全車種
の査定相場

  • 良好~極上最高値とは型式の平均的な状態より綺麗で状態の良い車両の買取額。
    最高額は買取業界の9割超の売却先である業者間オークションでの最高落札額
    0
  • 買取平均平均相場とはボリュームゾーンである平均的な買取価格帯
    0
  • 取引数落札台数とは買取業界の9割超の売却先である業者間オークションで落札された台数
    0 12ヵ月間

データ最終更新 2018,3/16平均相場とはデータは最新の状態に毎週更新されています

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種名
  • 総合状態
  • 走行距離
査定を予約する

漏れている液体の判別方法とその種類別の対処法

バイクの故障と修理 豆知識

エンジンが動かなくなった、故障した、キックが降りない、セルが回らない、ブレーキが効かない等
バイク故障・バイク整備修理やトラブルに関することに
パッション横浜本店の整備士が簡単にお答えしています

漏れている液体の正体は。オイル?ガソリン?フルード?クーラント?

症状
駐輪場の路面に洩れた液体が溜まっている。
エンジンオイル?クーラント(ラジエター冷却液)?ブレーキフルード?ガソリン?
ガソリン臭なのだが、黒く触ると粘性がありドロドロしている、オイルなのか?
どこから漏れているのか特定できず、どの液体が漏れているのか判別できない。 先ずどの液体が漏れているのか判別方法が知りたい。
次に漏れている液体別の重症度が知りたい。出来れば対自分でできる処法と業者に頼む場合の修理費用も。

エンジン付近からのオイル漏れが起こる原因と対処法
エンジン周辺の液漏れ

エンジン周辺の液漏れ

ある日ツーリングに出かけようとしていた時、地面にぽたぽたと液漏れしたあとができているということはよくあります。特にオイルがどこから・どの油液が漏れているか特定できない場合、そのまま乗車するのは避けたほうが良いかもしれません。
上記の場合、ガソリン臭が大きなヒントで、ガソリンが汚れやカスなど様々な物質を巻き込んで漏れているため黒くドロドロしているようにも推測できます。
さて今回はバイクの液漏れの種類と、漏れだしている液体の判別方法、そしてご自分でできる対処法についてご紹介します。

【バイクの液漏れ・オイル漏れ】考えられる液体の種類は?


バイクは気候の変化を感じながら走る乗り物ですから、雨水をそのまま受けることも多いものです。また洗車をすれば水道水や洗車用シャンプーが、カウルの内側などに入り込むこともあるでしょう。

冷却水(クーラント)漏れ
水冷バイクの油液漏れならば、エンジン回りの冷却水、クーラント漏れが考えられます。 クーラント漏れが著しい場合、走行中にオーバーヒートしてしまう危険性も。すぐに命に係わるトラブルというわけではありませんが、長距離ツーリングなどに出向くのはおすすめできません。

エンジンオイル エンジンを動かし、バイクを滑らかに駆動するためには、エンジンオイルやギアオイルなど、駆動・潤滑系の油脂が使われています。エンジンにはエンジンオイル交換用の注油・排油口「ドレインボルト」が、ハンドルにはブレーキやクラッチを駆動させるための油脂 ボックス「フルード」が取り付けられています。

ガソリン
乗り物のオイル漏れといえば、燃料漏れの可能性は大いに考えられます。ガソリン漏れの疑いがある時にうっかりタバコに火を付けたりすると、大変な事故になりかねません。

どこからオイル漏れしているかわからないときの判別方法

無色・無臭でネバつきの無い水が垂れている
色がついていない、ニオイもしない、粘性もない水ならば、洗車時に落ちなかった水か、雨水かもしれません。次以降にご紹介するような特徴が無ければ危険性はきわめて低いです。

色付きの水が漏れている
粘性が無い色付きの水が漏れ出ている場合、冷却水(クーラント)漏れの可能性が高いです。 車両用のエンジン冷却水は液漏れの際にわかりやすいよう、あえて緑や赤、青などに着色されています。

ネバネバしていて硫黄系のニオイがする
エンジンオイルなどの駆動・潤滑系のオイルには硫黄が添加されており、マシンオイル独特のニオイがします。オイル臭がして、とろっとした粘性のある液体なら、エンジン周りやフルード関係の故障を疑ってみましょう。

石油系のニオイがする
石油系のニオイがする場合は、ガソリン漏れの可能性が高いため、できるだけ早く乗車を取りやめましょう。燃料漏れが起こりうる箇所としては、タンクかホース類の破損が考えられます。
ガソリンの場合でも、見た目や感触はオイルのように褐色でドロドロしている場合があります。これはガソリンが漏れて落下するまでの過程で様々な汚れを吸い込んで落下するためです。 ガソリン臭がする場合は見た目はオイルでもガソリンである可能性が高いです。

自分でできるオイル漏れや液漏れの対処法

単純に水が溜まっていただけであれば、洗車後は乾拭きをしたり、水切りのためのライディングなどに気を付けたりしましょう。残り水が気になるようであればエアコンプレッサーなどを使っても良いですね。
クーラント漏れの原因は、リザーブタンクの液漏れ(オーバーフロー)か、ホース・パッキン系の破損にあるかもしれません。
エンジンオイル等の漏れなら、粘性の高いオイルに替えたり、粘度向上剤を添加したりすることで解決できる場合があります。
ガソリン漏れの場合は、バイクの根幹であるエンジン周りの修理が必要になります。その場合、技術的に整備士レベルでの修理が必要になるかもしれません。
燃調が極端に悪ければキャブレターを替えたり、エンジン周辺のオイル漏れや排気漏れが目立ったりするときは、シリンダーヘッドやガスケットといった主要パーツの交換が必要かもしれません。修理費用が高くつくようであれば、今あるバイクを廃車にしてしまって、新たな一台を探してみても良いでしょう。

バイクは売ろうと考えたときが一番高く売れます

事故車不動車や故障したバイクも買取
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
買取査定お任せください
買取査定お任せください

故障したバイク買取 お任せください

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118