kaitori-header-cbx550f-integra
調整画像 高額買取 お笑い芸人パッション屋良 kaitori-header-cbx550f-integra最強の買取価格
10秒で愛車を見積る

個人情報不要です

全車種の買取相場
ハーレーのバイク

データ最終更新:2024年06月14日

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118

CBX550Fインテグラ買取査定事例【旧車會カスタムの不動車

買取させて頂きましたのはCBX550Fインテグの海外仕様。
400cc登録でCBX400F風の旧車會カスタムが施された1986年モデルでしたが、3年間放置されていたためエンジンのかからない不動車となっていました。
2023年現在の相場に照らすと65万円がギリギリの査定額となるところ、自社販売も視野に80万円の査定額で買取致しましたが。結果的には15万円を超す赤字となりそうな事例のご紹介です。

CBX550Fインテグラ買取価格実例

事故不動
新車
  • 1

総合評点:1点

エンジン 1 車体フレーム 3 外装 4 電装保安部品 3 フロント周り 4 リア周り 4

【評価点の目安】
8点以上:新車 7点:超極上車 6点:極上車
5点:良好車 4点:多少の使用感 3点:難有 2点:劣悪
1点:事故不動
  • バイク名
  • CBX550Fインテグラ
  • 買取価格
  • 800,000円
  • 年式
  • 1986年モデル
  • 走行距離
  • 29,357km
  • 車台番号
  • PC04-210
  • カラー
  • 白/赤/黒(海外仕様カラー)
  • エンジンの状態
  • 3年放置で始動確認できず、エンジン塗り斑大、シリンダー変更で400cc登録
    キャブレターのオーバーホール後にエンジン異音大と白煙吹きがあることが発覚
  • 外観の状態
  • 1976年モデルとしては色艶は比較的良く、足回りは綺麗です。
  • 損傷や事故転倒歴
  • 細かい傷多数、ハンドル曲がり、ハンドルストッパー曲り
  • カスタムや改造
  • 旧車會仕様カスタム
  • 買取年月
  • 2023年12月2日
  • ジャンル
  • プレミアム旧車 絶版車

【400cc登録でCBX400F風の旧車會仕様】CBX550Fインテグラの査定内容

「コンテナに3年置いてあるバイクを見て欲しい」とのご依頼を受けて査定させて頂くことになったのはCBX550Fインテグラです。
「父親から譲ってもらったバイクですが訳があって手放すことに。父親が大変大事にしていた物なので仮に100万円を提示されても今日は決められないかもしれません」と売却スタンスを教えて下さったオーナー様。
パッと見てこだわりのカスタムが見て取れたオーナー様の愛車。はたして2023年現在でCBX550Fインテグラの高額査定とは幾らを指すのでしょうか?先ずはその根拠となる買取相場からご紹介させてください。

CBX550Fインテグラの買取相場

2021年に2倍超に沸騰したCBX550Fインテグラの買取相場。
右欄下段一番上のグラフでもご確認いただけますが、時系列では以下の様に変化しています。

【CBX400F/550F/インテグラ】業者間の平均落札額(と台数)推移
CBX550F
インテグラ
CBX550F CBX400F2 CBX400F
インテグラ
2015年度 47万円
(5台)
38万円
(4台)
97万円
(9台)
60万円
(3台)
2017年度 53万円
(5台)
50万円
(3台)
118万円
(9台)
83万円
(1台)
2019年度 53万円
(24台)
59万円
(31台)
160万円
(1台)
68万円
(1台)
2021年度 114万円
(21台)
129万円
(40台)
396万円
(4台)
148万円
(2台)
2022年度 107万円
(13台)
109万円
(40台)
405万円
(4台)
243万円
(4台)
2023年度 103万円
(16台)
103万円
(92台)
460万円
(5台)
132万円
(1台)
業者間オークションの平均取引額を各年度で比較した数字
業者間オークションとは、買取業者の最大の転売先であり、販売業者の最大の仕入れ先として年間に約20万台のバイクが取引される会員業者間の市場
上記は、業者間オークションにおける平均落札額の推移をプレミアムの付く中型CBXシリーズで比較した表です。
因みに発売当時の新車価格を比較すると以下の様になります。

  • 400F2:48.5万円(1984年)
  • 400Fインテグラ:54.9万円(1982年)
  • 550F:不明(海外専用1982~86)
  • 550Fインテグラ:58.9万円(1982年)
超の付くお宝マシンであるCBX400Fの2型(1984年)を除くと、2019年までは当時の新車価格に準じる値段で取引されていた中型CBXシリーズ。
(尚、CBX400Fを2型で区切っている理由は2型の相場が突出して高いためです。CBX400Fの海外仕様【フレ番がNC07-2始まり】と、1981年の1型【NC07-105まで】は2型の半分程度の相場水準【CBX550Fの1.2~1.5倍】で推移しており。
大兄貴CBX1000はCBX550の1.5~2倍、CBX1000インテグラは1.2倍程度の水準となっています。

上記表いずれの機種も2021年に相場が高騰し2019年比で2倍以上に跳ねあがっています。
2021年はコロナ禍で新車供給が細ったことを受けて中古バイクの相場が全体的に上昇した時期ですが、特に相場が高騰したのは元来からプレミアム化していた2ストレーサーレプリカとCBとZ系の旧車、そして入手困難となった人気の現行機です。
異常高騰したバブル相場は、新車供給が回復傾向となったことで2022年夏頃に弾けます。
例えば2021年に425万円平均で取引されていたZ2は2022年に283万円まで反落するなど大きく反落した機種が続出した一方で、中型CBXシリーズに関してはバブル以前の水準に比べれば未だ大幅な高値圏内で取引されており売り時が続いていると言えます。

上記表では()内に取引台数を記載しておりますが。CBX550Fの取引台数が急激に増えている点が目を惹きます。
海外専用モデルとして展開されたCBX550Fですが、近年急速に日本に還流されています。北米では2023年現在も3.000~5,000US$での取引が中心となっているCBX550F、海外でも高値圏で取引されている CBX400FやCBX1000とは異なり日本の相場が高いことがその背景となっています。事実、直近1年間で業者間で92台の実働車が取引されたCBX550Fですが、そのうち80台は2023年の初年度登録となっており国内に入ってきて間もない車両である個体で 占められていることが窺えます。

過去10年間の相場変動を確認したところで、引き続いて本題であるCBX550F/インテグラにフォーカスし、以下の3つの指標を用いて買取相場を検証してみたいと思います。

1)インテグラの国内仕様 vs 海外仕様
2)評価点=コンディション
3)カスタム

1)国内仕様 vs 海外仕様
CBX550Fのバリエーション機であるインテグラ。ベース機との違いはロケットカウル(ハーフフェアリング)が装着されている点と国内仕様が展開された点です。
国内仕様はフレ番PC04-1はじまりの白/青カラーリングにCB550F INTEGRAデカールの入ったサイドカウル。対して海外仕様はPC04-2はじまりの白/赤カラーリングにCB550FIIデカールの入ったサイドカウルとなっています。
オールペンや社外品装着率が高い本機において、見た目で海外仕様か国内仕様かを見分けるのは困難ですが、フレーム番号で識別が可能です。
国内仕様と海外仕様はどちらが高く売れるのでしょうか?

CBX550Fインテグラ【海外仕様 vs 国内仕様】高く売れるのは?
平均落札額 最高額 最低額 取引台数
国内仕様 126万円 162万円 95万円 3台
海外仕様 97万円 139万円 50万円 13台
業者間オークションの取引履歴を2023年12月時点で12ヵ月間遡った数字
直近1年間で区切ると大幅に相場が高い国内仕様。
取引台数が台数が少なく傾向としては弱いので、直近8年間に遡っても国内仕様が17万円ほど高いのは、直近8年間で94台の取引が記録されている海外仕様に対して、9台の取引に留まる国内仕様の稀少性が大きいと思われます。
この点は、国内仕様(1型)と海外仕様の取引台数に大差が無く相場も近似しているCBX400Fとの違いが見られます。

2)評価点別の相場
海外仕様と国内仕様はフレームで識別が可能ですが。外装の違いで機種名が分かれているCBX550Fとインテグラはフレーム番号に有意な整理が成されていないため、外装が社外化されているケースでは機種名判定が困難です。
また一番上の表で触れた通り、ベース機とインテグラの相場は近似しています。踏まえてCBX550Fとインテグラを合算して、評価点別の相場を検証してみます。

CBX550F/インテグラ【評価点別】業者間の落札額
平均落札額 最高額 最低額 取引台数
4点 109万円
(105万円)
157万円
(139万円)
80万円
(73万円)
75台
(7台)
3点 88万円
(97万円)
162万円
(162万円)
50万円
(50万円)
34台
(10台)
1点 51万円
(-)
73万円
(-)
33万円
(-)
15台
(0台)
業者間オークションの取引履歴を2023年11月時点で12ヵ月間遡った数字
()カッコ内の数字はインテグラ
5点:ルーティンの整備で再販に回せる良好車
4点:軽い追加補修や整備が必要となる劣化または軽い難がある
3点:追加整備が必要な難がある車両
1点:事故車又は不動車
直近1年間に、109台の実働車と15台の事故 不動車で計124台が業者間オークションで取引されたCBX550F + インテグラ。
上記表は、車両コンディションを示す評価点別に落札額を比較した表です。
平均落札額に着目すると、評価点が高いほど落札額も高く順当な結果となっており、不動車や事故車など実働状態にない個体の落札額はぐっと下がることが分かります。

最高額と最低落札額の開きに着目すると同じ評価点ながら100万円以上の開きがあるのは、減点が入った不具合に対する整備コストの差や劣化や損傷状況の差によります。
例えば比較的安価に修理可能なエンジン上部のタペット音と、エンジンを全分解する必要が生じる腰下底部からのオイル漏れでは修理コストが数十万円変わってまいりますし。外傷においても目立たないダウンチューブ(フレーム底部)の凹みなのか、 タンクの凹みなのかで査定額(落札額)は変わってまいります。
従いまして再販に当たって、必要となる整備や修理コストが低い車両ほど高額落札(高額査定)に繋がり易く、評価点はその目安となっております。

3)カスタム
プレミアムな旧車において高額査定の基本線は、メーカー塗装を維持したフル純正が鉄板です。
当時そのものと言うことに価値があると同時に、発売から40年や50年を経過した機種では損傷や不具合が出たパーツがどうしても社外化されていくことが避けられず、時の経過とともにフル純正機のレア度と価値が高まっていくためです。
はたしてCBX550F/インテグラも同様なのでしょうか?

CBX550F/インテグラ【評価点別】業者間の落札額
平均落札額 最高額 最低額 取引台数
フルノーマル 137万円
(同上)
162万円
(同上)
124万円
(同上)
3台
(3台)
ほぼノーマル 80万円
(85万円)
121万円
(121万円)
61万円
(68万円)
26台
(6台)
定番カスタム 111万円
(100万円)
157万円
(139万円)
50万円
(50万円)
77台
(8台)
旧車會仕様 - - - 0台
独自系カスタム 60万円
(-)
69万円
(-)
52万円
(-)
3台
(0台)
業者間オークションの取引履歴を2023年11月時点で12ヵ月間遡った数字
()カッコ内の数字はインテグラ
評価点3点以上の実働車のみを集計した数字
上記は、カスタム傾向別に業者間の取引額を比較した表です。
最も平均取引額が高いのは旧車のセオリーに沿ってフル純正となっています。

しかしながら次点は、「ほぼノーマル」ではなく「定番カスタム」の取引額が高くなっています。
定番カスタムとは、BEETアルフィンカバー・集合管・段付きソート・延長テールカウル(・アップハンドル)を組み合わせたスタイルです。
直近1年間に取引が記録された実働車109台のうち、7割に当たる77台が定番カスタムとなっており突出して高い割合となっていますが、シリンダーを変更して400cc登録となっている個体比率が高いのも特徴です。
400cc登録に、社外サイドカバーとテールカウル?。。敏感な方はお気づきになられたのではないでしょうか?
そうです。相場が1~2段高いCBX400Fに寄せているのです。具体的にはCBX550Fのデカールが入ったサイドカバーやタンデムバーが付いたテールカウルといった550の特徴を上書きして400Fルックス化させているのです。

定番カスタムの相場と台数が高い理由としては、海外から日本に引っ張ってきた個体がCBX400Fリックス化されレストア仕上げされている点が大きいと言えます。
換言すれば「使用感の出ているほぼノーマル」よりも「レストアされたCBX400Fルックの定番カスタム」の相場が高いとなります。

独自系カスタムとは、海外で施されたカスタムのままというケースが多くCBX550F/インテグラの面影が見当たらないことから価値が大きく下がる傾向がございます。
取引の無かった旧車會仕様に付いても言及いたしますと、定番カスタムを派手にする点に特徴があり、エビテール・ロングロケットカウル・派手な塗装・直管・大きく絞ったアップハンドル等いわゆる暴走族スタイルです。 こちらは買い手が極めて限定的になることから独自カスタムと同様に価値が下がる傾向がございます。

以上で、
・インレグラの国内仕様は海外仕様より相場が高い
・評価点が高いほど落札額が高い傾向にある
・フル純正に次いでレストアを終えCBX400Fルックス化された定番カスタムが高い
といった傾向が浮かび上がりましたが、落札価格帯での傾向を纏めると下記のようになります。
  • ▼価格帯別の傾向
  • 100万円以上の60台
    フル純正のインテグラ
    レストア仕上げを終えたCBX400F風定番カスタム車
  • 80~90万円台の23台
    評価点3点のほぼノーマルやCBX400F風定番カスタム車/li>
  • 60~70万円台の27台
    修理コストが高い不具合のある個体や独自カスタム車
  • 20~50万円台の11台
    重大な瑕疵のある実働車、または不動車や事故車
以上の買取相場を踏まえて、エンジンがかからなかった旧車會仕様のカスタムが施されたCBX550Fインテグラ海外仕様の査定内容と買取額についてご紹介させて頂きます。 (尚、上記の業者間市場における落札額は、買取業者の転売額=販売業者の仕入れ額に相当するため、実際の買取額は93~97%相当となります)

【CBX550Fインテグラ】相場の推移

【CBX550Fインテグラ】相場の推移

【CBX550F】相場の推移

【CBX550F】相場の推移

【CBX400F2】相場の推移

【CBX400F2】相場の推移

CBX550F【事故車 不動車】相場の推移

CBX550F【事故車 不動車】相場の推移

【CBX550Fインテグラ】業者間の取引価格帯

【CBX550Fインテグラ】業者間の取引価格帯

【CBX550F】評価点別の取引価格帯

【CBX550F】評価点別の取引価格帯
買取業者の最大の転売先であり、販売業者の最大の仕入れ先として年間に約20万台のバイクが取引される業者間オークションの取引データ
spacer for layout

査定のハイライト

パッと見て比較的綺麗な色艶と輝きに包まれて見えたオーナー様の愛車。
同様に独特のカスタムによって旧車會仕様の雰囲気も漂っています。
以下、査定でプラスとなったポイント、マイナスとなったポイントを列記させて頂きます。
買取したCBX550Fインテグラは400cc登録で旧車會仕様のCBX400F風カスタム
spacer for layout

綺麗な状態を維持している足回り

手が入り難くいうえに、路面からの飛び石を受けるなど劣化が施行しやすいのが足回りです。
しかしながらオーナー様の愛車は、ホイールの削れ傷やキャリパー部の塗装剥離こそ散見できますが、総じて綺麗な光沢を保持しています。
足回りの機能部品である前後サスペンションにもコシがありオイル漏れなどもありません。
劣化が出やすい足回りが綺麗であるのはオーナー様の日頃のケアの賜物です。敬意を表してプラス査定とさせて頂きました。
綺麗にケアされている足回りはプラス査定に
spacer for layout

比較的綺麗なオリジナル塗装と思われる外装

最終1986年モデルであるオーナー様のCBX400Fインテグラ。
カラーリングは海外仕様に設定されていた白/赤/黒ストライプです。
純正を維持した外装パーツは、タンク・フロントフェンダー・ハーフフェアリング・スクリーンですが、塗りが綺麗で際にも不自然な個所はなくメーカー塗装と思われます。
37年前に発売されたモデルとしては色艶も比較的良く、当時物のメーカー塗装はプラス査定となりました。
メーカー塗装を維持した比較的綺麗なタンクはプラス査定
spacer for layout

職権打刻付き400cc登録のエンジンの価値は?

CBX550F/インテグラの純正エンジン番号であるPC04E型の刻印がありながら、同時に職権打刻を示す国-01**のシールが添付されています。
車検証の登録は400cc登録となっております。

いわゆるCBX400F風カスタムですが、中型免許対応で購入対象者数が増えると言う点ではプラス査定に繋がります。
ただし上段の相場情報で触れたように、近年一般化しているカスタムとあって大きな差別化要因には至らず細かなプラス査定となっております。

同じ400cc登録でも、CBX400Fの純正エンジン番号であるNC07E型への積み替えであれば確かなプラス査定となり、CBX400F2型固有のNC07E-107始まりのエンジンに載せ替えしていれば非常に大きなプラス査定となります。
400cc登録でシリンダーが変更されているPC04E型エンジン
spacer for layout

査定現場で始動が確認できなかったエンジン

3年間、手を入れずに保管されていたオーナー様のCBX550Fインテグラ。
電源を入れてセルボタンを押下しますが、バッテリーが上がっており反応しません。
持参したブースターを繋いでみたところ、純正とは異なったセルモーター音が響きますが、エンジンの始動には至りません。
給油口を開けたところ、予期していた通り鼻を衝く異臭があります。タンク内で腐敗したガソリンの匂いです。
タンク内にはフルでガソリンが残っていたためにタンク内部に錆が進行していなかった点は幸いでしたが、3年放置している間に腐敗したガソリンがキャブレター内で詰まっている様子です。査定現場でエンジンを始動させることは無理と判断。

エンジンの実働化には、4発のキャブレターオーバーホール、バッテリー&プラグ交換は最低限の工程となります。市価で6万円程度の修理(部品代含む)費用です。
電装系などに問題がある場合は更に実働化コストはかさみますが、プラグをフレームに充ててセルを押下したところ火花が飛んでいることは確認できたためキャブ詰まりがエンジン不動の原因と判定。

不動車としては比較的軽微な減額で済みましたが、エンジン状態が確認できなかった点はリスク要因として残ります。オールペンされたエンジンは塗り斑が目立ち、下地に濃い錆が除いている箇所もある等、見た目から使用感が滲んでいることを考慮すると 始動後のエンジン状態は平均並み未満との判定が相応しいとの判断に至りました。
オールペンで塗り斑が目立つPC04E型エンジン
spacer for layout

旧車會仕様のカスタムが大きなマイナス査定に

方向性としては旧車會仕様のカスタムに分類されるオーナー様の愛車。
旧車會仕様を決定づけているのは、下記になります。

1)雑に塗られた赤いマフラーやポイントカバーとジェネレーターカバーの色塗り
2)日章旗などのステッカー貼付(ドライヤーを当てて剥がした後にシール除去スプレーを噴射しても粘膜が取り切れないケースもあり、仮に綺麗に除去できても日焼け差が残ってしまいます)
3)エンジンヘッドカバー・ステップ・スイングアーム・インボードベンチレットディスク・サイドスタンド・チェーンケース・エンジンガード・エアクリカバーなどのメッキ化

BEET性アルフィンカバー・集合管・段付きシートといった定番の社外品にアンダーカウルを装着しているまではライトカスタムで纏めており高評価ですが、上記点が旧車會仕様の雰囲気を醸し出しています。
旧車會仕様は広告出稿を受け付けない媒体も多く、再販時に買い手を著しく限定させることから、買取価値が大きく下がります。
フレームやエンジンなどに施された塗り斑が厚塗りの再塗装も含めまして、旧車會仕様のカスタムは非常に大きなマイナス査定が入ることに。
塗り斑のある赤に色塗りされているエキパイやマフラー
spacer for layout

不具合や外傷などのマイナス

その他マイナスとなった不具合を摘記いたしましと
・ハンドル操作に抵抗がありステムベアリングに不良を来たしている可能性
・ハンドル曲がり、ハンドルストッパー曲り
が挙げられます。
ハンドルに抵抗がありベアリング不良が疑われます
spacer for layout

総合評価と買取額

以上のように査定させて頂きましたオーナー様の愛車CBX550Fインテグラ。
エンジン始動が確認できなかったため査定現場での評価は不動車を示す1点となります。しかしながらキャブ洗浄とバッテリー交換で実働化できる前提で判断すると評価点は3.5点判定です。

上段で触れた業者間オークションに出品した場合、想定される落札額は60~70万円想定。実働化して不具合を修正して出品した場合は80~90万円想定となります。

自社工場で市価よりも安価に修理できる利点に加え、日本一オートバイを売っている弊社横浜店での再販も視野に入れつつ、提示させて頂きました査定額は80万円。相場的には赤字となる可能性が濃厚の提示額です。
はたして、オーナー様からご返答は「父親に相談するので即決は出来ません」とのお言葉を頂くことに。査定の機会を頂いたことの謝辞を述べ辞去いたしました。

後日オーナー様から「父親が懇意にしていたショップも含めて何社かに査定してもらったのですが、結局パッションさんが一番高い金額でした。同じ金額で引き取ってくれるならお願いします」とのご連絡を頂き 時間差での買取成約となりました。

以下後日談になります。
キャブ4発のオーバーホールでエンジンが咆哮したCBX550F。しかしながらエンジンがかかったことに伴って大きな不具合も発覚することに。
具体的には、白煙を吹き大きな異音を発するエンジンコンディション(再販に当たっては大掛かりな整備が必要です)、そして動作しないタコメーターや燃料計です。
相場が落ち目にある機種において、長い工数の掛かる修理は避けたいところ。なるべく早めの売却が吉となると判断し、急遽業者間オークションに出品することに致しました。

結果、最低売却額85万円に対して、最高入札額は70.5万円で流札。
エンジンの実働化工賃に出品手数料や陸送費などのコストを考慮すると、現時点では15万を超える赤字買取となる可能性が良好です。
上長から叱責されたのは言うまでもありません。相場を読み切れなかったこと、実働化後のエンジンコンディションを読み切れなかったことを反省材料に日々勉強する査定員。お売りになりたいオートバイがございましたらお声がけくださいましたら幸いです。
今回はCBX550Fインテグラのご売却を誠にありがとうございました。
旧車會仕様を印象付ける日章旗などのステッカーが添付されたスクリーン
spacer for layout

CBX550Fインテグラの買取相場

1982~86年モデル【国内+海外仕様】

【実働車】の業者間オークション市場における、買取時点直近12ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 17台
  • 平均価格: 1,018,882円
  • 最高価格: 1,620,000円
  • 最低価格: 502,000円

【事故車・不動車】の業者間オークション市場における、買取時点直近12ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 0台
  • 平均価格: NoData
  • 最高価格: NoData
  • 最低価格: NoData

相場情報:2023年12月2日時点

最新の相場情報は、10秒で買取相場が出る自動査定でチェックして頂けます。


上記金額は、買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の落札データであり、買取業者の転売金額です。
業者間オークション市場とは買取業者と販売業者が参画する競り市場で、年間に約20万台のオートバイが取引される市場です。
買取業者が買取したバイクの約9割は上記市場において転売されています。
その事実が、業者間オークション市場の落札金額が買取業者の査定額の基準値である所以です。
査定現場での買取価格は下記の転売(落札)金額から買取業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります。
査定現場での正味の買取額は、転売金額である落札額から5~10%を割り引いた金額が適正で競争力のある価格となります。
金額にすると単価の安い原付バイクで1万円から、100万円を超える高額車両では6万円までが適正な割引額です。

関連する買取事例

  • CBX400F (CBX400FF)

    買取査定価格

    1,250,000円
    1984年式 走行 7,500km
    2型のカスタム車
    事故不動
    新車
    4
    2013年9月 買取
  • Z550FX

    買取査定価格

    350,000円
    1981年式 走行 不明
    フレームに損傷がある不動車
    2017年12月 買取
  • CBX550F

    買取査定価格

    180,000円
    1982年式
    腐ったフレームに穴・エンジン焼付
    2018年1月 買取
  • CBX400F

    買取査定価格

    300,000円
    1981年式 走行 不明
    (1型) 全損スクラップ
    2016年4月 買取
spacer for layout

CBX550Fインテグラは売ろうと考え時が一番高く売れます

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い

買取査定の安心ステップ

【リピーターやご紹介のお客様が非常に多い】 のは、お客様の立場に立った誠実な査定と相場以上での高額査定が評価されてのことだと自負しております。
事実、パッションのバイク買取査定はお客様満足度95%超!
弊社パッションは最高の接客と特別な買取価格で常にお客様満足度No1を追求しています。
【当社の査定員はみんな査定資格とマナー講習を修了】
お客様が気持ちよく満足してオートバイを売るできる事がとても大切だと考えています。 買取提示価格がお客様のご希望金額に届かない等、御満足頂けない 場合は買取不成立となりますが、その場合もパッションの査定はモチロン無料です! 査定は全て、最初から最後まで無料。安心してお気軽に最高の無料査定をお試しして頂けます。

バイクパッションについて

出張買取エリア

北海道を除く全国で出張査定

【即日対応!資格を持った査定士がお伺いいたします】
全国の支店からご希望日時に出張査定にお伺いしています。弊社の査定員は全員。査定士の資格を取得し、マナー講習を修了しております。
リピーターやご紹介のお客様が非常に多いのには理由がございます。
最高の査定額と最上のご対応でお客様のご期待にお応えいたします。

買取の際に必要なもの

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い