調整画像 パッション屋良とバイク お笑い芸人パッション屋良 直線 自動査定 個人情報不要 CBR250RR最強の買取価格 調整画像 パッション屋良とバイク お笑い芸人パッション屋良

全車種
の査定相場

  • 良好~極上最高値とは型式の平均的な状態より綺麗で状態の良い車両の買取額。
    最高額は買取業界の9割超の売却先である業者間オークションでの最高落札額
    0
  • 買取平均平均相場とはボリュームゾーンである平均的な買取価格帯
    0
  • 取引数落札台数とは買取業界の9割超の売却先である業者間オークションで落札された台数
    0 12ヵ月間

データ最終更新 2018,3/16平均相場とはデータは最新の状態に毎週更新されています

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種名
  • 総合状態
  • 走行距離
査定を予約する

部品取り価値の事故車|MC22型のCBR250RR 買取査定

「今日中に事故車を売りたいんだけど。保管してあるバイク店へ査定に来てくれます?」と買取査定のご依頼を頂いたのはMC22型のCBR250RR。
バイク店の敷地から少し動かして査定させて頂いた車両は、追突によって、外装カウルは全て欠品扱い・フロントフォークは大きく曲がり・フレームには衝撃を吸収した痕が刻まれていた部品取り用途の状態。
相場データを照合すると1~2万円での買取額となるところでしたが、販売店用のストックパーツとして部品価値を最大限積み上げて4万円の査定価格で買取させて頂きました事例です。

「保管先で一応修理費用も聞いたんですが、どこに頼んだって新車を買った方が安い!という返答だったので・・・明日からは保管料も発生するんで今日中に売却出来て助かりました。」 と苦笑いされながら、弊社パッションの買取金額にご納得頂けたオーナー様。
以下査定内容の詳細と、MC22型のCBR250RRを売りたい方必見の詳しい相場情報もご案内しております。

買取した事故車のCBR250RR/MC22
  • 買取した事故車のCBR250RR/MC22
  • 削れているエンジン下部
  • 破損しているラジエーター、錆び錆びのエキパイ
  • 電装系断線し損壊しているフロント
  • 大きく曲がっているフロントフォーク
  • ウィンカー離脱
  • 外装カウル壊滅
  • 歪んでいるステム
  • 損傷酷く部品価値での買取となったMC22型
  • 評価点
  • 総合評点:1点
    (エンジン0 車体フレーム0 外装0 電気保安0 フロント0 リア0)
    ※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
    査定のチェック箇所と項目
  • CBR250RR買取価格実例
  • バイク名
  • CBR250RR

    買取価格

    50,000円

  • 年式
  • 1994年モデル
  • カラー
  • ワインレッド
  • 走行
  • 21,242km
  • 車台番号
  • フレーム番号MC22-110 エンジン番号MC14E-140
  • カラーリング
  • パールヒマラヤズホワイト
  • エンジンの状態
  • カウル類の大破とともに配線類も断線・セル回らずエンジン不動
  • 外観の状態
  • 外装に劣化に比べてメッキ部分の錆び腐食が多い
  • 損傷
  • カウル類大破に加えFフォーク曲がりあり・事故によるダメージ多数
  • 改造の有無
  • ライトカスタム
    ベガスポーツ製マフラー装着
  • 買取年
  • 2018年1月
  • オンライン相場案内

    出張買取無料査定

    フリーダイヤル 0120-819-118

CBR250RR 型式MC22 事故車 買取査定のポイントや詳細

MC22型の最終モデルであるワインレッドのCBR250RR。
「事故車を売りたい」と売却のご相談を頂き、一的な保管場所となっていたバイク店に出張査定にお伺いさせて頂きました。
「左折しようと減速した乗用車に全然気付かず、ブレーキも掛けずに時速50キロくらいで追突しました」とオーナー様から事故の様子をご説明頂きました。
御挨拶を交わしながらざっと事故車を拝見させて頂いたところ、
センターカウルやフロントフェンダーなど外装パーツが大きく割れている他、フロントフォークに自走が不可能な程の大きな歪みがあることから、再利用可能なパーツ価値での買取査定となりそうな予感を受けました。
以下、今回査定させていただいた事故車のCBR250RR MC22型の車両詳細となります。

足回り

腰高のミニバンタイプの乗用車に追突してしまった、とのことで、フロントフォークは内側へと大きく曲がっておりました。
バンパーとの接触面積がかなり大きかった様子で、フロントフェンダーの砕け方などが事故時の衝撃を物語っております。
前後ホイール・ブレーキ周りはパーツとして再利用可能でしたが、タイヤは前後ともに見事な坊主状態。
雨の日にこのタイヤ状態では危険極まりなく、要タイヤ交換判定のパーツとして評価させて頂くことに。
買取価値として計上できるパーツとなると、リアサスペンションに前後のホイールといったところでしょうか。
大きく曲がっているフロントフォーク
外装

レーサーレプリカの印象を決定づけ、CB250RRの象徴でもあるR両サイドのセンターカウルは砕け散って欠品。
アッパーカウル・アンダーカウルともに無残な砕け散り方をしており、ステー部にはわずかにミラーとスクリーンだけが残っている程度でした。
フロントフェンダーは接合再生が難しいほど複雑な割れ方をしており、車体後方にも路面との接触キズあり。
それ以外にも経年による細かいキズが多く、外装カウルに関しては買取価値としては殆ど計上できる内容が無く厳しい評価となりました。
ガソリンタンクはカーボン製タンクパッドで保護されてはいたものの、左側には凹んだ箇所があったのは残念です。再利用できる外装パーツは写真で見る印象ほど多くはありません。
電装系断線し損壊しているフロント
エンジン周り

フロント大破時に配線類を巻き込んでしまっており、電源が点かず、セルが回らないためエンジンの状態は確認することは出来ませんでした。
エンジン外観もクランクケースに走った白く目立つガリ傷、腰下のオイル漏れ痕、ヘッド部のサビ・腐食の進行もあり、エンジン単体で再販するとしても難がある状態だと言えます。
傷や腐食の目立つラジエター、錆びの激しいエキパイ、腐食の目立つキャブレターなどエンジン回にも劣化や損傷が目に付きました。
電装系が回復すれば、始動するエンジンと思われますが、エンジン外観と周辺の状態から判断してエンジン自体も年式並みよりやや低評価に留まりました。
削れているエンジン下部
フレーム回り

パッと見はそれほど傷んでいないように見えますが、フロントフォークと連結しているフレーム部分をチェックしてみると、事故時の衝撃でステム部もわずかに変形し、ネック部分に皺寄りが確認できました。
部品としての価値を完全に消失しているフロントフォークとは異なり、再利用可能ではありますが、衝撃を吸収した痕跡が残っているため、その分パーツ価値は損なわれています。
CBR2500RRのMC22型であることを証明しているフレームの価値が損なわれていることは、今回の買取で1つの大きなインパクトとなりました。
フレームの剛性が損なわれていなければ、修理して実働化させるレストアベース車両としての買取が見込めたのですが、フレームのダメージが認められたことでパーツ価値での買取となる公算が高まりました。
それでも再利用可能なパーツではありますので、中古パーツとしてのお値段をつけさせて頂きました。
歪んでいるステム
電装/保安部品

前述の通り配線類の断線が疑われ、スイッチ類が全く点灯せずメーター類はすべて不点灯・不作動。
アッパーカウル大破により、CBRシリーズのトレードマークである2灯式ヘッドライトはボロリとむき出し状態。
ウインカーも宙ぶらりんという状態では、どう贔屓目に見ても低評価をつけざるを得ませんでした。
買取価値のあるパーツとして計上できたのは錆び錆びのエキパイの先に取り付けられた社外サイレンサーに留まりました。
破損しているラジエーター、錆び錆びのエキパイ
その他/カスタムなど

車両状態はほぼノーマルのままでしたが、ベガスポーツ製の社外マフラーを装着した状態、純正マフラー欠品とのこと。
生産終了からそれなりの月日が経過しているため、こうした純正マフラーの欠品はさほど珍しくはありません。
事故によるダメージがフロントと左側に集中していたことにより、この社外マフラーが車両状態に比べると綺麗な状態であったため中古パーツとして価値を計上できました。
外装カウル壊滅
事故車としての総合評価と買取価格

以上が今回のMC22型・CBR250RRの査定チェックポイントですが、カウル類の大破とフロントフォークの変形というマイナスポイントは、非常に大きく買取価値を損ねていました。
外装カウルはレーサーレプリカの特徴を決定づける最重要なパーツであり、フロントフォークは骨格の一部で操舵性を司る基幹部品です。この2つが全損扱いとなると10万円以上の査定金額は望みにくくなります。
更に痛かったのが、フロントフォークと連動しているステム部分の変形とネック部分に皺寄りです。フレームの剛性を損ねていたことは車両全体ではなく部品単位での評価を余儀なくされ査定結果に大きく影響いたしました。

フレームの剛性が失われたことがなぜそれほど査定結果に影響を与えたのか?その理由はフレームに衝撃の残った車両の再販価値は低く、修理コストが再販価格を上回る可能性が高まったことにあります。
始動しないエンジンも電装系の回復で実働化すると思われましたが、エンジン外観と周辺の状態から判断して評価はやや厳しいものに。
その一方、前後ホイール・社外マフラーといったパーツ単位で値段をつけられる箇所がそれなりにあり、ガソリンタンクも軽いリペア作業で再利用できそうなことから、 状態に難のあるフレームや、状態が確認できないエンジン回りなどとあわせてパーツ価値を積み上げて5万円の査定価格での買取となりました。

お客様のご感想と買取後記

「保管先で一応修理費用も聞いたんですが、どこに頼んだって新車を買った方が安い!という返答だったので・・・明日からは保管料も発生するんで今日中に売却出来て助かりました。」 と苦笑いされながら、弊社パッションの買取金額にご納得頂けたオーナー様。
事故現場から保険会社のロードサービスを利用して一時保管していたバイク店の敷地から動かしての査定となったのですが、48時間を経過すると以降は1日単位で保管料が発生するということが上記の発言に繋がったようです。
「今回の買取金額は次の愛車を買うための積立金に回す」とのことで、微力ながらお力になれて幸いでした。

パッションでは事故現場、保管先のバイク店・レッカー業者・警察署などなどどこへでも直ぐに査定にお伺い出来ます。
お気軽にどんなことでもお申し付けくださいませ。

CBR250RR 査定相場の比較

2016年に発売されたMC51型の買取事例と相場情報は別ページでご確認いただけますので、
1990年~2000年まで生産販売されていたMC22型の『状態別』の相場情報をご案内差し上げます。
尚、MC22型は1990年モデル(MC22-100~)・1992年モデル(MC22-105~)・1994年モデル(MC22-110~)の3モデルがありますが、『年式モデル別』の相場は次回、MC22型実働車の買取事例であらためてご紹介させて頂きます。

状態別の買取相場

▼状態を表す評価点の目安|MC22型のCBR250RR
  • 評価点5 状態が良く綺麗
  • 評価点4 年式並み・やや状態が良く綺麗
  • 評価点3 年式並み未満で難有り
  • 評価点2 実働車だが劣悪
  • 評価点1 事故車や不動車
MC22型 CBR250RR|評価点別の査定相場比較
状態/
落札価格帯
評価点
5
評価点
4
評価点
3
評価点
1
40万円以上 0台 2台 0台 0台
30万円台 0台 14台 2台 0台
20万円台 1台 39台 8台 3台
10万円台 0台 19台 29台 25台
10万円未満 0台 0台 0台 17台
総落札台数 1台 75台 39台 45台
(2018年1月時点で、業者間市場の落札データを過去1年間遡った数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)

実働車は10.4~47万円の取引レンジ

評価点3~5の実働車は過去12か月間で114台の取引がありました。
最高値の47万円で取引されたのは、走行3,180kmでかなり状態の良い車両。最安値の10.4万円で取引されたのは走行5.5万kmで両サイドのセンターカウルが欠品している他転倒傷が目立った車両。
平均の取引額は、22.4万円となっています。

外装カウルが無いと大幅に査定額は下がる

因みに今回買取りした車両と同様に、両サイドのセンターカウルが欠品となっている実働車の取引額を見てみると、10.4万円と12.4万円と18万円で3台が取引されています。
サンプル数は少ないですが、大きなセンターカウルの価値を如実に物語っています。

評価点別の査定額

評価点別の相場を見ていくと、評価点5の車両はサンプル数が少ないので省略して、評価点4の車両は10~30万円台の取引が多く特に20万円台に取引が集中しています。
評価点3の車両は10万円台に取引が集中しています。
上記の取引額から、査定現場での査定額を導くには、買取業者の儲けと経費として数万円(宣伝費などでコスト構造が割高な会社は5万円以上も)を差引く必要があります。
(業者は買取した車両を上記市場で売却する為、市場での売却想定額より安く買取しないと赤字になってしまうためです)
ですので、評価点3の車両の現場での買取額は10万円程度が基本に。評価点4の車両は20万円程度が基本なりそこから状態に応じて上下することが相場から読み取れます。

事故車や不動車の相場

実働状態にない、事故車や不動車を意味する評価点1の車両についてみていきましょう。
評価点1の車両は、3.4~27.5万円のレンジで過去12か月間に45台が取引されています。

内訳を見ていくと、
12万円以上で落札されている車両は全て不動車。実働化後の価値からエンジンを実働化させるコストが割り引かれた金額で取引されています。
10万円以下から外装の欠品などで一見して事故車と分かる車両の取引があり、9.1万円で外装は完備ながらセンターカウルの割れがあり、フロントフォークが歪んでいる事故車が取引されています。
フロントフォークが歪んでいると買取額の上限は8万円程度となることが業者間相場から読み取れます。
7.8万円以下からは、部品取りの価値として取引されている事故車が見受けられ、パーツ取りの車両となると上限でも6万円程度の買取額となることが読み取れます。
最低額の3.4万円で取引された車両は、写真で見比べると今回買取した事故車と瓜2つの状態でした。
手前みそながら、フォーク損壊・フレーム損傷・カウル全て欠品扱いの事故車の買取額として今回の事例が適正価格以上の買取額であることがお分かり頂けるかと存じます。
バイクパッションはお客様の立場でいつでも誠実に適正価格以上での買取。どんなことでもお気軽にご相談くださいませ。

CBR250RRの買取相場

CBR250RR(型式MC22)
状態の良いバイクの業者間取引市場(定例オークション)における、
買取時点直近12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 114台
平均価格: 224,158円
最高価格: 470,000円
最低価格: 104,000円

事故車・不動バイクの業者間取引市場(蚤の市オークション)における、
買取時点直近12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 45台
平均価格: 118,911円
最高価格: 275,000円
最低価格: 34,000円

相場情報:2018年1月10日時点

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。

CBR250RR豆知識

1980年代に誕生し、レーサーレプリカ路線とは若干異なるロードスポーツマシンとしてデビューし、初心者からベテランまで幅広く支持されたホンダ・CBR-RRシリーズ。
中でも中型(普通2輪)クラスのCBR400RR・CBR250RRは、扱いやすい車体とよく回るエンジンにより、多くのスポーツファンに愛されました。
特に足回りの高性能ぶりは今なお評価が高く、カワサキ・ゼファーなどのネイキッドに移植されることもしばしばあり、実動・不動を問わず需要があるモデルひとつです。
 CBR250RRいくらになる?
  • 無料出張査定
  • 無料オンライン査定
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
CBR250RR買取査定お任せください
買取査定お任せください

CBR250RRは売ろうと考え時が一番高く売れます

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118