bandit_jikofudo
調整画像 高額買取 お笑い芸人パッション屋良 bandit_jikofudo最強の買取価格
全車種の買取相場

データ最終更新:2020年06月24日

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118

バンディット250買取査定事例|1997年式の不動車

1997年モデル・フラッシュシルバーメタリックのバンディット250不動車 買取価格事例。
外装は非常に綺麗で3年間放置されていたとは思えない状態でしたが、 エンジンの実働化には、キャブレター4発の分解洗浄とバッテリー&プラグ交換に加えて、走行中のエンストの原因特定と修理が必要な点。
また欠品しているシート、要オーバーホールのリアショック、足回りに目立つ劣化などもマイナス査定となりました。 不動車としては実働化コストが平均よりも高くなる判定となってしましましたが、外装が非常に綺麗であった点を最大限評価させて頂いて、不動車の平均買取相場を上回る4.5万円の査定額をお付けさせて頂きました。

1997年の生産終了から緩やかに相場が下落基調にあるバンディット250・・・
最新の相場情報は、10秒で査定額が出る個人情報不要の自動査定でチェックして頂けます。

バンディット250買取価格実例

買取したバンディット250不動車
  • 買取したバンディット250不動車
  • BANDIT250/GJ77A型
  • 盗難被害でシート欠品
  • エンスト後1年放置

総合評点:1点

エンジン0 車体フレーム0 外装0 電気保安0 フロント0 リア0

【評価点の目安】
8点以上:新車 7点:超極上車 6点:極上車
5点:良好車 4点:多少の使用感 3点:難有 2点:劣悪
1点:事故不動
  • バイク名
  • バンディット250
  • 買取価格
  • 45,000円
  • 年式
  • 1997年モデル
  • 走行距離
  • 9,100km
  • 車台番号
  • GJ77A-112
  • カラー
  • フラッシュシルバーメタリック
  • エンジンの状態
  • エンジンかからない不動車
  • 外観の状態
  • 損傷・錆・欠品が目立つ
  • 損傷や事故転倒歴
  • なし
  • カスタムや改造
  • ノーマル車両
  • 買取年月
  • 2012年6月

【不動車/1997年式】バンディット250買取査定内容

買取させて頂きましたのは、1997年モデル・フラッシュシルバーメタリックのバンディット250です。
製造期間が1989~1997年のバンディット250シリーズにあって最終型です (ファイナルモデルとして売り出された一部車種ではファイナルモデルに付加価値が付くことがありますが、残念ながらフバンディット250の最終型に付加価値はなく、1995~1997年のCJ77A型と同じ買取相場となっています・・・)。
さて、買取に話を戻すと「走行中にエンストしてからエンジンがかからなくなって・・・3年ぐらい動かしていないバンディットを見て欲しい」とオーナー様から査定のご依頼を頂戴したしました車両です。
3年ほど放置されていた不動車ということで、車体には劣化が散見されます。走行中のエンストや始動しないエンジンは査定額にどのような影響を与えたのか?
以下に査定内容のトピックをご紹介させて頂きます。

■走行中のエンスト後、始動しなくなった不動エンジン

エンジンがかからなくなってから3年ほど寝かされていたバンディット250。先ずは水冷4気筒エンジンから査定していきます。
バッテリー上がりでセルが回らずエンジンは始動しません。念のためにブースターに繋いでみますがやはり始動いたしません。
長らくエンジンに火を入れていないキャブ車は、劣化したガソリンがキャブ内で詰まりを起こしてエンジンにガソリンが注がれず始動しなくなるケースが多々あります。
キャブ詰まりを発生しているか確認するためにタンク内のガソリンの状態をチェックします。強烈なにおいではありませんが劣化したガソリン独特の臭いが感じられます。
幸いタンク内部にはエンストの原因となる濃い錆びは浮いていません。
キャブレター周辺も白い粉が吹いていて劣化したガソリンがキャブ内で詰まっている気配が濃厚です。
エンジンの実働化に当たっては、キャブレター4発の分解洗浄とバッテリー&プラグ交換は必須の様子。

気になるのは、走行中のエンスト以来エンジンが始動しなくなった点です。
走行中のエンストの原因は多数存在しますが、最も買取価値を下げるのはエンジンの焼き付きや抱き付きです。
オイル量や冷却水の量をチェックいたしましたが規定に近い量が入っています。エンスト時に後輪ロックも発生しなかったということで焼き付きの可能性はなさそうです。
査定中にチェックできるのは時間的に、切れているヒューズや配線がないか?プラグキャップが外れていないか?程度となってしまいます。

エンストの原因を特定して修理するためには、買取後に検査していく必要がありますが、タンク内の異物混入などの単純な作業で終わるケースから、 様々な原因をつぶして最終的にECU、CDI、オルタネーター、ステーターコイルといった電装系トラブルの発見に繋がって修理するまで、原因によってその修理工賃は多岐にわたります。
実働化にかかるコストとしては、キャブレター4発の分解洗浄とバッテリー&プラグ交換に加えて、原因不明のエンストの原因特定と修理の必要性があり、 単純な放置不動車よりも、実働化コストが高く見込まれる分、買取価値を損ねていました。

■車体の劣化や傷

カバーをしっかりかけて保管されていたということで、フラッシュシルバーメタリックの外装やフレームには目立った色褪せがなく綺麗です。
外装で残念だったのは、「バッテリー交換した際に外したままどこかにいってしまった」というシートが欠品となっている点。

車体の上半身や外装は綺麗だったバンディット250ですが、足回りにはやや劣化が目立ちました。
前後のキャストホイールの腐食、色褪せの目立つチェーンケース、腐食の目立つエンジンやキャブレター。
錆びの激しいリアショックは目立つオイル漏れがあり要オーバーホール判定。
またジェネレーターカバー下部には3cm台の削れ傷が刻まれています。
見た目の評価については、外装は綺麗だったものの、シートの欠品や、要オーバーホールのリアショック、足回りの劣化などもあり、総合的な査定評価としては年式並みといったところでしょうか。

■総合評価と買取額

外装は綺麗で3年間放置されていたとは思えないバンディット250でしたが、 エンジンの実働化には、キャブレター4発の分解洗浄とバッテリー&プラグ交換に加えて、走行中のエンストの原因特定と修理の必要性がある点。
シートの欠品、要オーバーホールのリアショック、足回りに目立つ劣化などもあり、不動車としては実働化コストが平均よりも高くなる判定となってしましました。

買取業者の転売先である業者間オークション市場での取引を見ると、GJ77A型のバンディット250は実働車が10.8万円、不動車が6.2万円の平均価格で取引されています。
査定現場での買取額は、転売金額(市場での取引額)から業者の儲けと経費(出品手数料や運送費など)を差し引く必要があり、平均的な買取額は実働車が8.8万円程度、不動車が4.2万円程度となっています。
実働化コストが高くなる懸念はありましたが、外装が非常に綺麗であった点を最大限評価させて頂いて、不動車の平均買取相場を上回る4.5万円の査定額をお付けさせて頂きました。

最新の買取相場をチェック!

上記の買取事例は2012年6月時点の内容です。
バンディット250の相場は生産終了から緩やかに下落傾向にあります・・・

バンディット250のご売却をご検討中のオーナー様は、今後の相場動向が気になるところでしょう。
最新の相場情報は、10秒で査定額が出る個人情報不要の自動査定でチェックして頂けます。

バンディット250の買取相場

バンディット250【GJ77A型】

【実働車】の業者間オークション市場における、買取時点直近3ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 51台
  • 平均価格: 108,392円
  • 最高価格: 254,000円
  • 最低価格: 36,000円

【事故車・不動車】の業者間オークション市場における、買取時点直近6ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 23台
  • 平均価格: 62,478円
  • 最高価格: 140,000円
  • 最低価格: 44,000円
spacer for layout

相場情報:2012年6月20日時点

最新の相場情報は、10秒で買取相場が出る自動査定でチェックして頂けます。

上記金額は、買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の落札データであり、買取業者の転売金額です。
業者間オークション市場とは買取業者と販売業者が参画する競り市場で、年間に約20万台のオートバイが取引される市場です。
買取業者が買取したバイクの約9割は上記市場において転売されています。
その事実が、業者間オークション市場の落札金額が買取業者の査定額の基準値である所以です。
査定現場での買取価格は下記の転売(落札)金額から買取業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります。
査定現場での正味の買取額は、転売金額である落札額から5~10%を割り引いた金額が適正で競争力のある価格となります。
金額にすると単価の安い原付バイクで1万円から、100万円を超える高額車両では6万円までが適正な割引額です。

バンディットに関連する買取事例

  • バンディット1250F
    バンディット1250F

    買取査定価格

    500,000円
    2011年式 3,602km
    外傷目立つ転倒車
    2014年2月買取
spacer for layout

バンディット250-2は売ろうと考え時が一番高く売れます

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い

買取査定の安心ステップ

【リピーターやご紹介のお客様が非常に多い】 のは、お客様の立場に立った誠実な査定と相場以上での高額査定が評価されてのことだと自負しております。
事実、パッションのバイク買取査定はお客様満足度95%超!
弊社パッションは最高の接客と特別な買取価格で常にお客様満足度No1を追求しています。
【当社の査定員はみんな査定資格とマナー講習を修了】
お客様が気持ちよく満足してオートバイを売るできる事がとても大切だと考えています。 買取提示価格がお客様のご希望金額に届かない等、御満足頂けない 場合は買取不成立となりますが、その場合もパッションの査定はモチロン無料です! 査定は全て、最初から最後まで無料。安心してお気軽に最高の無料査定をお試しして頂けます。

バイクパッションについて

出張買取エリア

北海道を除く全国で出張査定
パッションの査定士

【即日対応!資格を持った査定士がお伺いいたします】
全国の支店からご希望日時に出張査定にお伺いしています。弊社の査定員は全員。査定士の資格を取得し、マナー講習を修了しております。
リピーターやご紹介のお客様が非常に多いのには理由がございます。
最高の査定額と最上のご対応でお客様のご期待にお応えいたします。

買取の際に必要なもの

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い
to top