全車種
の査定相場

  • 良好~極上 最高値とは 型式の平均的な状態より綺麗で状態の良い車両の買取額。
    最高額は買取業界の9割超の売却先である業者間オークションでの最高落札額
    0 0
  • 買取平均 平均相場とは ボリュームゾーンである平均的な買取価格帯
    0 0
  • 取引数 落札台数とは 買取業界の9割超の売却先である業者間オークションで落札された台数
    0 12ヵ月間

データ最終更新:2019/12/11 平均相場とは データは最新の状態に毎週更新されています

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種名
  • 総合状態
  • 車台番号
査定を予約する

バイクのギアが入らない!8つの原因と対処方法・修理費用

バイクの故障と修理 豆知識

ギアが入らない、クラッチが繋がらない、ギアを入れても進まない、エンジンをかけると進んでしまう、
エンジンが動かなくなった、故障した、キックが降りない、セルが回らない等
バイク故障・バイク整備修理やトラブルに関することに
パッション横浜本店の整備士が簡単にお答えしています

バイクのギアが入らなくなってしまった

症状
少し前からギアの入りが悪く感じる事がありました、騙しながら乗っていたのですがとうとう走行中に変速が出来なくなってしまいました。
そのまま減速して路肩に止め、ロードサービスでレッカー移動しました。
修理をしてまだ乗りたいのですがあまりお金がかかるのなら買い替えも考えています。
何が原因で修理にはどのくらいかかるのかを教えてください。

ギアチェンジが出来ない!8つの原因と対処方法
バイクのギア-CBR250

バイクのギア

よく有る事ではないですが出先でギアチェンジが出来なくなってしまう(ギアが変わらない・入らない)事も長いバイクライフの中では考えられない事ではありません。
自宅で症状が発覚した場合はそのままバイク屋さんへ連絡を取り引き取りに来てもらったり自分で原因追求、修理をするなんて事も可能です。
しかし、万が一出先で症状が出てしまった場合はそんな訳にはいきません・・・
原因が簡単な場合には車載工具や近くのガソリンスタンド等でも対応は可能かもしれませんし、緊急な場合には車の修理やさんでも対応はしてもらえるかもしれません。
もし近くにガソリンスタンドや修理工場がなかった場合、無理して走行するような事はせずに行きつけのや近くのバイク屋さんへ連絡を取ったり、 JAFや保険のロードサービスを活用する事をお勧めします。
それではギアチェンジが出来なっくなった時の原因と対処方法を簡単なものから少し複雑なものまでいくつかご紹介したいと思います。


1)クラッチワイヤーのトラブル

クラッチワイヤーが伸びてしまったり切れてしまうとクラッチが切れなくなってしまいギアチェンジがしずらくなる、もしくは出来なくなってしまいます。
クラッチワイヤーが切れてしまった場合はクラッチを切る事が全く出来なくなってしまいます。クラッチワイヤーの交換が必要です。
クラッチワイヤーが伸びてしまい、完全にクラッチが切れていない場合には調整により対処が可能です。
1箇所または2箇所(レバー側とクラッチ側)で調整が出来ます。
ワイヤーが伸びすぎている場合には調整の幅では追いつかない場合もあります、そんな時はワイヤー自体を新しいものに交換しましょう。
(参考記事:クラッチの遊びを調整|クラッチワイヤーの交換と費用

2)油圧クラッチのエア噛み

エア噛みとは?本来液体で満たされているべき構造物の中に気体が混入している状態で、程度によっては機能不全を誘発させます。 エア噛みが起きる原因としては、転倒などによるエア混入、フルード(ブレーキフルード/クラッチフルード)の劣化により中の水分が蒸発してのエア混入などが挙げられます。
エア噛みが起こるとクラッチレーズとマスターシリンダー間のフルードに空気が入ってしまい圧力が上手くかからず、クラッチに動力が伝えられず クラッチ操作に不具合が生じてしまいます。
対処法としては、 しっかりとエア抜きをするか、フルード自体が古くなっている場合には新しいフルードと交換しエア抜きを確実に行うことで解決できます。

  • ▼エアー抜きの手順|クラッチフルード
    (基本的にブレーキフルードのエア抜きと手順は同じです)
  • 1 リザーバータンクに液を入れる
  • 2 リザーバータンクの周りにウェスなどを巻く
  • 3 レバーを握って離すを繰り返し気泡が出てくるのを確認する
  • 4 上記3の作業を続けてもレバーが重くなる感覚がない場合はレバーを握ったままマスターシリンダーのバンジョーボルトを一瞬緩めエアを抜く
  • 5 レバーが重くなって来たらキャリパーのニップルに透明チューブを繋ぐ(チューブの先には缶やペットボトル等にフルードの受けを用意しておく
  • 6 ブレーキレバーを数回握り、最後は握ったままにしながらニップルを緩めエアを抜く
  • 7 上記6の作業を数回繰り返しフルードにエアが入っていない事とレバーを握った時の感覚を確認し作業を終了する
  • 8 キャリパーーやリザーバータンクや車両にフルードが付いている場合は必ず水で流す

3)クラッチの切れ不良

エンジン内部のクラッチ部分に問題が生じた際はクラッチ切れ不良を起こしギアが入らなくなってしまいます。
クラッチ板のひずみ、クラッチスプリングの劣化による圧縮のばらつき、クラッチハウジングハブナットの緩み、クラッチ板やハウジングの組み付け不良等、 実際にこの様な事があるとクラッチが上手く切れなくなってしまい結果的にはギアが入らない現象が起きてしまいます。
対象方法としてはクラッチ板の交換、交換後などに症状が発生した場合にはクラッチ周りの組み付け確認と正確な組み付けで修理が可能です。
(参考記事:クラッチ板をメインとした交換費用

4)エンジンオイルの問題

エンジンオイルの劣化、高すぎる粘度のオイル、オイルレベルの高過ぎ等でもギアが入らない現象が起きてしまいます。
車両にあったオイルを適正な量で、定期的にオイル交換をする事をお勧めします、オイル交換が日頃からできる一番のバイクメンテナンスだということを覚えておきましょう。

5)シフトシャフトリターンスプリングの折損、へたり

ギアチェンジのシフトペダルはシフトシャフトに固定されておりシフトペダルの動きはシフトシャフトを通してシフトカムへ直接伝わる構造になっています。
シフトペダルを動かすことによりシフトカムが回転しギアチェンジが行われます。その時に下げたり上げたりされたシフトペダルはスプリングの力で戻されるようになっています。 その役割をしているのがリターンスプリングです。
リターンスプリングが折れてしまったり、へたってしまうとアームを戻す事が出来ず正常なシフトチェンジが行えなくなったり、シフトペダルが動かなくなってしまいます。
この時、スプリングが折れてしまっている場合は破片がエンジン内部にある為むやみに動かすことにより他への悪影響が出てしまう可能性もありますので注意しましょう。
修理には部品代は何百円程度にて購入が可能です。しかし機関内部の作業になるためバイク屋さんへ依頼した場合の工賃は16,000円前後~40,000円前後と高くつきます。
車種により工賃は大きく変わってきますのでまずはバイク屋さんへ問い合わせてみると良いでしょう。

シフトシャフト
6)シフトアームスプリングの折損、へたり

シフトアームスプリングとは?シフトシャフトの先端に設けられているシフトカムを回すための爪部分を常に正しい位置へ戻す役割をしているスプリングパーツです。
アームスプリングが折れてしまったりへたってしまうとアーム部が正常な位置へ戻らずシフトチェンジを正常に行う事が出来なくなったり、動かなくなります。
アームスプリングもリターンスプリング同様、折れてしまっている場合はエンジン内部に破片がある為むやみに動かすことにより他への影響が出てしまう 可能性もあるので注意が必要です。
修理にはシフトシャフトアッセンブリー(一体型部品)での交換になる事が多く部品代は5,000円前後~10,000円前後で購入が可能です。
バイク屋さんへ依頼した際の工賃は16,000円前後~40,000円前後になります、車種により値段が大きく変わってきますのでバイク屋さんへまず問い合わせておくと良いでしょう。

7)シフトフォークの曲りや摩耗、焼き付き

シフトフォークとはシフトカムに取り付けられておりシフトカムの回転により作動し、ミッションのギアをスライドさせ動かす役割をしています。
スライドさせられたギアの位置と組み合わせにより1速2速3・・・とシフトチェンジされていきます。
しかし、シフトフォークに曲がりや摩耗が発生するとシフトチェンジ時に違和感を感じるようになったりギアが入らなくなるという症状が出てきます。
また、シフトフォークの焼き付き時も同様の症状がみられギアが入らなかったり、シフトペダルが戻らないという症状が発生します。
対処方法はシフトフォークの交換、その他影響が出てしまっている部品の交換になりますが修理内容はほぼエンジンのフルオーバーホールと同等の内容になります。
修理が良いのか載せ替えが良いのか?車両の乗り換えが良いのか?料金や工期についてバイク屋さんとよく相談の上、進めることをお勧めします。
(参考記事:エンジンの焼き付き<エンジンオーバーホール>その修理方法と費用

故障バイクも強化買取中!最新の買取相場は、10秒で査定額が出る個人情報不要の自動査定でチェックして頂けます。

日常の点検や整備をしっかりと

ギアが入らないという症状の殆んどにクラッチ周りの部品が絡んできます。ワイヤー調整や注油、正しいエンジンオイルを使用し定期的に交換する事等、 普段からできるメンテナンスにより大きく変わってきます。
軽度であっても一度症状が出てしまうと乗っていれば治るや暫くすれば治るという事はありません。
ツーリング先や走行中でのシフトチェンジ不良は大きな事故にも繋がる他に、他人にも迷惑を掛けてしまう可能性も出てきます、症状が重くなる前の修理をしましょう。


■この記事の執筆監修

バイク整備士 玉井 克幸

バイクパッション整備責任者

2級整備士

玉井 克幸

バイク整備の知識量と技術力は誰にも負けません。
修理や整備も常に冷静沈着。若手メンバーのお手本として活躍中。
販売整備部門の責任者でもあるので、何か欲しいバイクがありましたら是非玉井までご一報ください。

バイクは売ろうと考えたときが一番高く売れます

事故車不動車や故障したバイクも買取
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
買取査定お任せください
買取査定お任せください

ギアの入らないバイク買取 お任せください

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118