バイクパッション フリーダイヤル tel-0120819118
メニュー開閉ボタン
オンライン査定 相場情報をご案内 無料出張査定 全額現金でお支払い
不動車の買取イメージ
調整画像 高額買取 お笑い芸人パッション屋良 不動車も情熱的に買取
10秒で愛車を見積る

個人情報不要です

全車種の買取相場

データ最終更新:2020年09月11日

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118

Z1000MKⅡ買取査定事例|エンジン一式欠品のジャンク車

【1979年式 Z1000MKⅡ】部品取り用途としてエンジンは一式欠品で長らく放置されていたジャンク車を39万円の査定額で買取致しました事例のご紹介。
最高の接客と価格で、お客様からお褒めの言葉を頂戴することも多い、 バイク買取無料査定をお気軽にお試しくださいませ。
良好車はもちろん!事故車・不動車バイク買取もNo1!
Z1000マーク2の買取。お客様のご期待にお応えいたします!

Z1000MKⅡ買取価格実例

Z1000MK2(マーク?)不動車
  • Z1000MK2(マーク?)不動車
  • Z1000MK2(マーク?)廃車
  • エンジン不動バラ
  • 欠品有り

総合評点:1点

【評価点の目安】
8点以上:新車 7点:超極上車 6点:極上車
5点:良好車 4点:多少の使用感 3点:難有 2点:劣悪
1点:事故不動
  • バイク名
  • Z1000MKⅡ
  • 買取価格
  • 390,000円
  • 年式
  • 1979年
  • 走行距離
  • 15,891km
  • 車台番号
  • KZT00A-526
  • エンジンの状態
  • エンジンやマフラー一式欠品
  • 外観の状態
  • リアサスペンション欠品
  • 買取年月
  • 2010年5月

【車両をバラされた不動車】1979年式 Z1000MK2買取査定内容

5年ほど前に友人から購入し自身でオーバーホールを試みたが途中で断念してしまい以来手付かずになってしまったZ1000MKⅡ
電話では車両の状態を伝えるのは難しい、という事からお客様のご要望を受けて無料出張査定にお伺いさせて頂くことに。
査定現場にて車両を確認させていただくとフレームからエンジンを下されエンジン自体も分解された状態、放置期間も長く分解された部品単体も含め全体に錆が出てしまっている状態でした。
再販や乗れる状態にするには難しい状態ですが人気のある旧車という事もあり39万円の査定額で買取させて頂きました。旧車や不動車特有の査定についても言及しながら買取の事例をご紹介します。

買取相場の高い旧車ですが・・・見た目はボロボロ

オーナー様からお聞きした内容は「マフラーから白煙やエンジの異音とオイル漏れが酷くジャンク品に近い車両を友人から格安で 譲ってもらい見様見真似でオーバーホールを試みたものの途中でギブアップ。エンジンはフレームから降しバラバラの状態で5年以上置きっ放し」との事でした。

奥様から手放して欲しいと耳にタコができる程お叱りを受け続けているそうで、今回買い取ってもらえるならば普通に乗れる車両の購入資金の一部に充てたいとの事でした。
Z1000MKⅡといえば1978年から1980年にかけて製造されていた車両です。1975年に免許制度の法律改訂のあおりを受け、限定解除の免許取得が難しく中型バイクが人気を博していた事もあり、 当時の販売台数は伸び悩みましたが、現在ではタマ数も少ないこともあって、Z系に代表される昭和ネイキッドの相場高騰に伴って買取相場の非常に高い車種となっています。
角張ったタンクに三角形のサイドカバーと全体的に直線的なデザインから角Zと呼ばれ丸Zと呼ばれる初代のZ1に負けずを劣らず人気を集めるモデル!!

こちらのZ1000MKⅡの状態はジャンク車と形容できる状態であり、欠品パーツも多数ある事から再販に向けた実働化とレストアには一見して相当な費用が掛かることが見て取れる状態でした。
しかし、そこは相場の高い角ZのMK2。書類、車台番号、エンジン番号がしっかりと確認できる事から十分高価な買取価値を残しています。お客様の次の車両の購入資金になるべく近づけられるように査定をさせて頂きました。
Z1000MK2(マーク?)不動車
spacer for layout

車両の状態と査定ポイント

査定現場に到着して目にしたZ1000MKⅡ。
フレームにタイヤは付いているもののリアサスペンションも取り外されエンジンも降りている状態で屋根の無い駐車場に佇んでいました。
オーナー様にエンジンの方はどこにありますか?とお尋ねした所、こちらにありますと物置に通されてみるとビックリ・・・エンジン自体が殆どバラバラにされた状態になっていました。
フレーム自体は塗装が飛んでしまった箇所には錆が有るものの、金属自体が脆くなっている等グサグサな状態には至っていません。 この状態の車両では最重要な確認点で買取価値に直結するフレーム番号もワイヤー類の擦れが原因で薄くなっていたり錆びて確認が難しいなんて事もなくしっかりと確認が出来る状態でした。
続いて部品単位で価値を積み上げるべく査定を進めていきます。
気になるタンク内の錆も少なく、シートベースも錆はあるもののしっかりとしていてまだ使える状態です。
キャストホイールには白サビが出ているものの大きな傷や曲がりもなく錆を落としてリペイントすればまだまだ使える状態です。
倉庫にあったキャブレーターは内部のガソリンを抜き取り外された時点から手をつけた様子がなかったためオーバーホール前提ですが部品としての使用は可能です。

部品として査定価値の計上が難しかったのは、 欠品のリアサスペンションやマフラー。倉庫内を探したが見当たらないとの事でした。
肝心のエンジンですがバラされてから時間が経過してしまっているという事もありピストンやピストンロッド、ギアやクラッチ板から始まりシャフトやネジ類まで錆が発生してしまっていました。 こちらは現状の部品を再利用する事は難しそうで万が一エンジンを組み上げるとなっても新品で部品を調達する事が必須になる事とオーナーさん申告で「こんな状態なのでおそらく欠品部品も少なくない」との事で、 修復費用が状態の良い中古品の価値を上回るため買取で価値を計上するのは難しいとの判定に。

車体を押し引きしてみたところ、
ブレーキのディスクローターも錆びてしまいキャリパー内部のパッキンやブレーキフルード自体の劣化が進みブレーキが固着しているためタイヤが転がりません。
そこは応急的に固着を緩和し、エンジンが積まれていなかった事で車重も軽くなってることから、トラックへの積み込みはオーナーさんの手を借りる事もなく問題なく行えました。
Z1000MK2(マーク?)不動車
spacer for layout

総合的な評価と買取額

今回買取査定をさせて頂きましたZ1000MKⅡ
最大の査定ポイントは旧車として人気がある車両ということでフレームやエンジンといった部品単体でも旺盛なパーツ需要がある点です
価値の高いフレームを再流通させるために重要な点は書類とフレーム番号。それが揃っていたことが今回の査定で最大の買取価値となりました。
残念ながらバラされて部品価値を喪失していたエンジンには価値が見出せなかったものの、タンクやシート類といった外装部品がしっかりとしていた点も大きくプラス査定に繋がりました。 名の通ったメーカーの高価な社外品でカスタムされている場合を除いて、買い手の間口が広い純正仕様の車両の方が高価格査定になる基本的な傾向があります。
リアのスイングアームも社外品に変更されていましたがZ1000MKⅡの場合はカスタムベースとしての人気もある車種特性の為プラスポイントにはなりませんがマイナスポイントは付けずに査定させて頂きました。

自社で整備修理工場を保有している弊社では、基本的には可能な限り整備し修復させて頂くことを前提に査定をさせて頂いています。
ですが査定させて頂きましたZ1000MKⅡ。レストア費用は軽く見積もっても100万円を超える状態であることから当社での整備や再販は難しいとの判定に。
修復を前提に再利用できるパーツの価値を1つ1つづつ積み上げて390,000円の買取査定額をご提示させて頂きました。
Z1000MK2(マーク?)不動車
spacer for layout

お客様の声

査定が終わりオーナー様と雑談をさせて頂きましたところ「これで奥さんにチクチク言わせません!友人から購入した額より高い値段がついたので次の購入車両を探すのも楽しみです」という声を頂きました。 買取相場が上昇を続けているZ1000MKⅡのパーツ価値を適切に見極めることが出来るのも弊社の強みです。
バイクを売って終わりではなく次の車両への前向きな姿を見せていただけた事で査定をさせて頂いことへの喜びにつながりとても嬉しく思いました。
今回はZ1000MKⅡという人気のある旧車の不動車でしたが高年式な車両の不動車や事故車・故障車であっても基本はレストアベースとして、修理の採算が合わない場合もパーツ価値の総計で買取出来るケースも沢山ございます。
処分にはお金がかかってしまう、査定を頼んでも値段を叩かれるなんてお考えのオーナー様は是非ご相談ください、弊社パッションでは車種や車両の状態次第では十分に買取可能です。
どんな状態でも出張査定は無料でさせて頂きます、わからない事があれば是非お電話でご相談ください!

 

Z1000MK2の買取相場

Z1000MK2【1979~1980年モデル】

【実働車】の業者間オークション市場における、買取時点直近3ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 4台
  • 平均価格: 916,500円
  • 最高価格: 1,154,000円
  • 最低価格: 744,000円

【事故車・不動車】の業者間オークション市場における、買取時点直近3ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 0台
  • 平均価格: No Answer
  • 最高価格: No Answer
  • 最低価格: No Answer
spacer for layout

相場情報:2010年5月時点

最新の相場情報は、10秒で買取相場が出る自動査定でチェックして頂けます。

上記金額は、買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の落札データであり、買取業者の転売金額です。
業者間オークション市場とは買取業者と販売業者が参画する競り市場で、年間に約20万台のオートバイが取引される市場です。
買取業者が買取したバイクの約9割は上記市場において転売されています。
その事実が、業者間オークション市場の落札金額が買取業者の査定額の基準値である所以です。
査定現場での買取価格は下記の転売(落札)金額から買取業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります。
査定現場での正味の買取額は、転売金額である落札額から5~10%を割り引いた金額が適正で競争力のある価格となります。
金額にすると単価の安い原付バイクで1万円から、100万円を超える高額車両では6万円までが適正な割引額です。

Z1000MK2は売ろうと考え時が一番高く売れます

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い

買取査定の安心ステップ

【リピーターやご紹介のお客様が非常に多い】 のは、お客様の立場に立った誠実な査定と相場以上での高額査定が評価されてのことだと自負しております。
事実、パッションのバイク買取査定はお客様満足度95%超!
弊社パッションは最高の接客と特別な買取価格で常にお客様満足度No1を追求しています。
【当社の査定員はみんな査定資格とマナー講習を修了】
お客様が気持ちよく満足してオートバイを売るできる事がとても大切だと考えています。 買取提示価格がお客様のご希望金額に届かない等、御満足頂けない 場合は買取不成立となりますが、その場合もパッションの査定はモチロン無料です! 査定は全て、最初から最後まで無料。安心してお気軽に最高の無料査定をお試しして頂けます。

バイクパッションについて

出張買取エリア

北海道を除く全国で出張査定
パッションの査定士

【即日対応!資格を持った査定士がお伺いいたします】
全国の支店からご希望日時に出張査定にお伺いしています。弊社の査定員は全員。査定士の資格を取得し、マナー講習を修了しております。
リピーターやご紹介のお客様が非常に多いのには理由がございます。
最高の査定額と最上のご対応でお客様のご期待にお応えいたします。

買取の際に必要なもの

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い
to top