thumb7 thumb1 thumb2 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb8

錆び腐食を極め鉄屑化したFZ400Rの格安の処分事例

「20年くらい置きっ放しでボロボロになった廃車済みバイクのを処分して欲しい」と引取り回収のご依頼を頂いたのはFZ400R。
不動車の平均的な買取相場が数千~1万円台のFZ400Rにあって、
ここまでかというほど錆びや腐食の劣化を極め鉄屑化したスクラップ車両。そのまま再利用できるパーツはほぼ皆無。

海外貿易で1,000円の値が付けばラッキーという車両状態でしたが、ウィンカーレンズなど再利用できる細かい部品価値を余すことなく計上することで、格安の8,400円の処分費用での回収を実現した事例です。
以下相場情報と合わせて、査定内容の詳細をご紹介しています。

処分費用を頂いて回収したスクラップ車のFZ400R
  • 処分費用を頂いて回収したスクラップ車のFZ400R
  • 錆び錆びのダウンチューブ
  • 腐食の激しいエンジン
  • 腐食の激しいエンジンヘッド
  • 錆びの激しいメインフレーム
  • 使用感の激しい外観、ウィンカー欠品
  • 点錆び多くオイル漏れのあるフロントフォーク
  • 錆びを極めたハンドル、腐食を極めたフルードタンク
  • 固着していたチェーン
  • 色褪せや風化の激しい外装
  • 日焼けで色褪せしズレているシートカウル
  • タンクの亀裂から経ヘドロ状ののガソリンが漏れています
  • 壊れているタンクのキーシリンダー
  • 評価点
  • 総合評点:1点
    (エンジン0 車体フレーム0 外装0 電気保安0 フロント0 リア0)
    ※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
    査定のチェック箇所と項目
  • 格安の処分回収事例
    炎上車のFZ400R
  • バイク名
  • FZ400R

    処分回収費用
    8,400円
    (廃車手続きは当社で無料代行)
  • 廃車手続き
  • バイク廃車手続き無料代行(廃車証のコピーをご自宅まで郵送)
  • 年式
  • 1984年式
  • 走行
  • 4,890km
  • 車台番号
  • フレーム番号46X-171 エンジン番号33M
  • エンジンの状態
  • 始動確認できず
  • 外観の状態
  • 錆び腐食・色褪せが非常に目立つ
  • 事故・転倒・損傷
  • タンク亀裂、キーシリンダー変形
  • 改造の有無
  • ノーマル車両
    センターカウル・ウィンカーなど欠品
  • 引き取り年
  • 2018年2月
  • オンライン相場案内

    出張買取無料査定

    フリーダイヤル 0120-819-118

処分費用を頂いての回収となったFZ400R 査定のポイントや詳細

廃車処分のご依頼を頂いたのは、写真でもご覧いただける通り、錆びと腐食を極めたFZ400R。
一見してスクラップとわかる状態で、FZ400Rの相場的に買取は無理と判断できました。
あとは、無料で引取りできるのか?どれくらい安い処分費用で回収できるのか?
細かく見ていきましょう。

タンクの亀裂/始動しないエンジン

タンクから垂れているのは錆びの液なのか? 手に取って臭いを嗅いでみると、粘性があり腐ったガソリン独特に臭いが。 転倒によるものかのか?錆びで脆くなったのか?亀裂の入っているガソリンタンクから揮発して粘性が高くなったヘドロ状のガソリンが垂れています。
タンクのキーシリンダーはイタズラされて壊されています。鍵が回りません。
ガソリンタンクは商業的に価値が見いだせず処分対象品扱い。

タンクの亀裂から経ヘドロ状ののガソリンが漏れています
腐食を極めたエンジン回り、腐ったガソリンが固着しかかっているキャブレターも腐食を極めています。取付ボルトやネジ類も錆びで固着箇所多数。
クランクケースにはガリ傷もあり、エンジン底部までびっしりと腐食で覆われています。
亀裂の入ったタンクは欠品扱い、エンジン単体でもこの状態だと車種の相場的に商業的な価値は見いだせません。

腐食の激しいエンジン
極めた錆び腐食や風化

ハンドルの錆び
もやは鉄の強度はありません。部品としての価値もなくまさに処分対象品。
腐食で真っ白になっているのはブレーキフルードタンク

錆びを極めたハンドル、腐食を極めたフルードタンク
錆びで当初はスプロケと固着していたチェーン。腐食を極めているリアホイール。腐食を丁寧に研磨して落とせば多少の価値はありますが、研磨費用は回収できず処分品扱い。

固着していたチェーン
点錆びのあるフロントフォークからは大量のオイル漏れもあり前輪のブレーキキャリパーやディスクローターにまでオイル漏れ痕があり、 荷重してフロントフォークを縮めてみるとスカスカで本来の機能を失っています。機能的には要オーバーホールですが、オーバーホールコストが再生後の価値を上回るため価値を計上できません。

点錆び多くオイル漏れのあるフロントフォーク
ダウンチューブやメインフレームと骨格の錆びも激しく、本来は白いフレームですが茶色で覆われています。同様にラジエーターカバも錆び一色。
車種の相場的に、この状態だと価値は見出せません。廃車証紛失という事で、再登録不能の商業価値のないフレームではあるのですが、たとえ廃車証があったとしても評価に殆ど差はありませんでした。

錆び錆びのダウンチューブ
センターカウルは両サイド欠品していますが、残ってい折るシートカウルは色褪せが激しくカウルずれや細かい傷が多数あります。

日焼けで色褪せしズレているシートカウル
引取り後の販路と処分回収費用

上記には出てこなかったマフラーやブレーキキャリパーなども損傷や劣化が多く、パーツ単位としても価値を計上するのは難しい状態でした。
パーツ価値としては、計上できるものもありました、例えばウィンカーレンズなどです。しかし流通価値のないエンジンやフレームなどの処分費用を賄うには至りませんでした。

どうやって処分費用を格安で纏めるか。引き取り後の販路と販売価格から逆算する必要があります。 下段でFZ400Rの相場をご紹介していますが、相場的には国内のルートでは値段が付かず流通しません。
弊社販売店での部品取りでもほとんど価値が計上できません。
あとは海外貿易で大口のお得意様価格で1,000円付くか付かないかといったところでしょう。
転売価格が1,000円未満となると、運送実費に気持ち儲けを載せさせて頂いて、1万円以上の処分費用は発生してしまいます。

ウィンカーレンズやフロントフェンダーなど、そのまま利用できそうなパーツを弊社販売店で買取し、その後、貿易業者に1,000円程度で売れれば数千円の価値にはなります。
運送実費や儲けを多少考慮させて頂き、8,400円の処分改修費用でご提案させて頂きました。

お客様のご感想と処分回収後記

「最後に動かしたのはいつだったか?」と帰省先のご実家で長らく置かれていたFZ400Rの査定に御立会いくださいましたオーナー様。
「何なら直しちゃおっかな~くらいに思ってたんだけど。処分しろと言われ続けててさ、遂に20年ぶりくらいに対面したら驚くボロさで。その金額で持って行ってくれるなら助かるねえ。」 と処分費用にご快諾頂き回収させて頂きました。

FZ400Rの買取相場

中古車の本体価格のボリュームゾーンが30万円台となっているFZ400R。売るとしたらいったいどれくらいの値段が付くのか?
実働車の場合。1つの目安として店頭小売価格の1/3が買取相場となっています。
販売業者は、業者間市場を通じて仕入れた価格の約2倍の値付けをして販売します。
仕入れ値は即ち、買取業者の売却額でもありますので、そこから買取業者の経費や儲けを差引いた買取額は店頭販売価格の3分の1程度になるというのがその理屈です。
30万円台前半が平均的な販売価格とすると、実働車の平均的な買取相場は10万円程度となるでしょう。

本当にそうなのでしょうか?
日本の中古バイクの相場を決定している業者間オークション市場のデータを使用して、FZ400Rの状態別の買取相場をご紹介いたします。
  • ▼状態を表す評価点の目安|FZ400R
  • 評価点5 極上車
  • 評価点4 状態が良く綺麗
  • 評価点3 年式並み・若干の難有り
  • 評価点2 実働車だが劣悪
  • 評価点1 事故車や不動車
FZ400R|市場での取引データ
取引価格 評価点 状態
12万円 3点 エンジン不調
外装綺麗
9.2万円 3点 外装綺麗
傷やや多い
8万円 1点 不動車
足回りに劣化目立つ
3.6万円 1点 不動車
足回りに劣化
3.4万円 1点 不動車
錆びや色褪せ目立つ
1.6万円 1点 エンジン故障
外装綺麗
1万円 1点 不動車
外装綺麗
メータやハンドル・シートル欠品
(2018年1月時点で、業者間市場の落札データを過去1年間遡った数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)

過去1年間に、実働車は2台の取引しかかなかったFZ400R。
年式並みの車両が2台、9万円と12万円で取引されていています。年式並みの車両だと10万円程度の取引価格になるとみてよいでしょう。
状態の良い車両となると10万円台後半~20万円台まで上昇する余地もあるでしょう。

評価点1の事故車や不動車に目を転じると、過去1年間に5台が、1万円~9.2万円のレンジで取引されています。
5台の内、4台は1万円台~3万円台のレンジで取引されています。
取引されている車両はどれも修理やレストアで実働化して商業的に再販できるポテンシャルがあります。
今回引取り処分させて頂いたFZ400Rとの差異もそこにあります。
数万円で修理して、10万円付近で売れる状態に回復する余地がある車両の取引となっています。
最低額を付けた1万円お車両でも、見た目は綺麗で、メーター・ハンドル・シート・ヘッドライト・ウィンカーなどを取り付ければ再販できる状態です。

上記を踏まえてまとめると、
年式並みのFZ400Rの取引は10万円前後。不動車の場合は車両のポテンシャルや実働化コストに応じて1~8万円(ボリュームゾーンは1~3万円台)程度の取引相場となっています。
上記は、業者間市場での取引価格ですので、買取相場は、買取業者の儲けと経費(出品手数料や運送費など)で数万円程度を差引いた額となります。
つまり、年式並みのSF400Rの買取相場は7~10万円程度。不動車の平均的な買取相場は数千~1万円台程度です。

因みに下記の写真は1.6万円で取引されていたFZ400Rの不動車です。
1.6万円で取引されたFZ400R不動車
今回、処分費用を頂戴して回収させて頂いたFZ400Rと比べるとまさに雲泥の差。
同じ不動車でも1.6万円で取引されている上記写真の車両が格別に綺麗で実働化への道筋も近いことは一目瞭然です。
どう頑張っても修理費用が再販価格を超えてしまう、商業的なレストア不能車として処分費用での査定金額となりましたが、 それでも相場を見ると、今回の処分費用がいかに格安の料金であるかがご理解いただけるかと存じます。

パッションはいつでも相場以上の金額でお客様のご期待にお応えいたします。あらゆる販路を駆使しても無料引取りがかなわず、やむを得ず処分費用が掛かる場合でもその費用は相場と比べて格安であることを保証しています。
先ずはお気軽にお問合せ下さいませ。お電話でも事前に査定金額をご案内いたしております。

FZ400Rの買取相場

FZ400R(フレーム型式MC40)
状態の良いバイクの業者間取引市場(定例オークション)における、
買取時点直近 3ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 2台
平均価格: 106,000円
最高価格: 120,000円
最低価格: 92,000円

事故車・不動バイクの業者間取引市場(蚤の市オークション)における、
買取時点直近 12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 5台
平均価格: 35,200円
最高価格: 80,000円
最低価格: 10,000円
(2018年2月10日時点の相場情報)

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。

 壊れたバイク動かないバイクいくらになる?
  • 無料出張査定
  • 無料オンライン査定
バイク引き取り廃車処分お任せください
バイク引き取り廃車処分お任せください
事故車・不動車バイク買取ってます
事故車・不動車バイク買取ってます
廃車処分バイクの査定お任せください
廃車処分バイクの査定お任せください
バイク廃車手続き無料代行
バイク廃車手続き無料代行

廃車処分バイクも売ろうと考え時がもっとも価値があります

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118