バイクパッション フリーダイヤル tel-0120819118
メニュー開閉ボタン
オンライン査定 相場情報をご案内 無料出張査定 全額現金でお支払い
flash_cb400superboldor2jiko
調整画像 高額買取 お笑い芸人パッション屋良 flash_cb400superboldor2jiko最強の買取価格
10秒で愛車を見積る

個人情報不要です

全車種の買取相場

データ最終更新:2020年09月11日

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118

フォーク折れの事故車 2011年式|CB400SB Special Edition

買取させて頂きましたのは、2011年式・トリコロールカラーのCB400ボルドールSpecial Editionの事故車。
フロントフォークがポッキリと折れて自立できない状態でしたが、メインフレームに大きな損傷がなかった点は再生可能な事故車として大きくプラスに作用。
あとは、損傷がひどく欠品扱いとなっているフロントフォーク・サイレンサー・ハーフカウル・メーター・メインスイッチ・ウィンカーなどの交換費用が商業的に賄えるか?が焦点に。
2012年現在では、最新仕様の2007~2012年モデルのCB400スーパーボルドールは平均的な買取相場が40万円台前半となっています。
仮に事故による損傷がなければ、走行距離は比較的若く、外装も艶を保持していて極上に近い査定評価点となっていたでしょう。伴って事故車でなければ40万円台後半の査定価格が狙えていたでしょう。
そこまでの市場価値があれば、フレーム価値の棄損と要交換パーツの交換費用も充分に賄えます。
結果、レストアベースの事故車として、修理費用を差し引いた査定額として23.9万円で買取させて頂きました。

最新の相場情報は、10秒で査定額が出る個人情報不要の自動査定でチェックして頂けます。

CB400スーパーボルドール Special Edition (CB400SBスペシャルエディション)買取価格実例

23.9万円で買取したCB400ボルドール事故車
  • 23.9万円で買取したCB400ボルドール事故車
  • ポッキリと折れているフロントフォーク
  • ハーフカウルの割れと削れ
  • ジェネレーターカバーの転倒傷
  • サイレンサーの凹みと傷
  • マフラー擦り傷
  • 要交換判定のハーフカウル
  • CB400SB/NC42-130/2011年式の限定スペシャルエディション

総合評点:1点

エンジン 0 車体フレーム 0 外装 0 電装保安部品 0 フロント周り 0 リア周り 0

【評価点の目安】
8点以上:新車 7点:超極上車 6点:極上車
5点:良好車 4点:多少の使用感 3点:難有 2点:劣悪
1点:事故不動
  • バイク名
  • CB400スーパーボルドール Special Edition (CB400SBスペシャルエディション)
  • 買取価格
  • 239,000円
  • 年式
  • 2011年式
  • 走行距離
  • 8,000km
  • 車台番号
  • NC42-130
  • カラー
  • トリコロール/500台限定のSpecial Edition
  • エンジンの状態
  • 稼動
  • 外観の状態
  • 割れや削れ傷多数
  • 損傷や事故転倒歴
  • 事故車/フロントフォーク折れ
  • カスタムや改造
  • カスタム箇所有で純正パーツ保有
  • 買取年月
  • 2012年10月

CB400ボルドール【フォーク折れの事故車 2011年式】の査定ポイント

買取させて頂きましたのは、2011年式・トリコロールカラーのCB400ボルドールの事故車です。
スーパーフォアとスパーボルドールの合計で500台限定で売り出されたスペシャルエディションで当時の新車価格は83.4万円と、同時発売のベーシックカラーよりも3万円、ツートーンカラーよりも2万円高い設定となっていました。
(参考記事:CB400SB【限定モデルは高く売れるのか?】相場の比較

写真でもご覧いただけますようにフロントフォークのアウターチューブが折れている事故車。
NC42型(2007年発売~現行モデル)の実働車の平均的な買取相場は40万円台前半となっていますが、損壊の激しい事故車はいくらの査定額となったのでしょうか?
以下に査定内容のトピックスをご紹介させて頂きます。

■1人では動かせない状態だった事故車

写真の2011年式・CB400SBがリフトで吊られている理由は、自立不可能なため。
自立できない理由は、フロントフォークが折れているためです。
フロントフォークが折れているため、前輪の操舵性は失われ、1人では押し引きが困難な状態となっていました。
(買取後の事故車の引き上げでは、お客様に車体を支えて頂くサポートを賜りトラックに引き上げさせて頂きました)

1人では動かせない状態だった事故車

写真の2011年式・CB400SBがリフトで吊られている理由は、自立不可能なため。
自立できない理由は、フロントフォークが折れているためです。
フロントフォークが折れているため、前輪の操舵性は失われ、1人では押し引きが困難な状態となっていました。
(買取後の事故車の引き上げでは、お客様に車体を支えて頂くサポートを賜りトラックに引き上げさせて頂きました)

頑丈な金属で作られているフロントフォークがポッキリと折れるのは、よほどの衝撃があったことを物語っています。 限定カラー特有の赤に塗装されたフレームへの影響が懸念されます。
というのもCB400スーパーボルドールである車種証明はフレーム番号が刻印されたメインフレームに依存していること、またフレームが再利用できない状態であれば、 オートバイとしてではなく再利用可能な部品の価値まで買取価格は下落してしまうためです。フレームから部品を取り外す作業も必要となるため、 メインフレームが生きているか否かは事故車の査定価値を決定的に左右する要素となります。
ポッキリと折れているフロントフォーク
spacer for layout
その他の損傷は、 スーパーボルドールの最大の特徴であるハーフカウルの割れと削れ傷、ジェネレーターカバーの削れ傷、マフラーの凹みと広範囲の転倒傷などです。
フロントフォークは、インナーチューブ・アウターチューブ含めて機能不全で欠品扱い。
ジェネレーターカバーは買取後のケアである程度目立たなく出来ますが、割れているハーフカウルや広範囲に及ぶマフラーの転倒傷はリカバーが難しく、再販用途向けには大きく買取価値を損なう判定となりました。
要交換判定のハーフカウル
spacer for layout

気になるメインフレームの状態と買取額

事故によって大きな衝撃を受けた場合、メインフレームに及ぶ影響として最悪なのが変形です。フレームが歪んでいる場合は自走は危険ですのでフレームの査定価値はありません。
次に影響が出やすいのが、パイプの接合部です。最も弱い部分ですので、大きな衝撃を吸収した場合、ネック部分や接合部に皺が寄ります。
余談ですが、お客様が中古車をご購入される場合は、フレームのネック部分を入念にお調べすることをお勧めします。
というものも、査定現場でお客様ご自身は事故の記憶がないのに、事故の痕跡を隠す修復が施されている元事故車を拝見することが時々あるためです。
また、ハンドルを左右に目一杯切って、グリップとタンク間の隙間が左右均等でない場合も要注意です。
さらに、ハンドルストッパーを見れば、過去のフロント周りの衝撃を検証することが出来ます(目につかない非常に小さな部位ですので、ハンドルストッパー自体の損傷の査定価格への影響は殆どありませんが)。

上記の点を査定現場で入念にチェックさせて頂くわけですが、査定させて頂いているCB400SBのメインフレームには、見て触って分かるような変形はありませんでした。
細かな皺が接合部分に寄っている程度です。フロントフォークが折れたことで衝撃がうまく逃げてメインフレームへの影響が軽微だったと推測できます。
細かい皺程度であれば、買取価値は少し落ちますが、完成車体として流通させることが出来ます。

メインフレームが再利用できる状態であったことは事故車の買取価値として大きくプラスでしたが、後はフロントフォーク・サイレンサー・ハーフカウル・メーター・メインスイッチ・ウィンカーなどの交換費用が商業的に賄えるか?
2012年現在では、最新仕様の2007~2012年モデルのCB400スーパーボルドールは平均的な買取相場が40万円台前半となっています。
仮に事故による損傷がなければ、走行距離は比較的若く、外装も艶を保持していて極上に近い査定評価点となっていたでしょう。伴って事故車でなければ40万円台後半の査定価格が狙えていたでしょう。
そこまでの市場価値があれば、フレーム価値の棄損と要交換パーツの交換費用も充分に賄えます。
結果、レストアベースの事故車として、修理費用を差し引いた査定額として23.9万円で買取させて頂きました。

高額査定となった理由は、高年式で最新仕様モデルであること、メインフレームが生きていた点、弊社販売店のストックパーツを安価に再利用できるためパーツ交換費用が安価に済まされる点です。
事故車の買取は弊社バイクパッションにお任せください!

最新の買取相場をチェック!

上記の買取事例と相場情報は2017年12月時点の内容です。

たびたび繰り返される仕様変更によって、その前後で買取相場が大きく変動しているCB400スーパーボルドール・・・
ご売却をご検討中のオーナー様は、現在の相場動向が気になるところでしょう。
最新の相場情報は、10秒で査定額が出る個人情報不要の自動査定でチェックして頂けます。

CB400スーパーボルドール 買取相場

CB400ボルドール(NC42型)

【実働車】の業者間オークション市場における、買取時点直近6ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 53台
  • 平均価格: 451,396円
  • 最高価格: 618,000円
  • 最低価格: 324,000円

【事故車・不動車】の業者間オークション市場における、買取時点直近6ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 25台
  • 平均価格: 284,800円
  • 最高価格: 341,000円
  • 最低価格: 199,000円
spacer for layout

相場情報:2012年10月6日時点

最新の相場情報は、10秒で買取相場が出る自動査定でチェックして頂けます。

上記金額は、買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の落札データであり、買取業者の転売金額です。
業者間オークション市場とは買取業者と販売業者が参画する競り市場で、年間に約20万台のオートバイが取引される市場です。
買取業者が買取したバイクの約9割は上記市場において転売されています。
その事実が、業者間オークション市場の落札金額が買取業者の査定額の基準値である所以です。
査定現場での買取価格は下記の転売(落札)金額から買取業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります。
査定現場での正味の買取額は、転売金額である落札額から5~10%を割り引いた金額が適正で競争力のある価格となります。
金額にすると単価の安い原付バイクで1万円から、100万円を超える高額車両では6万円までが適正な割引額です。

CB400スーパーボルドールに関連する買取事例

  • CB400 SUPER BOLD'OR ABS
    CB400ボルドール

    買取査定価格

    600,000円
    2016年式 走行 565km
    限定カラー 状態良好
  • CB400SF Revo
    CB400SFレボ

    買取査定価格

    479,000円
    2010年式 走行 1,750km
    エンジン良好、小傷錆び
    2013年7月買取
spacer for layout

CB400スーパーボルドールは売ろうと考え時が一番高く売れます

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い

買取査定の安心ステップ

【リピーターやご紹介のお客様が非常に多い】 のは、お客様の立場に立った誠実な査定と相場以上での高額査定が評価されてのことだと自負しております。
事実、パッションのバイク買取査定はお客様満足度95%超!
弊社パッションは最高の接客と特別な買取価格で常にお客様満足度No1を追求しています。
【当社の査定員はみんな査定資格とマナー講習を修了】
お客様が気持ちよく満足してオートバイを売るできる事がとても大切だと考えています。 買取提示価格がお客様のご希望金額に届かない等、御満足頂けない 場合は買取不成立となりますが、その場合もパッションの査定はモチロン無料です! 査定は全て、最初から最後まで無料。安心してお気軽に最高の無料査定をお試しして頂けます。

バイクパッションについて

出張買取エリア

北海道を除く全国で出張査定
パッションの査定士

【即日対応!資格を持った査定士がお伺いいたします】
全国の支店からご希望日時に出張査定にお伺いしています。弊社の査定員は全員。査定士の資格を取得し、マナー講習を修了しております。
リピーターやご紹介のお客様が非常に多いのには理由がございます。
最高の査定額と最上のご対応でお客様のご期待にお応えいたします。

買取の際に必要なもの

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い
to top