バイクパッション フリーダイヤル tel-0120819118
メニュー開閉ボタン
10秒自動査定 無料出張査定 全額現金でお支払い
kaitori-header-r-ninet-pure
調整画像 高額買取 お笑い芸人パッション屋良 kaitori-header-r-ninet-pure最強の買取価格
オンライン査定
詳しい相場情報&お見積りをご返信差上げます
  • 車種名

  • お名前

  • メールアドレス

  • 郵便番号

  • お電話番号

  • 車両状態を選択する(任意)

    お見積が詳細になります

  • ご希望
  • 補足
全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118

R nineTピュア買取査定事例|走行2.5万kmの2017年式

買取させて頂きましたのは2017年モデルのR nineTピュア。
走行距離は2.5万kmで、細部の瑕疵や使用感が影響し総合評点は4.6点。
2023円1月時点の相場を踏まえると70万円が利益ぎりぎりの査定額となるところ、自社修理工場で市価よりも安価に修理&仕上げできる強みと、単店舗としては日本で一番バイクを売っている弊社販売店での再販を視野に80万円で買取致しました事例です。

R nineTピュア買取価格実例

80万円の査定額で買取した2017年モデルR nineTピュア
  • 80万円の査定額で買取した2017年モデルR nineTピュア
  • 買取査定の総合評価は4.6点判定となった2017年モデルR nineTピュア
  • 正立フォークと5本キャストが特徴のRナインティ・ピュアの足回り
  • カタラノグレーのカラーリングを纏った外装の色艶が良い2017年型Rナインティ・ピュア
  • ハンドル・ミラー・ウィンカーに社外品の入った2017年型Rナインティ・ピュアのライトカスタム
  • 2017年型Rナインティ・ピュアのドライブシャフトやリア回り
  • R nineTピュア空油冷のボクサーエンジンにはフィン周りに細かな劣化が
  • マフラーの使用感や傷が残念であった2017年モデルR nineTピュア
  • 劣化が出やすい足回りですがケアされていて綺麗

総合評点:5点

エンジン 5 車体フレーム 5 外装 5 電装保安部品 4 フロント周り 4 リア周り 5

【評価点の目安】
8点以上:新車 7点:超極上車 6点:極上車
5点:良好車 4点:多少の使用感 3点:難有 2点:劣悪
1点:事故不動
  • バイク名
  • R nineTピュア
  • 買取価格
  • 800,000円
  • 年式
  • 2017年モデル
  • 走行距離
  • 25,861km
  • 車台番号
  • WB10J1100H
  • カラー
  • カタラノ グレー
  • エンジンの状態
  • 良好
  • 外観の状態
  • 外装の色艶良好、細部に劣化あり
  • 損傷や事故転倒歴
  • 目立つ外傷無し
  • カスタムや改造
  • ハンドル・ミラー・ウィンカー社外品
  • 買取年月
  • 2023年1月9日
  • ジャンル
  • ネオクラシック

細部の劣化のあったR nineT PUREの買取査定内容

「なるべく早く売りたいバイクがある」と無料出張査定のご依頼を受けて拝見させて頂くことになったのはRナインティ ピュア。
ご提示頂いた車検証の車台番号から2017年モデルである事、所有者欄が空欄であることから直ぐに現金買取できることが確認できました。 「4輪に乗り換えるので頭金として最低で60万円になれば」と最低売却ラインを教えて下さったオーナー様。
はたして6年落ちのRナインティ ピュアにとって60万円の買取額は妥当なのか?先ずはその前提となる買取相場からご案内させて下さい。

2017年モデル R nineT ピュアの買取相場

2023年で10期目のラインナップを迎えたR nineTシリーズ。
買取させて頂いた「ピュア」はRナインティがEURO4の排ガス規制に対応した2017年モデルで加わったバリエーション機。190万円~(以下いずれも税抜)のメーカー希望小売価格が設定された2017年型 無印 Rナインティに対して、160万円~と親しみやすい価格が設定されたベースグレードとして登場しました。

現行2023年モデルのメーカー希望小売価格は179万円~となっており、登場モデルと比較すると17万円ほど値上がりした格好です。因みに最上位グレードR nineTは同期間で29万円値上がりしているので値上がり幅もフレンドリーです。
登場から6期目を迎えたR nineTピュアですが、当初「0J11型」であったフレーム型式は、2021年のEURO5対応に伴うアップデートで「0L61型」に変更されています。 フレーム型式の変更は、近年は排ガス規制対応で変わることもありますが、多くはフルモデルチェンジなど大掛かりなアップデートを伴っていることから変更の前後で買取相場は大きく変わることが通例となっています。
はたしてRナインティ ピュアの場合はどうなのか?見てみましょう。

販売業者の最大の仕入れ先であり、買取業者の最大の転売先として年間に約20万台のバイクが取引される業者間オークションの取引履歴を集計して見てみましょう
右記表下記表は、イヤーモデル別の直近5年間の相場推移と、直近1年間の業者間での取引額を比較したグラフです。
先ず相場の推移ですが、高年式モデルが高額で推移しているのは予想通りですが、低年式モデルも緩やかな右肩上がりとなっているのはオーナー様にとって朗報と言えます。
現行機種においては、新型の登場を機に型落ちモデルは相場が下落する傾向が強いのですが、2020~22年はコロナ禍で新車供給が細ったことを受け中古バイクの相場が高騰したことが影響したと言えます。 ただし2022年秋以降は相場が反落に転じていますので売却をお考えでしたら早めが吉となりそうです。
続いて直近1年間に区切って業者間の取引額を比較してみると。

【型式別】R nineTピュア の業者間取引額
平均落札額 最高額 最低額 台数
0J11型
17~20年
106万円 125万円 80万円
0L61型
21年~
136万円 149万円 125万円
業者間オークションの取引履歴を2023年1月時点で12か月間遡った数字

平均落札額に着目すると、アップデートが入った高年式モデルの方が取引額が高いことが鮮明となっており、同じ車種であっても型式が異なることで相場が異なることから、今回買取させて頂いた2017年モデルに焦点を当ててブレークダウンしてみましょう。

【状態別】2017年型Rナインティ PUREの業者間取引額
落札額 評価点 走行距離 カスタム/補足
124万円 4.6点 1.2万km オプション少
102万円 5点 1.4万km ノーマル
89万円 5.2点 1.1万km オプション少
80万円 4.8点 2.5万km ライトカスタム
上記は直近1年間の業者間オークションで取引された4台の2017年モデル R nineTピュアを落札額順に並べた表です。横項目の評価点・走行距離・カスタムは、同一年式の買取において査定額に占める比重が大きい要素となります。
評価点について補足すると、「6点」は一見すると新車に近い極上車、「5点」は新車と比べると若干の使用感が見られる良好車、「4点」は再販に当たって何らかの補修や特別な整備が必要となる状態です。

落札の最高額は124万円、最低は80万円となっており、99万円平均。2017年モデルのメーカー希望小売価格は160万円~であったので6年が経過したBMWの現行機種としては高いリセールバリューを維持していると言えます。
総取引台数が4台と少ないことから傾向としては弱いのですが、4台いずれもが5点前後の評価点であることから6年が経過した17年モデルR nineTピュアの平均的な状態は「5」点前後になります。

最低80万円の個体は走行距離2万キロが嫌気され取引額が伸び悩んだと見ることが出来ます。対して落札額上位3台の個体は、いずれも評価点も走行距離も1万キロ台前半と似通っていながら、落札額に25万円近い差が生じているのは需給要因が強く影響しています。
毎週のように入札機会がある国産の人気機種とは異なり、次回の入札機会が読み難い希少車種は競りが過熱することがあり相場以上に跳ねるケースがしばしば発生します。最も評価点が高く走行も浅い個体が89万円で落札されていることから上位2台の落札額は相場以上に跳ねた落札額と読むのが買取業者のセオリーとなります。
業界の裏話ではありますが事実、入札を繰り広げた販売店は「客注(購入予約)が付いていたから強気で入札を行ったが少し高く買い過ぎた」とのこと。

踏まえると2017年モデルR nineTピュアの業者間オークション相場は、走行距離1万キロ台の「5点」判定車で90万円~、距離が浅く「6点」に近ければ更に伸びしろが有り。走行距離が2万キロ台の「5点」判定車であれば80万円、状態や距離で更に上下するのが2022年を通した数字となっています。
なおカスタムについてはメーカーオプションによる伸びしろは限定的となっています。ただしマグホイールやOhlins製サスなど市価で高額流通するブランド社外品や、カフェレーサーを強調したショップカスタムなどは確かなプラス査定に繋がります。

以上の買取相場を踏まえて、若干の使用感が認められた2017年型R nineTピュアの査定内容と買取額についてご紹介させて頂きます。 (尚、上記の業者間市場における落札額は、買取業者の転売額=販売業者の仕入れ額に相当するため、実際の買取額は95%相当となります)

【年式別】相場の推移

【年式別】相場の推移

【年式別】業者間の平均取引額

【年式別】業者間の平均取引額

【2017年モデル】業者間の取引価格帯

【2017年モデル】業者間の取引価格帯

【2017年モデル】評価点別の取引価格帯

【2017年モデル】評価点別の取引価格帯
買取業者の最大の転売先であり、販売業者の最大の仕入れ先として年間に約20万台のバイクが取引される業者間オークションの取引データ
spacer for layout

外装の色艶は良好。オプション装備がプラス査定に

2017年モデルのカラーリングである「タカラノグレー」を纏ったオーナー様のR nineTピュア。
車両の印象を左右し査定の一要素を占める外装の色艶は良好です。高年式のBMW車は塗装がしっかりしていることもありますが、オーナー様の保管状況が功を奏して、タンク・フェンダー・エアダクトカバーなどの外装は6年経過しても尚艶やかな輝きを放っています。
ただし年式の新しい高額車両は大切にケアして保管されているオーナー様が多いことから2017年モデルの本機としては相対的には平均並みの色艶と言えます。

外装オプションとしてシリンダーヘッドカバーとアルミニウム製リアハンプカバーが装着されています。
ボクサーエンジンはヘッド部分がサイドに大きく張り出していることから転倒で損傷を受けやすい箇所でもあります。そのためかヘッドカバー装着率が高く差別化要因には至りませんでした。 対してカフェレーサースタイルを醸し出すリアハンプカバーは差別化要因となりプラス査定に。ただし中古の流通価格は廉価であるため大幅な買取価値の向上には至りませんでした。
カタラノグレーのカラーリングを纏った外装の色艶が良い2017年型Rナインティ・ピュア
spacer for layout

細部の劣化が軽いマイナス査定に

外装の色艶は良好でありましたが、所々に目を惹く劣化が散見されました。 特にエキパイの錆びは外装が綺麗なだけに悪目立ちをしており、マフラーには細かな傷が多数入っており強めの使用感も認められます。
エキパイの錆びは入念な研磨である程度のリカバーは可能ですが、サイレンサーの使用感や傷はリカバーが難しく買取価値を下げていた点が残念です
エキパイの錆が目立った2017年型R nineTピュア
マフラーの傷と使用感が買取価値を損ねていた2017年型R nineTピュア
spacer for layout

綺麗ながら細部に瑕疵があった足回り

手の込んだスポークホイールや、ゴールド塗装の大径アウターチューブが目を惹く最上位グレードR nineTに対して、気取らないシンプルな5本キャストホイールに正立フォークが組み合わされている本機ピュア。

足回りは手の入りにくいパーツが多いことから劣化が出やすい部位ですが、オーナー様のピュアは比較的綺麗な状態を維持されております。
しかし細部に目を凝らすと、フロントフォーク右側のオイルシールが破れており要交換判定に。こちらは市価で1万円程度の修理費用が掛かることから軽く買取価値を損ねる結果に。 またステムやディスクブレーキやキャリパー・リアサスペンションなどに細かい錆びが浮いています。この辺りは目立たない箇所であり、研磨やケミカルで改善できることもあって極軽微なマイナス査定で済んでいます。
正立フォークと5本キャストが特徴のRナインティ・ピュアの足回り
spacer for layout

ボクサーエンジンは良好判定

外装と足回りを見てきましたが、続いては査定の2大要素の1つに挙げられるエンジンを見ていきましょう。
BMWにHERITAGEカテゴリを創出したR nineTシリーズに搭載されているエンジンはBMW伝統の水平対向2気筒ボクサー。登場モデルの最高出力は110馬力(7,750回転)となっており、1169ccロードスポーツとしてはパワーバンドはやや低回転寄りで且つ扱いやすい特性を有しています。

始動する前に目に見える部分をチェックしていきます。空油冷式とあってシリンダーブロックはフィン構造が採用されています。手が入りにくく劣化が出やすい箇所でもありますが、劣化は少な目で綺麗です。 細かいところで錆が出やすく磨きで凹みが発生しやすいラジエーターフィンに錆びや凹みが散見されていた点が残念です。

エンジンをスタートさせると、一発で始動。シリンダーが横方向に動くボクサーエンジンらしくアイドリング時は車体が横揺れしますが、アイドリングは至って安定しています。
アクセルを開けるとシャフトドライブ特有の伸びあがるような初動で次第に横方向の揺れは安定します。シフトチェンジは滑らかで吹け上りも快調です。異音や白煙吹きなど買取価値を損じる不調の兆候は見られません。
2.5万キロの走行距離は17年モデルとしては相対的に多いのですが、状態は良好で同年式としては平均並みとなる5点判定をお付けすることが出来ました。
R nineTピュア空油冷のボクサーエンジンにはフィン周りに細かな劣化が
spacer for layout

フレーム回り

アーバンG/S、スクランブラー、ピュア、レーサーといったバリエーション機が存在するR nineTシリーズですが、ボクサーエンジンや鋼管4ピースフレームといった基幹要素は同一プラットフォームとなっています。
エンジンと並んで査定の2大要素に数えられるのがフレームです。フレームの良し悪しは査定額に大きな影響を与えます。フレームの状態が悪いとは大きな衝撃を受けた痕跡であり、事故や転倒敵が無かれば気にする必要が無い箇所でもあります。
外装も綺麗で目立った外傷も無いことから事故転倒的な無いと思われましたが、ハンドルが交換されていたことから、ハンドルストッパー(ハンドルの切れ角を制御するステム上部の突起)からチェックししてみました曲りも無く綺麗です。
衝撃痕が出易いフレーム接合部も綺麗で事故や転倒歴を示す兆候はありません。

大きな減点は入りませんでしたが、スイングアームの傷、ステップやスタンドなど周辺接合部の使用感が軽い減点となり極上には至らない5点判定となりました。
2017年型Rナインティ・ピュアのドライブシャフトやリア回り
spacer for layout
ポジティブな査定ポイント
  • 年式平均並みに綺麗な外装
  • 年式平均並みに良好なコンディション
ネガティブな査定ポイント
  • 相対的に多い2.5万キロの走行距離
  • オイルシール破れやエキゾーストを中心とした細部の劣化

総合評価と買取額

総体的には綺麗で状態の良かった2017年モデル R nineTピュア。
ただし細部に細かな瑕疵や劣化が認められたため極上判定には至りませんでした。

高額な大型車両は大切にケアされているオーナー様が多く、その傾向は外車で特に顕著となります。定期のディーラー点検を欠かさなかったり、ガレージ保管で雨に日は乗らない、走行後には洗車拭き上げを行う等、 極上の状態を維持している個体に比べると、それ未満の状態で平均並みと言えます。

総合評価点は4.6点、走行距離は2.5万キロ、外装オプションの若干のプラス査定を加味して。 上段で触れた業者間オークションに出品した場合、想定される落札額は80万円弱。
2022年10月以降は高騰していた中古バイク全体の相場が反落傾向を強めていることを加味すると70万円台前半の落札額となる可能性が高いと言えます。 上記金額は買取業者にとっては転売額(販売業者にとっては仕入れ額)に相当しますので、出品手数料や運送費などの経費を差し引くと70万円がギリギリ確実に利益が出そうな査定額となります。

弊社バイクパッションがご提示致しました査定額は80万円。
相場的には赤字必死の買取額ですが、自社修理工場で市価よりも安価に修理&仕上げできる強みと、単店舗としては日本で一番バイクを売っている弊社販売店での再販を視野に相場以上の金額で買取させて頂きました。
買取査定の総合評価は4.6点判定となった2017年モデルR nineTピュア
spacer for layout

R nineTピュアの買取相場

【2017年モデル】

【実働車】の業者間オークション市場における、買取時点直近12ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 4台
  • 平均価格: 993,000円
  • 最高価格: 1,244,000円
  • 最低価格: 802,000円

【事故車・不動車】の業者間オークション市場における、買取時点直近12ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 0台
  • 平均価格: No Data
  • 最高価格: No Data
  • 最低価格: No Data

相場情報:2022年1月9日時点

最新の相場情報は、10秒で買取相場が出る自動査定でチェックして頂けます。


上記金額は、買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の落札データであり、買取業者の転売金額です。
業者間オークション市場とは買取業者と販売業者が参画する競り市場で、年間に約20万台のオートバイが取引される市場です。
買取業者が買取したバイクの約9割は上記市場において転売されています。
その事実が、業者間オークション市場の落札金額が買取業者の査定額の基準値である所以です。
査定現場での買取価格は下記の転売(落札)金額から買取業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります。
査定現場での正味の買取額は、転売金額である落札額から5~10%を割り引いた金額が適正で競争力のある価格となります。
金額にすると単価の安い原付バイクで1万円から、100万円を超える高額車両では6万円までが適正な割引額です。

関連する買取事例

  • 45万円の査定額で買取した2015年モデルR nine Tの事故車
    R nine T

    買取査定価格

    450,000円
    2015年式 11,714km
    フロント一式 要交換の事故車
  • 80万円の査定額で買取した2019年モデルCB650R
    CB650R

    買取査定価格

    800,000円

    2019年式 走行 813km
    細かい劣化ありますが極上判定

  • 買取した不動車のBMW R90/6
    R90/6

    買取査定価格

    400,000円
    1975年式 走行 28,730km
    レストアベースの不動車
  • 79.1万円で買取したR80GS
    R80GS

    買取査定価格

    791,000円
    1996年式 走行 17,658km
    使用感強め
spacer for layout

RnineTは売ろうと考え時が一番高く売れます

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い

買取査定の安心ステップ

【リピーターやご紹介のお客様が非常に多い】 のは、お客様の立場に立った誠実な査定と相場以上での高額査定が評価されてのことだと自負しております。
事実、パッションのバイク買取査定はお客様満足度95%超!
弊社パッションは最高の接客と特別な買取価格で常にお客様満足度No1を追求しています。
【当社の査定員はみんな査定資格とマナー講習を修了】
お客様が気持ちよく満足してオートバイを売るできる事がとても大切だと考えています。 買取提示価格がお客様のご希望金額に届かない等、御満足頂けない 場合は買取不成立となりますが、その場合もパッションの査定はモチロン無料です! 査定は全て、最初から最後まで無料。安心してお気軽に最高の無料査定をお試しして頂けます。

バイクパッションについて

出張買取エリア

北海道を除く全国で出張査定

【即日対応!資格を持った査定士がお伺いいたします】
全国の支店からご希望日時に出張査定にお伺いしています。弊社の査定員は全員。査定士の資格を取得し、マナー講習を修了しております。
リピーターやご紹介のお客様が非常に多いのには理由がございます。
最高の査定額と最上のご対応でお客様のご期待にお応えいたします。

買取の際に必要なもの

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い
to top