thumb1 thumb1 thumb2 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb7 thumb8

エストレヤ買取の事例一覧

エストレヤ買取の価格事例と相場。
最高の接客と価格で、お客様からお褒めの言葉を頂戴することも多い、 バイク買取無料査定をお気軽にお試しくださいませ。
良好車はもちろん!事故車・不動車バイク買取もNo1!
エストレヤ(Estrella)の買取。お客様のご期待にお応えいたします!

エストレヤ買取の価格例

  • エストレヤRS

    エストレヤRS

    270,000円

    走行 695km
    美車

  • エストレヤ

    エストレヤ

    90,000円

    走行 3,000km
    年式を考えると状態良好

  • エストレヤカスタム

    エストレヤカスタム

    88,000円

    走行 4,224km
    エンジン良好、多少の錆び

  • エストレヤ

    エストレヤRS

    256,000円

    走行 2,760km
    浅い走行距離が決め手で高額に

事故車・不動車|エストレヤ買取の価格例

  • エストレヤRS

    エストレヤ

    49,000円

    走行 6,800km
    数年放置、BJ250A-017

  • エストレヤRS

    エストレヤRS

    42,000円

    走行 2,262km
    錆び・腐食目立つ不動車

  • エストレヤRS

    33,000円

    走行 10,773km
    4年放置・鍵紛失・BJ250A-047

  • エストレヤRS

    3,000円

    走行 11,000km
    10年放置、錆・腐食・劣化激しい

  • エストレヤカスタム不動車買取

    エストレヤカスタム不動車

    45,000円

    走行 8,000km
    長期間放置、錆多数、ブレーキ固着

 いくらになる?
  • 無料出張査定
  • 無料オンライン査定

古きよき「新しさ」を目指したネオクラシック~カワサキ エストレヤシリーズの歴史~

レトロ感あふれるテイストを前面に押し出したジャンル・ネオクラシック。
このジャンルは、ヤマハ・SRシリーズや不遇の名車と言われるホンダ・GBシリーズによって地道に培われてきた歴史があります。
かつて、各メーカーがレーサーレプリカによる高性能絶対主義、といった色合いの強かった時代を経て、そのバイク本来のテイスティな魅力が見直されるようになりました。

中でもエストレヤは1992年に登場し、現在まで息の長いセールスを記録する250ccクラスでは唯一の存在となっています。
400ccではSRが不動の人気車となりましたが、250ccではエストレヤはクラスきっての人気者であり、かつてのスズキ・ボルティーなどを寄せ付けず今に至ります。
折りしもバブル時代が終わりを告げた90年代に登場した古きよき「新しさ」の象徴・エストレヤシリーズの歴史に思いを馳せてみましょう。

シックさの中に光る「星」の輝き ~エストレヤ第1世代(1992~1999年モデル)~

スペイン語で「星」という意味を持つエストレヤは、バブル時代が終焉を告げる90年代前半に誕生したバイクです。
スタイリングはクラシカルでありながら、今日現在でも通用する新しさを感じさせるモダンなデザインで、登場から高い支持を得ました。

シンプルな作りの中に、豪華なメッキパーツやオリジナルデザイン分離型サドルシートを配し、前後にディスクブレーキを採用して安定感を担保しました。
当時、このジャンルでの250ccクラスは、Fディスク・Rドラムの組み合わせが定番でしたが、片押し1ピストン式とはいえ前後ディスクを採用したエストレヤは大きな制動力で初心者・女性に優しい作りのバイクとして注目を集めました。
エストレヤの最高出力は20ps/7,500rpm、最大トルク値2.1kg-m/6,000rpmと、特筆すべきスペックではありません。
しかし「乗る喜び」を重点的に作られたバランスのよさは多くのファンの賛同を得て、ゼファー400と並ぶカワサキの看板モデルへ成長を遂げました。
嫌味でない程度に絶妙のバランスで配置されたメッキパーツ・トコトコとした味わい深い鼓動感と排気音。
そして乾燥重量142kgという軽量さは、軽快なハンドリングと相まってバイクを操る原点の魅力にあふれたモデルと言えます。

高い支持率を受けて年々完成度を高め、第1世代のエストレヤは99年まで生産が続けられました。
その歴史の中で、「エストレヤRS」、「エストレヤカスタム」、「エストレヤRSカスタム」といった派生モデルを生み出し、カワサキの250ccモデルの中での地位を不動のものとしていきます。

非常にカラーバリエーションが豊富なことで知られるエストレヤは、この第1世代から多くのカラーリングで人気を博してきました。
以下がその年譜となっております。

1992年式エストレヤ

1992年モデル

型式BJ250-B1
カラーリングキャンディサンゴットオレンジ
ルミナスウインザーグリーン

最初期モデル。
これまでのスペック至上主義から心機一転し、乗ること自体に大きな喜びを持てるテイスティさを全面に押し出して登場。
初心者・女性ライダーからベテランライダーまで、多くの支持を得て人気モデルに。

準備中

1993年モデル

型式BJ250-B1
カラーリングキャンディサンゴットオレンジ
ルミナスウインザーグリーン

マイナーチェンジ。
変更点はタンクエンブレムが立体デザインになったのみで、カラーリングなどの諸元変更はなし。

1994年式エストリヤ

1994年モデル

型式BJ250-B3
カラーリングワインレッド
ルミナスウインザーグリーン

カラーリング変更。
キャンディサンゴットオレンジからワインレッドに変わる。
ルミナスウインザーグリーンは販売継続となる。

1995年式エストリヤ

1995年モデル

型式BJ250-B4
カラーリングワインレッド
ルミナスウインザーグリーン

マイナーチェンジ。
リアショックがシンプルなものへと変更される。
この年からダブルシート装着の派生モデル・RSが登場する。

1995年モデル ※エストレアRS

型式BJ250-C1
カラーリングエボニー×ファイアクラッカーレッド
メタリックキャニオンシルバー×エボニー

エストレヤの派生モデルとして「エストレヤRS」が登場。
ダブルシートを採用し、シート高が770mmから735mmに変更。
エンブレムはペイントに、ツールボックスがシート下に変更された。

1996年式エストレヤ

1996年モデル

型式BJ250-D1
カラーリングキャンディワインレッド×ギャラクシーシルバー
ルミナスウインザーグリーン×エボニー
キャンディアトランティックブルー
ギャラクシーシルバー

エストレヤの派生モデルとして「エストレヤ カスタム」が登場。
特徴的なサドルシートはそのままに、前後ブレーキをドラム化してよりクラシカルなイメージに。
タンクの立体エンブレムはそのまま採用。

1996年モデル ※エストレアRS

型式BJ250-E1
カラーリングキャンディアトランティックブルー
ギャラクシーシルバー

エストレヤの派生モデルとして「エストレヤ RS カスタム」が登場。
ダブルシートを採用し、シート高が770mmから735mmに変更。
エンブレムはペイントに、ツールボックスがシート下に変更された。

1997年式エストレヤ

1997年モデル

型式BJ250-B5
BJ250-D2
カラーリングキャンディワインレッド×ギャラクシーシルバー
メタリックブロンズガンズ×パールバーニッシュベージュ

エストレヤとエストレヤカスタムは、カラーリングが統一される。
諸元変更はなく、安定したセールスを記録する。

1997年モデル ※エストレアRS

型式BJ250-C2&C3
BJ250-E2
カラーリングファイアクラッカーレッド(C2)
ギャラクシーシルバー(C3)

エストレヤRS・エストレヤRSカスタムのカラーリングが統一。
RSのみカラーリングで型番が異なるものの、諸元変更はなし。
RSカスタムはシートのホワイトパイピングなしの単色仕上げに変更。

準備中

1998年モデル

型式BJ250-B6
BJ250-D3
カラーリングギャラクシーシルバー×パールブローニュ
キャンディワインレッド×ギャラクシーシルバー

カラーリング変更。
諸元に変更はないものの、リアフェンダーに塗装が施される。

1998年モデル ※エストレアRS

型式BJ250-C4
BJ250-E3
カラーリングキャンディカーディナルレッド
ギャラクシーシルバー

カラーリング変更。
諸元に変更はないものの、微妙な変更点あり。

準備中

1999年モデル

型式BJ250-B7
BJ250-D4
BJ250-C5
BJ250-E4
カラーリングディーブグースベリー
スカイブルー
ギャラクシーシルバー×サンビームレッド
メタリックバイオレットロイヤル×パールアルペンホワイト

第1世代最終モデル。
トライアンフを強く意識したカラーデザインに一新。

■カワサキ エストレヤ (1999年モデル)

全長×全幅×全高2,075mm×775(765)mm×1,035(1,030)mm ()はRSカスタム
エンジン形式空冷4ストSOHC2バルブ単気筒
総排気量249cc
最高出力20ps/7,500rpm
最大トルク2.0kgf・m/6,000rpm

モデル統合で充実化を図った第2世代~エストレヤ第2世代(2000~06年モデル)~

1999年7月に「平成11年度排出ガス規制」適応のため、KCA(Kawasaki Clean Air)とKLEEN(Kawasaki Low Exhaust Emission system)の装着を余儀なくされたエストレヤ。
ここをひとつの区切りとし、翌年2000年モデルからは車種統合を行った第2世代となりました。

とは言っても諸元変更はなく、セパレートのサドルシートとドラムブレーキのカスタム、一体型ロングシートとディスクブレーキのRSという統合に留まります。
その他の特徴としてRSはメッキフェンダー、カスタムは立体エンブレムを装備し、旧来のファンに大きな混乱はありませんでした。
この第2世代エストレヤは多くの話題性があり、2002年には突如スズキへのOEM供給が発表。
さらにシリーズ初となった限定色のリミテッドエディションの販売など、多くの変化を伴った世代と言えます。
2007年の排出ガス規制まで販売が継続され、2006年まで安定したセールスを記録しました。

この第2世代も非常に多くのカラーリングとなり、エストレヤファンの中でも最も根強い人気のある世代となっております。
以下はその年譜で、最終モデルの型番通りにシリーズでバラバラであったマーケティングコードが秩序化されました。

2000年式エストリヤ

2000年モデル

型式BJ250-C6
BJ250-D5
カラーリング メタリックチェスナットブラウン×パールアイボリー
ポーラホワイト×エボニー
ブラックパール×ギャラクシーシルバー
キャンディサンゴットオレンジ×エボニー

第2世代へモデルチェンジ。
環境規制への対応と、モデルの統合化が図られる。
4種類のバリエーションが2種類になり、結果的に人気が安定化。
エストレヤRSにはメッキフェンダー、エストレヤカスタムには立体エンブレムが装備となり、旧来のエストレヤファンへの大きな混乱はなし。

2001年式エストレヤ

2001年モデル

型式BJ250-C7
BJ250-D6
BJ250-G1&H1
カラーリング メタリックダークブロンズ×パールクロームイエロー
エボニー×キャンディライトニングブルー
エボニー×キャンディライムグリーン
メタリックファントムシルバー×キャンディパーシモンレッド
パールアルペンホワイト(リミテッドエディション専用色)

グラフィックパターン・カラーリング変更。
エストレヤRSがW650を意識したテイスティなものとなり、エストレタカスタムはポップさを強調した明るいイメージに変更。
また、この年から限定色のリミテッドエディションが登場した。

準備中

2002年モデル

型式BJ250-C8
BJ250-D7
カラーリング エボニー×キャンディパーシモンレッド
メタリックダークブロンズ×メタリックグレーストーン
ルミナスウインザーグリーン
エボニー

急遽スズキへのOEM供給が発表。
両メーカーのファンの間で大きな話題を呼んだ。
車体デザインが落ち着いたシックなものに戻り、カスタムのエンブレムはカコミがなくなったシンプルなものに変更。

2003年式エストリヤ

2003年モデル

型式BJ250-C9
BJ250-D8
BJ250-G2
カラーリング エボニー×メタリックタンジェリンオレンジ
メタリックノクターンブルー×ギャラクシーシルバータイプ2
メタリックファントムシルバー
エボニー
パールブレイジングオレンジ×クローム(クロームバージョン)

カラーリング変更。
この年はRSベースの特別仕様車・クロームバージョンが限定500台で販売となる。
価格は標準より1万円アップとなったものの、好評のうちに早期完売。
エストレヤ人気の高さを伺わせ、定番化に。

準備中

2004年モデル

型式BJ250-C10
BJ250-D9
BJ250-G3
カラーリング メタリックマジェスティックレッド
メタリックソニックブルー
メタリックノクターンブルー
メタリックルビーレッド
ポーラホワイト×クローム(クロームバージョン)

カラーリング変更。
この年のクロームバージョンはポーラホワイトがベースとなった。
諸元変更はなし。

2005年式エストレヤ

2005年モデル

型式BJ250-C11
BJ250-D10
BJ250-G4
カラーリング エボニー×キャンディパーシモンレッド
メタリックノクターンブルー×キャンディプラズマブルー
スカイブルー×ポーラホワイト
パールマグマレッド×パールバーニッシュベージュ
カスタムクリームイエロー×クローム(クロームバージョン)

カラーリング変更。
RSはタンクエンブレムに大きなKのロゴが配され、サイドカバーに車名が記された。
カスタムはポップなイメージとなり、立体エンブレムが復活。
この年のクロームバージョンは受注期間を設け、限定台数販売ではなくなった。

2006年式エストレヤ

2006年モデル

型式BJ250-C6F
BJ250-D6F
BJ250-G6F
カラーリング パールソーラーイエロー
キャンディサンゴットオレンジ
エボニー
メタリックオーシャンブルー×クローム(クロームバージョン)

第2世代最終モデル。
マーケットコードが変更となり、過去の人気カラー復刻といった位置づけでRSに3色が発表となる。
代わってカスタムはシックなエボニー1色に。
この年はクロームバージョンが追加色扱いとなり、限定生産ではなくなった。

■カワサキ エストレヤ (2006年モデル)

全長×全幅×全高2,075mm×775(765)mm×1,035(1,030)mm ()はRSカスタム
エンジン形式空冷4ストSOHC2バルブ単気筒
総排気量249cc
最高出力20ps/7,500rpm
最大トルク2.0kgf・m/6,000rpm

環境規制によってモデル統合~エストレヤ第3世代(2007年モデル~)~

他メーカーのライバルの追随を許さないほどの人気モデルとなった第2世代エストレヤ。
しかし、年々強まる環境規制の影響を受け、2007年にはFIの装着となり、第3世代へモデルチェンジを果たしました。

ただし、2007年・2008年の両モデルはFIに不具合があり、非常に悪い評判でエストレヤの人気に水を指す結果となってしまいました。
翌年以降からのモデルではその反省を踏まえ、入念な検査が行われたことで人気が持ち直します。
この第3世代エストレヤの特徴は、ほぼ毎年グラフィックパターンが変化し、多彩なカラーバリエーションを展開したことでしょう。
大きな仕様変更ではないものの、最高出力がFI装着に伴って「回して走るバイク」といった特色になっています。

モデル統合によってカラーリングが増え、多彩なグラフィックパターンで女性支持率を大きく高めた世代でもあります。
第3世代エストレヤの年譜は以下の通りで、マーケティングコードの全アルファベット化などが特筆事項となっています。

2007年式エストレヤ

2007年モデル

型式BJ250-J7F
カラーリング キャンディファイアレッド×エボニー
パールクリスタルホワイト×メタリックファントムシルバー
エボニー
キャンディバーントオレンジ×パールクリスタルホワイト(追加販売)

第3世代へモデルチェンジ。
排出ガス規制適合のため、FIを装着し、最高出力20ps/7,800rpmに変更。
RS・カスタムの区分がなくなり、タコメーター内臓式スピードメーターを採用。
ハンドルロックと一体化したイグニッションスイッチの採用やプッシュキャンセルタイプのウインカースイッチなど、多くの仕様変更となった。
これまでのエストレアにはなかった独特のスターマークがタンクに配されたカラーリングが4/20に追加販売。

2008年式エストレヤ

2008年モデル

型式BJ250-J8F
カラーリング メタリックダークグリーン×ポーラホワイト
キャンディプラズマブルー×エボニー
メタリックマジェスティックレッド×ポーラホワイト
パールグラシアルブルー×パールクリスタルホワイト(追加販売)

カラーリング変更。
この年のモデルまではFI化が災いし、多くのトラブル報告が寄せられた。
4/19に追加カラーリングのパールグラシアルブルー×パールクリスタルホワイトが販売されたが、前年のような大きな星ではなく、小型のエンブレム的な形で採用された。

2009年式エストリヤ

2009年モデル

型式BJ250-J9F
カラーリング エボニー×メタリックムーンダストグレー
メタリックダークグリーン×ポーラホワイト

カラーリング変更。
全2色の展開となり、シックなグラフィックパターンとなる。
FIのトラブル報告が寄せられた反省を活かし、改良となった。

準備中

2011年モデル

型式BJ250-JBF
カラーリング キャンディインペリアルブルー
ポーラホワイト×キャンディバーントオレンジ

カラーリング変更。
欠番となった2010年モデルとの兼用で2010年7月に販売開始。
水転写デカールをグラフィックに採用し、立体エンブレムと相まって美しいデザインで人気を博した。

準備中

2012年モデル

型式BJ250-JCF
カラーリング キャンディアラビアンレッド
メタリックミッドナイトサファイアブルー

カラーリング変更。
諸元に変更はなし。

準備中

2013年モデル

型式BJ250-JDF
カラーリング パールスターダストホワイト
キャンディミスティックブルー

カラーリング変更。
人気の高かったC7風のグラフィックパターンが復活し、人気を集める。

準備中

2014年モデル

型式BJ250-JEF
カラーリング キャンディカリビアンブルー
キャンディアイビーグリーン
メタリックスパークブラック(スペシャルエディション)

マイナーチェンジ。
アイドルスピードコントロールを採用し、より安定したアイドリング回転数を実現。
カラーリング変更の他、車体各部をブラック仕上げとしたスペシャルエディションが追加販売される。

準備中

2015年モデル

型式BJ250-JFF
カラーリング キャンディゴールドスパーク
パールルミナリーブルー
パールブローニュ
メタリックスパークブラック(スペシャルエディション)

カラーリング変更。
追加販売となったスペシャルエディションも含め、全4色のカラーバリエーションに戻る。
諸元変更はなし。

準備中

2016年モデル

型式BJ250-JGF
カラーリング メタリックスパークブラック
パールアルパインホワイト
キャンディクリムゾンレッド(スペシャルエディション)

カラーリング変更。
スペシャルエディションが非常に高級感の高いキャンディクリムゾンレッドとなり、多くの人気を集める。

■カワサキ エストレヤ (2016年モデル)

全長×全幅×全高2,075mm×775mm×1,055mm
エンジン形式空冷4ストSOHC2バルブ単気筒
総排気量249cc
最高出力18ps/7,500rpm
最大トルク1.8kgf・m/5,500rpm
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
エストレヤ買取査定お任せください
買取査定お任せください

エストレヤは売ろうと考え時が一番高く売れます

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118