廃車処分予定のバイクに査定額が付いたイメージ
調整画像 高額買取 お笑い芸人パッション屋良 え~ッ!値段が付いた
全車種の買取相場

データ最終更新:2020年07月03日

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118

【無料】バイク引取り回収事例|欠品や劣化でスクラップ同然のGB400TT

廃車処分のご依頼を頂いて無料での引き取り回収となったバイクは、錆錆び錆びで金属は朽ち、欠品も多くスクラップ同然の車両状態となっていた1985年式 GB400TT。
外装がなく部品取りの価値もその劣化状況から厳しい状態
既に発売から30年経過のため、パーツの状態次第ではありますが、安定した相場をつけている車種でもあります。 不動車でも値段がつけられるケースが多くありますが、ここまでの状態になってしまうと、無料回収で引取りとなってしまいます。

GB400TT 無料引取り回収事例

無料引き取りとなったGB400TT
  • 無料引き取りとなったGB400TT
  • 年式は1986年
  • 走行距離は不明です
  • フロントタイヤ部分
  • エンジンは不動です
  • 再び動くには相当な手入れが必要そうです
  • ヘッドライト部分
  • 後方のフォルム
  • スクラップ車両といってもよいでしょう
  • 事故歴は不明
  • 車体番号はNC20-100
  • マフラー部分

総合評点:1点

【評価点の目安】
8点以上:新車 7点:超極上車 6点:極上車
5点:良好車 4点:多少の使用感 3点:難有 2点:劣悪
1点:事故不動
  • バイク名
  • GB400TT
  • 査定額
  • 無料引き取り
    廃車手続きも当社で無料代行
  • 廃車手続き
  • (登録書類が無くてもご名義が分れば) 弊社で無料代行。後日、廃車証のコピーをご郵送致します
  • 年式
  • 1985年式
  • 走行距離
  • 不明
  • 車台番号
  • NC20-100
  • エンジンの状態
  • ボルト類は錆で固着、始動は確認できません。
  • 外観の状態
  • タンクやサイドカバーなど欠品、メッキパーツは錆で覆われています
  • 損傷や事故転倒歴
  • 足回り脆く自立できません
  • 引き取り年月
  • 2016年12月

【格安の費用で処分回収となった、劣化で自立すらできないスクラップ】GB400TTの査定内容

外装がなく、エンジン不動。部品取り車としての価値も難しい状態のGB400TT。
本来は処分代が必要となりますが、パッションなら無料で引き取らせていただいています。
今回はそんなGB400TTオーナーの一人・奈良県大和郡山市在住の菅原様よりGB400TTの処分相談を頂きました。
ご挨拶を済ませ、さっそく敷地内のGB400TTの元へご案内して頂くことに。
走行距離は不明です
spacer for layout

使えるパーツは全て取り尽くしたGB400TT。処分費用は必要?

拝見させて頂いたGB400TTは、使える外装パーツがほぼ全て取り尽くされた部品取り車。
菅原様は別途GB500TTをご所有で、そのシートと交換したらしくGB500TTのシングルシートが装着されていました。
フルサイズの車体を持つ兄弟車だけに、玉数がめっきり減りつつあるGB400TTのオーナー様は、こうしたスペア車両をキープしている方が多数おられます。
無料引き取りとなったGB400TT
spacer for layout
ハンドル周りは腐食が激しく、錆を全て落とし切るのは困難。
社外品ライト・ステーに換装されていましたが、さすがにこのコンディションではプラス査定とはなりませんでした。
ヘッドライト部分
spacer for layout
FフェンダーもGB400TTでは貴重な社外品ですが、元のメッキがかすかに残る程度で表面はざらりとした状態。
錆もそこかしこに発生し、ホイールと合わせて評価が難しいコンディションでした。
フロントタイヤ部分
spacer for layout
エキパイ・リアショックは錆だらけで、再利用は難しいレベルです。
フレームは錆が目立ちますが、事故車両でないため異常がなさげなのが救いではあります。
エンジンは不動です
spacer for layout
バッテリーも外されており、吸気系もこの通りの状態であるため、再利用は厳しいものと言えます。
シートの裂け目が大きく、パーツとして再利用できる箇所は全滅状態です。
再び動くには相当な手入れが必要そうです
spacer for layout
左側駆動系も相応の錆が発生しています。
特にマフラーはひどく、スプロケットもかなりの錆で移植用パーツとしては再利用に耐えないものでした。
マフラー部分
spacer for layout
まさに使えるところは全て使い切った後、といった状態のGB400TTでした。
車体番号はNC20-100
spacer for layout

菅原様のご同意でGB400TTを引き取らせて頂くことに。パッションなら処分費は\0!

菅原様のGB400TT、巡回のバイク回収業者では\15,000の処分費用を請求される見積もりであったため、無料引き取りという形で当日引取りとなりました。

GB400TT・GB500TTは菅原様のようにパーツストックを抱えているオーナー様も多く、今回のように部品を取り尽くした車両も珍しくありません。
中古車市場では高額となるモデルではありませんが、発売から30年以上経過しているとパーツ自体もデッドストック。
そのため、フレームに深刻なダメージがなければ書類付フレームとして査定が可能です。
不動車でも状態次第ではお値段をつけさせて頂ける可能性があると言えるでしょう。 今回のGB400TTはほぼ全てのパーツが全滅に近い状態であった事、エンジンも再生不可のレベルであったため、総合的な評価は「1」とさせて頂きました。

新しすぎたネオクラシック ホンダ GB400TT ツーリストトロフィー

「知り尽くした人にこそ美味しい。モーターサイクルグルメたちのGB」
このキャッチコピーで1985年に登場したホンダ GB400TT ツーリストトロフィーは、誕生が3年早すぎた斬新なシングルスポーツでした。

GB400TTは、83年に販売を開始していた250ccクラスの名車・GB250クラブマンの上位モデルといった位置付けでデビューしました。
美しい造形デザインで気品ある作りとし、クラシカルな佇まいながらも、中身はホンダテクノロジーの粋が集められた新しいタイプのシングルスポーツでした。
ホンダが世界の頂点に立った格調高い大レース・マン島ツーリストトロフィーにちなみ、その略称であるTTが付されたのは技術陣の思い入れの強さの証でしょう。
あえて時代の最先端ではなく、往年の栄光のクラシックデザインを採用したGB400TTでしたが、それは上層部の評価によって一転暗い足取りを歩むことになりました。

当初、CBシリーズの一員となるべく作られたGBシリーズでしたが、「ホンダのCBシリーズは先端を担うシリーズ。
クラシカルなバイクにCBの名は相応しくない。」という評価を下されました。
これにより、ブリティッシュスタイルをイメージしたGB250クラブマンは、グレート・ブリテンの頭文字を取り、GBと名付けられることに。
紛れもなくCBシリーズ伝統のエンジンと高性能を持ちながらも、涙を飲まされた悲劇のスポーツシングル・GB400TT。
GB400TTが発売された80年台後半は、レーサーレプリカの全盛期でもあり、セールスが振るわなかったGB400TTはわずか3年で生産が打ち切られました。
登場があと3年遅ければ、カワサキ・ゼファー400が切り拓いたバイクの原点を見直すファンに評価され、異なる評価を得ていたのは疑いようがないだけに残念です。
言うなれば「新しすぎたネオクラシック」とも言えます。

わずか3年度で生産を終えたGB400TTの玉数は現在非常に少なく、GB400TTオーナーの中には部品取り車を確保しているケースが多々あります。

GB400TTの買取相場

GB400TT

フルノーマル状態で完成されたクラシック感を持つGB400TTは、ホンダ車では珍しく極めて評価が低かったモデルでした。
しかし、カワサキ・ゼファー400がレーサーレプリカの牙城を崩して以降は見直されるようになり、中古車としてはまずまずの人気があります。
ヤマハ・SRよりも手軽に入手でき、高回転型でスロットルを開けて走りを楽しむ仕様は、走れるクラシックを探している方に向いた一台です。

年々中古パーツとしての流通も少なくなっており、菅原様のように不動車のGB400TTをスペア用に所有されているオーナー様も珍しくありません。
鍛造ジュラルミン製ハンドルや、前後フェンダー・サイドカバーに上質なスチールを使用したGB400TTは質感が高く、一種のエレガントさがあります。 現代のハイテクモデルに飽きた方がレストアするケースもあり、古い不人気車だから値段がつかない、というわけでもありません。

あなたにとって不要車でも、パーツとしてお探しのGB400TTファンの方へ橋渡しさせて頂ける可能性がございます。
まずはお気軽にお問い合わせを!

【実働車】の業者間オークション市場における、買取時点直近12ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 20台
  • 平均価格: 92,200円
  • 最高価格: 150,000円
  • 最低価格: 46,000円

【事故車・不動車】の業者間オークション市場における、買取時点直近12ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 11台
  • 平均価格: 65,000円
  • 最高価格: 143,000円
  • 最低価格: 43,000円
spacer for layout

相場情報:2016年12月時点

最新の相場情報は、10秒で買取相場が出る自動査定でチェックして頂けます。

上記金額は、買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の落札データであり、買取業者の転売金額です。
業者間オークション市場とは買取業者と販売業者が参画する競り市場で、年間に約20万台のオートバイが取引される市場です。
買取業者が買取したバイクの約9割は上記市場において転売されています。
その事実が、業者間オークション市場の落札金額が買取業者の査定額の基準値である所以です。
査定現場での買取価格は下記の転売(落札)金額から買取業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります。
査定現場での正味の買取額は、転売金額である落札額から5~10%を割り引いた金額が適正で競争力のある価格となります。
金額にすると単価の安い原付バイクで1万円から、100万円を超える高額車両では6万円までが適正な割引額です。

GB400TTに関連する買取事例

  • GB400TT買取
    GB400TT

    買取査定価格

    80,000円
    走行 22,539km
    各所劣化目立つ
spacer for layout

GB400TT事故車・不動車に関連する買取事例

  • GB400TT mkⅡ
    GB400TT MkⅡ不動車

    買取査定価格

    98,000円
    88年式 走行 30,541km
    エンジン不動も実動に近い状態
spacer for layout

廃車処分予定のスクラップバイクも手放そうと思った時が最も価値があります

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い

買取査定の安心ステップ

【リピーターやご紹介のお客様が非常に多い】 のは、お客様の立場に立った誠実な査定と相場以上での高額査定が評価されてのことだと自負しております。
事実、パッションのバイク買取査定はお客様満足度95%超!
弊社パッションは最高の接客と特別な買取価格で常にお客様満足度No1を追求しています。
【当社の査定員はみんな査定資格とマナー講習を修了】
お客様が気持ちよく満足してオートバイを売るできる事がとても大切だと考えています。 買取提示価格がお客様のご希望金額に届かない等、御満足頂けない 場合は買取不成立となりますが、その場合もパッションの査定はモチロン無料です! 査定は全て、最初から最後まで無料。安心してお気軽に最高の無料査定をお試しして頂けます。

バイクパッションについて

出張買取エリア

北海道を除く全国で出張査定
パッションの査定士

【即日対応!資格を持った査定士がお伺いいたします】
全国の支店からご希望日時に出張査定にお伺いしています。弊社の査定員は全員。査定士の資格を取得し、マナー講習を修了しております。
リピーターやご紹介のお客様が非常に多いのには理由がございます。
最高の査定額と最上のご対応でお客様のご期待にお応えいたします。

買取の際に必要なもの

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い
to top