thumb6 thumb1 thumb2 thumb3 thumb4 thumb5 thumb7 thumb8

20年放置の不動車|DR250SHE買取査定事例

ご紹介する買取事例はDR250SHE。20年間以上放置されていたため劣化が激しくエンジンが始動しない不動車です。
中古車の流通数が非常に少なく、査定で目にすることも珍しい車種です。 古い車種であっても平均的な買取額が10~20万円台で推移しているオフロード車が多い中、DR250SHEの買取相場はパッとせず状態の良い実働車の平均買取額が10万円を下回る相場となっています。
なお最新の相場につきましてはページ下段にあります【毎週更新】事故車と不動車に特化したDR250SHEの最新買取相場&過去4年間の相場変動グラフでご確認して頂けます。
さて劣化の激しい不動車は幾らの査定額となったのか?以下にご紹介させて頂きます。

2千円の査定額で買取したDR250SHEの不動車
  • 2千円の査定額で買取したDR250SHEの不動車
  • 長期放置による車体の傷みや劣化が激しい不動車
  • 評価点
  • ◆総合評点 1点  
    (エンジン 0  車体フレーム 0  外装 0  電装保安部品 0  フロント周り 0  リア周り 0)
    ※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
    査定のチェック箇所と項目
  • DR250SHE 買取価格実例
  • バイク名
  • DR250SHE

    買取価格

    2,000円

  • 年式
  • 1992年式
  • 走行
  • 9,000km
  • 車体番号
  • SJ44A-107
  • エンジンの状態
  • 不動
  • 外観の状態
  • 長期放置の不動廃車・長期間放置で錆・腐食多数
  • 事故歴
  • なし
  • 買取年
  • 2009年 9月
  • オンライン相場案内

    出張買取無料査定

    フリーダイヤル 0120-819-118

20年放置で劣化を極めたDR250SHE|パーツ価値での買取額に

「処分して欲しいバイクがある」とご相談を受けて出張査定にお伺いした先は小田原市にあるお客様のご自宅。
ガレージの奥に鎮座しておりましたDR250SHE。一見してエンジンは掛からないだろうと思われる様相。

20年間以上放置されていたDR250SHE
「最後にエンジンを掛けたのはいつ頃か覚えていらっしゃいますか?」とお聞きしたところ「う~ん詳しくは覚えていないけど子どもが生まれる前だから20年は動かしていないかな」とのご回答。
放置されていた期間はなんと20年間超。
「一応新車で買ったんだけどね」とワンオーナーであることも教えてもらいました。
お客様からお聞きしたところによると、乗られていたのは新車で買われてから2年間だけとのこと。
ナンバーは乗らなくなってすぐに返納されたそうで既に一時抹消(廃車)手続き済みということでした。余談ですが乗られないオートバイに長い間税金を払い続けているお客様も多くいらっしゃいます。 250ccの場合20年間の税金の総額は約7万円!乗車予定が無いオートバイを保有されている場合は早めの廃車手続きをお薦めいたします。
さらにお客様によっては有料駐車場に眠らせている方もいらっしゃいます。余計な出費を抑えることはもちろんですが。 時間の経過とともに買取相場が下がってしまうオートバイの特性に加えて、放置期間が長くなることで車両の劣化が進み価値も失われてしまいます。
乗らなくなった時点で早めに売却することが高値で売るコツになります。
「20年動かさなかったDR250SHEを手放すのには何かキッカケがあったのですか?」とお聞きしたところ、 「自宅をリフォームすることになり、工事が入るとバイクが邪魔になってしまうので」と手放すきっかけを教えてくださいました。
20年前に査定に呼んでいただければ20万円は下らない査定額になっていたであろうDR250SHE。はたして20年超放置されていたことで査定額にはどのような影響を与えたのか早速見ていきましょう。

前置きが長くなってしまいましたが、いよいよ査定を開始させて頂くことに。
廃車手続き済ということで返納証明書(廃車証)を拝見させて頂き、先ず車体番号の確認をさせて頂きました。
放置期間が長い車両の場合、車台番号やエンジン番号が錆びで不鮮明になっていたり、ワイヤー類で削れてしまい認識不能になっているケースが時々あります。
フレーム番号が認識できない場合、車両を再登録(転売できる状態に)するハードルが非常に高くなるため、フレーム価値を喪失してしまうケースが多くなります。
錆びや削れの他、不正打刻も流通を視野に入れた場合フレーム価値を喪失していると言えます。
車台番号は書類上の唯一の固有情報となります。それ故に車台番号が書類と一致していることは大変重要となります。
20年放置のDR250SHEですが幸い廃車証と一致している車台番号は認識できる状態にありました。

多くのパーツの価値を喪失
次に車体全体を見させて頂くことに。
写真でもご覧いただけますように、外装は汚れや色褪せが酷く廃れた雰囲気を醸し出しています。
フロントのアッパーカウルやフェンダーには苔のような青カビが発生しています。
写真では伝わりにくいのですが素材自体の劣化も酷く、触ったらすぐに割れてしまいそうな程劣化が進行しています。
シートも劣化して圧を加えると布部分がパリパリと割れてしまいます。
さらにタイヤも前後ともに劣化してエアーが抜け変形してひび割れています。

エンジン回りも腐食が酷く、白サビが至る所に発生し塗装が剥がれてる箇所も散見されます。
タンクには苔が生えています。なんとかタンクの開錠には成功しましたが、開けた瞬間に凄まじい錆の臭いとガソリンの腐臭が鼻をつきすぐ閉めてしまいました。
バッテリーは上がっていてエンジンは始動せず状態確認はできません。タンク内の状態からエンジンを実働化させるためにはタンク&プラグ&バッテリー交換にキャブレターの分解洗浄は必須となりそうです。

価値の見込めるパーツの査定額を積み上げて
20年間も雨ざらしで放置されていたため多くのパーツがそのまま使用したり流通に乗せられる状態にはありませんでした。
仮にDR250SHEの再販価格が30万円以上であればレストア対象となる可能性もありますが、実働車でも業者間の取引で10万円を超えてこないとなると採算的に修理不能の判定に。
当社では巨大な修理整備工場を保有しています。修理単体での儲けを必要としないコスト競争力を生かして、直して乗れる車両はなるべく修理して再販車両に仕上げていくことをモットーとしていますが、 ここまでの劣化を極めると修復は困難の判定に。

採算的に修理不能の判定になったDR250SHE。望みは再利用できるパーツ価値に託されます。
再利用できないパーツは廃棄するコストが必要となりますし、再利用できるパーツを車体から組み外す作業コストもかかるため、コストを補うだけの価値を計上できないと査定額をお付けすることは出来ません。
価値を計上できるパーツを探していくと価値を計上できる部品もありました。
先ずフレーム。冒頭で触れましたが車台番号に問題はなくフレームは部品取りできそうです。
フロントフォークもオイルは抜けていますが、外見が綺麗なため、オーバーホールすれば使えます。
他にも、錆は出ていますが穴開きや傷が入っていないマフラーはパーツ取りできそうです。
車体の数が少ないので、ノーマルマフラーは貴重になってきます。
上記の再利用可能なパーツの価値を積み上げ、何とか不要パーツの廃棄コストや解体コストを補うことが出来ると判断し、2000円の査定額を提示させて頂きました。

お客様の声
「無料にならないかな?」とはお客様のご返答。 2000円は自分が払う処分費用だと思われたそうで、当社の買取額だとご説明したところ「まさか金額がつくと思わなかった」と言ってくださいました。
「これで今夜のビールが買えるね」と冗談までいってくださり、こっちも嬉しく思いました。

日本のオフロードは海外で人気があるため、強烈にボロボロな車両でもお値段が付きやすい特徴がありますが、DR250SHEはオフ車としては珍しいほど相場が低調な車種の1つです。
逆説的ですが、相場が低いDR250SHEの20年放置車両でもお値段が付くことがオフロード車の強さを物語っています。
オフ車のイメージがやや薄く相場的にもやや弱いスズキのオフロード車ですが、250ccの代表的なモデルであるジュベルXC(1996~2006年)であれば同じ状態の20年放置車両でも数万円の査定額となっていたでしょう。
オフロード車に限ってはどんなにオンボロであっても値段が付く可能性は100%近いと断言で致します。
現行モデルの極上車から処分を考えているようなスクラップ車までオフロード車の査定は弊社バイクパッションにお任せください!

■この記事の執筆監修

小出涼介

バイクパッション査定士

小出 涼介

1992年生まれ
2012年(株)パッション入社して以来一貫して査定士の仕事をしています。
穏やかで物静かですが、バイクを愛する内に秘めた思いは誰にも負けません。
物腰が柔らかくお客様に値切られて赤字での買取になることもしばしば。
そのせいか飲み物やお菓子を差し入れてもらうことも多いんです。


【毎週更新の買取相場】DR250SHE

矢印
事故車・不動車DR250SHEの取引価格帯

買取業者の転売先である業者間オークション市場の取引価格帯

2019年12月時点から24ヵ月間遡った数字

相場のボリュームゾーン

最多価格
8
万円
apacer-for-layout
%
33
構成比
apacer-for-layout
最多価格
6
万円
apacer-for-layout
%
33
構成比
apacer-for-layout
第3位
7
万円
apacer-for-layout
%
17
構成比
apacer-for-layout

※データ更新:2019年12月6日

apacer-for-layout
評価点別DR250SHE の平均取引額
矢印

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格

2019年12月時点から24ヵ月間遡った数字

評価点別の取引額

3
難有
最高
平均
最低
取引
13.2万円
10.4万円
9.0万円
5台
spacer-for-layout
1
事故
不動
最高
平均
最低
取引
8.8万円
7.0万円
5.0万円
6台
spacer-for-layout

※データ更新:2019年12月6日

spacer-for-layout
事故車・不動車DR250SHE 買取相場の推移 凡例
矢印

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格の推移

査定現場での買取価格は上記取引金額から業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります
51~125ccの場合、上記転売金額から2万円程度差し引いた金額が正味の買取額となります

2019年12月時点から48ヵ月間遡った数字

平均相場のUp Down

対前年比
-1
% down
apacer-for-layout

【2018年間 vs 2019年間】

対3前年比
+60
% up
apacer-for-layout

【2016年間 vs 2019年間】

年間平均
取引台数
3
apacer-for-layout

過去4年間の取引台数÷4

※データ更新:2019年12月6日

apacer-for-layout
嬉しくなる査定価格で全国出張買取中 状態や型式に沿った相場情報をより正確に迅速にご案内できます。フリーダイヤル 0120-819-118

DR250SHE 買取相場

DR250SHE
◆定例(状態の良いオートバイの)業者間オークションにおける直近3ヶ月間の取引価格は
取引台数 1台
平均取引価格 54,000
最高金額 54,000
最低金額 54,000

◆蚤の市(事故車・不動車などの)業者間オークションにおける直近3ヶ月間の取引価格は
取引台数 4台
平均取引価格 36,000
最高金額 45,000
最低金額 31,000

相場情報:2009年9月時点

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。

DR250SHEに関連する買取事例

  • DR250R-S

    DR250R-S不動車

    36,000円

    SJ45A-102 走行 15,600km
    数年間放置の不動車、錆び・キズ・シート破れ

  • ジェベル250XC(DJEBEL250XC)

    ジェベル250XC

    200,000円

    SJ45A-106 走行 2,053km
    足回りに小錆び目立つ

  • DR-Z400SM

    DR-Z400SM

    240,000円

    06年式 走行 35,915km
    プラス評価も加味

パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
DR250SHE買取査定お任せください
買取査定お任せください

DR250SHEは売ろうと考え時が一番高く売れます

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118