thumb1 thumb1 thumb2 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb7 thumb8

フロント損壊の事故車 2006年式|CB400スパーフォア スペック3買取査定と相場

買取させて頂きました事故車は、2006年モデル・キャンディ-ブレイジングレッドのCB400スーパーフォアVTECスペック3。
フロントフォークが壊滅的に歪曲しているため遠目にも一見して事故車と分かる状態。欠品や準欠品扱いとなっているパーツも散見されましたが。
衝撃痕である皺が寄っているため買取価値は損なわれていますが、メインフレームが再利用可能な状態であったことが功を奏して部品取りではなく、レストアベース車としての価値を見出すことが出来ました。
損傷個所が限定的であり、走行距離の若いエンジンも実働状態であったことも踏まえて、一見して分かる損壊車両ながら、事故車の相場平均を上回る15.5万円の査定額で買取させて頂きました。

2002~2006年モデルのCB400SUPER FOUR VTEC3は年式モデルによって買取相場が異なるのか?年式モデル別の相場情報もご案内しております。
最新の相場情報は、10秒で査定額が出る個人情報不要の自動査定でチェックして頂けます。


  • CB400SF Vtec3
  • 事故車
  • CB400スーパーフォアVtec3
  • フロントフォーク捻れ曲がり
  • マフラーキズへこみ
  • ディスクブレーキ離脱
  • エンジン良好
  • 損傷箇所以外は非常にきれい
  • 評価点
  • ◆総合評点 1点  
    (エンジン 0  車体フレーム 0  外装 0  電装保安部品 0  フロント周り 0  リア周り 0)
    ※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
    査定のチェック箇所と項目
  • CB400SF Vtec3(スーパーフォアV3型) 買取価格実例
  • バイク名
  • CB400 SUPER FOUR VTEC3
    スーパーフォア・スペック3

    買取価格

    155,000円

  • 年式
  • 2006年モデル
  • カラー
  • ツートン/キャンディ-ブレイジングレッド
  • 走行
  • 955km
  • 車体番号
  • NC39-1207
  • エンジンの状態
  • 良好
  • 外観の状態
  • 損傷激しい
  • 事故歴
  • 車軸が歪む事故
  • 改造の有無
  • ノーマル車両
  • 買取年
  • 2012年3月
  • オンライン相場案内

    出張買取無料査定

    フリーダイヤル 0120-819-118

【毎週更新の買取相場】CB400SF Vtec Spec3

矢印
事故車・不動車CB400SF Vtec Spec3の取引価格帯

買取業者の転売先である業者間オークション市場の取引価格帯

2019年8月時点から12ヵ月間遡った数字

相場のボリュームゾーン

最多価格
100~110
万円
apacer-for-layout
%
33
構成比
apacer-for-layout
第2位
80~90
万円
apacer-for-layout
%
18
構成比
apacer-for-layout
第3位
70~80
万円
apacer-for-layout
%
9
構成比
apacer-for-layout

※データ更新:2019年8月23日

apacer-for-layout
評価点別CB400SF Vtec Spec3 の平均取引額
矢印

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格

2019年8月時点から12ヵ月間遡った数字

評価点別の取引額

8
新車
最高
平均
最低
取引
30.1万円
15.8万円
9.8万円
0
spacer-for-layout
7
超極上
最高
平均
最低
取引
30.1万円
15.8万円
9.8万円
0
spacer-for-layout
6
極上
最高
平均
最低
取引
30.1万円
15.8万円
9.8万円
0
spacer-for-layout
5
良好
最高
平均
最低
取引
30.1万円
15.8万円
9.8万円
0
spacer-for-layout
4
軽い難
最高
平均
最低
取引
30.1万円
15.8万円
9.8万円
0
spacer-for-layout
3
難有
最高
平均
最低
取引
30.1万円
15.8万円
9.8万円
0
spacer-for-layout
2
劣悪
最高
平均
最低
取引
30.1万円
15.8万円
9.8万円
0
spacer-for-layout
1
事故
不動
最高
平均
最低
取引
30.1万円
15.8万円
9.8万円
0
spacer-for-layout

※データ更新:2019年8月23日

spacer-for-layout
事故車・不動車CB400SF Vtec Spec3 買取相場の推移 凡例
矢印

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格の推移

査定現場での買取価格は上記取引金額から業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります
51~125ccの場合、上記転売金額から2万円程度差し引いた金額が正味の買取額となります

2019年8月時点から48ヵ月間遡った数字

平均相場のUp Down

対前年比
+13
%up
apacer-for-layout

【2018年間 vs 2019年間】

対3前年比
-108
%down
apacer-for-layout

【2016年間 vs 2019年間】

年間平均
取引台数
286
apacer-for-layout

過去4年間の取引台数÷4

※データ更新:2019年8月23日

apacer-for-layout
嬉しくなる査定価格で全国出張買取中 状態や型式に沿った相場情報をより正確に迅速にご案内できます。フリーダイヤル 0120-819-118

【2006年式の事故車】CB400スパーフォア スペック3の査定ポイント

買取させて頂きました事故車は、2006年モデル・キャンディ-ブレイジングレッドのCB400 SUPER FOUR HYPER VTEC SPEC3。
2007年発売のVTEC Revoからは型式がNC42型となったために、2003年から販売されたVTEC3(NC39型)の最終モデル。
上位のツートンタイプである車体の当時の新車価格は68.2万円だった1台。

2007年発売のVTEC Revoから型落ちとなり、若干買取相場が下がっているCB400 SUPER FOUR VTEC3。
一見して分かる事故車は査定額にどのような影響を与えたのか?以下に査定内容のトピックをご紹介させて頂きます。

■事故による損傷

写真でも確認して頂けますように、フロントフォークが大きく歪曲している一見して分かる事故車です。
フロントフォークはインナーチューブ・アウターチューブともに再利用不可の状態。
最も気になるのは、ステムやメインフレームにも影響が及んでいないか?
それによって買取価値が大きく変わってきます。
メインフレームのネック部分には皺が寄って(店頭車両などでも見かけられます)剛性を損ねているようですが、歪みはなく再利用は可能な状態。
ハンドルストッパーは変形していますがステムは再利用できそうです。
これによってメインフレームの状態に難はあるものの、フロントフォークの交換で再商品化できそうなレストアベース車両出ることが確認できました。
その他、マフラーの前面に刻まれている転倒傷、滑落しているフロント簿ブレーキキャリパー、ハンドルの曲がり、ヘッドライトリムの削れ傷、損壊して欠品となっているフロントフェンダーなど。

■評価できたポイント

衝撃痕である皺が寄っているため価値は損なわれていますが、再利用可能な状態のメインフレームやステム。
損傷箇所がフロント周りとマフラーに限定されていて、損傷個所以外は綺麗であった点。
走行距離が若く実働状態のエンジン。

■総合評価と買取額

フロントフォークが壊滅的に歪曲しているほか、事故の影響で欠品や準欠品扱いとなっているパーツも散見された2006年式のCB400 SUPER FOUR VTEC3。
衝撃痕である皺が寄っているため買取価値は損なわれていますが、メインフレームが再利用可能な状態であったことが功を奏して部品取りではなく、レストアベース車としての価値を見出すことが出来ました。
損傷個所が限定的で、走行距離の若いエンジンも実働状態であったことも踏まえて、一見して分かる損壊車両ながら、事故車の相場平均を上回る15.5万円の査定額で買取させて頂きました。

【2019年2月追記】の買取相場情報

上記内容は2013年7月時点時点の買取事例です。
2013年7月時点の相場情報に基づいて算出された査定金額です。
2002年に発売されたHYPER VTEC SPEC2エンジンを進化させたVTEC SPEC3が発売されたのは翌2003年。
2007年に現行の第5世代に当たるNC42型VTEC Revoが発売されるまで、2005年と2006年にマイナーチェンジが実施されながら発売されたCB400スーパーフォア VTEC SPEC3。
2005年モデルではフロントフォークの改良が実施されたことと、CB400SB(スーパーボルドール)が同じタイミングで新発売されたことも影響して、前年から3万円強の値上げが敢行されました。
2006年モデルでは細かい仕様変更が実施されましたが価格は据え置き。
さて、2003年/2005年/2006年モデルが存在するCB400スーパーフォア VTEC SPEC3ですが、年式モデルによって売れる金額は異なるのでしょうか?
(参考記事:【型式/モデルチェンジ別】CB400SFシリーズの買取相場

買取業者の転売先である業者間オークション市場の取引データを使用して、2019年のCB400 SUPER FOUR VTEC3の買取相場をご案内差し上げます。
業者間オークション市場での取引額とは、買取業者の転売額であり、また販売業者の仕入れ値です。つまり国内の中古バイクの相場は市場の取引額がベースとなっています。

CB400SF VTEC3の変遷/仕様変更と新車価格
発売年モデル スタンダード ツートン/オーダー 仕様変更
2003年 62.9万円 64.9万円 新発売
2005年 66.1万円 68.2万円 フロントフォーク/シートクッション改良
2006年 66.1万円 68.2万円 ウィンカーレンズの変更、イグニションコイル大型化
(新車価格は当時のメーカー希望小売価格。100円単位は切捨て)

上記は、CB400 SUPER FOUR VTEC3の年式モデル別の当時の新車価格と主な仕様変更を纏めた表です。
販売期中に大きな仕様変更は実施されておらず、最終となった2006年モデルからは13年が経過している2019年時点では、年式モデルによる買取相場の差はないと予想できますが、どうでしょうか?
以下で検証してみましょう。

相場の比較【年式別】CB400SF VTEC3
【年式別】CB400SF VTEC3の取引相場
【相場の変遷】 平均落札額 最高額 最低額 取引台数
2003年式 25.2万円 37.0万円 15.0万円 139台
2005年式 25.7万円 36.4万円 18.0万円 97台
2006年式 27.6万円 45.6万円 17.8万円 178台
事故車・不動車
2003年式 13.0万円 18.0万円 8.1万円 21台
2005年式 16.7万円 22.3万円 6.0万円 11台
2006年式 14.7万円 22.0万円 4.6万円 37台
(2019年月2月時点で、買取業者の転売先である業者間オークション市場の落札データを過去1年間遡った数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)

■2006年モデルが高く平均買取額は24万円台、上限は40万円台

上記は、買取業者の転売先である業者間オークション市場の取引金額の推移をまとめた表です。
2006年モデルが最後となったCB400スーパーフォア・スペック3。
販売終了から13年を経過した2019年時点でも年式モデルによって取引相場が異なる結果となりました。
特に最終の2006年モデルは2003/2005年モデルに比べて平均取引額が2万円ほど高くなています。
2006年モデルは前年モデルに比べてカラーリングも含めて大きな変更点がなく、メーカー希望小売価格も据え置きであったため、この取引額の差には驚いた方も多いのではないでしょうか。

2019年時点では25万円強が実働車の平均的な取引額となっているCB400スーパーフォア・スペック3。
最高額は40万円台ですが、取引された実働車416台のうち、40万円台で取引されたのは僅か3台。40万円以上を狙うのは超極上車に限定されると言えるでしょう。
対して、底値も安定していて、実働車であれば状態が悪くても18万円程度が下限となっています。

それでは査定現場での実際の買取額をまとめてみましょう。
上記は、買取業者の転売金額である、業者間オークション市場での取引金額です。実際の買取額は転売額から、業者の経費(出品手数料や運送費など)と儲けを差し引く必要があり下記のようになります。
  • ▼正味の買取額|CB400SF VTEC3
  • 極上車:30~40万円
  • 良好車:25~35万円
  • 年式並:20万円台
  • 難有車:15~20万円

■事故車や不動車の買取額も堅調

実働状態にない、事故車は不動車・故障者のCB400スーパーフォア・スペック3に着目すると、直近1年間で71台の取引がありました。
最高額は22.3万円、最低額は4.6万円、平均は14.5万円となっています。
10万円台以下で取引されている多くは事故車ですが、10万円台はフロントフォークの交換などで再商品化できそうなレストアベースの事故車が多く取引されています。
対して10万円未満で取引されている車両は一見して修理コストが車両の再販価値を上回る事故車で部品取りの価値で取引されています。

査定現場での正味の買取額を纏めると
  • ▼正味の買取額|CB400SF VTEC3
  • 不動車・故障車:10万円台
  • 再販見込みの事故車:8~16万円台
  • 部品取りの事故車:~10万円

■高額査定を狙うなら買取販売店のパッション

上記は、いずれも業者間オークション市場に転売することを前提とした査定額です。
年間2000台超の中古オートバイを販売する直営販売店を併設する弊社パッションでは、在庫状況によっては販売店仕入れ価格で買取できる可能性がございます。
販売店仕入れ価格とは、業者間オークション市場での取引価格に消費税と落札手数料を加えて金額になります。
例えば、業者間市場で30万円で取引された車両があるとします。買取専門業者の買取限界価格は28万円程度となります。
たいして販売店では30万円+消費税+落札手数料=33万円で仕入れるため、販売店仕入れ価格となると、買取専門店よりも15%ほど高い査定額で買取できるよちがあります。
CB400スーパーフォア・スペック3の売却は買取販売店のパッションにお任せください!

最新の買取相場をチェック!

上記の買取事例は2012年3月時点の内容です。また相場情報は2019年2月時点の内容です。

CB400SUPER FOUR VTEC SPEC3のご売却をご検討中のオーナー様は、今後の相場動向が気になるところでしょう。
最新の相場情報は、10秒で査定額が出る個人情報不要の自動査定でチェックして頂けます。

CB400SF Vtec3 買取相場

CB400SF Vtec3(スーパーフォアV3型)
◆定例(状態の良いオートバイの)業者間オークションにおける直近1ヶ月間の取引価格は
取引台数 59台
平均取引価格 341,898円
最高金額 434,000円
最低金額 232,000円

◆蚤の市(事故車・不動車などの)業者間オークションにおける直近3ヶ月間の取引価格は
取引台数 44台
平均取引価格 215,841円
最高金額 266,000円
最低金額 147,000円
(2012年3月29日時点の相場情報)
(相場情報=買取業者の転売先である業者間オークション市場の取引データ)

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。

CB400SFに関連する買取事例

  • CB400SF Vtecスペック3

    CB400SFVtec3

    385,000円

    2006年式 走行 4,313km
    メンテナンス良好
    2012年12月買取

  • CB400 SUPER BOLD'OR ABS

    CB400ボルドール

    600,000円

    2016年式 走行 565km
    限定カラー 状態良好

 いくらになる?
  • 無料出張査定
  • 無料オンライン査定
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
CB400SF Vtec3(スーパーフォアV3型)買取査定お任せください
買取査定お任せください

CB400SF Vtec3(スーパーフォアV3型)は売ろうと考え時が一番高く売れます

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118