バイクパッション フリーダイヤル tel-0120819118
メニュー開閉ボタン
オンライン査定 相場情報をご案内 無料出張査定 全額現金でお支払い
kaitori-monkey125
調整画像 高額買取 お笑い芸人パッション屋良 kaitori-monkey125最強の買取価格
10秒で愛車を見積る

個人情報不要です

全車種の買取相場
ハーレーのバイク

データ最終更新:2022年05月20日

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118

モンキー125買取査定事例【2019年式の不動車】

買取査定させて頂いたのはモンキー125の不動車。
1年放置で若干の劣化が参観され見た目の評価は19年モデルとしては相対的にやや下位の極上未満判定に。
エンジン実働にはバッテリー&燃料ポンプ交換が必須判定とななりました。
はたして不動エンジンや要交換のフューエルポンプは買取額にどう影響したのか?以下に査定内容をご紹介させて頂きます。

モンキー125買取価格実例

22.5万円の査定額で買取した2019年モデル・モンキー125の不動車
  • 22.5万円の査定額で買取した2019年モデル・モンキー125の不動車
  • 買取したMonkey125のパールグリッターリングブル
  • タンク下部に細かい傷
  • 始動しないエンジン、ボルト類の錆
  • フォークに汚れありますが、綺麗なフロントホイール回り
  • フェンダーやライトカバーに細かい錆びが浮いているリア回り

総合評点:1点

【評価点の目安】
8点以上:新車 7点:超極上車 6点:極上車
5点:良好車 4点:多少の使用感 3点:難有 2点:劣悪
1点:事故不動
  • バイク名
  • モンキー125
  • 買取価格
  • 225,000円
  • 年式
  • 2019年モデル
  • 走行距離
  • 2,200km
  • 車台番号
  • JB02-100
  • カラー
  • 白/青(パールグリッターリングブルー)
  • エンジンの状態
  • 始動確認できず、オイル漏れなど無し
  • 外観の状態
  • 色艶は良好も、細部に劣化や使用感あります
  • 損傷や事故転倒歴
  • 目立たない小傷が数か所ありますが、目立つ損傷はありません。
  • カスタムや改造
  • フルノーマル車
  • 買取年月
  • 2021年12月1日

【燃料ポンプ不良の2019年型】モンキー125買取査定内容

「通勤で使おうと新車で買ったは良いが途中から車通勤になり....1年ちょっと置きっ放しに。久しぶりにカバー外したらエンジン掛からなくなっていたので、修理よりは売ろうと!」と売却の経緯を教えて下さったオーナー様。査定内容に先立ちまして、先ずは買取相場からご紹介させて頂きます。

相場上位は極上車で占められる19年モデルMonkey125

50cc史上最も成功したレジャーバイク「モンキー」の後継機として2018年に登場した「モンキー125」
発売以来19年モデル、20年モデルではカラー追加を伴うイヤーモデルがリリースされ、21年モデルでは排ガス規制対応に伴い型式がJB02からJB03型へと変更されています。
21年モデルでは、ミッションの5速化、ボアストローク拡張によるパワーバンドの低回転化、ABSの標準化等、大掛かりな変更が入りましたが メーカー希望小売価格は、登場18年モデル(ABS搭載車)から据え置きの40万円(税抜)を維持しています。

年式別・ABS有無の買取相場

ざっとMonkey125のヒストリーを振り返りましたが、中古の買取相場はメーカー希望小売価格とは連動せず、高年式になるほど高く、特に仕様変更の入った21年モデルが高くなっています。

買取業者の最大の転売先であり、販売業者の最大の仕入れ先として年間に約20万台のバイクが取引される業者間オークションの取引データを見ると。
平均取引額は下記のようになります。

18~19年モデル標準:31.6万円(61台)
18~19年モデル ABS:32.7万円(37台)
2020年モデル標準:32.5万円(34台)
2020年モデル ABS:35.9万円(49台)
2021年モデル:42.2万円(3台)

21年モデルは超極上と新車のみ3台の取引であり統計としては弱いのですが、18~20年モデルまで設定されていたABSモデル(メーカー希望小売価格では3万円差)は中古でも1万円以上の付加価値になる。
20年モデルの方が18~19年モデル取りも1万円ほど高い。といった年式モデル別の傾向が読み取れます。

18~19年モデルの買取相場

続いて今回買取させて頂いたABSなし19年モデルにフォーカスすると(HONDAの国内仕様車はイヤーモデル毎にフレームナンバーのハイフン以降が1万桁づつ動くのが通例ながら、 18年と19年モデルのモンキー125は百桁単位の変動の為、業者間オークションのデータの切り出し方法の都合上18~19年モデルを括っています)
上述の業者間市場では、直近1年間で61台の実働車が取引されています。買取業者の転売額に相当する取引の最高額は38.6万円、最低額は20.4万円で、31.6万円が平均となっています。
取引のボリュームゾーンは30~35万円台のレンジで、6割に相当する37台が集中していますが、走行0kmの未使用未登録車も9台(31.7~34.8万円で落札)含まれており、このレンジで取引されているのは極上車が中心です。
取引額でグループ化すると以下の様になります。
30万円以上:未使用車を含む距離浅の極上車
25~29万円台:走行1万キロ以上の良好車
24万円台以下:使用感や難のある車両

事故車・不動車

今回買取したモンキー125と同様に実働状態にない事故車や不動車にフォーカスすると、ABSなしの2018~19年モデルは直近1年間で5台の取引があります。
最高額は24.8万円、最低額は14.2万円で、19.1万円が平均となっています。
傾向としては、実働車の取引額から実働化コストを差し引いた額に収斂されています。言い換えれば修理に掛かる費用分だけ取引額が減額されています。

以上駆け足で、モンキー125の買取相場ご紹介させて頂きました。踏まえて、燃料ポンプ要交換判定となった不動車のモンキー125の査定内容と買取額についてご紹介させて頂きます。 (※上記の取引額は、買取業者の転売額=販売業者の仕入れ額に相当するため、査定現場での買取額は9掛け相当となります)

【18~19年モデル実働車】相場の推移

【18~19年モデル実働車】相場の推移

【18~19年モデル実働車】業者間の取引価格帯

【18~19年モデル実働車】業者間の取引価格帯

【18~19年モデル事故不動車】業者間の取引価格帯

【18~19年モデル事故不動車】業者間の取引価格帯
買取業者の最大の転売先であり、販売業者の最大の仕入れ先として年間に約20万台のバイクが取引される業者間オークションの取引データ
spacer for layout

燃料ポンプ不良と査定額への影響

2019年モデルのモンキー125。買取査定に当たってのトピックは2つございます。
1)始動しないエンジンの査定額への影響
2)若干みられる使用感

始動しないエンジン

1年間動かされていないと言うことで、バッテリーは上がっており査定現場でセルを回しても反応しませんでした。
持参したブースターに繋いでみると電源は付きセルモーターも回りますがエンジンは始動しません。

先ず確認させて頂いたのがガソリンの状態。
保管状況にもよりますが、2年を超えてくると異臭を発する場合があります。異臭の有無が1つポイントで異臭があると発電系や点火系に噴射系・供給装置といった始動プロセスの上流に不調をきたす確率が高まります。
幸いにもガソリンは異臭を放つ前でタンク内にも減点判定となるような錆び(錆が発生するとエンジンまでのルートで流れ込んだ錆カスが細路で詰まり始動エラーやエンストの原因となることがあります)は確認できませんでした。

始動しないエンジンの場合、限られた工具と時間の制約がある査定現場で確認できることは限られます。例えば、
・オイル漏れやオイル白濁(水分混入の兆候)
・キック式の場合は圧縮の有無
・プラグの状態
・ブースターを繋いでの燃料ポンプの始動音
・ギアチェンジの不具合
などです。しかしながら故障や不良の特定は実際に修理工場で手順を踏んでみないと判明しないケースが大半です。
例えばクラッチ盤の摩耗などは実際にエンジンを動かしてギアを変化させて動かしてみないと分かりません。ですが年式や走行距離、車種のリコール状況や故障特性も加味して弊社では統計的な不良発生率も把握しているので、 不動車という括りで重大な故障リスクを想定して査定額を下げることはありません。

1年放置でガソリンの異臭が無い場合、キャブ車の7割以上はバッテリー&プラグ交換とキャブ清掃で実働化し、高年式で車両状態が良い程その確率は高まります。
インジェクション車の場合は、発電点火系に問題が無く高年式であれば高確率でインジェクター清掃で実働化します。
そのためエンジン状態が確認できない場合でも車両と車種特性を踏まえて、精度の高い査定額を弾き出せるのが弊社の査定力となっています。

今回のモンキー125の場合は、ブースターを繋いで電源を入れた後、通常であれば「ウィーン」と聞こえる燃料ポンプの作動音が無い点が判明しました。
インジェクション車の場合、放置によって発生する不具合の第1位が燃料ポンプです。現行車両でもリコール対象となるケースがあり燃料ポンプは繊細な電子機械部品の代表と言えます。
弊社販売店でも販売後の保障対応(弊社販売店は業界随一と言える不具合非発生率を誇っています)として挙げられる代表的な不具合発生個所でもあります。
余談ながら中古バイクをご購入される場合は、車種のリコール履歴、そして燃料ポンプの力強い作動音の有無を確認されることをお薦め申し上げます。
燃料ポンプに不具合が発生した場合、根本的な修理方法は部品交換となります。モンキー125の場合純正品の値段に工賃を加えると修理費用の市価は3.5万円程度となります。
始動しないエンジン、ボルト類の錆
spacer for layout

買取・修理・販売の一貫体制で実働車並みの買取額に

19年モデルで追加された「パールグリッターリングブルー」のモンキー125ですが、カバーをかけて保管されていたことから外装は先ず先ずの光沢と色艶を保持しています。
大きな傷も無く高年式車両としてぱっと見は綺麗に見えますが、細部に目を凝らすと、写真でも確認できるようにネジやボルト類の錆び、タンク化浴びの小傷、リアフェンダーやウィンカーカバーなどのメッキの点錆など 劣化が見て取れます。

中古市場で取引される19年モデルモンキー125の7割が未使用の新車や隙の無い極上車で構成されている点を鑑みると、査定させて頂いた車両は走行距離は浅目ながら相対的に使用感が見られます。
上段で触れた買取相場に照らすと、実働車仮定で買取業者の転売額に相当する業者間市場での取引額は20万円台後半想定です。
そこから、実働化コストとして必須になるのが燃料ポンプの交換費用、バッテリー交換費用。さらに保証付き販売を前提にすると念を期して整備しておきたいプラグ交換にインジェクション清掃を加味すると 実働化コストは市価で約6万円となります。
踏まえると業者間市場での取引額想定は20万円台前半となり、買取業者の経費(運送費や出品手数料)に儲けを差し引くと、実際の買取額は頑張って20万円が利益ぎりぎりとなります。

弊社バイクパッションが提示した査定額は相場的には赤字必死の22.5万円。
「その金額なら」とご快諾頂き買取成約となりました。
22.5万円で買取できた理由は、以下3点です。
1)自社修理工場で修理単体での儲けを必要としない安価な工賃で修理できる
2)自社修理工場において隙の無い極上車に仕上げられるポテンシャル
3)日本で一番中古バイクを売っている弊社販売店での売れ筋車種である

買取直販となる販売店仕入れによって中間流通コストを買取額に還元できたこと、更に自社修理工場での安価な実働化コストも高額査定に繋がりました。
フェンダーやライトカバーに細かい錆びが浮いているリア回り
spacer for layout

モンキー125の買取相場

【2018~19年モデル】

【実働車】の業者間オークション市場における、買取時点直近12ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 61台
  • 平均価格: 316,033円
  • 最高価格: 386,000円
  • 最低価格: 204,000円

【事故車・不動車】の業者間オークション市場における、買取時点直近12ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 5台
  • 平均価格: 191,600円
  • 最高価格: 248,000円
  • 最低価格: 142,000円

相場情報:2021年12月1日時点

最新の相場情報は、10秒で買取相場が出る自動査定でチェックして頂けます。


上記金額は、買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の落札データであり、買取業者の転売金額です。
業者間オークション市場とは買取業者と販売業者が参画する競り市場で、年間に約20万台のオートバイが取引される市場です。
買取業者が買取したバイクの約9割は上記市場において転売されています。
その事実が、業者間オークション市場の落札金額が買取業者の査定額の基準値である所以です。
査定現場での買取価格は下記の転売(落札)金額から買取業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります。
査定現場での正味の買取額は、転売金額である落札額から5~10%を割り引いた金額が適正で競争力のある価格となります。
金額にすると単価の安い原付バイクで1万円から、100万円を超える高額車両では6万円までが適正な割引額です。

関連する買取事例

  • 買取したモンキーのフルカスタム車
    モンキー

    買取査定価格

    200,000円
    2002年式 走行 1,871km
    フルカスタム
  • ゴリラ買取価格
    ゴリラ

    買取査定価格

    105,000円
    AB27-110 走行 3,810km
    カスタム多数
  • 買取したフルノーマルのApe100TypeD
    エイプ100タイプD

    買取査定価格

    200,000円
    2009年式 走行 99km
    極上車
  • 21万3千円の買取査定金額が付いたご購入間もないホンダのグロム
    グロム

    買取査定価格

    213,000円
    2013年式 走行 2,114km
    状態良好
spacer for layout

モンキー125は売ろうと考え時が一番高く売れます

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い

買取査定の安心ステップ

【リピーターやご紹介のお客様が非常に多い】 のは、お客様の立場に立った誠実な査定と相場以上での高額査定が評価されてのことだと自負しております。
事実、パッションのバイク買取査定はお客様満足度95%超!
弊社パッションは最高の接客と特別な買取価格で常にお客様満足度No1を追求しています。
【当社の査定員はみんな査定資格とマナー講習を修了】
お客様が気持ちよく満足してオートバイを売るできる事がとても大切だと考えています。 買取提示価格がお客様のご希望金額に届かない等、御満足頂けない 場合は買取不成立となりますが、その場合もパッションの査定はモチロン無料です! 査定は全て、最初から最後まで無料。安心してお気軽に最高の無料査定をお試しして頂けます。

バイクパッションについて

出張買取エリア

北海道を除く全国で出張査定

【即日対応!資格を持った査定士がお伺いいたします】
全国の支店からご希望日時に出張査定にお伺いしています。弊社の査定員は全員。査定士の資格を取得し、マナー講習を修了しております。
リピーターやご紹介のお客様が非常に多いのには理由がございます。
最高の査定額と最上のご対応でお客様のご期待にお応えいたします。

買取の際に必要なもの

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い
to top