バイクパッション フリーダイヤル tel-0120819118
メニュー開閉ボタン
オンライン査定 相場情報をご案内 無料出張査定 全額現金でお支払い
kaitori-header-cross-cub-110
調整画像 高額買取 お笑い芸人パッション屋良 kaitori-header-cross-cub-110最強の買取価格
10秒で愛車を見積る

個人情報不要です

全車種の買取相場
ハーレーのバイク

データ最終更新:2022年08月12日

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118

クロスカブ110の買取査定事例|2018年式の低走行車

今回、買取させて頂きました車両は2018年モデルのホンダ・クロスカブ110。
2013年にリリースされた初代クロスカブ・JA10型からフルモデルチェンジを果たした2代目にあたるモデルです。
新型コロナウイルスの流行により、国内メーカーからの新車供給が滞ったことで中古車価格が高騰していましたが、高騰し過ぎた反動で2021年末からは緩やかな下落に転じていることから、相場的には27万円が限界査定額となるところ、日本で一番バイクを売っている弊社販売店の仕入れ額として30.3万円の査定額で買取させて頂きました事例です。

クロスカブ110買取価格実例

遠めには非常に良く見える車両状態
  • 遠めには非常に良く見える車両状態
  • バイクカバー内部に篭る湿気が原因でエンジン全域に生じた白サビ
  • マフラー外観を損ねる点サビと茶サビ
  • 広範囲の茶サビで使用感が出ているリアキャリー
  • ウインカーにも点サビが発生
  • 新車購入時にプレスカブのライトとメーターへ換装。共に純正パーツあり
  • 前後足回りはサビキズなく非常に綺麗
  • 日焼けによる色褪せ等はなく目立つキズがない点は好印象

総合評点:5点

エンジン 5 車体フレーム 6 外装 5 電装保安部品 5 フロント周り 6 リア周り 5

【評価点の目安】
8点以上:新車 7点:超極上車 6点:極上車
5点:良好車 4点:多少の使用感 3点:難有 2点:劣悪
1点:事故不動
  • バイク名
  • クロスカブ110
  • 買取価格
  • 303,000円
  • 年式
  • 2018年モデル
  • 走行距離
  • 110km
  • 車台番号
  • JA45-100
  • カラー
  • 赤(マグナレッド)
  • エンジンの状態
  • 外部に白サビ浮き目立つも機関良好
  • 外観の状態
  • キズや変色はほぼ無いものの車体数箇所にサビ発生
  • 損傷や事故転倒歴
  • 転倒事故歴なし
  • カスタムや改造
  • 前かご・ライト・メーター(プレスカブのパーツ流用) 純正パーツ全てあり
  • 買取年月
  • 2022年5月10日
  • 買取エリア
  • 枚方市西田宮町の買取事例

クロスカブ(JA45型)の買取査定内容

『愛嬌のあるルックスに一目惚れして衝動買いしちゃいました』と、はにかみつつ購入時のエピソードを語って下さったオーナー様。
現車はモデルチェンジで車名に排気量を冠した2代目にあたるクロスカブ110で、走行距離はわずかに110km。メーターはデザインの好みでプレスカブのものを純正流用で交換してはいたものの、ショップでの成約時にそのまま換装してもらったとのことで、それを示す日付入り領収書等も全て揃っておりました。
2022年に3代目となった現行モデルからは4年落ちとなりますが、コロナショックで高騰を見せた後の現在の最新相場価格は果たして幾らなのか?
まずは買取相場からご覧ください。

2018年モデル・クロスカブ110の買取相場

今回、買い取りさせて頂きましたのは、2018年モデルのクロスカブ110。
現行2022年モデルでは3代目となっているクロスカブ110。型式とモデルイヤーによって買取相場は大きく異なるため、今一度その違いを知っておきたいところ。
以下、モデルイヤー毎のアップデートとなります。

クロスカブ110進化の歩み
主要変更点 販売価格
(税抜)
2013年モデル
(JA10型)
新登場 26.5万円
2015年モデル カラーリング追加 26.5万円
2018年モデル
(JA45型)
モデルチェンジ
レッグシールド廃止など外観の刷新
31万円
2019年モデル カラーリング追加 31万円
くまモン32万円
2020年モデル テールランプ変更 31万円
くまモン32万円
2021年モデル 2000台限定「プコブルー」を追加 31万円
2022年モデル
(JA60型)
モデルチェンジ
新エンジン搭載
ABS採用
キャストホイール&チューブレスタイヤ化
33万円
くまモン34万円
最初のモデルチェンジを受けたのは4.5万円の値上がりとなった2018年モデルで、外装が刷新されJA45型に。
2回目のモデルチェンジを受けたのは2万円の値上がりとなった2022年モデルで、新エンジン・フロントABS化・キャストホイール&チューブレスタイヤにアップグレードされJA60型へと進化しています。
型式(モデルチェンジ前後)によって買取相場が大きく異なるクロスカブ110。人気機種とあって中古の取引台数も多く、年式によっても買取相場は若干異なることから以下、今2018年モデルに特化してご紹介いたします。

新車不足で、4年落ちモデルとしては驚異的に高い買取率

買取業者の最大の転売先であり、販売業者の最大の仕入れ先として年間に約20万台のバイクが取引される業者間オークションの取引データを2022年5月時点で12か月間遡って見ると。
JA45型の取引台数は実動車だけでも実に230台。
このうち、今回買い取りさせて頂きました2018年モデルに焦点を当ててみると、実動車の総取引台数は74台。
落札の最高額は38万円、平均28.5万円、程度の悪い車両が記録した最低取引価格も18.6万円となっています。ボリュームゾーンは25~34万円台で約7割の個体はこのゾーンで落札されています。
当時の税抜メーカー希望小売価格が31万円であったことを考えると4年前のモデルとしては驚異的なリセールバリューです。
驚異的な買取率となっている理由には、コロナ禍で新車供給が細り、中古車に需要が集中している特殊事情があります。
事実、2020年に年式落ちによって下げに転じた平均落札額は、新車供給が細った2021年から上昇に転じています。
2022年5月現在でも、新車の展示販売は少ない状態が続いていますが、新車が供給されたタイミングで中古相場がガクッと下落するのは必然なので、今の高騰相場は異常と言えます。

低走行・極上が高額査定のセオリーだが

平時であれば状態・距離・年式によって落札額が予想できるのですが、新車より高い中古車が店頭に並んでいる現在は入札する販売店によって相場が動いています。
余談ですが、販売店が30万円で落札した車両には消費税10%と落札手数料や送料が乗っかるので正味の仕入れ額は34万円になり、店頭でのプライスカードには販売店の儲けが乗るので車体価格は40万円弱となります。
販売店の関心は、新車供給の回復や消費者離れによって、高騰している中古価格がいつ値崩れするか?につきます。
2021年末に新車の供給が一部回復したこと、例年需要が減る冬場であることが重なり、2021年末以降は販売店の入札姿勢が慎重になり相場はひと頃よりもトーンダウンしています。
そのためメーカーの新車供給と店頭での売れ行きに応じた不安定な相場環境となっています。
事実、弊社横浜店は日本で一番バイクを売っているショップですが、ババを引く可能性も高く店頭小売価格で40万円近くになる30万円以上で入札することは躊躇われます。
そのため相場の上限は30万円台前半と言えます。

オプションパーツなどはプラス査定に


スーパーカブベースのタフな作り、遊び心のあるルックスが魅力のクロスカブ110ですが、スーパーカブシリーズ全体で見られる傾向と同様、ノーマル車両が好まれる傾向にあります。
ただしオプション品やドレスアップパーツは純粋にプラス査定に、純正品付きの社外品もプラス査定に寄与いたします。

以上の買取相場を踏まえて、2018年モデル・クロスカブ110の査定内容と買取額についてご紹介させて頂きます。 (※上記の取引額は、買取業者の転売額=販売業者の仕入れ額に相当するため、実際の買取額は9掛け相当となります)

【2018年モデル】相場の推移

【2018年モデル】相場の推移

【2018年モデル】業者間の取引価格帯

【2018年モデル】評価点別の取引価格帯

【2018年モデル】評価点別の取引価格帯

【2018年モデル】業者間の取引価格帯
買取業者の最大の転売先であり、販売業者の最大の仕入れ先として年間に約20万台のバイクが取引される業者間オークションの取引データ
spacer for layout

査定のハイライト

「維持費の安い原付2種の中から選んで買いました」とは、今回の現車オーナー様からのお言葉。
通勤通学の足としてなど、原付2種はコストパフォーマンスのよさで購入を決めるというケースが多いクラスだけに、レジャーバイクとしてのキャラクター性が強いクロスカブ110はなかなか珍しいチョイスだと言えます。
そのことが気になり、オーナー様にお伺いさせて頂いたところ、「見た目とスタイルで決めてしまったし、他の2種スクより高かったけど、どうしても自分が気に入ったこのバイクのオーナーになってみたくなった」と仰られておりました。
屋外保管ではあったものの、バイクカバーをかけることは徹底して行っていたそうで、砂埃による細かいキズもなく綺麗な状態をキープ。新車購入時にプレスカブのメーターとライトへ交換されておりますが、購入店で成約と同時に交換を行ったことを示す領収書もしっかり保管しておられ、メーター交換車であっても実走行110kmという数値は信用に値できるものとして査定を進めさせて頂きました。
今回の2018年式クロスカブ110の買取査定において、ポイントとなったのは以下の通りです。

エンジンの外観を大きく損ねている白サビ

走行距離も浅く、綺麗な外観状態維持に努められた現車でしたが、大きなマイナスポイントとなってしまったのがエンジンの白サビ。
屋外でバイクを保管する際、バイクカバーは砂埃や直射日光による劣化を防ぐ有効な手段ではありますが、地面からの放熱や湿気によりカバー内でサビの発生を早めてしまうというケースが多々ございます。
これを防ぐにはこまめな換気が必要となりますが、今回のケースではあいにくこのようにエンジン全域にまでサビが浮かぶ状態に。
単純にサビ落としでケアできるレベルではなくなっており、手痛いマイナス判定がついてしまいました。
エンジンの外観を大きく損ねている白サビ

メッキパーツに見られる点サビと茶サビ

次いでマイナスとなったのは、マフラーガードやウインカーなど、メッキパーツ類に見られる点サビと茶サビです。
赤丸箇所に見られる通り、ところどころにニキビ状の点サビが生じていることに加え、ボルト孔などに茶色く変色したサビがメッキの美しさを損なってしまっています。
また、マフラーエンド付近にある浅い擦り傷も茶サビが生じ、外観上の評価を下げることとなってしまいました。
ブラック仕上げ塗装ですが、リアキャリー部にもそれなりの茶サビがあり、使用感を強める一因となっていることも残念なポイントとして挙げられます。
メッキパーツに見られる点サビと茶サビ

前カゴ・メーター・ライトは気持ちプラス査定に

プレスカブのライトとメーターに換装され、フロントバスケット(前カゴ)を装着していた現車。
メーター交換により、厳密には「走行疑義車」となってしまいますが、ホンダ純正品を車両購入と同時に販売店で交換作業を依頼した証明書があり、来歴がしっかりしていることを評価し、マイナス判定の対象とはしないことに決定。
ただし、社外パーツによる「カスタム」というものではなく、「ドレスアップ」に該当するものであったこと、中古パーツとしての価値は殆どありませんが、直ぐに脱着可能なプラスアルファとしてお気持ち程度のプラス査定に。
前カゴ・メーター・ライトは可もなく不可もなくの判定に

理想的な状態の足回りはプラス評価の対象に

全体的にサビによるマイナスが痛手となった現車ですが、前後足回りに関してはほとんど傷みがなく、中古バイクとしては理想的なコンディションを維持しておりました。
2018年式のクロスカブ110は、サビの生じやすいスポークホイール仕様ですが、ご覧の通りブレーキ周辺まで含めピカピカの状態。
走行時の砂埃によるホイールキズも見られず、タイヤの山もたっぷり残っておりヒビ割れ等も皆無です。
そのまま店頭に並べて販売できるだけのコンディションを大いに評価させて頂くこととなりました。
理想的な状態の足回りはプラス評価の対象に

総合評価と買取額

ポジティブな査定ポイント
  • 110kmという低走行車であること
  • 錆び研磨などの軽整備で再販に回せる良好な車両状態
ネガティブな査定ポイント
  • エンジン全体に見られる白サビ
  • マフラーガードやウインカー、リアキャリーなどに見られる目立つサビ
根強いファンがいる第2世代のクロスカブ110で、メーター交換車ではあるものの、110kmと走行距離が浅い今回の現車。
経年劣化による傷みは少なめですが、サビの影響によって手痛いマイナスが生じてしまった結果、総合評価は極上に及ばない5.4点に留まることに。
業者間オークションへ出品するならば、メーター交換による走行疑義車扱いで評価が低くなってしまうこと、出品手数料や運送費といった経費を差し引くと、買取価格は25万円が限界だと言えるでしょう。

市場の評価では走行距離疑義車になるところ、販売店仕入れ額で買取


こうした扱いが難しい走行疑義車ですが、弊社がオーナー様にご提示させて頂きました買取金額は303,000円。
買取相場に照らすと、大赤字必至のお値段ですが、販売店仕入れ値ならば話は別物。
車両状態の良さを評価し、走行走行疑義車として一段低い評価となる業者間オークションへの出品ではなく、単一店舗ベースでは日本一の販売成績を誇る弊社直営店舗で扱わせて頂くことにより、他社では不可能な高額買取を可能としました。

いかに使用頻度が低かったとは言え、買値の90%超えという買取価格にオーナー様も即座に売却をお決め下さり、大満足の結果でお応えさせて頂くことができました。
遠めには非常に良く見える車両状態
spacer for layout

クロスカブ110の買取相場

2018年モデル

【実働車】の業者間オークション市場における、買取時点直近12ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 74台
  • 平均価格: 285,432円
  • 最高価格: 380,000円
  • 最低価格: 186,000円

【事故車・不動車】の業者間オークション市場における、買取時点直近12ヶ月間の落札データ

  • 取引台数: 9台
  • 平均価格: 191,000円
  • 最高価格: 226,000円
  • 最低価格: 141,000円

相場情報:2022年5月10日時点

最新の相場情報は、10秒で買取相場が出る自動査定でチェックして頂けます。


上記金額は、買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の落札データであり、買取業者の転売金額です。
業者間オークション市場とは買取業者と販売業者が参画する競り市場で、年間に約20万台のオートバイが取引される市場です。
買取業者が買取したバイクの約9割は上記市場において転売されています。
その事実が、業者間オークション市場の落札金額が買取業者の査定額の基準値である所以です。
査定現場での買取価格は下記の転売(落札)金額から買取業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります。
査定現場での正味の買取額は、転売金額である落札額から5~10%を割り引いた金額が適正で競争力のある価格となります。
金額にすると単価の安い原付バイクで1万円から、100万円を超える高額車両では6万円までが適正な割引額です。

原付2種 カブに関連する買取事例

  • 33万円の査定額で買取した2019年モデルのスーパーカブC125
    スーパーカブC125

    買取査定価格

    330,000円
    2019年式 走行 1,450km
    軽い傷や錆が有り極上未満
  • 20万円の査定額で買取したCT110ハンターカブの不動車
    CT110ハンターカブ

    買取査定価格

    200,000円
    1993年型 走行4,657km
    3年放置の不動車
  • 16万円の査定額で買取した鍵なし不動車のスーパーカブ110
    スーパーカブ110

    買取査定価格

    160,000円
    2020年式 走行 4,756km
    鍵なし不動車
  • 4万円の査定額で買取した1994年モデル・ベンリイCD125Tの不動車
    ベンリイCD125T

    買取査定価格

    40,000円
    1994年式 走行 48,792km
    タンク要交換の不動車
  • CB125K不動車の買取価格
    ベンリィ CB125K

    買取査定価格

    18,000円
    CB125K-404 走行 8,000km
    長期放置の不動車
  • 買取したフルノーマルのApe100TypeD
    エイプ100タイプD

    買取査定価格

    200,000円
    2009年式 走行 99km
    極上車
  • 22.5万円の査定額で買取した2019年モデル・モンキー125の不動車
    モンキー125

    買取査定価格

    225,000円
    2019年モデル 走行 2,200km
    要燃料ポンプ交換の不動車
  • 21万3千円の買取査定金額が付いたご購入間もないホンダのグロム
    グロム

    買取査定価格

    213,000円
    2013年式 走行 2,114km
    状態良好
spacer for layout

クロスカブ(JA45型)は売ろうと考え時が一番高く売れます

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い

買取査定の安心ステップ

【リピーターやご紹介のお客様が非常に多い】 のは、お客様の立場に立った誠実な査定と相場以上での高額査定が評価されてのことだと自負しております。
事実、パッションのバイク買取査定はお客様満足度95%超!
弊社パッションは最高の接客と特別な買取価格で常にお客様満足度No1を追求しています。
【当社の査定員はみんな査定資格とマナー講習を修了】
お客様が気持ちよく満足してオートバイを売るできる事がとても大切だと考えています。 買取提示価格がお客様のご希望金額に届かない等、御満足頂けない 場合は買取不成立となりますが、その場合もパッションの査定はモチロン無料です! 査定は全て、最初から最後まで無料。安心してお気軽に最高の無料査定をお試しして頂けます。

バイクパッションについて

出張買取エリア

北海道を除く全国で出張査定

【即日対応!資格を持った査定士がお伺いいたします】
全国の支店からご希望日時に出張査定にお伺いしています。弊社の査定員は全員。査定士の資格を取得し、マナー講習を修了しております。
リピーターやご紹介のお客様が非常に多いのには理由がございます。
最高の査定額と最上のご対応でお客様のご期待にお応えいたします。

買取の際に必要なもの

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い
to top