バイクパッション フリーダイヤル tel-0120819118
メニュー開閉ボタン
オンライン査定 相場情報をご案内 オンライン査定 相場情報をご案内
flash_impulse
調整画像 高額買取 お笑い芸人パッション屋良 flash_impulse最強の買取価格
無料です!出張査定

査定は全て無料です (お断り頂いても無料です)
査定自体は5分。お支払い含めて20分程です

  • 希望日ご希望の査定日時
  • 時のお伺い
  • 車種名
  • お名前
  • メールアドレス
  • 郵便番号
  • 町名の先のご住所(お部屋番号まで)
  • お電話番号
    到着の30分前にご連絡を差し上げます
  • 車両状態を選択する(任意)
  • ご希望
  • 補足
全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118

【GSXインパルス】買取査定事例を一挙公開!

インパルスは初代~4代目まで4つのモデルが存在しますが、中古相場で最も多く流通しているのは3~4代目のGK79AとGK7CA。
査定相場は、2004年~のGK7CAが平均で10万円程度、3代目のGK79Aに比べて高く付きます。
そして旧車プレミアムが形成されている初代のFSインパルスは更に高値で取引されています。
そんなインパルス買取の価格事例と相場をご紹介いたします。
最高の接客と価格で、お客様からお褒めの言葉を頂戴することも多い、 バイク買取無料査定をお気軽にお試しくださいませ。
良好車はもちろん!事故車・不動車バイク買取もNo1!
インパルス(IMPULSE)の買取。お客様のご期待にお応えいたします!

最新の買取相場をcheku!

GSX400インパルス買取査定実例

GSX400インパルス事故車・不動車

インパルスと聞いて「ああ、スズキのネイキッドね」と答える人は相当のバイク好きです。
初代は1982年にGSX400Fの特別モデル「GSX400FSインパルス」として誕生しました。
翌1983年に角パイプ製フレームに水冷エンジンを搭載したGSX400FWが登場したため、わずか1年でGSX400FSインパルスの販売を終了します。

その車名が再び登場するのは1986年のこと。
初代カタナ(GSX1100S)を手がけたハンス・ムートのデザインにより、「日本の若者のライフスタイルをイメージした」ニュー・インパルスが登場しました。
しかし奇抜すぎるデザインは受け入れられず、わずか2年で姿を消します。

1990年代に入ると、カワサキのゼファーが巻き起こした「ネイキッドブーム」が到来。
スズキからは、すでにGSX-R400のエンジンを積むバンディッドが発売されていましたが、ブームの中心となるレトロチックなネイキッドとは異なっていたため、1994年に、よりオーソドックスなスタイルを持つGSX400インパルスを発売。
「バイク」と言うよりは「オートバイ」と呼びたいようなルックスが人気を呼び、改良を加えられながら1999年まで発売され続けます。

4代目は2004年に登場。
3代目のイメージを踏襲しているものの、エンジンや外装は新しくなっています。
途中からGSXを省略し、車名が「インパルス」に変更。
排ガス規制による販売終了になる2008年まで製造されました。

初代GSX400インパルス

1982年に「GSX400FSインパルス」として登場。
ヨシムラと共同開発の4 ioto 1の集合マフラーを装着。
サイレンサーには「Impulse」のエンブレムが取り付けられています。
ベースとなったGSX400Fよりも出力を3psアップさせ48psとし、ダウンチューブ上部に配したオイルリザーブタンクでオイル容量もアップ。
スポーツ性をアピールしています。

初代インパルスの基本スペック

車体型式 GK72A
エンジン GK72AE型 398cm3 4ストローク
空冷DOHC4バルブ直列4気筒
最高出力 48ps/10,500rpm
最大トルク 3.5kg-m/8,500rpm
乾燥重量 187kg
製造期間 1982年-1983年
フレーム ダブルクレードル
全長×全幅×全高 2105mm ×725mm ×1130mm
ホイールベース 1415mm
シート高 780mm
燃料供給装置 キャブレター (BS28)
始動方式 セルフ式
潤滑方式 ウェットサンプ
駆動方式 チェーンドライブ
変速機 常時噛合式6段リターン
サスペンション 前 正立テレスコピック式
後 スイングアーム式
ブレーキ 前 油圧式ダブルディスク
後 機械式リーディングトレーリング
タイヤサイズ 前 3.25-19
後 3.75-18

二代目インパルス

初代カタナ(GSX1100S)を手がけたハンス・ムートの奇抜なデザインを身に纏い1986年に登場。
ネイキッドとハーフカウルの二つのタイプが用意されていました。
ネイキッドの赤いフレームから「東京タワー」のニックネームが付きました。

パワーユニットはレーサーレプリカ、GSX-R400と共通の油冷エンジンを搭載。
車軸距離はGSX-R400の1400mmよりもショートな1300mm。
キャスターは25°00’→ 25°25’、トレールは101mm→105mmと落ち着きを持たせたハンドリングになっています。
東京タワーと比喩されたフレームは鋼管角フレームで、ダウンチューブはエンジンの脱着を容易にするためにボルトオン化されています。
ブレーキはGSX-R400と同様のフロント8ポッド、リア2ポッドの計10個のピストンによるDeca-10。
見かけによらず最新のテクノロジーが投入されていました。

2代目インパルスの基本スペック

車体型式 GK71E
エンジン GK71E型 398cm3 4ストローク
油冷DOHC4バルブ直列4気筒
最高出力 59ps/10,500rpm
最大トルク 3.8kg-m/10,500rpm
乾燥重量 153kg
製造期間 1986年-1988年
フレーム ダブルクレードル式
全長x全幅x全高 2,100mm x 715mm x 1,115mm
ホイールベース 1,390mm
シート高 780mm
燃料供給装置 キャブレター
始動方式 セルフ式
駆動方式 チェーンドライブ
変速機 常時噛合式6段リターン
サスペンション 前 正立テレスコピック式
後 Eフルフローター
タイヤサイズ 前 110/80-17
後 130/80-17

三代目インパルス

三代目インパルスは、カワサキ・ゼファー(1989年発売)が巻き起こしたネイキッドブームを追従。
ホンダ・CB400SF(1992年発売)、XJR400(1993年発売)に大幅に遅れ、1994年に発売されました。
スタイルは初期型をイメージ。
二代目やバンディッドがGSX-R400のパワーユニットを流用しているのに対し、三代目はGSX400Sカタナの水冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒エンジンを流用。
最高出力を53psとしています。
スタンダードな作りがライダーに受け、幾度かの改良を重ねながら1999年まで販売される息の長いモデルになりました。

3代目インパルスの基本スペック

車体型式 GK79A
エンジン GK79A型 398cm3 4ストローク
水冷DOHC4バルブ直列4気筒
最高出力 53ps/10,500rpm
最大トルク 3.8kgf・m/9500
乾燥重量 175kg
製造期間 1994年-1999年
フレーム ダブルクレードル式
全長×全幅×全高 2,080mm× 740mm ×1,205 mm
ホイールベース 1,110mm
燃料供給装置 キャブレター
始動方式 セルフ式
駆動方式 チェーンドライブ
変速機 常時噛合式6段リターン
サスペンション 前 正立テレスコピック式
後 スイングアーム
タイヤサイズ 前 110/70-17 54H
後 140/70-17 66H

四代目インパルス

2004年より販売。
排ガス規制に対応するため二次空気導入システム等が採用されました。
また、途中からGSXが省略されて車名がインパルス400に変更。
最終モデルとなる2008年には、初代GSX400FSのカラーリングをイメージした黒赤2色のグラフィックパターンと、クラッチカバーのTSCCロゴを再現した特別仕様車「インパルス400スペシャルエディション」を限定生産300台販売。
有終の美を飾りました。

4代目インパルスの基本スペック

車体型式 BC-GK7CA
エンジン K718型 398cm3 4ストローク
水冷DOHC4バルブ直列4気筒
最高出力 53ps/10,500rpm
最大トルク 3.8kgf・m/9500
乾燥重量 177kg
製造期間 2004年-2008年
フレーム ダブルクレードル式
全長x全幅x全高 2,080mm x 745mm x 1,105 mm
ホイールベース 1,110mm
燃料供給装置 キャブレター
始動方式 セルフ式
駆動方式 チェーンドライブ
変速機 常時噛合式6段リターン
サスペンション 前 正立テレスコピック式
後 スイングアーム
タイヤサイズ 前 110/70-17 M/C 54H
後 140/70-17 M/C 66H

GSX400インパルスは売ろうと考え時が一番高く売れます

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い

買取査定の安心ステップ

【リピーターやご紹介のお客様が非常に多い】 のは、お客様の立場に立った誠実な査定と相場以上での高額査定が評価されてのことだと自負しております。
事実、パッションのバイク買取査定はお客様満足度95%超!
弊社パッションは最高の接客と特別な買取価格で常にお客様満足度No1を追求しています。
【当社の査定員はみんな査定資格とマナー講習を修了】
お客様が気持ちよく満足してオートバイを売るできる事がとても大切だと考えています。 買取提示価格がお客様のご希望金額に届かない等、御満足頂けない 場合は買取不成立となりますが、その場合もパッションの査定はモチロン無料です! 査定は全て、最初から最後まで無料。安心してお気軽に最高の無料査定をお試しして頂けます。

バイクパッションについて

出張買取エリア

北海道を除く全国で出張査定

【即日対応!資格を持った査定士がお伺いいたします】
全国の支店からご希望日時に出張査定にお伺いしています。弊社の査定員は全員。査定士の資格を取得し、マナー講習を修了しております。
リピーターやご紹介のお客様が非常に多いのには理由がございます。
最高の査定額と最上のご対応でお客様のご期待にお応えいたします。

買取の際に必要なもの

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い
to top