調整画像 パッション屋良とバイク お笑い芸人パッション屋良 直線 自動査定 個人情報不要 GSR250F最強の買取価格 調整画像 パッション屋良とバイク お笑い芸人パッション屋良

全車種
の査定相場

  • 良好~極上最高値とは型式の平均的な状態より綺麗で状態の良い車両の買取額。
    最高額は買取業界の9割超の売却先である業者間オークションでの最高落札額
    0
  • 買取平均平均相場とはボリュームゾーンである平均的な買取価格帯
    0
  • 取引数落札台数とは買取業界の9割超の売却先である業者間オークションで落札された台数
    0 12ヵ月間

データ最終更新 2018,3/16平均相場とはデータは最新の状態に毎週更新されています

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種名
  • 総合状態
  • 走行距離
査定を予約する

極上車|GSR250F買取査定と相場

「極上のGSR250Fはいくらで売れますか?」とお電話で簡易査定のお問合せ。
「極上であれば20万円台、隙のない車両であれば上限としては30万円付近まで」と買取相場をご返答差し上げ。
出張しての査定では、重箱の隅をつつくような減点が少々ございましたが、総合評価は極上車。
状態に相応しい査定金額として28.5万円で買取させて頂きました事例です。

以下、GSR250シリーズのとても詳しい相場情報を交え、査定内容の詳細をご紹介しています。

買取したGSR250F
  • 買取したGSR250F
  • 使用感少なく綺麗なコックピット周辺
  • 艶があり新車に近い状態のセンターカウル
  • 汚れはあるが劣化は殆どないエンジン回り
  • ラジエーターに凹みと錆び、フレームは綺麗
  • フロントディスクローターに軽い錆び
  • 傷などなく綺麗なタンク
  • バーエンドとミラーカバーに削れ傷
  • 水垢や汚れが付着しているマフラー
  • ブルー/ホワイトのGSR250F
  • センターカウル上部の小傷
  • 使用感が無く綺麗なシート
  • スタンドに軽い塗装ハゲ
  • 汚れが付着しているシートカウル
  • 評価点
  • 総合評点:6点
    (エンジン6 車体フレーム6 外装6 電気保安5 フロント5 リア6)
    ※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
    査定のチェック箇所と項目
  • GSR250F買取価格実例
  • バイク名
  • GSR250F

    買取価格

    285,000円

  • 年式
  • 2016年
  • 走行
  • 345km
  • 車台番号
  • フレーム番号LC6GJ55D001112
    エンジン番号J509-300
  • エンジンの状態
  • 非常に良好
  • 外観の状態
  • (汚れや小錆びあり)非常に綺麗
  • 外傷
  • 小傷が数か所にあり
  • 改造の有無
  • 買取年
  • 2018年2月
  • オンライン相場案内

    出張買取無料査定

    フリーダイヤル 0120-819-118

GSR250F 買取査定のポイントや詳細

買取させて頂いた車両はトリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト(青/白)のGSR250F。
2014~2017年と短い生産期間のため、高年式で状態の良い車両が多い中でも、特に状態が良かった車両です。

極上車のため査定も短時間

走行距離は、僅か345km。 遠目から見ても近づいて見ても非常に綺麗な外観を保持していたGSR250F。高い買取価格を予感させるのに充分な第一印象です。
中古バイクの査定は(カスタムなどを除くと)10点満点の新車からの引き算になるので、難点が多いほど査定時間は多くなり、難点が少ないほど査定時間は短くなります。
極端な話、走行0kmの未登録の新車は、査定時間は1分も必要ありません。
今回のGSR250F、は詳しく検分する箇所が少なく、僅か3分ほどで査定が終了しました。
外装には艶が保持され、エンジンは始動とアイドリングにニュートラルでのアクセル開放で十分に文句のない状態であることが確認でき、実走行が必要ないほど。
とはいっても、完璧ではなく、買取価値を損ねる軽いマイナス査定も見られました。

マイナス査定は小傷や軽い錆び

細かいマイナス査定となった点を列記しますと、
バーエンドとミラーの削れ傷
立ちごけではなく、出し入れの際に擦ったとという事で、ハンドル曲りやハンドルストッパーに曲りはありません。
ミラーは安価な部品なので査定への影響も軽微。バーエンドとミラーは販売店のストックパーツと交換することで買取価格への影響を最小化。

バーエンドとミラーカバーに削れ傷
センターカウルのひっかき傷
乗り降りの際に付いたと思われる細かい傷ですが、車体全体が綺麗なだけに目につきます。とは言っても近づいてやっと気づく程度の傷。ごく軽い減点となりました。

センターカウル上部の小傷
ラジエーターの凹み・錆び
コチラも普通に人にとっては気にするかどうかという目立たない凹みや錆び。僅かなマイナス査定に。

ラジエーターに凹みと錆び、フレームは綺麗
フロントディスクローターやスプロケの裏側に軽い錆び
初期の錆びなので、研磨で十分に取り除けます。手の入りにくい個所ですが、研磨作業は1時間も要さないでしょう。こちらも買取価格への影響は軽微。

フロントディスクローターに軽い錆び
マフラーや、スイングアームなど水垢や軽い腐食が付着
軽い研磨で落とせる軽微な錆び。下地の素材は綺麗ですので、殆ど査定価格に影響しません。

水垢や汚れが付着しているマフラー
スタンドのペイントはげ、ステップの使用感
タイヤに次いで使用感の出やすい箇所ですので、致し方ありません。再販に向けて万全を期すのであれば、買取後にラバー交換というのも選択肢です。

スタンドに軽い塗装ハゲ
テールカウルや外装各所の汚れ
所々に埃を吸着した水滴が乾いた痕の汚れが見受けられます。テールカウルには目立つ汚れが付着していますが、全て水洗いと拭き上げで綺麗になります。
保管は室内だったそうで、外装の艶は非常に良い状態です。買取した車両は全て、整備工房にて入念な洗車と拭き上げを実施していますので、汚れは減点対象となりませんでした。

汚れが付着しているシートカウル
総合評価と買取価格

上述致しました減点対象は、「そんな重箱の隅をつついて」と突っ込みを頂戴するような内容です。
様なマイナス対象しかなかったということは、それだけ車両状態が良いことの裏返しでもあります。
最初に、新車を10点満点としてと申し上げましたが、どれだけ状態が良くても、走行距離が1kmでもあれば評価点は9。10キロでも走行していれば評価点は8。100キロを走行していれば評価点は7となってしまいます。
今回査定させて頂きましたGSR250Fは、走行距離は345キロと少ないのですが、その時点で最大評価は7点。
上記のようなマイナスが影響して総合評価は6点の極上車の評価となりました。

下段で詳述していますが、
GSR250Fの極上車の買取上限は20万円台後半となっています。
極上車として20万円台後半の査定価格が付く状態。その通り満額の28.5万円の査定価格で買取させて頂きました。

お客様のご感想と買取後記

「たしかに、新車が税込で39.9万円で売られているからね。相場も見せてもらったし、提示額なら文句なし。持っていってください。」とはオーナ様のお言葉。
査定を担当した本人としては状態が良かっただけに、販売店仕入れ価格で買取出来ると思っていたのですが・・・。
弊社販売店に同じ青/白のGSR250Fの在庫が存在していた為、販売店の仕入れ価格での買取はかないませんでした。
仮にそうなっていた場合は31万円程度まで査定価格は伸びていました。

GSR250F 査定相場の比較

2014年位発売された中国製造のGSR250。日本国内での本体小売価格は51.4万円。Ninja250やYZF-R25、CBR250RRといったフルカウルの国産250ccスポーツバイクに比べると20~30%も低い本体価格で販売されていました。
2017年に生産終了となったGSR250シリーズですが。2018年現在、実勢価格で新車本体価格が39万円台~で多く販売されています。
新車の本体価格が39万円台まで下がっているGSR250Fは一体いくらで売れすのでしょうか?
日本の中古バイクの相場を決定している業者間オークション市場のデータを基に、先ずは状態別の買取相場をご案内差し上げます。
250ccスポーツバイクの販売価格
車種 希望小売価格 実勢価格
GSR250F 51.4万円 39.9万円~
Ninja250 63万円~ 42.8万円~
YZF-R25 64.2万円~ 41.8万円~
CBR250RR 75.6万円~ 58.1万円~
(金額は小数点第2位を四捨五入した額。)
(メーカー希望小売価格は2018年時点で公式ページに記載のある最も安いモデルの金額)


状態別の買取相場
  • ▼状態を表す評価点の目安|GSR250F
  • 評価点6 極上車
  • 評価点5 状態が良く綺麗
  • 評価点4 年式並み未満で若干の難有り
  • 評価点1 事故車や不動車

GSR250F|評価点別の査定相場比較
状態/
落札価格帯
評価点
6以上
評価点
5
評価点
4
評価点
1
30~34万円 3台 3台 0台 0台
25~29万円 1台 6台 0台 0台
20~24万円 1台 6台 2台 0台
15~19万円 0台 3台 3台 0台
10~14万円 0台 0台 3台 0台
9万円以下 0台 0台 1台 6台
総落札台数 5台 18台 9台 6台
(2018年2月時点で、業者間市場の落札データを過去1年間遡った数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)

19万円が実働車の平均買取相場

過去12か月間で実働車は32台が取引されたGSR250F
最高額は31.6万円、最低額は7.8万円と非常に幅広い価格帯となっていますが、最も取引が集中しているのは20万円台で、全32台の内、半分に当たる16台が20万円台で取引されています。
平均取引額は22.6万円となっています。
評価点と取引額との相関性も高く、極上車は20万円台後半~30万円付近での取引が多く、良好車は20万円台、難あり車両は10万円台の取引が多く分布が分かれています。
全32台の内、最も状態が良かったのは、評価点7が付いた走行195kmの新車に近い状態の車両で30.6万円で落札されています。
逆に最も状態が悪かったのは、外装に転倒傷が目立った車両で7.8万円で落札。次に使用感がやや強く走行距離で3万キロと4万キロを超えている2台の車両が10万円で落札されています。

上記の金額は、市場での落札金額で、販売店にとっては仕入れ値、買取業者にとっては売却値に相当します。
したがいまして、査定現場での買取相場を計算するには、買取業者の儲けと経費(出品手数料は運送費など)を差引く必要があります。
250cccの場合は、3~4万円程度を割り引くのがお客様にとって競争力のある適正な相場と言えます。
市場データから3万円程度を割り引いた、買取相場は下記のようになります。
  • ▼GSR250Fの買取相場
  • 平均額=19万円程度
  • 評価点6=20万円台
  • 評価点5=10万円台後半~20万円台前半
  • 評価点4=5~10万円台前半

3万円が事故車の平均買取相場

事故車や不動車・故障車など実働状態にない車両を表す評価点1のGSR250Fは、過去1年間で6台に取引があり、最高額は8.9万円、最低額は3.7万円、平均は6.1万円となっています。
6台の内訳ですが全て事故車となっています。
最低額の車両は、フロント~メーター周りが大破、フロントフォーク捩れ、テールカウル破損、センターカウル転倒傷、エンジン始動。
最高額の車両は、エンジン実働で写真では損傷個所が分かりませんが、おそらくフロントフォーク捩れと思われます。
上記の2つの車両の比較で分かりやすいと思いますが、実働化・再商品化するコスト(若しくは再利用できるパーツ価値)によって、事故車の取引額は10万円以下のレンジでとなりますが変わってきます。
前述した業者の儲けと経費を差し引いた、事故車の買取相場は、平均で3万円程度。状態によって数千円~6万円程度までであることが読み取れます。

GSR250シリーズの買取相場

2017年に生産終了となったGSR250シリーズですが、以下の3モデルが存在します。
3モデルの相場情報を比較したのが2つ下の表になります。
GSR250シリーズの特徴と新車価格
車種 特徴 発売 希望小売価格
GSR250 ネイキッド 2012年(国内) 45.7万円
GSR250S ハーフカウル 2014年 49.2万円
GSR250F フルカウル 2014年 451.4万円
(金額は小数点第2位を四捨五入した額。)
(メーカー希望小売価格は2018年時点で公式ページに記載のある最も安いモデルの金額)

GSR250シリーズの相場比較|実働車
相場/
年式モデル
平均落札額 最高額 取引台数
GSR250 17.1万円 29万円 389台
GSR250S 18.9万円 32.6万円 38台
GSR250F 22.6万円 31.6万円 32台
(2018年2月時点で、業者間市場の落札データを過去1年間遡った数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)

トピックとして先ず挙げられるのが、取引台数の差。
カウル装着のGSR250FやGSR250Sを圧倒するネイキッド仕様のGSR250の取引台数です。
GSR250SとGSR250の関係は、ネイキッドのCB400スーパーフォア(CB400SF買取事例一覧)と、 ハーフカウル装着のCB400スーパーボルドール(CB400SB買取事例一覧) の関係に似ていますが、CB400シリーズとは異なり、GSR250S/Fの流通数が伸びなかったのは価格で評価されたネイキッドの影響なのでしょうか?

次点のトピックは新車価格に準じた中古相場です。
新車価格に準じた相場となっていて、実はこのパターンは珍しいと言えます。
同型車の上位モデル、SEなどの上位バージョン、ABSといった付加装備は、メーカー希望小売価格としては少なくない差が設定されていますが、中古市場では新車価格の差は殆どなくなることが傾向として多いからです。
最後に買取相場をご案内差し上げますと、平均的な買取相場はネイキッドGSR250は14万円程度、ハーフカウルGSR250Sは16万円程度となっています。上限はそれぞれ30万円付近まで伸びる余地がございます。

生産終了となって相場は下降気味ですので、もし売るなら早めが最高値と言えます!

GSR250Fの買取相場

GSR250F
状態の良いバイクの業者間取引市場(定例オークション)における、
買取時点直近12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 32台
平均価格: 225,813円
最高価格: 316,000円
最低価格: 78,000円

事故車・不動バイクの業者間取引市場(蚤の市オークション)における、
買取時点直近12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 6台
平均価格: 61,667円
最高価格: 89,000円
最低価格: 37,000円

相場情報:2018年2月3日時点

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。

 GSR250Fいくらになる?
  • 無料出張査定
  • 無料オンライン査定
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
GSR250F買取査定お任せください
買取査定お任せください

GSR250Fは売ろうと考え時が一番高く売れます

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118