月時点から24ヵ月間遡った数字

apacer-for-layout
評価点別バンディット250(GJ74A型/1989~1993年モデル) の平均取引額
矢印

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格

2019年11月時点から24ヵ月間遡った数字

評価点別の取引額

4
軽い難
最高
平均
最低
取引
15.6万円
8.5万円
5.0万円
28台
spacer-for-layout
3
難有
最高
平均
最低
取引
8.6万円
5.8万円
3.0万円
30台
spacer-for-layout
2
劣悪
最高
平均
最低
取引
2.8万円
2.8万円
2.8万円
1台
spacer-for-layout
1
事故
不動
最高
平均
最低
取引
9.4万円
4.0万円
0.3万円
71台
spacer-for-layout

※データ更新:2019年11月8日

spacer-for-layout
実働車バンディット250(GJ74A型/1989~1993年モデル) 買取相場の推移 凡例
矢印

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格の推移

査定現場での買取価格は上記取引金額から業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります
51~125ccの場合、上記転売金額から2万円程度差し引いた金額が正味の買取額となります

2019年11月時点から48ヵ月間遡った数字

平均相場のUp Down

対前年比
+3
% up
apacer-for-layout

【2018年間 vs 2019年間】

対3前年比
-21
% down
apacer-for-layout

【2016年間 vs 2019年間】

年間平均
取引台数
37
apacer-for-layout

過去4年間の取引台数÷4

※データ更新:2019年11月8日

apacer-for-layout
嬉しくなる査定価格で全国出張買取中 状態や型式に沿った相場情報をより正確に迅速にご案内できます。フリーダイヤル 0120-819-118 layout-spacer

買取査定のポイントや詳細

買取させて頂きましたのは、1993年式・キャンディアンタレスレッド・セパハン仕様のバンディット250。
1995年のフルモデルチェンジ前のGJ74A型です。
2011年現在では、22年前のモデルで年式相応の劣化が散見されますが、エンジンやフレームの基幹的な機能が良く、査定価格が相場平均以上に伸びた1台です。
以下に査定内容のトピックをご紹介させて頂きます。

■見た目は年式並み

フレームや外装のカラーリングはメーカー塗装そのままキャンディアンタレスレッドですが、発売から22年の歳月を感じさせる年式相応の色褪せが見られます。
特にタンク上部やシートカウル上側は日焼けなのか?色褪せが目立ち車体の印象と買取価値をやや損ねる状態となっていました。
シートはヘタリはないもののカバーの表面は使用感が色濃く、再販に当たってはカバーの張替えが必要な状態です。
メーターカップ、ヘッドライトカバーはメッキの光沢を失い濃い疲労感が漂っています。対して疲労感が出やすいキャストホイールやブレーキディスク、ブレーキキャリパー、チェーン、フロントフォークなど 足回りは劣化が少なく比較的良好な状態を保持しています。
見た目の査定評価点は総じて年式並みといえるでしょう。

車体に刻まれている外傷については、派手な転倒などを示す目立つ傷は確認できませんでした。
タンクや外装カウル、スイングアーム、ステム周りなど車体各所に細かい傷が散見されますが、こちらも年式並みの状態といえるでしょう。

■基幹機能は良好

1992年モデルから最大出力が40馬力化された水冷4気筒エンジンですが、ジェネレーターカバーやクランクケースなどエンジン下部はやや年式を感じさせる色具合となっていますが、 シリンダー本体や劣化のが出やすいエキパイは比較的綺麗な状態を維持しています。
肝心のエンジン機能は、始動性とアイドリングにこそ若干難があったものの、異音や白煙吹き・オイル漏れなど大きな減点対象となりやすい劣化や不調はなく機能的には良好でした。
始動性とアイドリングについてはキャブレターの調整で改善できそうな点もポテンシャルとして評価させて頂きました。
オートバイの買取価値の2大要素であるエンジンは低走行距離の1万キロ強に見合うよう良い評価となりましたが双璧のフレームはどうでしょうか?

車体には目立った外傷はありませんでしたが、バンディットの特徴である車体カラーと同一で視覚的に際立つメインフレームにも修復歴や衝撃を吸収した痕跡は確認できませんでした。
低走行距離の1万キロ強の利点がここにも生きていて、多走行車両になると足回りに歪みが生じる車両もある中、足回りの歪みもなく品質の高いフレーム状態を保持していました。
エンジンとフレームについては年式並み以上の査定評価点となりました。

■カスタム内容

ノーマル車両が多いバンディット250の中ではやや珍しいライトカスタム車です。
フェンダーレスでタンクパッドが添付されているほか、マフラー・グリップ・ミラーなどが社外品となっています。
フェンダーレスは若干のマイナス査定となりましたが、その他は査定価格に影響を与えるほどの内容ではありませんでした。

■総合評価と買取額

外装全体の色褪せ、特にタンク上部やテールカウル上部の色褪せが買取価値を損ねていましたが、比較的綺麗な足回りなどを含めて見た目は総じて年式並みの評価となったバンディット250。
対して、走行距離が若く機能的に良好であったエンジンとメインフレーム。修理コストと車体の再販価値を天秤にかけると不可逆的な要素が強い基幹パーツの状態が良い点を高く評価させて頂きました。

2013年時点では、買取業者の転売先である業者間オークション市場で9万円程度の平均額で取引されているバンディット250のGJ74A型。
転売金額から、買取業者の儲けと経費(出品手数料や運送費など)を差し引くと平均的な買取相場が7万円程度のGJ74A型バンディット250。
外装の状態に若干の難はありましたが、基幹機能の状態の良さを最大限評価して平均相場を大きく上回る9万円の査定額にて買取させて頂きました。

【2019年1月追記】の買取相場情報

上記内容は2011年2月時点時点の買取事例です。
2011年2月時点の相場情報に基づいて算出された査定金額です。
生産販売期間が1989~1997年のバンディット250シリーズ。 1995年には型式変更(GJ74A⇒GJ77A)を伴うフルモデルチェンジが実施された他、エンジンや外装に特徴のある複数の上位グレードモデルも併売されました。
(参考記事:バンディット250|型式とグレード別の買取相場

はたして生産終了から22年が経過した2019年時点の買取相場はどうなっているのか?
2011年と2019年の相場を比較して、2019年であれば、いくらの査定額となっているか?

買取業者の転売先である業者間オークション市場の取引データを使用して、2019年のバンディット250の買取相場をご案内差し上げます。
業者間オークション市場での取引額とは、買取業者の転売額であり、また販売業者の仕入れ値です。つまり国内の中古バイクの相場は市場の取引額がベースとなっています。

相場の比較【2011年⇒2019年】GJ74A型Bandit250実働車
【2011年 vs 2019年】GJ74A型 バンディット250実働車の取引相場
【相場の変遷】 2011年 2019年
平均落札額 9.0万円 6.7万円
最高額 16.8万円 11.4万円
最低額 4.4万円 2.8万円
取引台数 38台 32台
【2011年 vs 2019年】事故車・不動車
平均落札額 7.2万円 4.5万円
最高額 10.0万円 9.4万円
最低額 1.3万円 0.3万円
取引台数 41台 37台
(2013年10月と2019年月1時点で、買取業者の転売先である業者間オークション市場の落札データを過去1年間遡った数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)

■買取相場は緩やかに下落基調

2011年から2019年の8年間でバンディット250の取引相場は下落傾向にあります。
業者間市場の取引額とは、日本のバイク販売業者の仕入れ値であり、買取業者の転売金額で、すなわち中古バイクの相場の基礎指標なのですが、その平均取引額を比較してみると、 2011年の9万円に対して、2019年は6.7万円。過去8年間で25%下落しています。年率で換算すると3%程度の下落です。
最高取引額も16.4万円から11.4万円に下落し、状態の良い車両の上値も下落傾向にあります。
昭和ネイキッドや2ストレプリカのように絶版車でも相場がねあ上がりしている一部の絶版車とは異なり、系統的に下げ止まることはあっても値上がりは期待できないバンディット250の相場。 ご売却は早めのタイミングが正解といえるでしょう。

■GJ74A型の買取相場の詳細

2019年時点での取引相場をより詳しく見るために、
買取価格を決定する最も重要な要素である『状態』
買取業界では、総合的な車両の状態を評価する点数があり、バンディット250の場合は下記のような点数で状態を示すことができます。
  • ▼状態を表す評価点の目安|バンディット250
  • 評価点5 極上車
  • 評価点4 年式並み以上に綺麗で状態が良い
  • 評価点3 年始南以下で若干の難有
  • 評価点2 実働車だが劣悪
  • 評価点1 事故車や不動車
それでは、踏まえまして状態によって買取相場に差はあるのか?買取相場の前提指標である業者間オークション市場の取引データを見てみましょう。

【GJ74A型】バンディット250実働車|評価点別の取引相場
状態/
落札価格帯
評価点
4
評価点
3
評価点
1
10万円以上 2台 0台 0台
8~9万円台 7台 0台 1台
6~7万円台 4台 9台 7台
4~5万円台 1台 5台 14台
2~3万円台 0台 4台 15台
~1万円台 0台 0台 4台
(2019年1月時点で、買取業者の転売先である業者間オークション市場の落札データを過去1年間遡った数字)

2019年時点で直近1年間を遡ると、32台の実働車が取引された【GJ74A型=1989~1983年発売モデル】のバンディット250。
全32台の評価点の構成を見ると、4点が12台、3点が20台となっていて、評価点別の取引額のボリュームゾーンを比較すると 評価点4の個体は6~11万円台に、評価点3の個体は2~7万円台に取引が集中していて、評価点に応じて取引額が分かれている傾向がくっきりと読み取れます。
2011年に買取いたしました、このページの事例にバンディット250は、2019年の相場情報に照らすと、8万円程度での取引が予想されます。
市場での取引額は、買取り業者の転売金額であるため、そこから儲けと経費(出品手数料や運送費など)を差し引いて6万円が、2019年時点で想定される査定額といえるでしょう。

最新の買取相場をチェック!

上記の買取事例は2013年10月時点の内容です。

バンディット250のご売却をご検討中のオーナー様は、今後の相場動向が気になるところでしょう。
最新の相場情報は、10秒で査定額が出る個人情報不要の自動査定でチェックして頂けます。

バンディット250 買取相場

バンディット250【GJ74A型】
状態の良いバイクの業者間取引市場(定例オークション)における、
買取時点直近12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 38台
平均価格: 90,947円
最高価格: 132,000円
最低価格: 44,000円

事故車・不動バイクの業者間取引市場(蚤の市オークション)における、
買取時点直近12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 41台
平均価格: 72,381円
最高価格: 100,000円
最低価格: 13,000円
(2011年2月17日時点の相場情報)
(相場情報=買取業者の転売先である業者間オークション市場の取引データ)

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。

バンディットに関連する買取事例

バンディット1250F

バンディット1250F

500,000円

2011年式 3,602km
外傷目立つ転倒車
2014年2月買取

バンディット買取の最強店(BANDIT)
年中無休フリーダイヤル 0120-819-118
パッションだから実現できるバイク買取価格
首都圏最大級のな中古販売店を有するからバイク高価買取
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車や不動車もどしどし買取しています
事故車不動車も買取ってます
バンディット250買取査定お任せください
査定風景
事故車買取査定お任せください
バンディット(BANDIT)は売ろうと考え時が一番高く売れます