thumb7 thumb1 thumb2 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb8

分解してから引き上げた、20年放置CB250の処分回収事例

20年以上放置による錆びで崩壊しパーツ価値もない鉄屑と化していたCB250
通路出入り口の隙間が30cmしかなく、車両を引き出すために、スタッフ2人掛かりで車体を分解して搬出する必要があったCB250の処分回収事例です。

「うちの敷地と隣のマンションの隙間が狭くて出せなくなっている置きっ放しになっているバイクを回収してもらえませんか?」と、動かせなくなっているバイクの引取りと廃車処分のご相談をお寄せ頂きました。
まずは現車確認と状況を…ということで現地査定に伺わせて頂いたところ、なんとマンションと依頼主様のご自宅の隙間は出入口で30cm程度しかない状態。
しかも20年以上の放置期間により、車体はいたるところにサビ・腐食だらけという状態で車両の価値はゼロの正真正銘のスクラップ車両。
査定員2人がかりで30cmの隙間を通せるレベルまで解体し、手作業で運び出させて頂きました。
劣化によって車両の価値自体が皆無なスクラップ車の引上げに加えて、狭小な作業環境でスタッフ2人がかりでの車両解体と搬出作業を必要としました。
格安での廃車処分を得意とする弊社パッションならでは解体搬出+処分回収費用一式で16,200円という相場よりもはるかに格安の料金で引き取りさせて頂くことができました。

処分費用を頂いて車両を解体して搬出回収したCB250
  • 処分費用を頂いて車両を解体して搬出回収したCB250
  • 圧縮なく腐食極まったエンジン
  • フレームからボロボロ落ちる錆び
  • 錆びに覆われ伸縮機能失ったフロントフォーク
  • 錆びで原形を失ったフロントホイール
  • スクラップとしか形容できないヘッドライト周り
  • 劣化で崩壊したリアホイール
  • 錆びで鉄屑と化したCB250の金属部分
  • パーツ価値皆無のシート
  • 脆くなり再利用不可のシートレール
  • 評価点
  • 総合評点:1点
    (エンジン0 車体フレーム0 外装0 電気保安0 フロント0 リア0)
    ※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
    査定のチェック箇所と項目
  • 格安の処分回収事例
    搬出の為に2人係での分解が必要だったCB250
  • バイク名
  • ドリームCB250

    処分回収費用
    16,200円
    (廃車手続きは当社で無料代行)
  • 状態
  • 全焼してオートバイとしての原形を失った鉄屑
  • 廃車手続き
  • バイク廃車手続き無料代行(廃車証のコピーをご自宅まで郵送)
  • 年式
  • 1970年式
  • 走行
  • 25,835km
  • 車体番号
  • フレームCB250-601 エンジンCB250E-60
  • エンジンの状態
  • エンジン・キャブに重度のサビ・腐食発生。両側建物に空気の流れが遮断され多湿による劣化目立つ
  • 外観の状態
  • エンジン同様にサビ・腐食多数・多湿によりスポークホイールはボロボロに崩れ、車体に雑草まで生えてしまった状態
  • 事故・転倒・損傷
  • 隣のマンション建築時に構造物によると思われる接触キズあり(特にガソリンタンク)
  • 改造の有無
  • 車両全焼につき不明
  • 引き取り年
  • 2017年12月
  • オンライン相場案内

    出張買取無料査定

    フリーダイヤル 0120-819-118

処分費用を頂いての回収となったCB250 査定のポイントや詳細

1968年に誕生し、CB72のイメージを引き継いだ乗りやすいロードスポーツモデルとして販売された名機・ドリームCB250。
旧車で価値のある名機にもかかわらず、なぜ大きな処分費用が発生したのか?
その理由は車両がスクラップ同然の価値だったことに加えて、解体しないと運び出せない状況に陥っていたためです。

分解しないと搬出できない状態って??

20年ほど前に依頼主様の敷地の隣にマンションが建つことになりました。
その敷地は依頼主様の駐車場代わりに使用されており、今回のCB250もそこに野晒しで置いてあったそうです。
マンションの建設が始まった際、作業員の手によって現在の場所へ移動してもらったとのことですが、工事が終わってみると、最狭部の通路幅は30センチぐらいになってしまったそうです。
通路の狭い部分は痩せている人が何とか出入りできる幅しかありません。当然バイクは細かく分解しないと30cmの通路を通過できません。
それ故に、搬出する部品が全て30cm未満になるようにスタッフ2人がかりで作業に当たりバイクを解体してパーツ単位で運び出す必要に迫られたという訳です。
当社は年間に5000台近いバイクを買取したり処分引取り回収していますが、このような事例ははじめてで何とも特異なケースでございました。

車両の状態も、両側から建物によって換気が遮断され湿度の高い環境で約20年放置され、腐食が進んだ末期状態で発見されることとなりました。
以下、今回拝見させていただいたホンダ・CB250の車両詳細となります。
※写真は弊社整備工場にて分解したパーツを再度組み上げた後に撮影した車体となります。

フレームからボロボロ落ちる錆び
足回り

20年以上放置されて多湿にやられてスポークホイールが原型を留めないほどに朽ち果てておりました。
ここまで錆びて崩れているホイールは処分費用を頂戴して回収するスクラップ車両の中でも相当な部類です。鉄としても素材価値すらありません。
できる範囲でハンドルを押し下げ、ダンパー圧をチェックしてみたところ、動きはほとんどなし。
ちょうど自転車のような全く手応えのない状態であり、再利用化は絶望的なほどに傷んでおりました。
当然ながらリアショック・ディスクローターもサビ・腐食にやられ切ってしまい、足回りに関しては車両価値ゼロという結果に。
劣化で崩壊したリアホイール
外装

こちらも多湿によるサビ・腐食に覆われ、生き残っている箇所が皆無と思えるほど劣化が進んでおりました。
また、マンションの建設が始まった際、搬入資材が当たってできたと思われるエクボがタンク右全面にあり、その他数箇所資材によるものと思われる当てキズがありました。
金属製サイドカバーもサビによって全面が茶色く覆われ、外装に関しても再商品化は絶望的な状態でした。
パーツ価値皆無のシート
エンジン周り

耐熱処理などが施されている仕様上、外装ほど茶色くはなっていないものの随所に重度のサビと腐食が発生。
キャブレターからはドス黒く濁った液体が滴り落ち、O/Hしても再利用できるかどうか怪しい状態。
このサビ・腐食はエキパイ・キックレバーなどの箇所にも及び、エンジンについても再生できる見込みは低いと判断させていただきました。
作業途中でキックレバーを押し込んでみたところ、キックの圧縮はなく内部で問題を抱えているようです。機会なので時間とコストを掛ければ再生自体はおそらく可能ですが、 商売としては採算が合わず商品価値としては計上できず、こちらも評価はつけられませんでした。
圧縮なく腐食極まったエンジン
フレーム回り

余談ですが、分解時作業時にフレームとエンジンの隙間からはサビと土砂を養土として生えてきた雑草が顔をのぞかせていました。
重度のサビによって表面がボロボロになってしまい、フレームの表面はチョコフレークのようにボロボロと剥離しておりました。
一部箇所では本来の2/3程度の細さまで削げ落ち、強度的な不安あり。
「ドリームCBシリーズ」の一員として、それなりの車両価値を持つCB250ですが、このような状態ではレストア用フレームとしての再商品化も難しく、事故全損と同等の評価をすることに。
更に廃車証も紛失している状況ですので、書類もなしでフレーム価値は0.スクラップフレームとして処分対象に。
こちらも外装同様に蔓草がしつこく絡みつき、分解作業の上でも難箇所となっておりました。
錆びで鉄屑と化したCB250の金属部分
電装/保安部品

経年によるサビ・腐食は電装・保安部品にも影響を及ぼしており、各種ケーブル類は所々に敗れが発生。
そこから覗くケーブルはサビに侵され、電装系も価値を見出すことは難しい状態になっておりました。
当然ながらバッテリーも完全に死んでおり、保安部品の作動状況も確認できず。
ウインカー・前後ライトもサビによるネジ折れ等で取り付け位置が歪み、電装系の状態から判断してすでに全滅している可能性大という判定になってしまいました。
スクラップとしか形容できないヘッドライト周り
その他

長期放置によって発生した大きなシート破れから内部のスポンジ素材が剥き出し状態になっており、風雨と多湿にさらされ、完全に風化しきっていました。
拝見時にはこの風化したシート材による黄緑色の粉が車体全体に飛散し、この環境の劣悪さを何よりも雄弁に物語っておりました。
ホンダ純正オプションと思われるリアキャリア等が装着されておりましたが、こちらもやはりサビ・腐食にやられ、一部には完全に穴が空いている始末。
さすがにこの状態では単なる鉄屑扱いにしかならず、パーツ価値として計上できる内容も皆無でした。
錆びで原形を失ったフロントホイール
有償での処分回収となったCB250スクラップ車の総合評価

以上が今回のホンダ・CB250の査定チェックポイントですが、少なく見積もっても20年以上の放置期間がある上、劣悪な環境下にあったことでサビ・腐食が進行し末期状態を迎えておりました。
しかも、マンション高層部の住人によるものと思われる飲食物の残滓で部分的な劣化箇所も多く、希少な旧車とはいえ、買取での対応は不可能な状態となっておりました。
また、隣のマンションとの隙間が30cm弱しかないことから、車両をこの場で解体し、手作業で分解パーツを運び出していくしか引き上げ方法がないことから、依頼主様に廃車処分費用を頂く形でお請けすることとなりました。
それでもスタッフ2人掛かりで行う作業費用としては格安の16,200円のみで処分させて頂きそれ以上のご負担なしという形で引き上げさせて頂きました。
今回のような難易度の高いケースは非常に稀ですが、熟練のスタッフが査定にお伺いする弊社パッションであれば、こうした分解作業を経て廃車処分させて頂くことも可能となっております。

▼高額な処分回収費用が必要となった理由
  • 査定員2人係での作業で車両を分解して、30cmの通路幅を部品単位にして運び出す作業費用
  • エンジン・フレーム・外装など全てに至るパーツが商品として再利用不可のスクラップ状態

お客様のご感想と、解体しての搬出並びに引取り処分 後記

「亡くなった主人が所有していたバイクなのですが、ほとんど目につくことのないこんな隙間に置かれてしまったため、家が潰れるまでこうしておくしかないのかと諦めかけておりました。 引き受けてくださって本当にありがとうございます」という言葉とともに、作業後の弊社スタッフに温かいお茶を振る舞って頂きました。
依頼主様のご主人は、車・バイクが殊の他好きだったそうで、生前はダルマ(セリカGT)を所有しておられたようです。
このCB250もそうしたコレクションの1台だったようですが、再生の夢叶わず不本意にも劣悪な環境に置かれ、車両の価値を見いだせない状態であったことを残念に思います。
今回は信じられないような事例で、名機である旧車にもかかわらず高額な処分費用を頂かざるを得なかったたのは、引取り回収費用に加えて極小空間での分解と搬出作業の工賃も計上する必要があったためです。
スタッフ2人がかりで鉄屑となったバイクを分解して運びだし回収する費用が16,200円であれば、その費用がどれだけ格安であるかはお分かり頂けると存じます。
せめてもの名機への思いで引取り回収後に再度組立いたしましたが、この状態で買い手が付くか貿易業者を中心に弊社の様々な販路で現在交渉中です。

CB250 査定相場

今回の車両は特異な状況下での分解搬出と、劣化を極めたパーツ価値すらゼロのスクラップ車両として回収処分費用が必要な状態でしたが、 名機であるドリームCB250はエンジンやフレームなど基幹パーツに再生価値があればそれだけで買取対象となる、車種の価値が高い旧車です。
では実働車と、パーツ価値のある車両でそれぞれ」どのような買取金額となるのか?
業者間市場の取引データを基に、CB250の状態別の買取相場をご案内差し上げます。

▼CB250の評価点の目安
  • 評価点4 状態が良く綺麗
  • 評価点3 年式並み
  • 評価点2 実働車だが難多い
  • 評価点1 事故車や不動車
評価点別のCB250の査定相場の比較
評価点/
落札価格帯
評価点
4
評価点
3
評価点
1
30万円台 2台 1台 0台
20万円台 1台 1台 0台
10万円台 1台 4台 1台
~10万円 0台 0台 2台
(2017年12月時点で、業者間市場の落札データを過去1年間遡った数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)

12か月内で全10台と少数ですが、生産期間が2年未満と短かったため、実動車を扱う定例オークションではこれが平均的な台数だと言えます。
最高取引価格は評価点4をつけた車両の35.0万円で、こちらは年式相応の経年劣化が見られる車両状態でした。
一方、最低取引価格となったのは評価点3の車両で、こちらはかろうじてエンジンが始動できるといった程度のかなり使用感が出て言えた状態が影響し、11.6万円に留まりました。
生産終了からそれなりの歳月が経過しているため、純正パーツの欠品が目立つ傾向にありますが、公道を走れる最低限の状態であれば、それなりの買取価格が期待できると言えます。
上記は業者間市場での取引価格なので、査定現場で実際に提示される買取価格は、上記から買取業者の儲けと経費(出品手数料や運送費)が差引かれた額となります。 具体的には年式並みの車両であれば、10万円台の買取価格が中心となり、やや状態の良い車両であれば20万円台、極上車であれば30万円台まで査定価格が伸びることが読み取れます。

続けて、不動車・事故車を意味する「評価点1」の車両の取引データを見てまいりましょう。
こちらも生産台数の少なさから取引台数は少な目ですが、出品されれば必ず開始価格より入札が入り、旧車としての注目度の高まり具合が伺えます。
最低取引価格は2017年5月の5.6万円ですが、2017年10月の最高取引価格は17.0万円と大きく跳ね上がり、程度状況の差を考えた上でも今後に期待が持てます。
現時点ではカワサキ・Z1のように、蚤車両が出品されないというほどではありませんが、今後の状況次第では十分値上がりが期待できる車種のひとつと言えます。

評価点1の車両もすべて、完品で難易度の高くない修復で実働車となるレストアベース車です。
最低落札価格5.6万円お車両も錆びは目立ちますが、エンジンやフレーム含め外装も再利用価値があり、パーツ取りというよりは車両を修復して実働車にするレストアベース車です。
レストアベース車でも劣化が目立つと3万円程度の買取価値になる相場環境に照らしでも、今回のスクラップ車両の処分費用がいかに格安であるかお分かり頂けると思います。

サンプルデータの少なさ、生産台数の少なさからもホンダ・CB250は買取業者による見極めが難しい傾向にあります。
弊社パッションでは旧車の買取に非常に強く、自社販売店を含めた販売網を駆使することで、相場を上回るお値段をつけさせて頂くことも可能となっております。
お気軽にご連絡くださいませ。

CB250の買取相場

ドリームCB250(フレーム型式CB250)
状態の良いバイクの業者間取引市場(定例オークション)における、
買取時点直近 12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 10台
平均価格: 225,200円
最高価格: 350,000円
最低価格: 116,000円

事故車・不動バイクの業者間取引市場(蚤の市オークション)における、
買取時点直近 12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 3台
平均価格: 105,333円
最高価格: 170,000円
最低価格: 56,000円
(2017年12月21日時点の相場情報)

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。

CB250 豆知識

ホンダ・CB72&CB77のイメージを受け継ぎ、クロムメッキ仕上げの質感の高いパーツを装着して、デビューしたものの、のちの名車となるCB350F・CB400Fourに後を託して1970年に生産を終えたCB250。。
今回の事例ではスクラップ車として処分回収対象となってしまい非常に残念な結果となってしまいましたが、生産終了から50年近い月日を経た今日現在、250ccクラスの旧車として中古相場で値上がりを続けています。

1960年に製造されたCB72スーパースポーツをフルモデルチェンジし、第2世代CBとして68年に登場したのがホンダ・CB250です。
デビューと同時に350ccエンジンを搭載した上位グレードのCB350がリリースされ、のちにドリームCB350Fへ進化していきました。
質感の高いメッキパーツ、CB72の面影を色濃く受け継いだカフェレーサースタイルは、CBシリーズの原点らしい美しさがあり、ヨンフォア仕様カスタムなどが人気を集めております。
生産期間がわずか2年と短かったため、現存する車両数は少数ですが、今後の価格高騰も十分に予想される注目の旧車のひとつです。
 壊れたバイク動かないバイクいくらになる?
  • 無料出張査定
  • 無料オンライン査定
バイク引き取り廃車処分お任せください
バイク引き取り廃車処分お任せください
事故車・不動車バイク買取ってます
事故車・不動車バイク買取ってます
廃車処分バイクの査定お任せください
廃車処分バイクの査定お任せください
バイク廃車手続き無料代行
バイク廃車手続き無料代行

廃車処分バイクも売ろうと考え時がもっとも価値があります

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118