調整画像 パッション屋良とバイク お笑い芸人パッション屋良 直線 自動査定 個人情報不要 CB750FOUR-II最強の買取価格 調整画像 パッション屋良とバイク お笑い芸人パッション屋良

全車種
の査定相場

  • 良好~極上最高値とは型式の平均的な状態より綺麗で状態の良い車両の買取額。
    最高額は買取業界の9割超の売却先である業者間オークションでの最高落札額
    0
  • 買取平均平均相場とはボリュームゾーンである平均的な買取価格帯
    0
  • 取引数落札台数とは買取業界の9割超の売却先である業者間オークションで落札された台数
    0 12ヵ月間

データ最終更新 2017,8/16平均相場とはデータは最新の状態に毎週更新されています

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種名
  • 総合状態
  • 走行距離
査定を予約する

レストア不能なスクラップ車のCB750フォアII(CB750F2) 買取査定実例

完全に屑鉄の塊と化しているジャンク車としか形容できないCB750FOUR-IIの買取事例。
1969年発売の元祖ドリームCB750フォア(CB750Kシリーズ)は、初期の状態の良いものは200万に近い査定価格が狙えるのに対して、 派生モデルのCB750FOUR-IIは状態が良くても50万円が狙えるかどうかの買取相場になっています。
実働車の平均的な買取相場が30~40万円台のCB750FOUR-IIにあって、 金属という金属は全て腐りフェンダー、ホイール、サスペンションなど全て、タンクやカウル等は欠品、あらゆるパーツが修復できない状態でパーツとしても買取価値ゼロ。
パーツ価値の高いフレームは錆びで腐っている上に廃車証なしのため再利用できず無価値。 唯一パーツ価値が見込めたのがボルトが固着して腐食で覆われた、ジャンク品のエンジン。さて廃車済みジャンク車のCB750FOUR-IIの査定価格はいかほどに?
最後には本流のドリームCB750FOUR(CB750K)と、派生モデルのCB750FOUR-II(CB750F)、CB750FOUR-Kの買取相場の比較もご紹介しています。

買取した廃車済みジャンク車のCB750FOUR-II
  • 買取した廃車済みジャンク車のCB750FOUR-II
  • ボルトは固着し腐食が激しいエンジン
  • 金属が腐ってボロボロのフェンダー
  • 腐って穴が開いているフロントフォーク
  • 廃車済みで書類なしのフレーム
  • 再利用価値ゼロの足回り
  • まさにスクラップ車両のCB750F2
  • 錆び錆びでボロボロのフロント
  • 朽ちてしまったメーター
  • レストア不可能の状態
  • ステップやチェーンもパーツ価値ゼロ
  • 評価点
  • 総合評点:1点
    (エンジン0 車体フレーム0 外装0 電気保安0 フロント0 リア0)
    ※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
    査定のチェック箇所と項目
  • CB750FOUR-II買取価格実例
  • バイク名
  • ドリームCB750フォアII(CB750F2)

    買取価格

    10,000円

  • 年式
  • 1977年モデル
  • 走行
  • 不明
  • 車台番号
  • CB750F-110(CB750F2)廃車済で書類なし
  • エンジンの状態
  • ジャンク品
  • 外観の状態
  • 錆び腐食に覆われたジャンク車
  • 損傷/事故転倒歴
  • フロントフォーク左部に事故接触と思わしき損傷あり
  • 改造の有無
  • 不明
  • 買取年
  • 2017年10月
  • オンライン相場案内

    出張買取無料査定

    フリーダイヤル 0120-819-118

CB750FOUR-II 買取査定のポイントや詳細

今回ご紹介させて頂く買取事例は、『敷地に長らく放置されていた車オートバイを引取処分して欲しい」とご依頼を頂いたCB750FOUR-IIです。
長年連れ添ったご主人を亡くされたご夫人からの依頼で実車を拝見させて頂くことになったバイクです。

ご主人が所有されていた別荘の裏で長年野晒しにされており、控えめに見積もっても10年以上の長期放置車両。外装パーツの殆どが取り外されており、廃車書類も紛失という部品取り車でした。
お電話ではバイクの車種は不明とのことでしたが、見ればCB750Fourでは??それならこの状態でも値段は付くのだが!いや、フレーム番号がCB750F-11だから、派生モデルのCB750FOUR-II で1977年式の CB750F2か!それだとこの状態だと値段を付けるのは厳しいか?と車両を見て逡巡・・・しかし朽ち果てているこの車両のジャンク度はかなり凄い。
近年の旧車ブームの影響を受け、CB750FOURは年々プレミア化が進んでいるバイクのひとつですが、CB750FOUR-IIはプレミアムが付くほどの高騰はしていません。 さらに残念ながら書類がなく欠品多数の部品取り車では少々辛目の判定をせざるを得ない状態でした。 それでもなんとか壊れた腐食だらけのエンジンにジャンクパーツ価値を見出して最終的には買取価格10,000円を提示させて頂きご成約となりました。
以下、ホンダCB750FOUR-IIの車両詳細となります。

まさにスクラップ車両のCB750F2
・足回り
長年の放置により、全く沈み込まなくなってしまう程固まってしまったフロントフォーク。リアサスもサビによる腐食でダンパー性は皆無となっており、 足回りの再利用は絶望的。ブレーキディスクにもパッドがべったりと張り付き、一人では動かすことすら困難な状態となっていました。
金属が腐ってボロボロのフェンダー
・外装
ガソリンタンクの欠品や前後フェンダーの腐食など、こちらも壊滅的な状態を確認。
ただし、サイドカバーやライトステーなどのCB750FOUR-IIを示すパーツは再生・再利用が可能と判定させて頂き、この部分が処分費用なしの買取に繋がりました。
ボルトは固着し腐食が激しいエンジン
・エンジン周り
長期放置でエンジンは不動状態となっており、キックペダルを踏み下ろすも圧縮の手応えは皆無。
エキパイが取り外された部分からシリンダー内を覗くと、シリンダー内にも重度のサビが発生している状態が確認できました。
この状態では再利用できるパーツの見極めが難しく、残念ながら評価不可能という判定となってしまいました。
腐って穴が開いているフロントフォーク
・その他
外観的にも判定の難しいCB750FOUR-IIでしたが、ご主人亡き後かなりの年月が経過していたこともあり、登録書類も全て紛失されている状態でした。
電装系も壊滅しているため、保安部品の作動が確認できないこと、事故による接触と思わしき損傷がフロントフォークに確認されたことも影響し、レストアベース車両としての評価がつけられない状態でした。
レストア不可能の状態
この状態であっても、廃車証さえあれば買取価格の上乗せができたのですが、残念ながら紛失されている状態であったため、評価はすこぶる低いものに留まってしまいました。 なんとかジャンクエンジンの価値で買取価格10,000円をご提示させて頂き、処分費用をご準備されていたお客様を良い意味で驚かすことが出来ました。 これが1969年のCB750K0であれば一桁上の査定価格で買取が出来たのですがCB750FOUR-IIではこの価格が精一杯でした。

■CB750FOUR-IIの査定価格

ホンダ初の4ストローク750cc4気筒エンジンとして華々しいデビューを飾り、今なお名車として高い人気を誇る「ホンダ CB750FOUR」。
今回ご紹介させて頂いた「CB750FOUR-2」は、その派生モデルのひとつで、旧車ブームの影響でこちらも根強い人気がある車種のひとつです。
残念ながら今回の山田様のCB750FOUR-2は、書類紛失・車両状態の悪さが響いて買取価格は伸びず終いとなってしまいましたが、書類がある状態であれば10万円以上の買取も夢ではありません。
現在、CB750FOUR-2またはCB750FOURの買取はお気軽に弊社までご相談ください。

最下段では本流のドリームCB750FOUR(CB750K)と、派生モデルのCB750FOUR-II(CB750F)、CB750FOUR-Kの買取相場の比較もご紹介しています。
  • CB750FOUR(1979年~)
  • CB750FOUR-II(1975年~)
  • CB750FOUR-K(1976年~)

■CB750FOUR-II豆知識

1969年にデビューし、当時最高レベルのハイパフォーマンスで人気となった「ホンダ ドリームCB750FOUR」ことCB750Kシリーズ。 そのCB750Kシリーズから派生し、カフェレーサースタイルの扱いやすいモデルとして送り出されたのが「CB750FOUR-2」と、マイナーチェンジモデルの「CB750FOUR-K」です。 CB750Kの特徴であった右側サイドカバー部のオイルタンクの廃止など、様々な変更を経ているモデルですが、レストアベース車両としての評価は高く、現在でも CB750Kシリーズの価値には及ばないものの同年式の他車種と比べると高価買取が期待できる稀少性の高いバイクです。

CB750FOUR-IIの買取相場

CB750FOUR-II(車台番号CB750F-)
状態の良いバイクの業者間取引市場(定例オークション)における、
買取時点直近12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 4台
平均価格: 403,500円
最高価格: 456,000円
最低価格: 352,000円

事故車・不動バイクの業者間取引市場(蚤の市オークション)における、
買取時点直近12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 2台
平均価格: 280,250円
最高価格: 264,500円
最低価格: 249,000円

相場情報:2017年11月10日時点

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。
実働車|ドリームCB750FOURシリーズの査定相場比較
落札価格帯 CB750FOUR FOUR-II FOUR-K
平均落札価格 77.9万円 40.0万円 24.9万円
落札台数 52台 4台 6台
100万以上 8台 0台 0台
90万円台 0台 0台 0台
80万円台 10台 0台 0台
70万円台 9台 0台 0台
60万円台 19台 0台 0台
50万円台 2台 0台 0台
40万円台 3台 2台 0台
30万円台 1台 2台 0台
20万円台 0台 0台 6台
事故不動車|ドリームCB750FOURシリーズの査定相場比較
落札価格帯 CB750FOUR FOUR-II FOUR-K
平均落札価格 40.7万円 26.5万円 -
落札台数 7台 2台 0台
60万円台 2台 0台 0台
50万円台 0台 0台 0台
40万円台 2台 0台 0台
30万円台 1台 0台 0台
20万円台 1台 2台 0台
10万円台 1台 0台 0台

■CB750FOURの査定相場

(2017年11月時点で、業者間市場の落札データを過去1年間遡った数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)

 CB750FOURいくらになる?
  • 無料出張査定
  • 無料オンライン査定
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
CB750FOUR-II買取査定お任せください
買取査定お任せください

CB750FOUR-IIは売ろうと考え時が一番高く売れます

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118