直線 炎 個人情報不要 リアル金額 自動査定 調整画像 パッション屋良とバイク お笑い芸人パッション屋良

全車種
の査定相場

  • 良好~極上最高値とは型式の平均的な状態より綺麗で状態の良い車両の買取額。
    最高額は買取業界の9割超の売却先である業者間オークションでの最高落札額
    0
  • 買取平均平均相場とはボリュームゾーンである平均的な買取価格帯
    0
  • 取引数落札台数とは買取業界の9割超の売却先である業者間オークションで落札された台数
    0 12ヵ月間

データ最終更新 2017,8/16平均相場とはデータは最新の状態に毎週更新されています

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種名
  • 総合状態
  • 走行距離
査定を予約する

時代を先取りした栄光なきクラシック ~ホンダGB400TTシリーズの歴史~

レーサーレプリカが全盛を極め、各メーカーのスペック争いが白熱した1985年、GB250クラブマンの上位モデルとしてGB400TT ツーリストトロフィーは生まれました。
オフロードモデル・XR500Rの4ストシングルエンジンをベースに、SOHC4バルブという構成は最高出力40psを生み出し、高回転でキレのよい加速力を生み出す元気のよさを見せるモデルとなっていました。
GB400TTは外装もこだわりを持って作られ、「グレート・ブリテン」という意味を持って名付けられた車名に相応しい見事な出来映えを誇るモデルとなりました。

しかし、当時はスペック・ルックスに優れたレーサーレプリカ人気が高く、それ以外のジャンルはかろうじてオフロードが安定しているような状況であり、GB400TTはセールスが伸ばせず88年をもって販売終了となりました。
その見事なデザインは非常に洗練された美しさがあり、現代でも十分通用する見事な出来映えでしたが、生まれてくる時代が悪かったと言うべきでしょうか。
ほぼ同時期にリリースされたGB400TT MkIIも同じ時をもってその生産を終え、わずか3年の短いリリースに幕を下ろしました。

クラシカルな外見ながら、随所に当時の新技術の粋が集められたGB400TTシリーズの歴史を紐解いてみましょう。

GB400TT買取価格実例一覧

  • GB400TT買取

    GB400TT

    80,000円

    走行 22,539km
    各所劣化目立つ

GB400TT事故車・不動車

  • GB400TT mkⅡ

    GB400TT MkⅡ不動車

    98,000円

    88年式 走行 30,541km
    エンジン不動も実動に近い状態

ハイスペックエンジンと設計の良さが光るネオクラシック ~ホンダ GB400TT ツーリストトロフィー~

1985年に登場したGB400TTは、開発当初CBシリーズの一員として設計されていました。
時代の先端を担うシリーズという位置付けであるCBシリーズのコンセプト通り、最先端の技術が随所に詰め込まれています。
1961年にホンダが初優勝を果たした世界的大レース・マン島TTにちなみ、「ツーリストトロフィー」のサブネームに恥じない堂々たる設計と言ってもよいでしょう。

セミダブルクレードルフレームに35mm径のフロントフォークと2本のリアサスを配し、レトロスタイルでありながら高い安定性をキープ。
アルミ製の前後ホイールで軽量化と、クラシックデザインで考えられる限りの配慮がなされています。
GB400TTのエンジンはXR500Rをベースとし、放射状4バルブ方式燃焼室「RFVC」(Radial Four Valve Combustion Chamber)を採用。
この機関は単気筒エンジンでありながら、最高出力34ps/7,500rpmという高出力を実現し、優れた燃費性能を発揮しました。
GB400TTは車体バランスも見事な調和が取れており、全長2,100mm×全幅690mm×全高1,060mmと扱いやすいベストバランスと言えるサイズです。
同時期のライバルと目された、ヤマハ・SRシリーズが低速時のトルクを活かしてトコトコ走ることを楽しむのとは対照的に、高回転域でのパンチが効いた加速を楽しむ仕様となっています。
これはまさにマン島TTの常連であったイギリス・トライアンフを彷彿とさせるもので、「グレート・ブリテン」&「ツーリストトロフィー」の名に相応しい作りと言っても過言ではありません。

GB400TTが誕生した80年代は一言で言えば「テイストレス」の時代でしたが、GB400TTの作り込みは非常に高く、バイク本来の多彩な楽しみ方を提案する試みがなされていたと言うべきでしょうか。
鍛造ジュラルミン製ハンドルや上質なスチールを多用した各パーツ、クロムメッキ仕上げなど随所に光るものが多数見受けられました。
GB400TTは、CBシリーズに連なるものとして作られながら、上層部の一言でCBの名を与えられなかった不遇の名車でもあります。
開発陣が絶対の自信を持って生み出したモデルでしたが、上層部には「CBシリーズは時代の先端を進んでいくシリーズ。
このバイクは時代に逆行している感じだ。」という評価を受け、GBというm名称を与えられました。
フロントからテールエンドまで、流れるような一体感のある美しさと、ハイスペックな仕様は紛れもなくCBシリーズそのものでしたが、この時の評価がGB400TTシリーズの命運を決していたのかも知れません。

GB400TTはその見事な仕様ながら、レーサーレプリカ人気の流れに勝つことはできず、88年を持って生産・販売を終えることになりました。
1989年にカワサキ・ゼファー400が登場し、レーサーレプリカの牙城を切り崩し、バイクの楽しみ方を世に問いかけた前年であることを考えると何とも皮肉で儚い命でした。

GB400TTは、リリース開始から生産終了まで大きな仕様変更はなく、カラーリング変更のみに留まりました。
87年モデルにはエンジンパーツがガンメタリックに塗装され、各パーツのグレードが高い特別仕様車が追加されましたが、程なく生産終了が決定。
88年モデルとの兼用となり、短い生産期間となりましたが、以下はGB400TT ツーリストトロフィーが辿った遍歴となります。

年式カラーバリエーション/型番仕様変更点
1985年シルバー
ブラック

PC16
ニューモデルとして登場。
XR500Rのエンジンをベースにした元気の良い高回転型エンジンを搭載。
1ヶ月遅れでロケットカウル装着のカフェレーサー仕様・GB400TT MkIIも販売となる。
1987年シルバー
シルバー&ネイビー(特別仕様車)

PC16
カラーリング変更。最終モデルとなる。
立体エンブレムを配し前後フェンダーをクロムメッキ仕上げとした特別仕様車を追加。
1988年ツートンシルバー

PC16
カラーリング変更となるも、程なく生産終了が決定し最終モデルとなる。
諸元変更はシリーズを通じて行われず、全モデル共通スペックのまま生産を終える。

ホンダ GB400TT ツーリストトロフィー スペックシート

全長×全幅×全高2,100mm×690mm×1,060mm
エンジン形式空冷4ストロークSOHC4バルブ並列単気筒
総排気量399cc
最高出力34ps/7,500rpm
最大トルク3.4kg-m/7,500rpm

ロケットカウルとシングルシート装着のカフェレーサー ~ホンダ GB400TT MkII ツーリストトロフィー~

GB400TT ツーリストトロフィーに遅れること一ヶ月、カフェレーサー仕様のGB400TT MkIIが追加販売されました。
流形が美しいハーフタイプのロケットカウルとシングルシートを装着し、本格的なカフェレーサースタイルで抜群のスタイルを誇りました。

ベースとなったGB400TTと比べるとミラー形状が四角形となり、カウル装着によってハンドルの切れ角を殺さない配慮がなされています。
高回転型で伸びのよいエンジンと風防効果のロケットカウルとの相性もよく、ワインディングではスポーツ走行を楽しめる仕様となりました。
ヒラリヒラリと乗り手の思う通りに操れる一体感は特筆モノで、クラシックスタイルでもスポーツ走行を楽しむことができることを証明してみました。

車体の諸元はGB400TTと共通で、カラーリングは88年の販売終了まで一貫してシルバーのみが販売。
元々年間4,000台のみの限定生産車として製造されており、価格は3万円UPとなりましたが、現在でも愛好家の間では人気を維持しています。

ホンダ GB400TT MkII ツーリストトロフィー スペックシート

全長×全幅×全高2,100mm×690mm×1,215mm
エンジン形式空冷4ストロークSOHC4バルブ並列単気筒
総排気量399cc
最高出力34ps/7,500rpm
最大トルク3.4kg-m/7,500rpm

追加販売となった最上位クラス ~ホンダ GB500TT ツーリストトロフィー~

GB400TT MkIIと同じく、GB400TT ツーリストトロフィーに遅れること一ヶ月後に追加販売となったのがGB500TT ツーリストトロフィーです。
GB400TTと共通の車体を持ち、エンジンは輸出用車両であるXR500RDをベースに開発。
最高出力40ps/7,000rpmと高出力を誇り、7.2kgf・m/5,500rpmの太いトルクで安定感も向上しています。
高回転型のGB400TTと比較すると、GB500TTはまんべんなくパワーを発揮する中速仕様に仕上げられており、この当時のモデルとしては非常に守備範囲の広いマシンと言えます。

GB500TTはGB400TTとは対照的に、ストッパー付のシングルシートを採用し、GB400TTよりも走りを意識したモデルという位置付けとなっています。
車体色も生産終了までブラックとブラウンという暗色で統一され、シックな印象の強いネオクラシックとしてファンの間でも認知されています。
年間生産台数2,000台という限定モデルであったため、現在では中古車市場でも稀少車として扱われています。

ホンダ GB400TT MkII ツーリストトロフィー スペックシート

全長×全幅×全高2,100mm×690mm×1,060mm
エンジン形式空冷4ストロークSOHC4バルブ並列単気筒
総排気量498cc
最高出力40ps/0,500rpm
最大トルク7.2kg-m/5,500rpm
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
GB400TT買取査定お任せください
買取査定お任せください

GB400TTは売ろうと考え時が一番高く売れます

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118