バイクパッション フリーダイヤル tel-0120819118
メニュー開閉ボタン
オンライン査定 相場情報をご案内 無料出張査定 全額現金でお支払い
kaitori-benly-c92-fudo
調整画像 高額買取 お笑い芸人パッション屋良 kaitori-benly-c92-fudo最強の買取価格
10秒で愛車を見積る

個人情報不要です

全車種の買取相場

データ最終更新:2022年01月21日

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118

ベンリィC92買取査定事例|20年放置の不動スクラップ車

レストア目的で購入したまではよかったものの、20年以上に渡る長期放置であらゆる箇所にサビと腐食が発生した1959年モデルのベンリィC92。
エンジンはキックレバーが殆ど降りず、始動性確認も不能。さらに駆動系トラブルでギアがニュートラルに入らずスプロケットとチェーンも固着し押し引きすら困難。修復して再販売するにはかなりハードルが高い現車状態ながら、処分費用を頂くのではなく3.5万円での現金買取にて対応させて頂きました事例のご紹介です。

ベンリィC92買取価格実例

3.5万円の査定額で買取した【ベンリィC92】20年以上の長期放置で車両全体に重度のサビ・腐食
  • 3.5万円の査定額で買取した【ベンリィC92】20年以上の長期放置で車両全体に重度のサビ・腐食
  • 【買取したベンリィC92】駆動系の固着により押し引きすら困難。チェーンケース上部には転倒によると思われるダメージ箇所も
  • コシが全く感じられないフロント周り。やはりサビ・腐食が非常に目立つ状態
  • もはや機能が完全に失われたシート。表皮は経年でボロボロ
  • 一部穴が空きそうなほど重度のサビが確認できるリアフェンダー
  • エキパイはおろか、エンジン腹下にまで重度のサビ腐食あり。キックペダルもほとんど降りず。

総合評点:1点

エンジン 0 車体フレーム 0 外装 0 電装保安部品 0 フロント周り 0 リア周り 0

【評価点の目安】
8点以上:新車 7点:超極上車 6点:極上車
5点:良好車 4点:多少の使用感 3点:難有 2点:劣悪
1点:事故不動
  • バイク名
  • ベンリィC92
  • 買取価格
  • 35,000円
  • 年式
  • 1959年モデル
  • 走行距離
  • メーター読み8836km
  • 車台番号
  • ---
  • カラー
  • エンジンの状態
  • キックペダル降りず圧縮なし・駆動系固着など非常に悪い状態
  • 外観の状態
  • サビ・腐食がない場所が皆無なほど傷み具合甚だしい
  • 損傷や事故転倒歴
  • フレームへの損傷は確認できず
  • カスタムや改造
  • フルノーマル車
  • 買取年月
  • 2021年12日

【錆で覆われたスクラップ】ベンリィC92の買取査定内容

「中古でご購入したジャンク車を20年放っておいたら鉄屑のような状態になっていた」と仰るオーナー様。
拝見した実車の第一印象は、写真では伝わらないほど廃れており、まさにスクラップであったBenly C92。
固着によって車両の押し引きはままならず、エンジンの圧縮も無いことから「2万円くらいで処分してほしんだが」とのオーナー様のご要望を受けての査定でしたが、結果として買取対象となった事例です。
査定内容のご紹介に先立って、まずは買取相場からご案内いたします。

Benly C92の買取相場

1953年に誕生したホンダ小排気量車シリーズの元祖とも言うべきベンリィシリーズは
1959年に浅間高原で開催された第2回全日本モータサイクル・クラブマンレースでは、北野元選手が駆るベンリィC90をベースとした車両がチャンピオンに。
50年代当時ではスーパーバイクとしての高い基本性能を持ったマシンであり、今日ではヴィンテージバイクとしてコレクターに愛されています。
販売台数もそれなりの数値を記録したこともあり、今日現在でも好事家達の間ではコレクターアイテムとして認知されており、レストアされた車両が絶版車ミーティングで話題に上るケースも。
構造的にはシンプルなため、手間隙を惜しまなければ実動化までこぎつけることは可能なため、レストアコストが採算に合えば不動車でも充分な査定額で買取できる相場となっています。

買取業者の最大の転売先であり、販売業者の最大の仕入れ先として年間に約20万台のバイクが取引される業者間オークションの取引データを見ると。
直近1年間で26台の取引があったBenly C92。
26台の内訳は、7台の実働車と、19台の非実働車(事故不動車)で構成されており、年式柄不動状態の車両の比率が高くなっています。

Benly C92の取引を掘り下げると、実働車の7台のは10.2~21.5万円(平均15.2万円)のレンジで取引されています。
対して不動車・事故車の19台は6.4~31.1万円(平均11.7万円)のレンジで取引されています。

最上位の31.1万円で取引された不動車は、125ccエンジンに載せ替えスクランブラー風にカスタムされていることから、 純粋な(ノーマルに近い)Benly C92としては、実働車の取引は10万円台がボリュームゾーンで、上限は60年以上前の車両としては極上車といえる個体の21.2万円となっています。
対して不動車・事故車は実働化コスト(商品化にかかる修理費用)に応じて、6~9万円台と、10万円台前半が2つのボリュームゾーンが形成されています。
余談ながら、同じく1959年に発売されたCB92はCBシリーズの源流としてプレミアム化しており最終の小売値で300万円を超える値段が付くこともありますが、 残念ながらBenly C92はプレミアム化には至っておらず、カスタムによる伸びしろを除くと上値は20万円台前半で推移しています。

実働車と不動車で取引額が大きく乖離しない点に言及すると、
現代のオートバイと比べ、構造的にはシンプルで手も入り易く修理がし易い点が影響しています。それだけに修理でFIXできるレストアベースの個体は査定額が付きやすい反面、 レストアでは採算乗らないパーツ取りの個体は査定額が伸び悩む傾向があります。

以上の買取相場を踏まえて、ボロボロの鉄屑と見紛う状態であったベンリィC92の査定内容と買取額についてご紹介させて頂きます。 (※上記の取引額は、買取業者の転売額=販売業者の仕入れ額に相当するため、買取相場は9掛け相当となります)

【C92 実働車】相場の推移

【C92 実働車】業者間の取引価格帯

【事故車 不動車】業者間の取引価格帯

【事故車 不動車】業者間の取引価格帯

【C92 実働車】相場の推移

【C92 実働車】相場の推移
買取業者の最大の転売先であり、販売業者の最大の仕入れ先として年間に約20万台のバイクが取引される業者間オークションの取引データ
spacer for layout

距離浅の純正メーターは好材料

今回、買取での対応の決め手となった走行距離。
あくまでもメーター読みながら、8836kmという走行距離は非常に浅い部類。
これならば修理コストと相殺してなんとか利益が出せるという判断となった最大の好材料に。
意外に浅い走行距離を示すメーター

完全にコシがなくなっているものの過去のノウハウで再生見込みが立ったフロント足回り

沈み込みもなく完全にコシがなくなっていたフロント周り。
しかしその他箇所と比べるとサビはそこまで重症ではなく、過去に取り扱ったCB92などでの再生技術を持つ弊社メカニックにも打診したところ、「ギリギリ何とかできるレベルだと思う」という回答が。走行距離の少なさと合わせ、かろうじて弊社メカニックによる修理を経ての再販売化見込みが立ったことが買取での対応の決め手に。
完全にコシがなくなっているものの過去のノウハウで再生見込みが立ったフロント足回り

経年による傷みが外観に留まっていた純正マフラーとリアショック

絶版車全般に言えることですが、純正パーツの有無と状態が大きく明暗を分ける車両価値。
現車は全体的に傷みが目立つ状態でしたが、リアショックとマフラーは見た目こそボロボロではあったものの、間近で見るとサビ等は意外に表層止まりのレベル。
荷重してみるとリアサスはぎこちなくも動きがあり、マフラーも穴あき・詰まりはなし。
これならばエンジンや足回りの再生見込みがなくなったとしても、レストア用パーツとして最低限の評価は可能という判定に。
経年による傷みが外観に留まっていた純正マフラーとリアショック

錆びで覆われたエンジン圧縮なしの不動車ながら買取に

屋内保管とは言え約20年もの長期放置によるサビと腐食がひどく、土間からの湿気によって駆動系もサビなどによってミッションとチェーンが凝固してしまった状態。
押し引きチェックすらも困難であったため、倉橋様にお断りを入れさせて頂いた上で台車を使用し、屋外に運び出した上で査定をさせて頂きました。

外観上のサビ類はかなり重度のもので、リアフェンダーの一部にはもう少しで裏側にまで貫通してしまうような箇所もちらほら。
エンジンチェックを試みるも、踏み込もうにもキックペダルが1cmそこそこしか降りず、クランク室かシリンダーになんらかのトラブルを抱えているものと推測できる状態でした。
エンジン外部もかなりサビや腐食が目立ち、再生するにはかなり丁寧なバフがけを要するレベル。決して不可能というレベルではありませんが、現状ではいささか再生見込みは厳しいものでした。

当然のことながら、長期放置により保安部品の動作もできなかったため、電装系は評価対象外としたまま足回りチェックに。フロントは荷重しても全くコシがなく、 かなり手間隙をかける必要があることに疑いようがない状態。
次いでリアサスに荷重してみたところ、ぎこちないながらもそれなりに動き、 穴あきなどが多い純正マフラーもサビはそこまでのレベルではなく、 転倒・事故に起因するような深刻なダメージを受けていないメインフレームなど。完全なスクラップ状態ではないことが発見できました。

再度倉橋様にお断りをさせて頂いた上で各部の写真を撮影し、弊社修理工場のメカニックに相談してみたところ、 「現車を見てみないと何とも言えないけど、画像と感触を聞く限りだと何とかできるかも」という回答が。 この回答により、トータル的に考えると決して高い確率とは言えないものの、弊社メカニックの手を経ての店舗販売できる可能性が出てきたことにより、 買取査定価格3.5万円というお値段をご提示させて頂くこととなりました。

倉橋様も「なんとか2万円くらいまでで処分してくれたら助かる」と仰っていただけに、弊社の査定額に「買ってくれるってことがあるのかね!」と二つ返事でご快諾頂けました。
3.5万円の査定額で買取した【ベンリィC92】20年以上の長期放置で車両全体に重度のサビ・腐食
spacer for layout

ベンリィC92の買取相場

ベンリィC92

【実働車】の業者間オークション市場における、買取時点直近12ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 7台
  • 平均価格: 151,625円
  • 最高価格: 215,000円
  • 最低価格: 102,000円

【事故車・不動車】の業者間オークション市場における、買取時点直近12ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 19台
  • 平均価格: 117,474円
  • 最高価格: 311,000円
  • 最低価格: 64,000円

相場情報:2021年12月25日時点

最新の相場情報は、10秒で買取相場が出る自動査定でチェックして頂けます。


上記金額は、買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の落札データであり、買取業者の転売金額です。
業者間オークション市場とは買取業者と販売業者が参画する競り市場で、年間に約20万台のオートバイが取引される市場です。
買取業者が買取したバイクの約9割は上記市場において転売されています。
その事実が、業者間オークション市場の落札金額が買取業者の査定額の基準値である所以です。
査定現場での買取価格は下記の転売(落札)金額から買取業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります。
査定現場での正味の買取額は、転売金額である落札額から5~10%を割り引いた金額が適正で競争力のある価格となります。
金額にすると単価の安い原付バイクで1万円から、100万円を超える高額車両では6万円までが適正な割引額です。

関連する買取事例

  • 20年近く放置していたドリームCB400FOUR買取り事例
    ドリームCB400FOUR (ヨンフォア)

    買取査定価格

    290,000円
    1974年式 走行 20,000km
    408cc。20年放置されていた不動車
  • 買取したCB750FOUR K1
    CB750FOUR (フォア) K1

    買取査定価格

    1,150,000円
    1970年式 走行 25,115km
    オリジナル度高く状態良好
  • CB250エクスポートの買取価格
    CB250エクスポート

    買取査定価格

    306,000円
    1972年式 走行 5,419km
    年式を考慮すると状態良好
  • 16万円の査定額で買取した鍵なし不動車のスーパーカブ110
    スーパーカブ110

    買取査定価格

    160,000円
    2020年式 走行 4,756km
    鍵なし不動車
spacer for layout

ベンリィC92は売ろうと考え時が一番高く売れます

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い

買取査定の安心ステップ

【リピーターやご紹介のお客様が非常に多い】 のは、お客様の立場に立った誠実な査定と相場以上での高額査定が評価されてのことだと自負しております。
事実、パッションのバイク買取査定はお客様満足度95%超!
弊社パッションは最高の接客と特別な買取価格で常にお客様満足度No1を追求しています。
【当社の査定員はみんな査定資格とマナー講習を修了】
お客様が気持ちよく満足してオートバイを売るできる事がとても大切だと考えています。 買取提示価格がお客様のご希望金額に届かない等、御満足頂けない 場合は買取不成立となりますが、その場合もパッションの査定はモチロン無料です! 査定は全て、最初から最後まで無料。安心してお気軽に最高の無料査定をお試しして頂けます。

バイクパッションについて

出張買取エリア

北海道を除く全国で出張査定

【即日対応!資格を持った査定士がお伺いいたします】
全国の支店からご希望日時に出張査定にお伺いしています。弊社の査定員は全員。査定士の資格を取得し、マナー講習を修了しております。
リピーターやご紹介のお客様が非常に多いのには理由がございます。
最高の査定額と最上のご対応でお客様のご期待にお応えいたします。

買取の際に必要なもの

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い
to top