バイクパッション フリーダイヤル tel-0120819118
メニュー開閉ボタン
オンライン査定 相場情報をご案内 無料出張査定 全額現金でお支払い
flash-impulse-jikofudo
調整画像 高額買取 お笑い芸人パッション屋良 flash-impulse-jikofudo最強の買取価格
10秒で愛車を見積る

個人情報不要です

全車種の買取相場

データ最終更新:2020年09月11日

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118

【鍵無で外装欠品の不動車】GSX400インパルスS買取査定事例

買取査定事例としてご紹介させて頂くのは鍵を紛失してから3年放置されてため不動状態となっていたGSX400インパルスS。
タイプSはクーリーレプリカ仕様のビキニカウルを装着した上位バリエーションとして、GK79A型(1994~1999年モデル)の中でも1994年と1996年のみ発売されたモデルです。
ベーシックのインパルスとの違いは上述のビキニカウルの他、黒塗装のマフラー、そして青白のカラーリングです。
気になる買取相場ですが、タイプSは上位バリエーションだけあって、ベーシックモデルよりも実働車の場合で平均して5万円ほど高い相場となっています。
鍵なしでエンジンのかからない不動車は査定価格にどのような影響を与えたのか?以下査定内容の詳細をご紹介させて頂きます。

GSX400インパルス タイプS買取価格実例

GSX400インパルスS
  • GSX400インパルスS
  • エンジンかからない
  • 不動車
  • 鍵紛失でなし
  • ヘッドライト欠品
  • 疲労・傷みあり

総合評点:1点

エンジン 0 車体フレーム 0 外装 0 電装保安部品 0 フロント周り 0 リア周り 0

【評価点の目安】
8点以上:新車 7点:超極上車 6点:極上車
5点:良好車 4点:多少の使用感 3点:難有 2点:劣悪
1点:事故不動
  • バイク名
  • GSX400インパルス タイプS
  • 買取価格
  • 33,000円
  • 年式
  • 1994年式
  • 走行距離
  • 14,546km
  • 車台番号
  • GK79A-107
  • エンジンの状態
  • カギなしで始動確認できず
  • 外観の状態
  • 疲労や劣化目立つ
  • 損傷や事故転倒歴
  • ヘッドライトカバー・ビキニカウル欠品
  • カスタムや改造
  • ノーマル車両
  • 買取年月
  • 2012年4月

【鍵なし不動車】GSX400インパルスS買取査定内容

「鍵を紛失してから3年ほど動かしていないバイクを見て欲しいんだけど」と出張査定のご依頼を頂いたのがご紹介させて頂くGSX400インパルスSです。
冒頭でも少し触れましたが、タイプSは1994年と1996年にべーシックモデルであるGSX400インパルスにビキニカウルを装着しマフラーをブラック塗装して売り出された上位バリエーションです。
インパルス自体は2005年にGK7CA型となって市場に再投入されましたが、タイプSの再投入はなく型式はGK79A型のみとなっています。

さてご紹介させて頂くGSX400インパルスS。査定内容としてご紹介したいポイントは3つ。
(1)鍵なし(2)エンジンがかからない不動車(3)タイプSの象徴であるビキニカウルが欠品となっている点です。左記ポイントが査定価格にどのような影響を与えたのかを中心に以下にご紹介いたします。

鍵なしバイクの査定価格への影響

先ず鍵を紛失しているという点。再販に向けてレストアするには鍵は必須です。
紛失したカギをシリンダー(鍵穴)から作成する費用は、鍵屋さんの出張費用に作成費用を加算した額で400ccの場合は安い場合で1万円~となります。
弊社バイクパッションでは本店だけで月間に数百台のバイクを買取しています。その中には10台前後の鍵なしバイクも含まれています。10台前後の鍵なしバイクが溜まった段階で毎度依頼している鍵屋さんに鍵の複製を依頼しています。
大量発注を効かせることで、1台当たりのシリンダーキーの作成費用は市場価格よりも安価に賄うことが出来ます。
そのため鍵なしバイクであってもそれ自体で、査定価格が大きく下がることはありません。

始動しないエンジンの査定価格への影響

続いて始動が確認できないエンジンの評価ですが、 キックがある場合には圧縮を見ます。圧縮が正常に働いていれば重篤な故障はないと判断できますが、セル始動のみのオートバイの場合にはキックがないため圧縮が確認できません。
出来ればマフラーを取り外してシリンダーの状態を確認したいのですが、限られた査定時間の中ではそこまで行う余裕はありません。
そのため、車両全体の劣化度合いや損傷具合とエンジン周辺の状況を比較して、エンジンに重大な瑕疵が無いかを推察していきます。
エンジン内部の状態は開けてみないとわからないため外から見える材料で推察していくことになります。
例えば、エンジン周辺の錆や腐食、オイル漏れの痕跡、エンジンオイルの残量、プラグの劣化度合、走行距離などです。
今回のGSX400インパルスSのケースで申し上げますと、鍵を紛失されてから動かしていないということで、その説明に合うように特にエンジンが重篤な故障を来たしているような兆候は見れられませんでした。
3年ほど動かしていないとなると、キャブレターの詰まり、ガソリンタンク内部の錆、上がってしまったバッテリーといったところがエンジン再始動への障害となります。
先ずタンク内を拝見すると、劣化したガソリン独特の腐臭があり内部に錆も見られます。
そのことからキャブレター内でもガソリンが腐りエンジンに供給するラインで詰まりを起こしていることは想像に難くない状態でした。
そのことから、再始動に向けてはタンク内の錆取りと防腐加工、4気筒であるため4発のキャブレターの分解洗浄、バッテリー交換、プラグ交換は必須となりそうです。
仮にバイク店で上記作業を依頼した場合の工賃ですが、タンク内の錆取りと防腐加工で1万円~、4発のキャブレターのオーバーホールが3万2千円~(1発8千円~)、バッテリー代が安いもので3千円~、 4つのプラグ代と交換工賃が合わせて数千円。と大雑把に見積もって安く済ませて5万円~。(ご自身でバイク店に依頼する場合には運搬費も必要となります)

弊社パッションでは、広大な自社整備工場を有しています。弊社整備工場は事故で買取したバイクの修理整備と販売向けバイクの整備に特化しているため修理単体でも儲けを必要としていません。
また多数のストックパーツがあるため、GSX400インパルスSの再始動化コストは市価の3/2~半値で対応可能です。
このことは今回のGSX400インパルスSの再始動化コストによるマイナスが3万円程度で済むことを意味しています。
再始動化後のエンジン状態については目立った不調の兆候を示す痕跡がエンジン周辺に確認できず、走行距離も比較的若かったことから年式相応並みの評価とさせて頂きました。

車種の象徴であるビキニカウルの欠品

GSX400インパルスSを象徴するのは第一にその白/青のカラーリング、次いでビキニカウル、そしてブラック塗装のマフラー。その3点のみがベーシックモデルのインパルスとの差異です。
GSX400インパルスSの買取相場がベーシックモデルよりも高いのも上記の差異の他に理由はありません。
パーツ代も高く、それ故に車種の象徴である純正ビキニカウルの欠品は大きくマイナス査定となってしまいました。具体的には3万円ほどのマイナスです。

外傷やフェンダーカットなど

その他主に減点対象となったのは、
写真でもご覧いただけるように喪失しているヘッドライト
タンク右側面目立つ傷やのピンポン玉大の窪み
社外マフラーの広範囲の擦り傷
ジェネレーターカバーの広範囲の転倒傷
リアフェンダーのカットなど
リアフェンダーのカットはフェンダーレスキットを使用したカスタムではなく、単純にフェンダーを断ち切っているため減点となっています。

総合的な評価と買取額

以上、マイナス査定となった主なポイントについて言及いたしました(査定自体が新車を満点とした減点方式であるためネガティブな内容が多いことお許しください)が、 仮に鍵があってエンジン実働する状態であればどれくらいの査定額になったか?
20年近い前の車両としては、車両全体の色褪せや劣化度合いは年式並み、放置によって足回りに若干ガタが来ており、外傷がやや目立つ点も考慮すると平均並みを若干下回る評価となるでしょう。
2012年現在で、インパルスSの実働車の平均的な買取額は15~16万円。ビキニカウルが欠品となっていると12~13万円。
そこより少し低く10万円程度の査定額が見込まれたでしょう。
そこから鍵の複製費用、エンジン実働化コストの実費を差し引いて3万5千円の査定額を提示させて頂き買取させて頂きました。

お客様の声

査定が終わり、書類の手続きが終わったところで、お聞きしたところ 「放置している間にヘッドライトは盗まれるし、鍵無くて、ハンドルロックした状態でバイク屋に持っていくにも出来ずに長く放置していたから・・・処分前提で引き取ってもらったらと思っていたんだけど」とはお客様のお言葉。 「もし可能なら修理してもらって、別の人が乗ってくれたら嬉しい」とも言って頂きました。
35,000円で買取させて頂いたのも弊社整備工場で修理して再販することを視野に入れたためです。しっかりと修理整備して次の乗り手に橋渡しさせて頂きます。

■この記事の執筆監修

小出涼介

バイクパッション査定士

小出 涼介

1992年生まれ
2012年(株)パッション入社して以来一貫して査定士の仕事をしています。
穏やかで物静かですが、バイクを愛する内に秘めた思いは誰にも負けません。
物腰が柔らかくお客様に値切られて赤字での買取になることもしばしば。
そのせいか飲み物やお菓子を差し入れてもらうことも多いんです。

GSX400インパルスSの買取相場

GSX400インパルスS

【実働車】の業者間オークション市場における、買取時点直近3ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 68台
  • 平均価格: 180,676円
  • 最高価格: 368,000円
  • 最低価格: 44,000円

【事故車・不動車】の業者間オークション市場における、買取時点直近12ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 5台
  • 平均価格: 65,595円
  • 最高価格: 90,000円
  • 最低価格: 38,000円
spacer for layout

相場情報:2012年4月時点

最新の相場情報は、10秒で買取相場が出る自動査定でチェックして頂けます。

上記金額は、買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の落札データであり、買取業者の転売金額です。
業者間オークション市場とは買取業者と販売業者が参画する競り市場で、年間に約20万台のオートバイが取引される市場です。
買取業者が買取したバイクの約9割は上記市場において転売されています。
その事実が、業者間オークション市場の落札金額が買取業者の査定額の基準値である所以です。
査定現場での買取価格は下記の転売(落札)金額から買取業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります。
査定現場での正味の買取額は、転売金額である落札額から5~10%を割り引いた金額が適正で競争力のある価格となります。
金額にすると単価の安い原付バイクで1万円から、100万円を超える高額車両では6万円までが適正な割引額です。

GSX400インパルスSに関連する買取事例

  • GSX400インパルス(GK7CA)
    GSX400インパルスGK7CA

    買取査定価格

    356,000円
    2008年式  走行 4,069km
    塗装ハゲ・錆び・傷・凹み多
spacer for layout

GSX400インパルスSは売ろうと考え時が一番高く売れます

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い

買取査定の安心ステップ

【リピーターやご紹介のお客様が非常に多い】 のは、お客様の立場に立った誠実な査定と相場以上での高額査定が評価されてのことだと自負しております。
事実、パッションのバイク買取査定はお客様満足度95%超!
弊社パッションは最高の接客と特別な買取価格で常にお客様満足度No1を追求しています。
【当社の査定員はみんな査定資格とマナー講習を修了】
お客様が気持ちよく満足してオートバイを売るできる事がとても大切だと考えています。 買取提示価格がお客様のご希望金額に届かない等、御満足頂けない 場合は買取不成立となりますが、その場合もパッションの査定はモチロン無料です! 査定は全て、最初から最後まで無料。安心してお気軽に最高の無料査定をお試しして頂けます。

バイクパッションについて

出張買取エリア

北海道を除く全国で出張査定
パッションの査定士

【即日対応!資格を持った査定士がお伺いいたします】
全国の支店からご希望日時に出張査定にお伺いしています。弊社の査定員は全員。査定士の資格を取得し、マナー講習を修了しております。
リピーターやご紹介のお客様が非常に多いのには理由がございます。
最高の査定額と最上のご対応でお客様のご期待にお応えいたします。

買取の際に必要なもの

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い
to top