バイクパッション フリーダイヤル tel-0120819118
メニュー開閉ボタン
オンライン査定 相場情報をご案内 無料出張査定 全額現金でお支払い
flash_tmax
調整画像 高額買取 お笑い芸人パッション屋良 flash_tmax最強の買取価格
10秒で愛車を見積る

個人情報不要です

全車種の買取相場

データ最終更新:2020年09月11日

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118

【TMAX/560/530/DX/SX】買取査定事例を一挙公開!

【2001~12年式 T-MAX500】【2012~16年式 T-MAX530】【2017年式~現行モデルのT-MAX530DX/SXまで】年式モデル別の買取事例を多数ご紹介しています。
最高の接客と価格で、お客様からお褒めの言葉を頂戴することも多い、 バイク買取無料査定をお気軽にお試しくださいませ。
良好車はもちろん!事故車・不動車バイク買取もNo1!
TMAXの買取。お客様のご期待にお応えいたします!

最新の買取相場をcheku!

TMAX/560/530/DX/SX買取査定実例

TMAX/560/530/DX/SX事故車・不動車

マジェスティの進化形 T-MAX

スクーターはヨーロッパで人気があり、ヤマハのマジェスティがヨーロッパに輸出されると大人気になりました。
好感触を得たヤマハは、ヨーロッパの道路事情に合わせた高速でも余裕があり、ロングライディングにも耐えうる排気量を持ったスクータータイプのバイクの開発を進めます。
単に現行のスクーターのサイズや排気量を大きくするのではなく、スポーツ走行を楽しめ、かつ二人乗りによるツーリングをこなす究極のマシン。
そうした発想からTMAXが生まれました。

正式名称は「XP500 TMAX」1200ccもの大排気量のVエンジンを積んだヤマハの名車「V MAX」にちなみ、500ccのTwinエンジンだからTMAXなのかは分かりませんが、輸出されたマジェスティがヨーロッパでインスパイヤされ、TMAXに進化したという珍しいバイク。
2000年秋頃より2001年モデルの輸出を開始。
日本仕様は2001年8月より発売開始しています。

TMAXのポテンシャル

スクーターの使い勝手とロードバイクの走行性というオイシイところを併せ持つTMAXの装備および機能を紹介します。
座席下に大型収納スペースを設けたり、ハンドルまわりに小物入れを設置するスクーターならではの使い勝手はそのまま。
しかし車体の前後重量配分を50:50に近づけ、旋回時の左右バンク角を50度に設定。
「俺はロードスポーツだ」といわんばかりなスマートな走りを実現しています。
これまでにないスタイリッシュなデザインも魅力の一つで、それを裏付けるように2001年度グッドデザイン賞にて金賞を受賞しています。

輸出仕様と国内仕様は排気量が異なります。
エンジンは吸気方式にキャブレターを採用し、輸出仕様の最高出力は29.4kW(40馬力)/7000rpm、最大トルク45.8Nm/5500rpm、国内仕様は最高出力28kW(38馬力)/7000rpmに最大トルク44Nm/5500rpmとなっています。
それに伴い無段変速機も違いがあり、加速感が異なるようです。

モデルによる違い

  • SJ02J
    TMAXは、これまで4度のモデルチェンジが行われています。
    2001年に初期型となるSJ02Jを発売。
    2003年には、特別仕様としてTMAXブラックエディションが発売されました。
    車体には、エンジン強度部材を兼ねた鉄鋼製ダイアモンドフレームを採用。
    フレーム自体を軽くすることで、マジェスティとほぼ同等な重さまで軽量化されています。
    前側サスペンションには38mm径の正立式テレスコピックフォークを採用、前後14インチのホイールに、前輪120/70/-14、後輪150/70-14のバイアスタイヤを履くなど足周りも強化。
    これまでのスクーターにない俊足ぶりを発揮しています。
  • SJ04J
    2004年9月に発売された2代目となるモデル。
    外観はあまり変更されていませんが、吸気方式がキャブレターからインジェクションへ変更されたことにより、ピストンやコンロッドも変更を受けて圧縮比が高められました。
    車体では、前側サスペンションが41mm径正立式テレスコピックフォークとなり、前側ブレーキがダブルディスク化、またリアホイールが15インチ化され、タイヤサイズが160/60R-15に変更。
    前後ともにラジアルタイヤを履くなど、細かな点の変更が行われています。
  • SJ08J
    2008年より国内販売を開始。
    燃料タンク容量が15リットルに増加しています。
    車体は、フレームをダイカストアルミ合金製へ変更。
    後輪に続き前輪も15インチ化されタイヤサイズが120/70-15に変更されています。
  • SJ12J
    現行モデルは2012年に発売。
    デザインの変更だけでなく、エンジンがボアアップされて530ccとなったことが最大の特徴といえます。
    これまで日本では並行輸入された車両が発売されていましたが、2013年1月に騒音関係の法令が改正されたことにより6月25日より TMAX530として国内仕様が正式に発売されることになりました。

T-MAX SJ12Jのスペック

認定型式/原動機打刻型式 EBL-SJ12J/J413E
全長/全幅/全高 2,200mm/775mm/1,420mm
シート高 800mm
軸間距離 1,580mm
最低地上高 125mm
車両重量 222kg
燃料消費率
国土交通省届出値定地燃費値
27.0km/L(60km/h) 2名乗車時
燃料消費率
WMTCモード値 *3
21.7km/L(クラス3, サブクラス3-2) 1名乗車時
原動機種類 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
気筒数配列 直列, 2気筒
総排気量 530cm3
内径×行程 68.0mm×73.0mm
圧縮比 10.9:1
最高出力 35kW(48PS)/6,750r/min
最大トルク 53N・m(5.4kgf・m)/5,250r/min
始動方式 セルフ式
潤滑方式 ドライサンプ
エンジンオイル容量 3.50L
燃料タンク容量 15L(「無鉛プレミアムガソリン」指定)
吸気・燃料装置/燃料供給方式 フューエルインジェクション
点火方式 TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式 12V, 11.0Ah(10HR)/YTZ12S
1次減速比/2次減速比 1.000/6.034
クラッチ形式 湿式, 遠心, 多板
変速装置/変速方式 Vベルト式無段変速/オートマチック
変速比 2.041~0.758 無段変速
フレーム形式 ダイヤモンド
キャスター/トレール 25°00′/92mm
タイヤサイズ(前/後) 120/70R15M/C 56H(チューブレス)/160/60R15M/C 67H(チューブレス)
制動装置形式(前/後) 油圧式ダブルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ
懸架方式(前/後) テレスコピック/スイングアーム
ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ LED/LED×2
乗車定員 2名

T-MAXは売ろうと考え時が一番高く売れます

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い

買取査定の安心ステップ

【リピーターやご紹介のお客様が非常に多い】 のは、お客様の立場に立った誠実な査定と相場以上での高額査定が評価されてのことだと自負しております。
事実、パッションのバイク買取査定はお客様満足度95%超!
弊社パッションは最高の接客と特別な買取価格で常にお客様満足度No1を追求しています。
【当社の査定員はみんな査定資格とマナー講習を修了】
お客様が気持ちよく満足してオートバイを売るできる事がとても大切だと考えています。 買取提示価格がお客様のご希望金額に届かない等、御満足頂けない 場合は買取不成立となりますが、その場合もパッションの査定はモチロン無料です! 査定は全て、最初から最後まで無料。安心してお気軽に最高の無料査定をお試しして頂けます。

バイクパッションについて

出張買取エリア

北海道を除く全国で出張査定
パッションの査定士

【即日対応!資格を持った査定士がお伺いいたします】
全国の支店からご希望日時に出張査定にお伺いしています。弊社の査定員は全員。査定士の資格を取得し、マナー講習を修了しております。
リピーターやご紹介のお客様が非常に多いのには理由がございます。
最高の査定額と最上のご対応でお客様のご期待にお応えいたします。

買取の際に必要なもの

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い
to top