バイクパッション フリーダイヤル tel-0120819118
メニュー開閉ボタン
オンライン査定 相場情報をご案内 無料出張査定 全額現金でお支払い
不動車の買取イメージ
調整画像 高額買取 お笑い芸人パッション屋良 不動車も情熱的に買取
10秒で愛車を見積る

個人情報不要です

全車種の買取相場

データ最終更新:2020年09月11日

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118

【2003年式の鍵なし、劣化大の不動車】Dトラッカー買取査定事例

今回は長期間放置で不動車になってしまったカワサキの2003年式Dトラッカーの買取事例をご紹介させて頂きます。
Dトラッカーは、250ccクラスでは初の純正トラッカーとして1998年に登場し、後継機のDトラッカーXが登場する2007年まで販売されていたモデル。
250cc単気筒でありながら、29psのフルパワーで乾燥車重は僅か119kgと、初めてのウイリー練習用途にも最適で、今でも中古市場であついDトラッカー。買取相場は2004年の仕様変更を境に2~3万円程度異なります。
さて相場的にはやや不利な2003年式の不動車は幾らの買取額となったのか?以下に査定内容をご紹介させて頂きます。

Dトラッカー買取価格実例

買取した2003年式のDトラッカー
  • 買取した2003年式のDトラッカー
  • 放置期間が長くエンジン始動しないD-TRACKER

総合評点:1点

エンジン 0 車体フレーム 0 外装 0 電装保安部品 0 フロント周り 0 リア周り 0

【評価点の目安】
8点以上:新車 7点:超極上車 6点:極上車
5点:良好車 4点:多少の使用感 3点:難有 2点:劣悪
1点:事故不動
  • バイク名
  • Dトラッカー
  • 買取価格
  • 80,000円
  • 年式
  • 2003年式
  • 走行距離
  • 8,139km
  • 車台番号
  • LX250E-A02
  • エンジンの状態
  • 不動(鍵なしで始動確認できず)
  • 外観の状態
  • 数年放置で色褪せや劣化目立つ
  • 買取年月
  • 2010年5月

2003年式 鍵なしの不動車買取査定内容

「鍵を無くしてから乗らないまま置いてあるDトラッカーを買取してほしい」とのご依頼を受けて、出張査定にお伺いしたのは千葉市にある大学のキャンパス。
大学構内で鍵をなくされてから、職員用駐輪場に置きっぱなしになっていたというDトラッカー。
「直ぐ鍵屋さんに頼んでいれば、今も乗っていただろうなぁ~」とはお客様のお言葉。
「同僚に”鍵を複製してもエンジン掛からないと思うから、バイク店に運んでキャブレターのオーバーホールやバッテリー交換をしてもらう必要がありそうだね”と言われて」と売却に至った経緯をご説明くださいました。
シリンダーキーの出張複製は1万円程度~依頼することが出来るのですが、キャブの分解洗浄やバッテリー&プラグ交換に加えてバイク店への移送費を加えると4万円程度の出費になります。
更にタンク内面の状態によってはプラスで数万円以上の修理費用が掛かることも。
ご説明を受けて、放置期間を把握したうえで実際に査定をさせて頂くことに。

2003年モデル

書類を拝見させて頂くと、ご提示いただいたのは軽自動車届出済証。未だ廃車にはされておらず軽自動車税は4年間払い続けていたそうです。
黒一色のDトラッカーですが、デカール(ステッカー)が剥がされていたため瞬時に前期型か後期型かを把握することは出来ませんでしたが、タンクシュラウドの形状から前期型であることは認識できます。
あとは登録書類の車台番号から2003年モデルのブラックであることが判別できました。
何故年式モデルが重要なのか?実はDトラッカー(1998~2007年モデル)は2004年に外装の変更を伴うマイナーチェンジが実施されており、2004年モデル以降の後期型の方が2003年モデル以前の前期型よりも 2~3万円程度買取額が高くなっているためです(因みに2004年の仕様変更では外装のデザインが変更されました。見分け方としては2004年モデル以降はデカールのロゴから大きな『 D 』が消えています)
たった1年の差で買取相場的には若干不利になったDトラッカー。早速詳しく拝見させて頂くことに。

フロントフォーク、機関系、鍵の紛失が主な減点に

外装には埃を吸着した雨垂れが目立ち長らく動かしていなかったことを物語っています。
ただし日差しは凌げる屋根付きの駐輪場での保管だったために色褪せは少なくシートもヘタリ感は少なく放置による外装の劣化は控えめでした。
但し純正のデカールが剥離されていた点は若干の買取額の減額となりました。

次いで錆びや腐食が出やすいメッキや金属部分を見ていくことに。
特にマフラーやホイール、前後サスペンションに錆が目立ちました。
再販に向けては綺麗に錆を落としていく工程が必要となりますが、スポークやリアサスペンションは細かい部分に手が入りくいため、どうしても錆が落とし切れずに残ってしまいます。
そのためにこの辺りも細かくマイナス査定に繋がります。

大きなマイナスとなったのはオイル漏れを起こして伸縮の反発力がなくスカスカになっているフロントフォーク。こちらは要オーバーホール判定。
フロントフォークのオーバーホールはフロント部分を分解する作業が必須となるので、工賃が高くなります(1~2万円前後)。
加えて交換が必要なフォークシール(数千円)や、場合によってはインナーチューブ(1万円~)の交換が必要となることもあります。そのため査定額の減額もやや大きめとなります。

次いでマイナス査定となったのが、始動を確認できないエンジン。
鍵を紛失しているため、当然エンジンの動作確認は取れません。タンク内面の状態を確認することもできません。
数年放置という点を考慮すると、再販に向けてはキャブレターのオーバーホールは必須(工賃約1万円)。またバッテリー&プラグの交換も必須です。
ガソリンも当時のものが入りっぱなしになっているため清掃、入れ替えも必須になります。
また鍵の作成(1万円程度)も必要となります。
上記はいずれも修理を前提とした相場ですが、弊社整備工場で対応する場合は儲け単体での修理を必要としないため原価で修理整備が可能です。
そのため買取額の減額も市価の半値程度にとどめることが出来ます

想定再販額から実働化コストを割り引いた査定額を

走行に伴う劣化が出現するオートバイの性質上、不動車でも再販を視野に入れた場合、走行距離は重要な査定項目ですが、 Dトラッカーはデジタルメーターなので電源が入らないと走行距離の確認が取れません。
そのような場合、タイヤやスプロケットの劣化度合いをチェックして、ブレーキディスクを触って走行距離を推測していきます。
ディスクの減り具合で判断していきますが、ディスクが薄くなっていたり波打ったりしていると多目の距離を走っていると判断できます。
ただし該当パーツが社外品などに交換されている場合は、足回りの捻じれ具合やフレームの使用感から凡その検討を付けるに留まります。
2003年式のDトラッカーは、ディスク減りは少なく綺麗であることから1万キロはいってないと判断させて頂きました。

外装は汚れていますが肝心の色褪せは控えめで、割れているところもなく、丁寧に磨いていくことで再販用車両としてある程度綺麗な状態になると判断させて頂きました。
鍵も当社では、お付き合いのある鍵屋さんに10台程度まとめて依頼することにより、低コストで鍵を作ることができるためマイナス幅は少なく済ませることが出来ます。
またフロントフォークやキャブレターのオーバーホールも修理単体での儲けを必要としない弊社整備工場で相場よりも安価に対応することが出来ます。
バッテリー&プラグ交換にオイルの交換や消耗品の点検なども同様にストックパーツを転用するなど市価よりも安価に対応が可能です。
自社整備工場の価格競争力を生かし、再販を前提とした不動車の買取額として、8万円をご提示をさせて頂きました。

お客様の声

お客様の中では「5万円ぐらいの値段がついたらラッキー」と思われていたそうです。
8万円の査定額に喜んでくださいまして、最後にはコーヒーまで差し入れして頂き私もとてもうれしかったです。
今回は不動車の買取であったため、実働化させるための修理費用がマイナスになってしまいました。放置している期間が長くなるほどマイナス判定となる要素が増えていきます。
どの車両でもそうですが、乗らなくなった、乗る予定がなくなった、そんな場合はなるべく早く売却が高額査定の秘訣です!
当社では年間に2,000台の中古バイクを売る販売店も併設しています。そのまま販売店で販売できるような良好車は販売店の仕入れ額での買取が可能です。
弊社販売店の仕入れ額での買取となると、他の買取店では真赤字必死の買取額を意味します。
不動車や事故車は弊社整備工場の強みを生かして高価買取!良好車や極上車は弊社販売店の強みを生かして高額買取!!
オートバイの買取査定は弊社パッションにお任せください!!

この記事の執筆監修

小出涼介

バイクパッション査定士

小出 涼介

1992年生まれ
2012年(株)パッション入社して以来一貫して査定士の仕事をしています。
穏やかで物静かですが、バイクを愛する内に秘めた思いは誰にも負けません。
物腰が柔らかくお客様に値切られて赤字での買取になることもしばしば。
そのせいか飲み物やお菓子を差し入れてもらうことも多いんです。

Dトラッカーの買取相場

Dトラッカー(1998~2007年モデル)

【実働車】の業者間オークション市場における、買取時点直近3ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 47台
  • 平均価格: 167,362円
  • 最高価格: 280,000円
  • 最低価格: 66,000円

【事故車・不動車】の業者間オークション市場における、買取時点直近3ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 3台
  • 平均価格: 101,429円
  • 最高価格: 121,000円
  • 最低価格: 72,000円
spacer for layout

相場情報:2010年5月時点

最新の相場情報は、10秒で買取相場が出る自動査定でチェックして頂けます。

上記金額は、買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の落札データであり、買取業者の転売金額です。
業者間オークション市場とは買取業者と販売業者が参画する競り市場で、年間に約20万台のオートバイが取引される市場です。
買取業者が買取したバイクの約9割は上記市場において転売されています。
その事実が、業者間オークション市場の落札金額が買取業者の査定額の基準値である所以です。
査定現場での買取価格は下記の転売(落札)金額から買取業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります。
査定現場での正味の買取額は、転売金額である落札額から5~10%を割り引いた金額が適正で競争力のある価格となります。
金額にすると単価の安い原付バイクで1万円から、100万円を超える高額車両では6万円までが適正な割引額です。

Dトラッカー/D-TRACKERは売ろうと考え時が一番高く売れます

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い

買取査定の安心ステップ

【リピーターやご紹介のお客様が非常に多い】 のは、お客様の立場に立った誠実な査定と相場以上での高額査定が評価されてのことだと自負しております。
事実、パッションのバイク買取査定はお客様満足度95%超!
弊社パッションは最高の接客と特別な買取価格で常にお客様満足度No1を追求しています。
【当社の査定員はみんな査定資格とマナー講習を修了】
お客様が気持ちよく満足してオートバイを売るできる事がとても大切だと考えています。 買取提示価格がお客様のご希望金額に届かない等、御満足頂けない 場合は買取不成立となりますが、その場合もパッションの査定はモチロン無料です! 査定は全て、最初から最後まで無料。安心してお気軽に最高の無料査定をお試しして頂けます。

バイクパッションについて

出張買取エリア

北海道を除く全国で出張査定
パッションの査定士

【即日対応!資格を持った査定士がお伺いいたします】
全国の支店からご希望日時に出張査定にお伺いしています。弊社の査定員は全員。査定士の資格を取得し、マナー講習を修了しております。
リピーターやご紹介のお客様が非常に多いのには理由がございます。
最高の査定額と最上のご対応でお客様のご期待にお応えいたします。

買取の際に必要なもの

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い
to top