バイクパッション フリーダイヤル tel-0120819118
メニュー開閉ボタン
オンライン査定 相場情報をご案内 無料出張査定 全額現金でお支払い
kaitori-harley-flhtcutg
調整画像 高額買取 お笑い芸人パッション屋良 kaitori-harley-flhtcutg最強の買取価格
10秒で愛車を見積る

個人情報不要です

全車種の買取相場

データ最終更新:2021年11月26日

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118

FLHTCUTG 103買取査定事例【2015年モデル 走行1.78万km ライトカスタム 】

買取査定させて頂いたのはTwinCam103エンジン搭載のFLHTCUTGトライグライドウルトラの2015年モデル。
6年前の車体としては極上車と言える色艶を保持している一方で、走行距離は1.78万キロと走行数千キロの個体が多いFLHTCUTGの中では相対的に多めで、微量ながらエンジンからのオイル漏れも確認できます。
評価できる点とマイナスとなる点と踏まえ幾らの買取額となったのか?以下に査定内容をご紹介させて頂きます。

FLHTCUTG トライグライドウルトラ103買取価格実例

245万円の査定額で買取したFLHTCUTG トライグライドウルトラ103
  • 245万円の査定額で買取したFLHTCUTG トライグライドウルトラ103
  • 買取したミステリアスレッドサングロ 2015年モデルのFLHTCUTG
  • ツインカム103エンジン搭載の2015年モデルトライグライドウルトラ
  • 外装の色艶は極上車
  • エンジン回りのメッキ塗装も鏡面の様に綺麗
  • 足回りには若干の使用感が見られます
  • リアボックスにハンドレールを装着しているライトカスタム

総合評点:5点

エンジン 5 車体フレーム 5 外装 6 電装保安部品 5 フロント周り 5 リア周り 5

【評価点の目安】
8点以上:新車 7点:超極上車 6点:極上車
5点:良好車 4点:多少の使用感 3点:難有 2点:劣悪
1点:事故不動
  • バイク名
  • FLHTCUTG トライグライドウルトラ103
  • 買取価格
  • 2,450,000円
  • 年式
  • 2015年モデル
  • 走行距離
  • 17,800km
  • 車台番号
  • 5HD1MALE3FB
  • カラー
  • ワインレッド(ミステリアスレッドサングロ)
  • エンジンの状態
  • エンジン下からオイル漏れ小。異音等無し
  • エンジンの種類
  • ツインカム103
  • 外観の状態
  • 極上車
  • 損傷や事故転倒歴
  • 目立つ損傷無し
  • カスタムや改造
  • タンクキャップ社外品、リアボックスにハンドレールとモール装着
  • 買取年月
  • 2021年11月16日

【2015年モデルの準極上車】FLHTCUTG 103の買取査定内容

「買った最初は楽しくてツーリングなども盛んに行っていたのだけど....車両が大きくて気軽に乗れなかったり
動かすのもひと苦労になってきて.....コンビニ行くんでもサッと取り廻せそうなブレイクアウトか?若しくはフォーティーエイト辺りのスポーツスターに乗り換えようかと...」と売却に至る経緯を教えて下さったオーナー様。
奇しくも買替対象に上がったブレイクアウトとフォーティーエイトは、コロナ禍で新車供給が細った事を受け中古相場が上昇しているハーレー全体の中でも上昇幅が特に著しい2大車種です。
今回査定させて頂くトライクも例に漏れず相場が上がっており、中古需要の高まりに加えて、二輪免許ではなく普通自動車免許でも乗れる点から自動車層から需要も取り込んで好調な相場を魅せています。先ずはFLHTCUTG トライグライドウルトラの買取相場からご紹介させて頂きます。

相場が上昇に転じたFLHTCUTG 103

2014年モデル展開でトライグライド ウルトラがラインナップ入りししたことで、ハーレーのファミリーに新しくトライクというカテゴリが誕生。
登場モデルではTwinCam103エンジンを搭載していたFLHTCUTGですが、2017年モデルではMilwaukeeEight107エンジンが搭載され、2017年モデルではMilwaukeeEight114エンジンが搭載され既に2度のモデルチェンジが果たされています。
そのためトライグライド ウルトラには下記3つの排気量が存在し、各々買取相場が異なります。
2014~16年モデルのFLHTCUTG103
2017~18年モデルのFLHTCUTG107
2019~現行21年モデルのFLHTCUTG114


買取業者の最大の転売先であり、販売業者の最大の仕入れ先として年間に約20万台のバイクが取引される業者間オークションの取引データを見ると。
FLHTCUTG103の取引額の推移を見ると、FLHTCUTG107の登場によって型落ちとなった2017年から下落に転じましたが、2020年から上昇に反転しています。これは上述の通りコロナ禍による中古需要の高まりが大きいです。
実働車は直近1年間に5台が取引されおり、最高額は296万円、最低額は182万円とワイドなレンジで取引されていますが、全5台のうち4台は250万円以上で取引されており、251万円が平均取引額となっています。
内訳を見ると、最下位の182万円で取引された個体は走行距離5万キロ超でエンジン状態に難があり使用感の強い車両となっているます。
250~296万円で取引された4台は、いずれも走行距離5,000~10,000km程度の極上車となっており、距離が比較的若い極上車であれば250万円以上の金額で取引されることが想定できます。

250~296万円で取引されている4台には最大で40万円以上の価格差が付いていますが、注視すると4台とも総じてほぼフルノーマルの極上車であり特段有意な差異は見当たりません。
仕入れ側である販売店の立場から見ても、納車整備に掛かる工数が同じで、販売価格を差別化する個体差も特段見当たりません。
ではなぜ?40万円以上も取引額に差が出るのか。その理由を一言で片づければ需給です。年間に数百台も取引される人気車車であれば適正額で買えるチャンスはすぐにやってくるので起こらない現象ですが、 数カ月に1度しか出回らないため、市場に出たタイミングで買い手である販売店が競ると値段が跳ねることがあります。バックオーダー(最終顧客の注文)を受けての入札が重なれば値段は相当に跳ねていきます。
この現象はしばしば起こり、例えば原付バイクのNSR50やモンキーの未走行車が数百万円で取引される事例は、最終顧客であるアラブの王族のバックオーダーを受けた貿易業者が競った結果であったりします。
話が脱線したので....FLHTCUTG103の相場を纏めると。走行距離1万キロ未満の極上車であれば250万円以上での落札は見込めるが、それ以上は幾らになるかは蓋を開けてみないと分からない。となります。
以上の買取相場を踏まえて、査定内容と買取額についてご紹介させて頂きます。(※上記の取引額は、買取業者の転売額=販売業者の仕入れ額に相当するため、200万越えの高額車両の買取相場は97%掛け相当となります)

【FLHTCUTG 107】業者間での取引価格の推移

【FLHTCUTG 107】業者間での取引価格の推移

【FLHTCUTG 103】業者間での取引価格の推移

【FLHTCUTG 103】業者間での取引価格の推移

【FLHTCUTG 103】業者間での取引価格帯

【FLHTCUTG 103】業者間での取引価格帯
spacer for layout

系列の中古ハーレー販売店の強みを生かした買取額

シャッター付きのガレージ内での保管されていたので艶感は文句なしに極上と言えるトライグライドウルトラの2015年モデル。
ミステリアスレッドサングロの外装、クローム塗装のエンジン回りはもちろん、ステップ回りまで綺麗な外観を保持されています。
足回りやフォークの内側など、手が入りにくく洗車も面倒な個所には、目につきにくい部分に錆びや変色などの使用感が出ています。外装の評価点を6点とすると足回りなどは5点といった判定です。
エンジンの機能自体は良好でしたが、エンジンの下部にオイル滲みが見られます。修理を要するほどの量ではないため軽微でありますが査定では減点対象となります。
総合評価は、細部に手を入れ磨きをかけて極上車になる準極上車判定です。

カスタムは、タンクキャップに社外品、リアボックスにハンドレールとモールが取り付けられており、軽いカスタムが施されていますが、 高額な車両価値を考えるとカスタム内容は微々たるもので査定の評価としてはフルノーマルと言えます。(ハーレーの中ではカスタムパーツが異例に少ないトライクシリーズ。現状ではカスタムによる大きなプラス査定が期待できるのはショップ仕様などオリジナル系カスタムとなりそうです)

走行距離は1.78万キロ。トライグライドウルトラ103の中古車としては相対的に多いと言えます。
上段でも述べた通り、250万円以上の転売額が見込めるのは走行1万キロ未満の極上車となっていることから、悩ましいところです。
状態と走行距離を鑑みると業者間市場での取引額は240~250万円想定です。(買い手が競って伸びる可能性もありますが、誠に残念ながら不確定要素は考慮することが出来ません) 踏まえると査定額は235~240万円程度が勝負の限界となるところですが。。
弊社系列店に単店舗ベースで日本で一番中古バイクを売っている販売店があり、そちらでの再販も視野に入れつつ245万円の査定額ごを提示して買取させて頂きました。
買取したミステリアスレッドサングロ 2015年モデルのFLHTCUTG
spacer for layout

FLHTCUTG 103の買取相場

【2014~16年モデル TwinCam103】

【実働車】の業者間オークション市場における、買取時点直近12ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 5台
  • 平均価格: 2,516,400円
  • 最高価格: 2,962,000円
  • 最低価格: 1,826,000円

【事故車・不動車】の業者間オークション市場における、買取時点直近12ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 1台
  • 平均価格: 1,501,000円
  • 最高価格: 1,501,000円
  • 最低価格: 1,501,000円

相場情報:2021年11月18日時点

最新の相場情報は、10秒で買取相場が出る自動査定でチェックして頂けます。


上記金額は、買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の落札データであり、買取業者の転売金額です。
業者間オークション市場とは買取業者と販売業者が参画する競り市場で、年間に約20万台のオートバイが取引される市場です。
買取業者が買取したバイクの約9割は上記市場において転売されています。
その事実が、業者間オークション市場の落札金額が買取業者の査定額の基準値である所以です。
査定現場での買取価格は下記の転売(落札)金額から買取業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります。
査定現場での正味の買取額は、転売金額である落札額から5~10%を割り引いた金額が適正で競争力のある価格となります。
金額にすると単価の安い原付バイクで1万円から、100万円を超える高額車両では6万円までが適正な割引額です。

関連する買取事例

  • ハーレーFLHTCU-I1450買取価格事例
    FLHTCU-Iウルトラクラシックエレクトラグライド

    買取査定価格

    1,130,000円
    2004年式 走行 12,461km
    状態良好のノーマル車
  • 295万円で買取させていただいたハーレーFLHTCUTG1690
    トライグライドウルトラ FLHTCUTG 103

    買取査定価格

    2,950,000円
    2014年式 走行 886km
    走行少ない超極上車
spacer for layout

FLHTCUTG トライグライドウルトラは売ろうと考え時が一番高く売れます

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い

買取査定の安心ステップ

【リピーターやご紹介のお客様が非常に多い】 のは、お客様の立場に立った誠実な査定と相場以上での高額査定が評価されてのことだと自負しております。
事実、パッションのバイク買取査定はお客様満足度95%超!
弊社パッションは最高の接客と特別な買取価格で常にお客様満足度No1を追求しています。
【当社の査定員はみんな査定資格とマナー講習を修了】
お客様が気持ちよく満足してオートバイを売るできる事がとても大切だと考えています。 買取提示価格がお客様のご希望金額に届かない等、御満足頂けない 場合は買取不成立となりますが、その場合もパッションの査定はモチロン無料です! 査定は全て、最初から最後まで無料。安心してお気軽に最高の無料査定をお試しして頂けます。

バイクパッションについて

出張買取エリア

北海道を除く全国で出張査定

【即日対応!資格を持った査定士がお伺いいたします】
全国の支店からご希望日時に出張査定にお伺いしています。弊社の査定員は全員。査定士の資格を取得し、マナー講習を修了しております。
リピーターやご紹介のお客様が非常に多いのには理由がございます。
最高の査定額と最上のご対応でお客様のご期待にお応えいたします。

買取の際に必要なもの

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い
to top