thumb1 thumb1 thumb2 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb7 thumb8

損傷劣化の目立つ不動車|スーパーフォア・スペック2買取査定と相場

2002年モデル・キャンディタヒチアンブルーのCB400 SUPER VTEC SPEC2。損傷が目立つ長期放置不動車の買取事例。
「庭先で5年ほど寝かせてしまったCB400SFの不動車、買取してもらうことはできますか?」というご相談を受け、買取査定にお伺いさせて頂きましたのはNC39型のVTECスペック2。
内部のガソリンが腐っているタンクには大きな凹み、始動する気配のないエンジンは激しく腐食、チェーンは固着し車両全体に漂うくたびれ感は、長らく放置されていた不動車であることを物語っています。

10年以上前のモデルであり、現行のNC42型に比べると買取相場は一段落ちますが、自社工房での修理整備とストックパーツの活用による実働化後の価値を見込んで、相場を大きく上回る13.5万円の査定価格で買取させて頂きました。

後発のNC42型で繰り返される仕様変更によって、型落ち感が強めっているNC39型のVTECスペック2の買取相場は下落基調・・・今後は平均買取額が10万円前後で底値を打ちつつあるNC31型の水準まで下落していくと予想されます・・・。
最新の相場情報は、10秒で査定額が出る個人情報不要の自動査定でチェックして頂けます。


  • CB400SFVtec2
  • 5年放置の不動車
  • エンジンかからない
  • 錆び目立つ
  • タンクへこみ
  • 評価点
  • ◆総合評点 1点  
    (エンジン 0  車体フレーム 0  外装 0  電装保安部品 0  フロント周り 0  リア周り 0)
    ※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
    査定のチェック箇所と項目
  • CB400SFVtec2 買取価格実例
  • バイク名
  • CB400SFVtec2

    買取価格

    135,000円

  • 年式
  • 2002年モデル
  • 走行
  • 5,914km
  • 車体番号
  • NC39-104
  • エンジンの状態
  • 放置期間中に非稼動
  • 外観の状態
  • 損傷・錆が目立つ
  • 事故歴
  • なし
  • 改造の有無
  • ノーマル車両
  • 買取年
  • 2012年3月
  • オンライン相場案内

    出張買取無料査定

    フリーダイヤル 0120-819-118

【毎週更新の買取相場】CB400SF Vtec Spec2

矢印
事故車・不動車CB400SF Vtec Spec2の取引価格帯

買取業者の転売先である業者間オークション市場の取引価格帯

2019年11月時点から12ヵ月間遡った数字

相場のボリュームゾーン

最多価格
10〜14
万円
apacer-for-layout
%
63
構成比
apacer-for-layout
第2位
5〜9
万円
apacer-for-layout
%
17
構成比
apacer-for-layout
第3位
15〜19
万円
apacer-for-layout
%
14
構成比
apacer-for-layout

※データ更新:2019年11月15日

apacer-for-layout
評価点別CB400SF Vtec Spec2 の平均取引額
矢印

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格

2019年11月時点から12ヵ月間遡った数字

評価点別の取引額

5
良好
最高
平均
最低
取引
36.6万円
29.8万円
23.0万円
2台
spacer-for-layout
4
軽い難
最高
平均
最低
取引
36.2万円
20.7万円
12.6万円
136台
spacer-for-layout
3
難有
最高
平均
最低
取引
25.0万円
16.1万円
11.2万円
27台
spacer-for-layout
1
事故
不動
最高
平均
最低
取引
18.5万円
11.6万円
3.0万円
35台
spacer-for-layout

※データ更新:2019年11月15日

spacer-for-layout
事故車・不動車CB400SF Vtec Spec2 買取相場の推移 凡例
矢印

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格の推移

査定現場での買取価格は上記取引金額から業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります
51~125ccの場合、上記転売金額から2万円程度差し引いた金額が正味の買取額となります

2019年11月時点から48ヵ月間遡った数字

平均相場のUp Down

対前年比
-10
% down
apacer-for-layout

【2018年間 vs 2019年間】

対3前年比
-9
% down
apacer-for-layout

【2016年間 vs 2019年間】

年間平均
取引台数
36
apacer-for-layout

過去4年間の取引台数÷4

※データ更新:2019年11月15日

apacer-for-layout
嬉しくなる査定価格で全国出張買取中 状態や型式に沿った相場情報をより正確に迅速にご案内できます。フリーダイヤル 0120-819-118

CB400SFVtec2買取事例|不動車

VTEC SPEC2 不動車の主な状態

最終稼動より5年放置でエンジンかからない不動車、右側タンクへこみ5cm程度、チェーン固着、野晒しによる放置で錆びや腐食が目立つ

不動車としての総合評価と買取価格

買取させて頂きましたのは、2002年モデル・キャンディタヒチアンブルーのCB400 SUPER VTEC SPEC2(といってもスペック2は2002年の単年モデルのみなのですが・・・)

「庭先で5年ほど寝かせてしまったCB400SFの不動車、買取してもらうことはできますか?」というご相談を受け、買取査定にお伺いさせて頂きましたのはCB400スパーフォアVTECのスペック2。
車両状態はお世辞にも良いとは言えず、スーパーフォア特有の張り出したタンクの右側にはソフトボールサイズの凹みがペッコリ。
なんでも信号待ちの停車中に立ちゴケでガードレール支柱に倒れこんでしまったそうで、確かにサイズ的にも納得がいきました。
社外マフラーやセパレートハンドルなど、かなりスポーツ走行を意識したカスタム車両ですが、サビによる影響で各部の腐食もだいぶ進行しております。
また、車体の至るところに貼られた個人色の強いデカール(ステッカー)が固着し、糊の剥離なども要する状態。

CB400SFは中型バイクで最も売れている車種ですが、10年前の2003年モデルのNC39型であるVTEC SPEC2は、現行のNC42型に比べるとその買取相場は一段低くなっています。
それでもさすが人気車両!です。事故車や状態の劣悪な不動車であっても充分に良い値段で買取が出来る相場を維持しています。
「これはどうみても廃車にして処分するほかないだろう!」と思われるようなCB400SFでも自社販売店でのパーツとして、またはレストアベース車として高額買取を可能とする弊社パッションであれば、このような状態でも十分に許容範囲内。

野晒しで5年放置されていたため、タンク内のガソリンは腐り、キャブレターに流れていたガソリンは白い粉上に固まり、エンジンは始動する気配を見せない不動状態ではありますが、 キャブO/H・タンク洗浄・バッテリー&プラグ交換走行でエンジン始動は見込めるうえ、走行距離5,000km台と比較的浅いこと。タンクに大きな凹みはあってもフレームへの影響がなかったことを最大限に評価し、 135,000円という買取金額をご提示し買取らせて頂きました。

不動車や事故車の査定価格は車両状態次第のケース・バイ・ケースではありますが、状態は劣悪でも放置による不動であれば最低でも10万円程度の査定価格は見込めます。
諦めて廃車回収・解体業者に引き取り依頼を出す前に、まずはダメ元のつもりでも弊社パッションの出張買取査定をお試しください。査定は全て無料です。
今回買取した不動車ですを販売できる状態にするための修理と整備に1週間程度を必要としました。
エンジン実働化には、タンク内の錆びを除去し防腐加工を施し、タンク~キャブレターまでの導線を丁寧に掃除し、4発のキャブレターをオーバーホール、そしてバッテリー&プラグを新品に交換。
大きな凹みのあったタンクは社内のストックパーツに交換。
地道な研磨作業によって錆びや腐食など粗方取り除き、丁寧な磨きとコーティングで艶を出して仕上げました。
買取した際は疲労感に覆われていた不動車でしたが、1週間の修理整備を経て、かなり見栄えのする実働車に見事に復活を果たしました。
後日談ではありますが、店頭に並べて2週間で契約となり、新オーナー様の元で大事に乗られております。
今回のCB400SF SPEC2は低走行であり、埃が被膜となり変色や色褪せが少なかったことも、不動車としては良い値段で買取することが出来た要因のひとつになりました。

【2019年2月追記】の買取相場情報

上記内容は2012年3月時点時点の買取事例です。
2012年3月時点の相場情報に基づいて算出された査定金額です。

400スーパーフォアのオーナー様は既にご存知のことと存じますが、
ハイパーVTECエンジンの搭載によってNC39型にフルモデルチェンジされたのが1999年発売のCB400スーパーフォアVTEC。
以降、早いサイクルで仕様変更が実施され、買取事例でご紹介させて頂きましたVTEC スペック2が発売されたのが2002年。翌2003年にはスペック3が。そして2007年発売モデルでは現行のVTEC REVOエンジンがNC42型としてリリースされています。
NC39型?NC42型?と思われるオーナー様もいらっしゃるかと思いますので少し補足させて頂くと、フレームの型式です。
フルモデルチェンジや大きな仕様変更があった際にフレームの型式が変わり、いわゆる型式変更として変更前後のモデルで買取相場が大きく変動するケースが多々あります。
特にCB400SFのようなロングセラーの現行モデルで顕著ですが、型式変更以前のモデルは型落ちとして相場が下落していく傾向があります。

記事執筆時の2019年時点では、さらに仕様変更がすすんでおり、2014年モデルと2017年モデルが1つの節目となって相場が動いています。
(参考記事:【型式/モデルチェンジ別】CB400SFシリーズの買取相場

2019年時点では、型落ち感がさらに強めっている印象が否めない2002年モデルのNC39型のCB400スーパーフォアVTEC SPEC2。 はたして買取時点から7年が経過した2019年時点の買取相場はどうなっているのか?
2012年と2019年の相場を比較して、2019年であれば、いくらの査定額となっているか?

買取業者の転売先である業者間オークション市場の取引データを使用して、2019年のCB400SFレボの買取相場をご案内差し上げます。
業者間オークション市場での取引額とは、買取業者の転売額であり、また販売業者の仕入れ値です。つまり国内の中古バイクの相場は市場の取引額がベースとなっています。

相場の比較【2012年 vs 2019年】CB400SF VTEC2実働車
【実働車】CB400SF VTEC2
【相場の変遷】 平均落札額 最高額 最低額 取引台数
2012年 25.6万円 37.4万円 18.6万円 36台
2019年 19.4万円 32.6万円 11.2万円 206台
【事故車・不動車】CB400SF VTEC2
2012年 17.4万円 21.4万円 12.1万円 15台
2019年 12.6万円 18.5万円 6.9万円 38台
(2012年は3月時点からから1か月間、2019年は2月時点から1年間。買取業者の転売先である業者間オークション市場の落札データを遡った数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)

■CB400SF VTEC2の買取相場は下落基調

上記は、買取業者の転売先である業者間オークション市場の取引金額の推移をまとめた表です。
(オートバイの買取相場は季節性があり、夏に高く、冬に低くなる傾向があります。恐縮ながら2012年は3月時点から過去1カ月、2019年は2月時点から過去1年間と、集計期間が異なることで季節の価格変動が影響している点はどうかご容赦ください)

その結果、2002年の単年発売モデルのCB400スーパーフォア・スペック2について下落基調にあることが見て取れます。
2012年からの過去7年間で平均取引額は25.6万円から19.4万円と約2割落ちています。
2019年時点でも下落率が低いVTEC SPEC3とは違うようです。
(参考記事:【型式/モデルチェンジ別】CB400SFシリーズの買取相場

査定上限額の仕様である取引の最高額も下がっており、37.4万円から32.6万円となっています。
事故車や不動車に目を転じてみても平均取引額は25%程度下落しています。
1992~1998年発売モデルのNC31型の実働車が12~13万円程度の平均取引額になっていることを考えると、今後はNC31型の水準まで下落していくことが予想されます。
CB400スーパーフォア・スペック2の売却をご検討されているオーナー様にとっては早めの売却が最も高化売れる時期といえるでしょう。

因みに上記金額は、買取業者の転売先である業者間オークション市場での取引金額であって、査定現場で提示される取引額とは若干異なります。
査定現場での買取額は、市場での売却想定額から買取業者の経費(出品手数料や運送費など)と儲けを差し引いた金額となります。
2019年時点での正味の査定額を纏めると下記のようになります。
  • ▼査定金額のボリュームゾーン|CB400SF・VTEC2
  • 良好~極上車:18~30万円
  • 年式並:14~18万円
  • 難有車:8~14万円
  • 不動車:8~16万円
  • 事故車:3~12万円
最新の買取相場をチェック!

上記の買取事例は2013年10月時点の内容です。また相場情報は2019年2月時点の内容です。

CB400スーパーフォア・スペック2のご売却をご検討中のオーナー様は、今後の相場動向が気になるところでしょう。
最新の相場情報は、10秒で査定額が出る個人情報不要の自動査定でチェックして頂けます。

CB400SFVtec2 買取相場

CB400SFVtec2
◆定例(状態の良いオートバイの)業者間オークションにおける直近1ヶ月間の取引価格は
取引台数 36台
平均取引価格 256,863円
最高金額 374,000円
最低金額 186,000円

◆蚤の市(事故車・不動車などの)業者間オークションにおける直近6ヶ月間の取引価格は
取引台数 15台
平均取引価格 174,467円
最高金額 214,000円
最低金額 121,000円
(2012年3月30日時点の相場情報)
(相場情報=買取業者の転売先である業者間オークション市場の取引データ)

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。

CB400SFに関連する買取事例

  • CB400SF Vtecスペック3

    CB400SFVtec3

    385,000円

    2006年式 走行 4,313km
    メンテナンス良好
    2012年12月買取

  • CB400 SUPER BOLD'OR ABS

    CB400ボルドール

    600,000円

    2016年式 走行 565km
    限定カラー 状態良好

 いくらになる?
  • 無料出張査定
  • 無料オンライン査定
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
CB400SFVtec2買取査定お任せください
買取査定お任せください

CB400SFVtec2は売ろうと考え時が一番高く売れます

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118