バイクパッション フリーダイヤル tel-0120819118
メニュー開閉ボタン
オンライン査定 相場情報をご案内 無料出張査定 全額現金でお支払い
pcx
調整画像 高額買取 お笑い芸人パッション屋良 pcx最強の買取価格
オンライン査定
詳しい相場情報&お見積りをご返信差上げます
  • 車種名
  • お名前
  • メールアドレス
  • 郵便番号
  • お電話番号
  • 車両状態を選択する(任意)

    お見積が詳細になります

  • ご希望
  • 補足
全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118

PCX125買取査定事例|カウル各所に若干の擦り傷がある2010年式

買取させて頂きましたのは2010年モデル・アステロイドブラックメタリックのPCX。
細かい減点が積み重なり極上車判定には至らなかったものの良好車判定となった1台。
2年落ちのPCX125としては普通にご使用されていた年式並みの評価といえます。
相場的には14万円台の査定額がギリギリ出せる金額でしたが・・・弊社販売店で売れ筋のPCX・・・弊社販売店の仕入れ値として16.8万円で買取させて頂きました。

最新の相場情報は、10秒で査定額が出る個人情報不要の自動査定でチェックして頂けます。

PCX125買取価格実例

16.8万円で買取した2010年モデルのPCX125
  • 16.8万円で買取した2010年モデルのPCX125
  • JF28-100発売初期モデル・アステロイドブラックメタリック
  • シートも綺麗な状態
  • ハンドル周り
  • スクリーンやカウル各所にジ若干の擦り傷
  • エアクリーナーカバーに若干の擦り傷
  • エキパイ、スタンド、ステップに目立たない錆び
  • PCX125左サイドリア

総合評点:5点

エンジン6 車体フレーム5 外装5 電気保安5 フロント5 リア6

【評価点の目安】
8点以上:新車 7点:超極上車 6点:極上車
5点:良好車 4点:多少の使用感 3点:難有 2点:劣悪
1点:事故不動
  • バイク名
  • PCX125
  • 買取価格
  • 168,000円
  • 年式
  • 2010年モデル
  • 走行距離
  • 2,014km
  • 車台番号
  • JF28-100
  • カラー
  • アステロイドブラックメタリック
  • エンジンの状態
  • 良好
  • 外観の状態
  • カウル各所に若干の擦り傷
  • 損傷や事故転倒歴
  • なし
  • カスタムや改造
  • フルノーマル車
  • 買取年月
  • 2012年11月

PCX125 買取査定のポイントや詳細

買取させて頂きましたのは2010年モデル・アステロイドブラックメタリックのPCX。
PCXが新登場して発売された最初の年のモデルです。
発売と同時に原付2種の大ヒット車種となったPCX!ヒット車種に相応しい堅調な買取相場を形成しています。
2010年モデル(型式JF28)の当時の新車価格は29.9万円。
2年前のモデルですが、2012年現在ではフルモデルチェンジや型式変更も実施されておらず最新仕様の2010年式。
はたしてどのような査定額となったのか?査定内容のトピックスをご紹介させて頂きます。

極上には至らず良好車判定に

屋外の半屋根付駐輪場で保管されていたPCX。査定現場で目にした第一印象は「まずまず綺麗な車体」でした。
はたして、実際に各部を検分して査定させて頂くと、大きく減点となるようなマイナス査定は皆無でした。
走行距離も2千キロ台と比較的少なくメーカー公表値でリッター53kmを誇る新開発の水冷・単気筒125ccエンジンにも目立った不調や不具合はなく、外装や車体各所に目立つ傷は見当たりませんでした。
ただし細かい減点が散見されたために極上車判定には至らなかった1台です。

細かいところで買取価値を損なっていた点を列記すると、
エンジン上部からの軽い異音、外装カウル類全体に見られる若干の色褪せや細かい擦り傷、アウターチューブの細かい削れ傷、インナーカバーの使用感、 リアショック・ホイール・スイングアーム・エンジン・エキパイ・ステップなどに散見された錆びなど。
特に極上判定となるような綺麗なPCXと比べると外装全体の艶失せと細かい多数の傷が買取価値に響く結果となりました。

総合的な評価と買取額

細かい減点が積み重なり極上車判定には至らなかったものの良好車を意味する査定の総合評価点は5点プラスとなりました。
2年落ちのPCX125としては普通にご使用されていた年式並みの評価といえます。

最下段でご紹介していますが、買取業者の転売先である業者間オークション市場でPCX125は18.8万円の平均額で取引されています。
最高額は23.8万円となっていますが、20万円台以上で取引されている個体は走行0kmの未使用・未登録の新車が中心となっています。
したがって使用歴のある中古車の上限取引額は19万円台となっています。超極上車が17~19万円台で取引されている相場環境。
良好車の取引額は14~17万円台となっています。
査定させて頂きましたPCX125の想定される取引額=転売金額は16万円程度。
通常であれば16万円から業者の利益と経費(出品手数料や運送費など)を差し引いて14万円程度の査定額となるところ・・・・ 弊社販売店で売れ筋のPCX・・・弊社販売店の仕入れ値として16.8万円で買取させて頂きました。

【2019年3月追記】の買取相場情報

上記内容は2012年11月時点の買取事例です。
2012年11月時点の相場情報に基づいて算出された査定金額です。

買取時点では最新仕様であった2010年モデルですが・・・2019年時点では2世代前の仕様となっています。
2014年のフルモデルチェンジでJF56型に、2018年モデルのフルモデルチェンジでJF81型に進化しているPCX125。
2回のフルモデルチェンジを経て初代JF28型(2010~2012年発売モデル)の買取相場は下落基調にあります。
(参考記事:【型式/年式別】PCXの買取相場

はたして初代JF28型(2010~2012年発売モデル)PCX125の買取相場はどのように変動してきたのでしょうか?
買取業者の転売先である業者間オークション市場の取引データを使用して、初代JF28型(2010~2012年発売モデル)PCX125の買取相場の変遷をご案内差し上げます。
業者間オークション市場での取引額とは、買取業者の転売額であり、また販売業者の仕入れ値です。つまり国内の中古バイクの相場は市場の取引額がベースとなっています。
【2012年 ⇒ 2019年】JF28型PCXの取引相場
【相場の変遷】 平均落札額 最高額 最低額 取引台数
2012年 18.8万円 23.8万円 5.0万円 54台
2015年 16.0万円 23.0万円 6.8万円 80台
2017年 13.3万円 17.8万円 11.0万円 114台
2019年 11.7万円 26.2万円 5.2万円 1565台
(2015~2019年の各2月時点から1年間。買取業者の転売先である業者間オークション市場の落札データを遡った数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)
相場の推移【2012年 ⇒ 2019年】JF28型PCX
spacer for layout

買取額のボリュームゾーンは20万円台半ば

直近1年間で64台の実働車が取引されたMD38型のCRF250M。
取引の最高額は54万円、最低額は20.2万円、平均は28.3万円となっています。
最高額の54万円の個体を除くと、20.2~35.6万円の比較的コンパクトなレンジで取引されていて、48.9~50.3万円だったメーカー希望小売価格の4割強~7割程度の金額で取引されていることがわかります。
この数字は底値が固く堅調といえます。 最高額の54万円で取引された個体は、新車価格を上回る金額で取引されていますが、
その理由はフルパワー化されたエンジンや多数の高価な社外品が評価されたカスタム車となっていますので、中古CRF250Mの実質的な上限取引額は35万円程度と読めます。
評価点別にボリュームゾーンとなっている取引金額帯を見てみると、 極上車(評価点6)は30万円台前半、良好車(評価点5)は25~34万円台、軽い難あり車両(評価点4)は20万円台となっています。
状態(評価点)によって取引される金額にゾーンがあることが見て取れます。MD38型のCRF250Mは状態によって取引相場が読みやすい車種といえるでしょう。 上記の金額はいずれも、市場での取引金額であり、買取金額ではありません。 査定現場での買取額は、上記の取引金額から買取業者の経費(運送費や出品手数料など)と儲けを差し引いた額となります。
250ccの車両は、業者の経費と儲けの合計として3万円程度が適正でお客様にとって競争力のある金額となっています。
状態別に想定される市場での取引額から3万円程度を差し引いた額が競争力のある買取額といえます。
spacer for layout

MD38型|状態別の買取相場

  • ▼状態を表す評価点の目安|CRF250M
  • 評価点6 極上車
  • 評価点5 良好車
  • 評価点4 若干の難あり
  • 評価点3 難あり
  • 評価点2 実働車だが劣悪
  • 評価点1 事故車や不動車
MD38型 CRF250M|評価点別の取引相場
状態/
落札価格帯
評価点
6
評価点
5
評価点
3~4
評価点
1
50~54万円 0台 0台 1台 0台
45~49万円 0台 0台 0台 0台
40~44万円 0台 0台 0台 0台
35~39万円 0台 1台 1台 0台
30~34万円 3台 11台 3台 0台
25~29万円 0台 14台 14台 1台
20~24万円 0台 1台 15台 3台
15~19万円 0台 0台 0台 2台
(2018年6月時点で、業者間市場の落札データを過去1年間遡った数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)

買取額のボリュームゾーンは20万円台半ば

直近1年間で64台の実働車が取引されたMD38型のCRF250M。
取引の最高額は54万円、最低額は20.2万円、平均は28.3万円となっています。
最高額の54万円の個体を除くと、20.2~35.6万円の比較的コンパクトなレンジで取引されていて、48.9~50.3万円だったメーカー希望小売価格の4割強~7割程度の金額で取引されていることがわかります。
この数字は底値が固く堅調といえます。 最高額の54万円で取引された個体は、新車価格を上回る金額で取引されていますが、
その理由はフルパワー化されたエンジンや多数の高価な社外品が評価されたカスタム車となっていますので、中古CRF250Mの実質的な上限取引額は35万円程度と読めます。
評価点別にボリュームゾーンとなっている取引金額帯を見てみると、 極上車(評価点6)は30万円台前半、良好車(評価点5)は25~34万円台、軽い難あり車両(評価点4)は20万円台となっています。
状態(評価点)によって取引される金額にゾーンがあることが見て取れます。MD38型のCRF250Mは状態によって取引相場が読みやすい車種といえるでしょう。 上記の金額はいずれも、市場での取引金額であり、買取金額ではありません。 査定現場での買取額は、上記の取引金額から買取業者の経費(運送費や出品手数料など)と儲けを差し引いた額となります。
250ccの車両は、業者の経費と儲けの合計として3万円程度が適正でお客様にとって競争力のある金額となっています。
状態別に想定される市場での取引額から3万円程度を差し引いた額が競争力のある買取額といえます。

  • ▼査定現場での買取ボリュームゾーン|CRF250M
  • 極上車:27~32万円
  • 良好車:22~31万円
  • 難有車:17~26万円

事故車も底堅い買取相場

事故車や不動車であることを示す評価点1のMD38型CRF250Mは直近1年間で5台が取引されました。
取引の最高額は25.2万円、最低額は16.8万円、平均は20.8万円となっています。
最低額の16.8万円と18で取引された個体はフロントフォークが大きくゆがんでいる事故車です。
20万円台で取引された3台は、写真からは損傷個所を特定できない綺麗な車体に見えますが、エンジン始動の記載があるので、微妙にフロントフォークが歪んでいる可能性がありそうです。
以上のように、フロントフォークが大きくゆがむ事故車でも10万円台後半の取引額となるように、CRF250Mの取引相場は非常に底堅いと言えます。

  • ▼事故車の買取相場|CRF250M
  • 故障車:10万円台後半
  • フォーク歪み:10万円台前半
  • 全損事故車:数万円から
spacer for layout

★★★★★

相場の推移【2012年 ⇒ 2019年】JF28型PCX
MD38型 CRF250M|評価点別の取引相場
状態/
落札価格帯
評価点
6
評価点
5
評価点
3~4
評価点
1
50~54万円 0台 0台 1台 0台
45~49万円 0台 0台 0台 0台
40~44万円 0台 0台 0台 0台
35~39万円 0台 1台 1台 0台
30~34万円 3台 11台 3台 0台
25~29万円 0台 14台 14台 1台
20~24万円 0台 1台 15台 3台
15~19万円 0台 0台 0台 2台
(2018年6月時点で、業者間市場の落札データを過去1年間遡った数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)

買取額のボリュームゾーンは20万円台半ば

●●●●●テーブルに対応するテキストブロック●●●●●
直近1年間で64台の実働車が取引されたMD38型のCRF250M。
取引の最高額は54万円、最低額は20.2万円、平均は28.3万円となっています。
最高額の54万円の個体を除くと、20.2~35.6万円の比較的コンパクトなレンジで取引されていて、48.9~50.3万円だったメーカー希望小売価格の4割強~7割程度の金額で取引されていることがわかります。
この数字は底値が固く堅調といえます。 最高額の54万円で取引された個体は、新車価格を上回る金額で取引されていますが、
その理由はフルパワー化されたエンジンや多数の高価な社外品が評価されたカスタム車となっていますので、中古CRF250Mの実質的な上限取引額は35万円程度と読めます。
評価点別にボリュームゾーンとなっている取引金額帯を見てみると、 極上車(評価点6)は30万円台前半、良好車(評価点5)は25~34万円台、軽い難あり車両(評価点4)は20万円台となっています。
状態(評価点)によって取引される金額にゾーンがあることが見て取れます。MD38型のCRF250Mは状態によって取引相場が読みやすい車種といえるでしょう。 上記の金額はいずれも、市場での取引金額であり、買取金額ではありません。 査定現場での買取額は、上記の取引金額から買取業者の経費(運送費や出品手数料など)と儲けを差し引いた額となります。
250ccの車両は、業者の経費と儲けの合計として3万円程度が適正でお客様にとって競争力のある金額となっています。
状態別に想定される市場での取引額から3万円程度を差し引いた額が競争力のある買取額といえます。

spacer for layout
相場の推移【2012年 ⇒ 2019年】JF28型PCX
【2012年 ⇒ 2019年】JF28型PCXの取引相場
【相場の変遷】 平均落札額 最高額 最低額 取引台数
2012年 18.8万円 23.8万円 5.0万円 54台
2015年 16.0万円 23.0万円 6.8万円 80台
2017年 13.3万円 17.8万円 11.0万円 114台
2019年 11.7万円 26.2万円 5.2万円 1565台
(2015~2019年の各2月時点から1年間。買取業者の転売先である業者間オークション市場の落札データを遡った数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)

JF56型の流通以降に下落が顕著に

上記は、買取業者の転売先である業者間オークション市場の取引金額の推移をまとめた表です。
JF28型PCX(2010~2012年発売モデル)に絞って、2012~2019年の推移を比較しています。
中古オートバイの取引相場は夏に高く冬に低くなる季節性があるため、2012年・2015年・2017年は11月時点から直近1カ月間を遡った数字、2019年は過去1年間を遡った数字となっています。 そのため、2019年の取引台数が突出して多くなっています。

さて、平均取引額の推移を見ると、2012年が18.8万円、2015年が16.0万円、2017年が13.3万円、2019年が11.7万円となっています。
やはり、2014年と2018年に実施された2回のフルモデルチェンジの影響が大きく、新型仕様(JF56/JF81)が業者間市場で流通され始めたタイミングで大きく相場が下落していることが読み取れます。
最高取引額に着目すると2017年に比べて2019年の方が大きく向上していますが、2019年3月時点から過去1年間遡って取引されてた1,565台のうち、18万円以上で取引された個体はわずか7台ですので、 実質的な最高金額は17万円台となっています。
現行の最新仕様であるJF81型が発売されたのが2018年の3月で、既に1年間が経過していますが中古市場への流入はまだ少なく、 今後、最新モデルの流通数が膨らんでくるに従って初代JF28型の相場下落は更に進行していくことが予想されます
初代JF28型PCXの売却をご検討中のオーナー様におかれましては、早めの売却が高額査定の近道といえる相場環境となっています。

弊社バイクパッションの直営販売店で売れ筋のPCX!
業者間市場への転売金額を前提とした買取額ではなく、販売店での仕入れ価格で買取できる可能性が大!
販売店仕入れ価格となった場合、最大で15%程度査定額を上澄みすることが出来ます。
PCXの買取査定は首都圏最大級の販売店を有するパッションにお任せください!

最新の買取相場をチェック!

上記の相場情報は2019年3月時点の内容です。

近年の中古市場で最も流通数が多い原付2種であるPCXですが、フルモデルチェンジを境にして買取相場が大きく変動しています・・・
ご売却をご検討中のオーナー様は、最新の相場動向が気になるところでしょう。
最新の相場情報は、10秒で査定額が出る個人情報不要の自動査定でチェックして頂けます。
買取させて頂きましたのは、2017年モデルのFLSSソフテイルスリムS。
査定に呼んでいただきましたのは今回がハーレー4回目のご売却となるお客様で、埼玉県にある知る人ぞ知る有名な高級輸入車のディーラー様です。
査定現場となった高級外車がズラッと並ぶショールームで一目見たFLSS ソフテイルスリムSは「非常に綺麗」の一言。
ただし実際に査定させて頂くと車体左側に転倒傷が・・・はたして転倒傷は査定額にどのような影響を与えたのか?走行距離31kmの超極上車の査定内容をご紹介させて頂きます。

劣化の殆どない見た目は極上車

ベースカラーのビビッドブラックよりも約4万円高い253万円というメーカー希望小売価格が設定されたオリーブゴールドデニムのFLSSソフテイルスリムS。
オーナー様は新車でご購入された後、数回乗っただけでディーラーさんにお預けされていたそうで空調が完備されたショールームで保管されていたため車体にはほとんど劣化が見られません。
唯一錆が目立ったのはリアのスプロケの目立たない箇所。 その他、ホイールリムやスポーク、エンジンなどの細かい部分に細かい錆びや腐食が浮き、マフラーには水垢や細かい傷が付着していましたが、 買取後に1日がかりの丁寧な研磨やコーティングを施すことよって新車に近い輝きを取り戻せる高いポテンシャルを保持していました。
中古ハーレーの購入希望者にとって重要である見た目の美しさは非常に高い買取価値を維持していたFLSSソフテイルスリムSです。
リアディスクブレーキローターの錆
spacer for layout

車体左側の立ちごけ傷が大幅なマイナス査定に

見た目の綺麗さは極上判定となったFLSSソフテイルスリムSですが、全体の査定の中で最大の減点となったのが車体左側各所に刻まれた立ちごけ傷。
車両重量321kgの車体にフュエルタンクに約19リットルのガソリンが入っていると、総重量は約340kg。立ちごけであってもその衝撃は自重によってとても大きなものとなります。
その衝撃を物語るように、星形のプリントが施されたタンクにテニスボール大の凹みが入っています。
その他、立ちごけによる損傷はジェネレーターカバーの削れ、ミラースタンドとミラーの削れ、クラッチレバー先端の削れです。
ミラーやクラッチレバーは安価にパーツ交換できますが、タンクやジェネレーターカバーは比較的高価な部品となります。

査定価格に与える影響ですが、修理費用と再販時に想定する車両状態に連動します。
車体が綺麗な新古車なだけにタンクが凹んでいる状態では高い再販価格は見込めないでしょう。
販売する際の状態としては走行距離も31kmと若いだけに完璧に直してほぼ新車として売り出したほうが売れやすいでしょう。
そこで全ての要交換パーツをハレーの純正パーツに変えた場合の費用ですが、タンクは軽く20万円以上、ジェネレーターカバーは4万円程度、クラッチレバーは 1万円程度、ミラーは2~3万円程度と総額で約30万円超となってしまいます。
これだけの金額を販売価格に転嫁するのはなかなか難しい側面があります。
特別な塗装が施されていないジェネレーターカバー、ミラー、クラッチレバーは安価なリプロパーツを再利用することが出来ますが、 ハーレー独自のオリジナル塗装が施された外装パーツは リプロパーツの存在はおろか、国内唯一のハレー指定工場以外では再現することすら出来ません。

更にハーレー特有の専門的な話をすると、
純正パーツはブランド維持(コピー対策)の一環として非常に高額な設定となっておりまた厳重に管理されています。
また、塗装は国内ではハーレー直営の1つの工場にしか塗料がなく、国内一か所の指定工場以外ではメーカー塗装を再現することは不可能となっています。
2017年モデルのFLSSソフテイルスリムSの場合、指定工場で塗装した場合の塗装費用は15万円程度掛かります。また納期も1カ月程度を見込む必要があります。

ハーレーの凹んでいるタンクを修復しようとした場合、
5年落ち以上の一般的な中古車といえる状態であればパテ埋めした後にカスタムペイントを施して、カスタム車として再販する手もあります。
しかしながら発売年時の若い新古車となるとノーマルが高くれるため、カスタム塗装では値を下げてしまいます。
上記のような修理費用を踏まえると、テニスボール大の凹みであるタンクに関して、中古ハーレー販売店では20万円以上の修理費用が前提となることを瞬時に見抜きます。
ジェネレーターカバー、クラッチレバー、ミラーはリプロパーツを使用するにしても総額で25万円程度の修理費用は必須となることが分かります。
凹んでるタンクにも多少の価値はありますが、修理が前提となるためその流通価値は1~2万円程度まで減額されてしまいます。
よって、新古車状態のFLSSソフテイルスリムSの立ちごけによる損傷のマイナス査定額は約25万円と見積もることが出来ます。
タンクにプリントされたスター付近にテニスボール大の凹み
spacer for layout

PCX125の査定相場

PCX125(JF28/NC125D)

【実働車】の業者間オークション市場における、買取時点直近1ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 54台
  • 平均価格: 188,741円
  • 最高価格: 238,000円
  • 最低価格: 50,000円

【事故車・不動車】の業者間オークション市場における、買取時点直近3ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 53台
  • 平均価格: 102,132円
  • 最高価格: 151,000円
  • 最低価格: 15,000円
spacer for layout

相場情報:2012年11月14日時点

最新の相場情報は、10秒で買取相場が出る自動査定でチェックして頂けます。

上記金額は、買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の落札データであり、買取業者の転売金額です。
業者間オークション市場とは買取業者と販売業者が参画する競り市場で、年間に約20万台のオートバイが取引される市場です。
買取業者が買取したバイクの約9割は上記市場において転売されています。
その事実が、業者間オークション市場の落札金額が買取業者の査定額の基準値である所以です。
査定現場での買取価格は下記の転売(落札)金額から買取業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります。
査定現場での正味の買取額は、転売金額である落札額から5~10%を割り引いた金額が適正で競争力のある価格となります。
金額にすると単価の安い原付バイクで1万円から、100万円を超える高額車両では6万円までが適正な割引額です。

PCXに関連する買取事例

  • PCX125
    PCX125タイ仕様

    買取査定価格

    178,000円
    JF28/EU仕様 走行 1,603km
    所々に小傷や錆の出始め
    2013年12月買取
spacer for layout

PCX125は売ろうと考え時が一番高く売れます

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い

買取査定の安心ステップ

【リピーターやご紹介のお客様が非常に多い】 のは、お客様の立場に立った誠実な査定と相場以上での高額査定が評価されてのことだと自負しております。
事実、パッションのバイク買取査定はお客様満足度95%超!
弊社パッションは最高の接客と特別な買取価格で常にお客様満足度No1を追求しています。
【当社の査定員はみんな査定資格とマナー講習を修了】
お客様が気持ちよく満足してオートバイを売るできる事がとても大切だと考えています。 買取提示価格がお客様のご希望金額に届かない等、御満足頂けない 場合は買取不成立となりますが、その場合もパッションの査定はモチロン無料です! 査定は全て、最初から最後まで無料。安心してお気軽に最高の無料査定をお試しして頂けます。

バイクパッションについて

出張買取エリア

北海道を除く全国で出張査定

【即日対応!資格を持った査定士がお伺いいたします】
全国の支店からご希望日時に出張査定にお伺いしています。弊社の査定員は全員。査定士の資格を取得し、マナー講習を修了しております。
リピーターやご紹介のお客様が非常に多いのには理由がございます。
最高の査定額と最上のご対応でお客様のご期待にお応えいたします。

買取の際に必要なもの

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い
to top