バイクパッション フリーダイヤル tel-0120819118
メニュー開閉ボタン
オンライン査定 相場情報をご案内 無料出張査定 全額現金でお支払い
kaitori-header-harley-flhtkl-114
調整画像 高額買取 お笑い芸人パッション屋良 kaitori-header-harley-flhtkl-114最強の買取価格
10秒で愛車を見積る

個人情報不要です

全車種の買取相場
ハーレーのバイク

データ最終更新:2022年05月20日

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118

FLHTKL 114 買取査定事例|極上未満の2019年モデル

買取させて頂いたのは2019年モデルのFLHTKL 114 。
走行距離は0.6万キロと浅いものの、外装の細かい傷や足回りの劣化など、細かい減点が入ったため極上未満の良好判定となったウルトラリミテッドロー。
相場的には220万円が限界査定額でしたが、単店舗ベースでは日本で一番中古ハーレーを売っている系列販売店での再販を視野に231万円で買取致しました事例です。

FLHTKL 114 ウルトラリミテッドロー買取価格実例

231万円の査定額で買取した2019年モデルFLHTKL 114ウルトラリミテッドロー
  • 231万円の査定額で買取した2019年モデルFLHTKL 114ウルトラリミテッドロー
  • 買取した2019年モデルFLHTKL 114ウルトラリミテッドロー。ビビッドブラック
  • 買取した2019年モデルFLHTKL 114ウルトラリミテッドロー。軽い劣化が見られるフロントホイール
  • 買取した2019年モデルFLHTKL 114ウルトラリミテッドロー。フェアリングに細かい傷があり
  • 買取した2019年モデルFLHTKL 114ウルトラリミテッドロー。ミルウォーキーエイト114エンジンは良好
  • 買取した2019年モデルFLHTKL 114ウルトラリミテッドロー。トランクなどのリア部分は比較的綺麗
  • 買取した2019年モデルFLHTKL 114ウルトラリミテッドロー。専用設計のシートは使用感少な目
  • 買取した2019年モデルFLHTKL 114ウルトラリミテッドロー。細かい傷と軽い色褪せが見られるタンク

総合評点:5点

エンジン 5 車体フレーム 5 外装 5 電装保安部品 5 フロント周り 5 リア周り 5

【評価点の目安】
8点以上:新車 7点:超極上車 6点:極上車
5点:良好車 4点:多少の使用感 3点:難有 2点:劣悪
1点:事故不動
  • バイク名
  • FLHTKL 114 ウルトラリミテッドロー
  • 買取価格
  • 2,310,000円
  • 年式
  • 2019年モデル
  • 走行距離
  • 6,055km
  • 車台番号
  • 1HD1KKFE4KB607286
  • カラー
  • 黒(ビビッドブラック)
  • エンジンの状態
  • オイル漏れや異音等無し
  • エンジンの種類
  • Milwaukee-Eight® 114
  • 外観の状態
  • 極上の色艶から半歩後退、細かい傷や劣化仮
  • 損傷や事故転倒歴
  • 目立つ損傷無し
  • カスタムや改造
  • フルノーマル車
  • 買取年月
  • 2022年5月8日

【相場上限を超える買取額に】FLHTKL 107の買取査定内容

『以前に883Nを売った時にダントツに高く買ってくれたので、今回はウルトラリミテッドローを』と出張買取査定のご依頼を頂いたのはFLHTKL 114 ウルトラリミテッドロー。
M8 114にアップグレードした2019年モデルが最終となったこともあり流通が非常に少ない機種です。中古で流通している母数が少ないため相場が読みにくいFLHTKL 114。
相場的に高い買取額とは幾らなのか?先ずは買取相場についてご紹介させて頂きます。

FLHTKL ウルトラリミテッドローの買取相場

2010年にツーリングファミリーのラインナップに加わったFLHTKウルトラリミテッド。
ツインカム103(1698cc)エンジンを搭載してのデビューでしたが、2022年5月時点で既に3度エンジンが刷新されており、現行2022年モデルではMilwaukee-Eight114(1868cc)エンジンにアップグレードされています。

ウルトラリミテッド/ロー
排気量とメーカー希望小売価格(税込)
エンジン FLHTK FLHTKL(ロー)
空冷ツインカム103
(1689cc)
2010~14年
346万円~
-
TwinCooledツインカム103 2014~16年
366万円~
2015~16年
373万円~
Milwaukee-Eight107
(1745cc)
2017~18年
379万円~
2017~18年
387万円~
Milwaukee-Eight114
(1868cc)
2020~22年
397万円~
2019年
386万円~
買取させて頂いたFLHTKLウルトラリミテッド・ローは、ベースモデルのシートとサスペンションを変更することでシート高を55mmダウンさせたFLHTKのローダウンモデルです。
ラインナップに加わったのは、空冷ツインカム103がTwinCooled(水冷&空冷)化された2014年の翌2015年モデル。
2014~16年モデルの機種名のみがFLHTK TCと、末尾にTCが付いているのはTwinCooledの略になっています。
2017年でMilwaukee-Eight107を搭載し、Milwaukee-Eight114を搭載した2019年モデルでカタログ落ちしています。 (因みにM8以降、機種名末尾にTCが付かなくなったのはビッグツイン搭載車が一斉にTwinCooled化されたM8に移行したため識別の必要がなくなったためです)

2015年にラインナップに加わったローダウン仕様ですが、FLHTCUL TCが同年でカタログ落ちしたことが象徴するように販売は振るわず、中古市場でも流通が少ない機種となっています。
流通の少ないFLHTKLだけに絞ると母数が少ないため、より大きく網掛けしてFLHTKウルトラリミテッドとFLHTKLウルトラリミテッド・ローの買取相場を見てみましょう。

買取業者の最大の転売先であり、販売業者の最大の仕入れ先として年間に約20万台のバイクが取引される業者間オークションの取引データを見ると。
業者間での取引平均額と台数
FLHTK FLHTKL(ロー)
空冷ツインカム103
(1689cc)
104万円 (14台) -
TwinCooledツインカム103 139万円 (2台) 146万円 (5台)
Milwaukee-Eight107
(1745cc)
169万円 (2台) 210万円 (3台)
Milwaukee-Eight114
(1868cc)
- (0台) 232万円 (1台)
上記は、年間に約20万台のバイクが取引される業者間オークションの取引データを2022年5月時点で直近1年間遡った数字ですが。
TwinCooledツインカム103以降のウルトラリミテッドの取引台数が少ないため傾向としては脆弱ですが、エンジンの進化によって相場が段階的に異なっていることが確認できます。
ローダウン仕様FLHTKLの取引額がベースモデルFLHTKよりも大幅に高いのは取引された個体の状態の違いに拠る部分が大きいと言えます。

ノーマル車の相場上限は230万円

買取させて頂いたFLHTKL 114の取引台数は僅か1台。
過去36カ月間に遡っても台数は2台でその取引額は、
発売翌年の2020年に取引された個体が211万円。
2022年2月に取引された個体が232万円で落札(販売業者の仕入れ額=買取業者の転売額に相当)されています。

232万円で落札された個体は、エアクリ・リアサス・マフラー・ハンドルなどに高価な社外パーツの入ったライトカスタム車です。
純正品が無いため業者間市場の評価点は低く判定されていますが、素の状態は隙の無い極上車です。
走行距離こそ1.1万キロとやや走っていますが、エアクリ・マフラー・ハンドルは総額で17万円程度と平均的な金額の社外品ですが、 リアサスペンションには高価なエアサスが入っており、中古販売でも大きなアドバンテージとなるカスタムだけに落札額がノーマル車より上乗せられた金額となっています。

上記の落札傾向から走行距離が数千キロを超えているノーマル車の相場上限は高く見積もって230万円前後と推定できます。
以上の買取相場を踏まえて、フルノーマル2019年モデルFLHTKLの査定内容と買取額についてご紹介させて頂きます。 (※上記の取引額は、買取業者の転売額=販売業者の仕入れ額に相当するため、実際の買取相場は95%相当となります)

【FLHTKL 114】相場の推移

【FLHTKL 114】相場の推移

【FLHTKL 114】業者間の取引価格帯

【FLHTKL 114】評価点別の取引価格帯
買取業者の最大の転売先であり、販売業者の最大の仕入れ先として年間に約20万台のバイクが取引される業者間オークションの取引データ
spacer for layout

査定のハイライト

ミルウォーキーエイト114エンジンを搭載した2019年モデルのFLHTKL ウルトラ リミテッド ロー。
メーカー希望小売価格は357万円(税抜)の単色ビビッドブラック。 ご購入から3年強が経過し走行距離は0.6万キロと浅目のフルノーマル車です。

査定現場に到着しての第一印象は極上車でしたが、細部を査定していくと
・色艶が気持ち後退し細かな傷が多い外装
・手の入りにくい細部の錆びや腐食
などの細かな減点が見られました。
買取した2019年モデルFLHTKL 114ウルトラリミテッドロー。アクスルシャフト付近のフロントフォークの細かい劣化
spacer for layout

極上には及ばなかった外装

ツーリングファミリーを象徴する大型フェアリングですが、細かい傷が多く見られます。色艶も極上車と比べると若干くすんでおり極上車の艶感から1歩後退しています。
タンクやフェンダー、サドルバッグ、トランクなども同様に極上から半歩届かず、外装の評価は極上未完の5点(良好)判定に。
買取した2019年モデルFLHTKL 114ウルトラリミテッドロー。フェアリングに細かい傷が散見されます
spacer for layout

細部の垢や錆び

ホイールリムやキャストホイールのスポーク部分、アクスルシャフト付近のフロントフォークには水垢や腐食が見られます。
前後輪各数時間かかる入念なな研磨作業で粗方落とすことは出来ますが、研磨作業を必要とする分だけ小さいながら買取価値を損ねていました。

同様にフットボードの付け根や、フレーム・フォークの裏側など、手の入りにくい(目につきにくい)箇所に細かい劣化があり細かく減点対象となりました。
買取した2019年モデルFLHTKL 114ウルトラリミテッドロー。ホイールリムの腐食や水垢
spacer for layout

総合評価と買取額

細かいマイナスを列記いたしましたが、裏を返せば大きな減点は入らなかったことを意味します。
走行距離は0.6万キロと比較的浅く、フレームやエンジンといった基幹機能の状態も良好です。

高額バイクの象徴的な存在である高年式ハーレーは大切に乗られているオーナー様が多いことから、極上車比率が突出して高い特徴があります。
そのため再販時のプライスカードは6点物の極上車か、5点物の良好車かによって、ハイレベルの中で大きく変わってくるのも事実。
そのため細部の減点も余すところなく計上する必要性が高くなります。

査定させて頂いた2019年モデルFLHTKL ウルトラ リミテッド ローの総合評価は『5』の良好判定。
上段で触れた買取相場に照らすと、フルノーマルの5点(良好)判定だと、業者間オークションでの落札額(販売業者の仕入れ額=買取業者の転売額に相当)は220万円台想定。
買取諸経費を考慮すると、限界査定額は220万円。

弊社が提示致しました金額は231万円。
『残っているローンの処理もやってくれるんだよね!その金額で売ります』とオーナー様のご回答を受けて買取成約となりました。

相場的には赤字確定の査定額で買取できた理由は以下2点です。
・弊社工場において市価よりも安価に『6』点物の極上車に仕立て上げられる。
・単店舗ベースでは日本で一番中古ハーレーを売っている弊社系列販売店での再販が見込める
ハーレーを高く売りたいオーナー様はぜひ弊社バイクパッションにお任せくださいませ!高額査定でお応えいたしております。
買取した2019年モデルFLHTKL 114ウルトラリミテッドロー。ミルウォーキーエイト114エンジンは良好
spacer for layout

FLHTKL 107の買取相場

【2019年モデル】ウルトラ リミテッド ロー

【実働車】の業者間オークション市場における、買取時点直近12ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 1台
  • 平均価格: 2,322,000円
  • 最高価格: 2,322,000円
  • 最低価格: 2,322,000円

【事故車・不動車】の業者間オークション市場における、買取時点直近12ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 1台
  • 平均価格: 1,390,000円
  • 最高価格: 1,390,000円
  • 最低価格: 1,390,000円

相場情報:2022年5月8日時点

最新の相場情報は、10秒で買取相場が出る自動査定でチェックして頂けます。


上記金額は、買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の落札データであり、買取業者の転売金額です。
業者間オークション市場とは買取業者と販売業者が参画する競り市場で、年間に約20万台のオートバイが取引される市場です。
買取業者が買取したバイクの約9割は上記市場において転売されています。
その事実が、業者間オークション市場の落札金額が買取業者の査定額の基準値である所以です。
査定現場での買取価格は下記の転売(落札)金額から買取業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります。
査定現場での正味の買取額は、転売金額である落札額から5~10%を割り引いた金額が適正で競争力のある価格となります。
金額にすると単価の安い原付バイクで1万円から、100万円を超える高額車両では6万円までが適正な割引額です。

ハーレー『ツーリングファミリー』関連する買取事例

  • 375万円の査定額で買取した19年式FLTRXSEロードグライドCVO
    FLTRXSE ロードグライド CVO

    買取査定価格

    3,750,000円
    2019年式 走行 不明
    バッテリー上り 外観綺麗
  • 買取りした2015年式のFLHXSE CVO
    FLHXSE ストリートグライドCVO

    買取査定価格

    3,130,000円
    2015年式 走行 1,716km
    バッテリー上り 極上車
  • 買取したFLTRXS 107
    FLTRXS 107 ロードグライドスペシャル

    買取査定価格

    2,230,000円
    年式 走行
    ご購入後1カ月の超極上車
  • ハーレーFLHX103の買取価格
    FLHX103 ストリートグライド

    買取査定価格

    2,160,000円
    2012年式 走行 226km
    超極上車
spacer for layout

FLHTKL1870は売ろうと考え時が一番高く売れます

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い

買取査定の安心ステップ

【リピーターやご紹介のお客様が非常に多い】 のは、お客様の立場に立った誠実な査定と相場以上での高額査定が評価されてのことだと自負しております。
事実、パッションのバイク買取査定はお客様満足度95%超!
弊社パッションは最高の接客と特別な買取価格で常にお客様満足度No1を追求しています。
【当社の査定員はみんな査定資格とマナー講習を修了】
お客様が気持ちよく満足してオートバイを売るできる事がとても大切だと考えています。 買取提示価格がお客様のご希望金額に届かない等、御満足頂けない 場合は買取不成立となりますが、その場合もパッションの査定はモチロン無料です! 査定は全て、最初から最後まで無料。安心してお気軽に最高の無料査定をお試しして頂けます。

バイクパッションについて

出張買取エリア

北海道を除く全国で出張査定

【即日対応!資格を持った査定士がお伺いいたします】
全国の支店からご希望日時に出張査定にお伺いしています。弊社の査定員は全員。査定士の資格を取得し、マナー講習を修了しております。
リピーターやご紹介のお客様が非常に多いのには理由がございます。
最高の査定額と最上のご対応でお客様のご期待にお応えいたします。

買取の際に必要なもの

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い
to top