thumb7 thumb1 thumb2 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb8

車両価値の低いSR250にあって長期放置スクラップ車の処分回収事例

10年以上放置されていた錆びと腐食で覆われた不動車の処分回収のご依頼を頂きました。
残念ながら車種自体の価値が低いSR250。業者間市場では実働車でも状態に難があると数千円~1万円程度で取引されています。
まして風化と劣化を極めたスクラップ状態の非稼働車両となる国内では買い手はなく、とどう転んでも値段はつきません。
再利用不可能な状態のパーツが多い上に、修復せずにそのまま再利用できる状態のパーツは皆無の状態のスクラップ・・・
何とか格安の費用で処分回収すべく貿易業者を活用することに。
バイクパッションでは毎月数十台を貿易業者に卸販売しています。定期的に大量に卸している大口顧客という事で貿易業者も値段に多少の融通を利かしてくれます。 貿易業者を活用することで破格の4,000円の処分回収費用でお引き受けさせて頂きました。

処分費用を頂いて回収したスクラップのSR250
  • 処分費用を頂いて回収したスクラップのSR250
  • 腐食で覆われているクランクケース
  • 腐食とオイル漏れが目立つ空冷エンジン
  • 排気口が錆びで朽ちているマフラー
  • 錆びで覆われているリアショックやリアホイール回り
  • ボロボロと崩れそうなシート
  • 評価点
  • 総合評点:1点
    (エンジン0 車体フレーム0 外装0 電気保安0 フロント0 リア0)
    ※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
    査定のチェック箇所と項目
  • 格安の処分回収事例
    劣化激しいスクラップのSR250
  • バイク名
  • SR250

    処分回収費用
    4,000円
    (廃車手続きは当社で無料代行)
  • 状態
  • 価値の極めて低い車種の長期放置不動車
  • 廃車手続き
  • バイク廃車手続き無料代行(廃車証のコピーをご自宅まで郵送)
  • 年式
  • 1982年式
  • 走行
  • 18,426円
  • 車体番号
  • フレーム4J1-004 エンジン4J1
  • エンジンの状態
  • 不動
  • 外観の状態
  • 長期放置によって埃やサビ・キズ・腐食が目立つ状態
  • 事故・転倒・損傷
  • フレーム左側に転倒と思わしき損傷あり
  • 改造の有無
  • スティード400用シーシーバーの流用
  • 引き取り回収年
  • 2017年12月
  • オンライン相場案内

    出張買取無料査定

    フリーダイヤル 0120-819-118

処分費用を頂いての回収となったSR250 査定のポイントや詳細

「先輩から貰ったバイクの処分をお願いしたいのですが」とご相談を頂き査定にお伺いして拝見させて頂いた車両は、自宅敷地内で10年以上放置されていた「ヤマハ SR250」。
オーナーの宮田様のお話では、先輩から卸してもらった数ヶ月後にエンジンが故障してしまったとのことで、修理費用のあまりの高さに敷地で寝かせっ放しにされていたとの事。
ガソリン・エンジンオイルの変質度合いも高く、バッテリーの消耗や車体全体に発生しているサビ・キズなど、コンディションにはかなりの難あり状態でした。

仮にこの車両が、同じ状態で同じ35年前の車両でもシリーズ兄弟車のSR400であれば1~2万円程度の査定価格をお付けして買取することが出来ます。
しかしSR250では買取でお値段をお付けする事ができません。その理由は車種の価値が非常に低いためです。国内で買取された9割以上のバイクが取引される業者間のオークション市場では実働車でも数千円~数万円で取引されています。
そこまで価値の低い車種にあって、スクラップ状態と化した不動車になるとパーツ価値以前に車種の価値がございません。どのような販路を探しても処分回収費用が発生してしまいます。
問題はは処分費用がいくらになるのか?車両の状態を査定させて頂きました。 以下、車両詳細となります。
錆びで覆われているリアショックやリアホイール回り
足回り

フロント・リア共に経年によるサビが発生。 特にフロントは捩れなどはなかったものの、沈み幅が殆どなく強固した状態となっていました。 車体の押し引きは出来ましたが、足回りの再利用可は困難という判定。
ボロボロと崩れそうなシート
外装

砂埃を大分被っており、穴が開くほど重度ではないものの、各所にサビ・キズあり。 ヘッドライトやサイドカバーなどが経年によって強度が低下し、ヒビなどが散見される状態でした。
シートも加重するとパリッと音が鳴るほど劣化しており、腐食しているガソリンを抜いて丁寧に内部の錆び取りを行うことでガソリンタンクなどがかろうじて再利用が可能な状態と判定。
腐食とオイル漏れが目立つ空冷エンジン
エンジン周り

長期放置の原因がエンジンの故障との事で、エンジンは当然不動状態。見ても明らかなようにエンジン全体が腐食で覆われています。 バッテリーの放電し尽くし、セルも回らない状態となっていました。エンジン外部のサビ・曇りも広範囲に発生しており、キャブレター内のガソリン等も変質が著しく、再生の見込みは低いという評価に。
腐食で覆われているクランクケース
保安部品や電装品

マフラーの排気口は錆びで朽ちて穴が開きそうな状態
メーカー不明のフォワードステップや、「ホンダ スティード400」用のシーシーバーなどが装着済み。バッテリーが完全に死んでしまっているため、保安部品の作動は確認できませんでした。
排気口が錆びで朽ちているマフラー
その他

メーカー不明のフォワードステップや、「ホンダ スティード400」用のシーシーバーなどが装着済み。バッテリーが完全に死んでしまっているため、保安部品の作動は確認できませんでした。
残念ながらSR250自体の人気があまりなく相場が非常に低いためうえに、再利用不可能な状態のパーツが多い上に、修復せずにそのまま再利用できる状態のパーツは皆無という劣悪な劣化や傷み具合。
年季の入った汚れと不動状態、外装の劣化度合いがかなり進行していたため無料引取りも不可能な状態。
自社販売店で売るとして、市場環境から車両販売価格は高く見積もって10万円程度でしょうか。その予算では修復の途上で消化してしまうでしょう。国内では引き受け手がなく、どう転んでも現状では1円にもなりません。
国内で最も安価に処分する方法は、業者間市場に出品して売却する方法。どんな状態のどんな車種の車両でも最低1,000円で落札できるため。しかし、 出品手数料や運送費や諸経費を考えると実質的には少なく見積もっても5千円以上のの処分費用がかかります。
他の転売先としては海外の貿易業者。低排気量かつシンプルな構造で現地での修理にも親和性のある東南アジアも候補ですが物価が安くほとんど値が付きません。現地生産で今でもSR250が流通している中南米向けも候補となりそう。
バイクパッションでは毎月数十台を貿易業者に卸販売しています。
定期的に大量に卸している大口顧客という事で値段も多少の融通を利かしてくれます。数千円程度の値付けを前提に、ギリギリの4,000円の処分回収費用でお引き受けさせて頂きました。
宮田様は「先日テレビを処分した時だって4,000円掛かったのに、こんな大きくて重いものがもっと安く処分できるなんて嘘みたい」と処分費用の安さをご実感して頂けたご様子。 実際、貿易業者との大口取引があるから実現できる格安の回収費用であることは間違いございません。

■SR250 査定相場

車両の価値が低いSR250と先述致しましたが、国内で買取させたオートバイの9割が取引される業者間のオークション市場でのSR250の取引データ詳細をご案内差し上げます。 実働車3台|過去1年間の取引
  • 落札価格 6.0万円 評価点4(1980年代の車体としては、非常に良好)
  • 落札価格 1.0万円 評価点3(錆びが目立つ、年式並みかやや劣化が目立つ)
  • 落札価格 0.2万円 評価点3(実働車ですが使用感や傷みが感じられる)

非稼働や事故車1台|過去1年間の取引
  • 落札価格 0.1万円 評価点4(このページで紹介している処分事例のSR250よりは状態が良い)

(2017年12月時点で、業者間市場の落札データを過去1年間遡った数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)

上記の相場データが物語っていますが、実働車でも業者間市場では数千円で取引されるSR250。
まして10年以上放置されて、風化と劣化を極めたスクラップ状態の非稼働車両となるとどう転んでも値段が付かないことは明白です。
廃車手続きの無料代行をも含んだ4,000円の処分回収費用がいかに破格に安い値段であるかがご理解いただけると存じます。

SR250の買取相場

SR250(フレーム型式MC40)
状態の良いバイクの業者間取引市場(定例オークション)における、
買取時点直近 12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 3台
平均価格: 60,000円
最高価格: 24,000円
最低価格: 2,000円

事故車・不動バイクの業者間取引市場(蚤の市オークション)における、
買取時点直近 12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 1台
平均価格: 1,000円
最高価格: 1,000円
最低価格: 1,000円
(2017年12月6日時点の相場情報)

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。

 壊れたバイク動かないバイクいくらになる?
  • 無料出張査定
  • 無料オンライン査定
バイク引き取り廃車処分お任せください
バイク引き取り廃車処分お任せください
事故車・不動車バイク買取ってます
事故車・不動車バイク買取ってます
廃車処分バイクの査定お任せください
廃車処分バイクの査定お任せください
バイク廃車手続き無料代行
バイク廃車手続き無料代行

廃車処分バイクも売ろうと考え時がもっとも価値があります

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118