査定風景 調整画像 高額買取 お笑い芸人パッション屋良 査定もすごく親切だね
バイクのイメージ画像

最新!買取査定相場

Vストローム 1050【2020~現行】

下記、自動見積りの表示金額は査定現場での実際の買取額!
買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の(年間 約20万台の)取引データを忠実に反映し、業者の最低限の儲けと経費を差し引いた競争力の高い買取額を表示しています。

高額買取 お笑い芸人パッション屋良

業者の指標である買取相場を把握することは、適正価格以上での売却に繋がります!先ずは詳細な相場情報をご覧くださいませ。

より詳しくお知りになりたい方は
0120-819-118(全国対応!年中無休9:00-21:00)

出張買取予約
Vストローム 1050【2020~現行】 の買取相場

データ最終更新:2024年07月12日

  • 出張査定を予約する
  • 無料査定のご希望日時
    査定は全て無料です (お断り頂いても無料です)
    査定自体は5分。お支払いと車両の引取を含めても20分程です

    戻る 07月18日〜07月24日 進む
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    8:00-
    10:00
    10:00-
    12:00
    12:00-
    14:00
    14:00-
    16:00
    16:00-
    18:00
    18:00-
    20:00
    20:00-
    21:00
  • 郵便番号

  • 町名の先のご住所(バイクの保管場所)

  • お電話番号(ハイフンなし 数字のみ)

  • メールアドレス

  • お客様のお名前

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い

Vストローム 1050【2020~現行】毎週更新の買取査定相場

Vストローム 1050【2020~現行】 買取査定に役立つ豆知識

【車両解説】Vストローム 1050【2020~現行】
Vストローム 1050【2020~現行】

リッタークラスのアドベンチャーツアラーとしてスズキが展開してきた「Vストローム 1000」がフルモデルチェンジを実施。2020年モデルで「Vストローム 1050」として登場した。まずは、2019年のミラノショーでお披露目された後に海外マーケットで発売され、日本国内向けは2020年2月にEF11M型としてデビューした。
開発コンセプトは「冒険の達人」だった。そのコンセプト通りにツアラー要素を重視した本モデルだけでなくバリエーションモデルとしてワイヤースポークホイールを装着してオフロード性能を追求する「Vストローム 1050XT」も同じタイミングで展開。
車体はダイヤモンド型フレームに排気量1,036ccのDOHC4バルブ水冷90度Vツインエンジンを搭載する。ちなみに先代モデルの「Vストローム1000」から排気量は変わっていない。ボア・ストロークも100mm×66mmの同サイズユニットとなっている。
デビューモデルとなった2020年式の最高出力は8,500回転106馬力というスペック。最大トルクは6,000回転で99Nmに達する。ピークパワーは2019年モデルの99馬力からアップしているが、最大トルクは100Nmから僅かにダウンした。新たに搭載されたこのエンジンは令和2年の排ガス規制に適合。
スロットル制御はライドバイワイヤ機構が採用されておりリニアでダイレクトなレスポンスを楽しめる。さらにスロットルが電子制御化されたことによって出力特性を3つのモードから選択できるスズキ・ドライブ・セレクターや3段階で調整可能なトラクションコントロールも実装された。
足回りには、フロントに倒立フォークを装備して19インチのアルミキャストホイールを組合せる。ブレーキはダブルディスクブレーキをセット。リアはスイングアームにモノショックを装着して17インチホイールとディスクブレーキという構造。ABSは標準装備。
ライバルモデルとしては、国内マシンではカワサキの「ヴェルシス 1000SE」が台頭する。マシンの心臓部は、1,043㏄のDOHC4バルブ水冷直列4気筒エンジン。最高出力は9,000回転で120馬力に達する高回転ハイパワーユニット。最大トルクは7,500回転102Nm というスペック。足元は前後17インチでオンロード高速巡行が得意な設計となっている。シート高は820mmで本モデルより35mm低い。都会的なスタイルや4気筒エンジンのフィーリング、スペックといった面を重視するなら「ヴェルシス1000SE」、アドベンチャーモデルらしいルックスやVツインエンジンのフィーリングが好みなら「Vストローム1050」だろう。ちなみにツーリングマシンにとって重要なディテールとなる燃料タンク容量だが、本モデルは20Lで、「ヴェルシス1000SE」は21Lとなる。
なおデビュー以降の本モデルは、カラーチェンジを実施しながら2023年モデルで最初のマイナーチェンジを受けた。クイックシフターの搭載やメーターデザインの変更が行われ来ナップを継続している。

買替や売る際の買取査定は、Vストローム 1050の中古価値に精通しているバイクパッションに!

解説記事更新日:2023年04月20日

【スペック・仕様】
車名/型式/年式 Vストローム 1050 /EF11M型 /2023年モデル
発売年月 2023年2月
車両サイズ(mm)・重量(kg) 全長 2265mm 全幅 940mm 全高 1470mm 重量 242kg
シート高・最低地上高(mm) シート高 850mm 最低地上高 165mm
エンジン機構・最高出力・燃費 水冷4サイクルV型2気筒・106PS/ 8,500rpm・27km/L(60km/h走行時)
エンジン始動・燃料供給装置・タンク容量 セル・インジェクション・20L
新車販売価格 162.8万円(税込)
ジャンル アドベンチャー
【ライバル・兄弟車】最新買取相場
  • 事故 不動車
  • 実働車

【実働車の取引価格帯】 Vストローム 1050【2020~現行】

単位【万円】

買取業者の転売先である業者間オークション市場の取引価格帯

2024年7月時点から36ヶ月間遡った数字

【取引価格帯と構成比】

最高
110 ~ 115
万円
%
13
構成比
最多
85 ~ 90
万円
%
50
構成比
最低
80 ~ 85
万円
%
13
構成比

※データ更新:2024年07月12日

【状態別の取引額】 Vストローム 1050【2020~現行】

最高額
平均落札額
最低額
【評価点】
【万円】

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格

2024年7月時点から36ヶ月間遡った数字

【状態別買取額の目安】

8
新車
最高
平均
最低
取引
113.5万円
95.9万円
87.0万円
3台
7
超極上
最高
平均
最低
取引
100.8万円
91.6万円
82.2万円
5台
6
極上
最高
平均
最低
取引
0.0万円
0.0万円
0.0万円
0台
5
良好
最高
平均
最低
取引
0.0万円
0.0万円
0.0万円
0台
4
軽い難
最高
平均
最低
取引
0.0万円
0.0万円
0.0万円
0台
3
難有
最高
平均
最低
取引
0.0万円
0.0万円
0.0万円
0台
2
劣悪
最高
平均
最低
取引
0.0万円
0.0万円
0.0万円
0台
1
事故
不動
最高
平均
最低
取引
0.0万円
0.0万円
0.0万円
0台

※データ更新:2024年07月12日

  • 事故 不動車
  • 実働車

【走行距離別の取引額】Vストローム 1050【2020~現行】

最高額
平均落札額
最低額
【万円】

買取業者の転売先である業者間オークション市場の取引価格

2024年7月時点から36ヶ月間遡った数字

【走行距離別買取額の目安】

0〜4999km 最高 113.5万円 8台
平均 93.2万円
最低 82.2万円

※データ更新:2024年07月12日

  • 事故 不動車
  • 実働車

【カラー別の取引額】Vストローム 1050【2020~現行】

【万円】

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格

2024年7月時点から36ヶ月間遡った数字

【カラー別 平均買取額の目安】

91.4万円 5台
/ 94.0万円 2台
/ 100.6万円 1台

※データ更新:2024年07月12日

  • 事故 不動車
  • 実働車

【実働車|過去5年間の買取相場の推移】 Vストローム 1050【2020~現行】

最高額
平均落札額
最低額

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格の推移

査定現場での買取価格は上記取引金額から業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります
※51~125ccの場合、上記転売金額から2万円程度差し引いた金額が正味の買取額となります

2024年7月時点から60ヶ月遡った数字

【平均買取相場の変動】

対前年比
+26
% up

【2023年間 vs 2024年間】

対3前年比
-
%

【2021年間 vs 2024年間】

年間平均
取引台数
2

過去5年間の取引台数÷5

※データ更新:2024年07月12日

自動査定の金額】は査定現場での実際の買取額です。
買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の(年間 約20万台の)取引データを忠実に反映し、業者の最低限の儲けと経費を差し引いた競争力の高い実際の買取額を表示 しています。

【グラフ領域の金額】は買取業者の転売額です。
転売額とは買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場での落札金額に当たります。
業者間オークション市場とは買取業者と販売業者が参画する競り市場で、年間に約20万台のオートバイが取引されています。
実は買取業者が買取したバイクの約9割は上記市場において転売されています。
そのため、業者間市場での取引額(業者の転売額)から買取業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を割引いた金額が査定現場での実際の買取額になります。
業者間での取引額から割引かれる金額は、単価の低い原付バイクで0.6万円から、100万円を超える高額車両では6万円までが適正かつ競争力の高い割引額と言えます。
率にすると概ね2%~10%の(高額車両ほど率が低い)割引率なので、業者間での取引額の90~98%が実際の買取額となると憶えておけば、査定額の妥当性や競争力を判断する材料になることでしょう。
  • 事故 不動車
  • 実働車

Vストローム 1050【2020~現行】 上位20台の取引額 (データ更新:2024年07月12日)

落札額 評価点 車台番号 走行距離 カラー
1 Vストローム 1050【2020~現行】 113.7万円 7.5点 EF11M-100 4,431km
2 Vストローム 1050【2020~現行】 101.0万円 7.0点 EF11M-100 124km
3 Vストローム 1050【2020~現行】 100.8万円 7.2点 EF11M-100 1,092km
4 Vストローム 1050【2020~現行】 89.6万円 6.8点 EF11M-100 114km
5 Vストローム 1050【2020~現行】 87.4万円 7.7点 EF11M-100 98km
6 Vストローム 1050【2020~現行】 87.1万円 7.8点 EF11M-100 99km
7 Vストローム 1050【2020~現行】 85.1万円 6.7点 EF11M-100 101km
8 Vストローム 1050【2020~現行】 82.3万円 7.0点 EF11M-100 2,072km

【評価点】8点以上:新車 7点:超極上車 6点:極上車 5点:良好車 4点:多少の使用感 3点:難有 2点:劣悪 1点:事故不動
(※3~4点の評価ながら、値段が跳ねているケースの多くは純正品の無いカスタム車です)

【走行距離】単位はkm

上記は買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の落札金額のデータ
業者間オークション市場では年間に約20万台の中古バイクが取引されています

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い

買取査定の安心ステップ

【リピーターやご紹介のお客様が非常に多い】 のは、お客様の立場に立った誠実な査定と相場以上での高額査定が評価されてのことだと自負しております。
事実、パッションのバイク買取査定はお客様満足度95%超!
弊社パッションは最高の接客と特別な買取価格で常にお客様満足度No1を追求しています。
【当社の査定員はみんな査定資格とマナー講習を修了】
お客様が気持ちよく満足してオートバイを売るできる事がとても大切だと考えています。 買取提示価格がお客様のご希望金額に届かない等、御満足頂けない 場合は買取不成立となりますが、その場合もパッションの査定はモチロン無料です! 査定は全て、最初から最後まで無料。安心してお気軽に最高の無料査定をお試しして頂けます。

バイクパッションについて

出張買取エリア

北海道を除く全国で出張査定

【即日対応!資格を持った査定士がお伺いいたします】
全国の支店からご希望日時に出張査定にお伺いしています。弊社の査定員は全員。査定士の資格を取得し、マナー講習を修了しております。
リピーターやご紹介のお客様が非常に多いのには理由がございます。
最高の査定額と最上のご対応でお客様のご期待にお応えいたします。

買取の際に必要なもの

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い