全車種
の査定相場

  • 良好~極上 最高値とは 型式の平均的な状態より綺麗で状態の良い車両の買取額。
    最高額は買取業界の9割超の売却先である業者間オークションでの最高落札額
    0 0
  • 買取平均 平均相場とは ボリュームゾーンである平均的な買取価格帯
    0 0
  • 取引数 落札台数とは 買取業界の9割超の売却先である業者間オークションで落札された台数
    0 12ヵ月間

データ最終更新:2019/06/05 平均相場とは データは最新の状態に毎週更新されています

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種名
  • 総合状態
  • 走行距離
査定を予約する

油圧警告灯の点灯|5つの原因と対処法・修理費用

バイクの故障と修理 豆知識

エンジンが動かなくなった、故障した、キックが降りない、セルが回らない、ブレーキが効かない等
バイク故障・バイク整備修理やトラブルに関することに
パッション横浜本店の整備士が簡単にお答えしています

オイルランプが点灯していても意味が分からず走り続けました

症状
先日、走行中に油圧警告灯(オイルランプ)が突然点きました。
自宅からそんなに離れていなかったのでゆっくり戻りそれ以来乗っていません。走行には特に支障がなく感じましたがこのままの状態で乗るのはやめた方がいいですか?

点灯している油圧警告灯(オイルランプ)
放っておくと故障の可能性が高くなります
油圧警告灯(オイルランプ)

油圧警告灯(オイルランプ)

バイクの油圧警告灯(オイルランプ)はエンジン内の油圧低下の他にもオイルに関する何らかのトラブルが発生した際に点灯し知らせてくれます。
エンジンオイルに関するトラブルが起こるとエンジン内部の潤滑機能が低下しエンジン自体に大きな損傷をもたらす可能性があります、オイルランプが点灯した際はしっかりとした対処をする必要があります。
オイルランプはマークの見た目から単純にオイル残量の不足と思い込みオイルを足すだけで終わらせてしまうかたも少なくありませんが単にオイル残量の不足を知らせるためだけの警告灯ではなく原因はいくつか考えられます。
オイル残量が適正であれば、オイルポンプの故障、オイルフィルター・エンジン内部のフィルターの詰まり、オイル漏れやオイル上がり・オイル下がり、油圧センサーの不良などが疑われます。
以下に、オイルランプが点灯する主な5つの原因と対処法をご紹介します。


1)オイルの残量が少ない

油圧警告灯(オイルランプ)が点灯した際に最も最初に思いつくのがオイルの残量不足です。エンジンを正常に動かすためには適正の硬さのオイルと量が必要不可欠です。
しかし、他の原因によって油圧警告灯が点灯することもあります。直ぐにオイル交換や継ぎ足しをするのではなく先ずはオイルゲージにて残量のチェックをしましょう。
オイルが少なかったり黒く汚れている場合は継ぎ足しや交換をするようにしましょう。残量に問題がなければ他に問題が生じている可能性があります。

2)オイルポンプの故障

エンジン内部のオイルはオイルポンプによりエンジン内の各部に送られる仕組みになっています。
オイルポンプが故障するとエンジン内にオイルを上手く循環させることができずオイルランプが点灯します。
また、そのまま走り続ける事によりエンジン内部の潤滑が著しく低下しエンジン焼き付き (参考記事:エンジンの焼き付き、その修理方法と費用)の原因にもなります、大変危険な状態と言えますので無理に走行をすることは絶対に避けましょう。
修理にはオイルポンプ自体の交換が必要となりますが、合わせてオイルやクランクケースガスケット、オイルポンプガスケット等の準備が必要となる場合があります。事前に必要な部品や工具を調べておくと良いでしょう。
オイルポンプ自体の値段は6,000円前後~10,000円前後になり、バイク屋さんへ修理を依頼した際の交換工賃は30,000円前後~50,000円前後になります。
車種により金額が変わってきますので、気になる方は先にバイク屋さんへ問い合わせておくと良いでしょう。

3)オイル/エンジン内部のフィルターの詰まり

エンジンオイルのフィルターやエンジン内部のフィルターの詰まりによりオイルの循環が悪くなり油圧警告灯が点灯する場合もあります。
エンジンオイルフィルターとエンジン内部に設けられているフィルターは構造や目の荒さに違いがあります。
エンジンオイルフィルターは外部からの交換が可能で2~3回のオイル交換時に一回交換をすることを勧められています。 オイル交換時(参考記事:エンジンオイルの交換方法)についでに出来る内容ですので忘れずに行いましょう。
フィルター自体の値段は数百円~3,000円前後でバイク屋さんへ依頼した際の工賃はオイル交換工賃に1,500~2,500円前後のプラスで可能です。 車種ごとに異なりますので気になる方はバイク屋さんへ問い合わせてみましょう。

エンジン内部に設けられたフィルターは普通にバイクの使用をしている場合には詰まることは殆どありません。
エンジン内のフィルターが詰まる主な原因としては、エンジン内部のトラブル(クラッチプレートの焼け等)で部品のカスや細かい破片が多く出た場合です。
修理にはエンジン内で発生しているトラブルの修理が前提となり、工賃はトラブル内容にフィルターの掃除費用が加算されることとなります。 故障箇所の診断、修理を確実に行い同時にフィルターの掃除をしっかりとしましょう。

4)オイル漏れやオイル上がり・オイル下がりによる消費

オイル漏れ(参考記事:オイル漏れの原因と対処方法)やオイル上がり、オイル下がりによりオイルが減っている、 もしくは消費されている場合にオイル残量が減り(油圧が下がり)油圧警告灯が点灯します。
対処をせず乗り続けてしまうとオイル量が減り、エンジン内部の潤滑機能が低下し焼き付きの原因になります。
オイル漏れの場合はエンジン付近やエンジン下周りへのオイルの付着や停車している場所へのオイル染みなどが気になったら。 オイル下がり・オイル上がりを起こしている場合はマフラーからの白煙が目立つようであれば、一度バイク屋さんに点検を依頼する事をお勧めします。
どちらもエンジンを正常に動かす、長く乗るためには必ず修理が必要な故障です。放っておくと重大な故障につながるトラブルです。そのまま乗るには大変危険な状態です早めの修理をする事をお勧めします。

5)油圧センサー(オイルプレッシャーセンサー)の不良

エンジンを始動するとオイルポンプによりエンジン内部をオイルが巡回します。その時に起きる圧力によりセンサーの接点が離れ油圧警告灯が消え、圧力が低下すると接点が接触し油圧警告灯が点灯する仕組みになっています。
センサー自体の劣化や不良により動きが悪くなりなりオイルランプが点灯したままになってしまう事があります。
センサー自体の故障で点灯している場合はエンジン機関には問題なく走行が行えます。しかし走行中などに実際にトラブルが発生しても気づく事が遅れ重大なトラブルへと繋がることも想定されます。
たとえ問題なく走る事が出来たとしても必ず直しておいたほうが良いでしょう。
修理にはセンサー自体の交換が必要となり部品代が1,700円前後~4,000円前後、バイク屋さんへ依頼した場合の交換工賃は8,000円前後~20,000円前後になります。
車種により値段が変わってきますのでまずはバイク屋さんへ問い合わせてみると良いでしょう。

油圧警告灯が点灯した時の正しい対処法

オイルランプが走行中に点灯したら、まずは安全な場所にバイクを止めてオイル量の確認をします。
オイルの量が適正であれば故障箇所がある可能性が高くなります。無理にエンジンをかけたり走ったりすると大きな故障につながる可能性があります。
レッカーサービス等を利用しバイク屋さんやディーラーへ持ち込みしっかり修理をする事をお勧めします。
またオイル量が少ない場合には漏れている可能性が十分にあります、漏れている箇所と量の確認をしましょう。
漏れている量が多い場合も道路へ撒き散らす可能性があり他人へ危険を及ぼす可能性が出てきます。 自分の事だけではなく周りの事もよく考え判断し無理せず必要であればレッカーサービスやロードサービス等を利用するようにしましょう。
オイルランプの点灯には様々な原因が考えられますがどれもエンジンに重大な問題を起こす可能性がある事を忘れずに、しっかりとした原因追求と修理をするようにしましょう。


■この記事の執筆監修

バイク整備士 玉井 克幸

バイクパッション整備責任者

2級整備士

玉井 克幸

バイク整備の知識量と技術力は誰にも負けません。
修理や整備も常に冷静沈着。若手メンバーのお手本として活躍中。
販売整備部門の責任者でもあるので、何か欲しいバイクがありましたら是非玉井までご一報ください。

バイクは売ろうと考えたときが一番高く売れます

事故車不動車や故障したバイクも買取
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
買取査定お任せください
買取査定お任せください

故障したバイク買取 お任せください

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118