調整画像 パッション屋良とバイク お笑い芸人パッション屋良 直線 自動査定 個人情報不要 YZF-R3最強の買取価格 調整画像 パッション屋良とバイク お笑い芸人パッション屋良

全車種
の査定相場

  • 良好~極上最高値とは型式の平均的な状態より綺麗で状態の良い車両の買取額。
    最高額は買取業界の9割超の売却先である業者間オークションでの最高落札額
    0
  • 買取平均平均相場とはボリュームゾーンである平均的な買取価格帯
    0
  • 取引数落札台数とは買取業界の9割超の売却先である業者間オークションで落札された台数
    0 12ヵ月間

データ最終更新 2018,3/16平均相場とはデータは最新の状態に毎週更新されています

  • メーカー
  • 排気量
  • 車種名
  • 総合状態
  • 走行距離
査定を予約する

外傷や劣化目立つ転倒車|YZF-R3買取査定

エンジンがかからないYZF-R3の買取査定というご依頼でしたが、査定現場でブースターを繋いでみたところエンジンの始動を確認。
ですが転倒車として外傷が目立つ他、錆びや艶褪せといった使用感や疲労感も色濃く、エンジン不調なども重なり、車両状態は難ありの状態でした。
相対的には走行距離もかなり多く、相場的には10万円台半ばが利益ぎりぎりの査定価格ですが、買取後に修繕した状態で弊社販売店での販売も視野に入れつつ、18万円で買取させていただきました。

以下、YZF-R3の買取相場とあわせて査定内容の詳細をご案内しております。

買取したYZF-R3
  • 買取したYZF-R3
  • 転倒して削れているブレーキレバー
  • 汚れや使用感が目立つメーター周辺
  • 外装の転倒傷
  • エンジン回りにも加水さびや使用感がにじんでいます
  • 錆が目立つエキパイやラジエーター
  • センターカウルの転倒傷
  • 2015年モデルのブラックメタリックのR3
  • 排気口には煤が付着し、外側には転倒傷
  • アウターチューブの削れ傷
  • 根元から外れたリアフェンダー
  • 腐食や錆びの目立つリアホイール
  • 評価点
  • 総合評点:4点
    (エンジン4 車体フレーム4 外装3 電気保安4 フロント4 リア4)
    ※評点は7点満点で、事故や不動車の場合点数は1になります。
    査定のチェック箇所と項目
  • YZF-R3買取価格実例
  • バイク名
  • YZF-R3

    買取価格

    180,000円

  • 年式
  • 2015年式
  • 走行
  • 19,995km
  • 車台番号
  • フレーム番号RH07J-001
    エンジン番号H402E-00
  • エンジンの状態
  • バッテリー上がり/白煙吐き
  • 外観の状態
  • 年式以上の劣化
  • 外傷
  • 転倒車
  • 改造の有無
  • フェンダーレス仕様
  • 買取年
  • 2018年4月
  • オンライン相場案内

    出張買取無料査定

    フリーダイヤル 0120-819-118

YZF-R3 買取査定のポイントや詳細

買取させて頂きましたのは2015年モデル/ブラックメタリックのYZF-R3。
高年式ということもあって、査定するYZF-R3の多くは極上車や良好車ですが、今回は劣化や損傷が目立った転倒傷でした。
早速査定内容の詳細をご案内差し上げます。

足回り

先ずは足回りから査定させていただきます。 車両重量170kgと中型バイクとしては軽めですが、マスの集中化によって、押し引きは車両重量以上に軽く感じられるYZF-R3。
跨って、荷重して抜重して、前後サスの沈み込みと戻り具合をチェックします。車体には転倒を示す傷が多数ありましたが、フロントサスの沈み込みや戻りに問題はなく目視でもフロントフォークに歪みはなさそうです。
前後サスともオイル漏れやヌケもなく機能的には良好ですが、アウターチューブに目立つ削れ傷があり買取価値を損ねていました。
その他の外傷については、ブレーキレバーの削れ、ハンドルの曲がりが確認できます。
リアのサスペンションは錆が目立ち、チェーンやスプロケ、スイングアーム、ホイールなどは小傷の他に使用感が目立ち、2015年モデルとしては劣化の色合いが濃く、外傷と見た目の価値の両面で買取価値を損ねていました。

腐食や錆びの目立つリアホイール
外装

R3のステッカーが貼られたセンターカウルにはブラックメタリックに対比する白色の削れ傷や線傷が目立つます。
フルカウルのYZF-R3は、外装の価値比重が高く、中でも車体の印象を決定づけるセンターカウルの価値は大きいです。
YZF-R3購入希望者の大半はセンターカウルを見て車両を判断するといっても過言ではありません。
下地まで達する深い傷もありやや大きめのマイナス査定となっています。
その他、外装全体に色艶も失われていて、こちらも不可逆性の劣化でマイナスの査定となっています。
良好や極上の状態が多いYZF-R3の中では相対的に辛口の査定評価とならざるを得ない外装状態といえます。

外装の転倒傷
エンジン

いきなり排気口からになりますが、外装のチェック時に見えた、排気口の周辺に溜まっている黒い煤が気になります。
チェックしてみるとエアクリも真っ黒です。
気になりつつエンジンを始動させますが、セルがやや重く回ります。一発で始動はしますが、調整の必要性がありそうです。
始動後のエンジンはアイドリングは安定していますが、煙を吐き、アクセル解放時にも煙を吐きます。目立つ異音などはありませんでしたが、機能面の査定でマイナス査定が入りました。
見た目は、エンジン回りは劣化が出にくい塗装が施されていますが、それでもボルトや細部などに劣化が目立ちます。
やや濃いめの劣化が目立ったのは、エキパイやラジエーター。錆びや転倒傷が目立ち、買取価値を損ねていました。

錆が目立つエキパイやラジエーター
フレーム回り

外装・足回りの査定で転倒傷が目立ったYZF-R3。心配なのはメインフレームへの影響です。
ハンドル周りからの衝撃を主に受け止めるハンドルストッパーをチェックすると、大きくではありませんが曲がりが認められます。大き目の衝撃が発生していたことを物語ります。
左右のハンドルの切れ角をチェックしますが左右の切れ角は同等で捻じれはないようです。
続いてメインフレームのネック部分や接合部を入念に査定していきますが、皺寄りなど衝撃を吸収した痕跡はありません。
大要素では良い結果となりましたが、フレームの線傷やステップ曲がりなどもあり細かいところでマイナス査定となっています。

アウターチューブの削れ傷
電装・保安系

電装系はセル始動で異音があり要調整ですが、配線加工がない点は高評価。
シフトタイミングインジケーターもあるR3のメーターですが、埃が積もっており保管状況が良好ではなかったことを物語っています。
ミラーカバーの転倒傷、ウィンカーレンズの傷、エキパイの目立つ錆、マフラーの転倒傷やへこみ等、マイナスとなった査定箇所が多く電装・保安部品の評価も年式並み未満に甘んじる結果となりました。

排気口には煤が付着し、外側には転倒傷
総合評価と買取価格

以上のように転倒車として外傷が目立ったほか、2015年モデルとしては年式以上に使用感や疲労感が色濃く、車両の状態としては年式平均を下回る難あり状態といえます。
下段で詳しくご案内しておりますが、難あり状態のYZF-R3の買取相場は10~20万円台前半。

走行距離も約2万キロと、低走行車が多いR3の中では相対的にかなり走行距離が多く、煙吹きなどのエンジン不調も加わって、難あり車両としても価値が低く、相場的には10万円台前半の査定価格となる状態でした。
不調が多く、外相の目立つ店頭車両ではありましたが、弊社販売店での修復後の直販も視野に入れつつ、利益を限界まで削り18万円の査定価格で買取させていただきました。

お客様のご感想と買取後記

「まさか、エンジンかけてくれるとは思わなかった」とはお客様のお言葉。
転倒後、しばらく動かしていなかったそうで、査定時にはバッテリー上がりでエンジンが始動しない状態でしたが、携帯しているブースターを繋いで根気よくアクセルを回してエンジンを始動させることができました。
多くの場合でエンジンが始動出来たほうが、始動しない場合よりも査定評価が高くなることが多いためエンジン始動できてほっといたしました。

YZF-R3はいくらで売れるのか?適正相場

2015年4月にメーカー希望小売価格63.1万円で売りだされたYZF-R3 ABS(以下YZF-R3)。
2016年と2017年モデルで新色を伴うカラーリング変更が実施され、2018年モデルのカラーリング変更では排ガス規制対応もあったため希望小売価格が64.2万円と1万円強値上がりしました。
兄弟社のYZF-R25(YZF-R25の買取事例)が排ガス規制対応したたことで2018年モデルから型式がRG10JからRG10Jへ変更されましたが、R3の型式に変更はありませんでした。
発売から2018年モデルまでカラーリング以外のに目立つ仕様変更がなかったYZF-R3。
2019年モデル当あたりでのフルモデルチェンジが予想されていますが、2018年現在では新車の実勢価格として、2017年モデルは45万円台~、2018年モデルは49万円台~の価格で売られています。
実走行のある中古車の多くは40万円台の車両価格で販売されているYZF-R3ですが、売却の際はいくらで売れるのでしょうか?
買取業者の査定価格の指標であり、販売業者の仕入れ値であり、つまり日本の中古バイクの相場を決定している業者間オークション市場の取引データを使用して、R3の適切な買取相場をご案内差し上げます。

状態別の買取相場
  • ▼状態を表す評価点の目安|YZF-R3
  • 評価点8以上 新車同様
  • 評価点7 超極上
  • 評価点6 極上車
  • 評価点5 良好車
  • 評価点4 若干の難あり
  • 評価点1 事故車や不動車
YZF-R3|評価点別の取引相場
状態/
落札価格帯
評価点
8以上
評価点
6~7
評価点
5
評価点
4
評価点
1
45~49万円 0台 0台 1台 0台 0台
40~44万円 1台 1台 1台 0台 0台
35~39万円 0台 7台 8台 1台 0台
30~34万円 0台 0台 16台 4台 0台
25~29万円 0台 0台 2台 8台 0台
20~24万円 0台 0台 1台 2台 3台
15~19万円 0台 0台 0台 3台 6台
10~14万円 0台 0台 0台 0台 2台
10万円未満 0台 0台 0台 0台 4台
(2018年4月時点で、業者間市場の落札データを過去半年間遡った数字)
(業者間市場とは全国で買取されたバイクの9割以上が出品される市場で、販売店と買取店の会員企業間で取引されるの業者間のオークション市場。そこで落札された金額が買取業者の査定価格の基準値となっています)

■買取相場のボリュームゾーンは30万円弱

上記は、車両状態を横軸に、落札金額を縦軸にして、取引台数を記載した表です。
状態別に取引台数が多い升目を目立つように黒塗りしています。
黒塗した升目が階段状に右肩下がりになっており、状態が良いほど高額で取引される傾向にあり、その逆も然りとなっていることが見て取れ。状態と取引相場(買取相場の前提指標)は連動していることが分かります。

各評価点別の取引額を見ていくと、
評価点8以上で取引された1台は、走行0kmの未使用車で評価点は10点の2018年モデルで取引金額は42.8万円となっています。
この車両が状態の頂点であり、YZF-R3の買取相場の上限の指標となりそうです。
続いて、評価点6~7点の極上車は30万円台後半での取引が多く、評価点5の良好車は30万円台前半に取引が集中し、評価点4の難アリ車は10万円台後半~20万円台に取引が分布しています。
上記がYZF-R3の状態別の取引相場です。
取引相場を買取相場に換算するには、市場での取引相場から買取業者の儲けと経費(出品手数料や運送費など)を差し引く必要があります。
業界構造として、買取業者の販路の圧倒的主流が業者間市場となっているためです。
中型バイクの場合、買取業者の儲けと経費の合計額は3~4万円程度が、お客様にとって競争力のある査定額で適正な査定相場となります。
業者の経費と儲けを差し引いた査定現場での適正な買取相場は下記のようになります。
  • ▼査定現場での買取相場|YZF-R3
  • 新車同様だと、40万円付近
  • 極上車は、30万円台前半~半ば
  • 良好車は、20万円台後半~30万円台前半
  • 難有車は、10万円台~20万円台前半

■R3事故車の買取相場

事故車や故障車・不動車など実働状態にない、評価点1のYZF-R3は直近は6カ月間で15台が取引されました。
最低額の6.1万円で取引された個体はフロントフォークが折れて前輪が車体から分離しています。
一歩、最高額の21.2万円で取引された個体は写真からは損傷個所が特定できない綺麗な車体ですが、フロントフォークが歪んでいる可能性がありそうです。
目立つ外傷のある事故車では、18万円で取引された個体が、左サイドのセンターカウル全損・フレームに目立つ傷・ラジエター変形・アッパーカウル破損。
13万円で取引された個体が、前面潰れでフォーク曲がり大。10万円未満で落札された個体群はフレームが再利用できない状態である可能性が高そうな状態となっています。
以上のことから、市場の取引相場から3~4万円を差し引いた査定現場での買取相場をまとめると以下のようになります。
  • ▼事故車の買取相場|YZF-R3
  • 全損車両は、パーツ価値で数千円~7万円程度
  • フレームが利用可能な場合は、5~15万円程度

続いてカラーリングによって買取相場に差があるのか?見てみましょう。

カラーリング別の買取相場

  • ▼2015年モデル|YZF-R3
  • ディープパープリッシュブルーメタリック(青/銀)
  • ブラックメタリック(艶黒)
  • ビビッドレッドカクテル(白/赤)
  • ▼2016年モデル|YZF-R3
  • ディープパープリッシュブルーメタリック(青/銀)
  • ホワイトメタリック(白/赤)
  • マットグレーメタリック(艶消黒)
  • ▼2017年モデル|YZF-R3
  • ホワイトメタリック
  • ディープパープリッシュメタリック(青/銀)
  • マットブラック(艶消黒)
  • Movistar MotoGP Edition(青)
  • ▼2018年モデル|YZF-R3
  • ディープパープリッシュブルーメタリック(青/銀)
  • ブラックメタリック(青)
  • ホワイトメタリック(艶黒)
2015~2018年モデルまで、各年にカラーリングとデザインパターンの変更があり、見た目のカラーリングで何年モデルか特定できるYZF-R3ですが、
基本のメインカラーは、『青』『白』『黒』の3色。
『白』は、2017年モデルでアクセントカラーが赤から黄色に変更に、
『黒』は、2016年モデルと2017年モデルの『黒』がマットなのに対して、2015と2018年モデルがメタリックであること。
『青』は、2017年モデルで銀の領域が狭まり、2018年モデルでは青一色となりました。
また2017年のMovistar MotoGP Editionは、ディープパープリッシュブルーメタリックにスポンサーのMovistarとeneosuロゴを配置したMotoGPマシン仕様となっています。
以下カラーリング別の買取相場を見てみましょう。

カラーリング別の取引相場|YZF-R3実働車
平均落札額 最高額 取引台数
艶けし黒 30.0万円 39.2万円 6台
艶黒 30.7万円 38.0万円 13台
青/銀 32.8万円 42.0万円 22台
31.8万円 31.8万円 1台
青/MotoGP
Edition
40.6万円 45.4万円 3台
白/赤 31.8万円 万円 9台
白/黒/黄 29.4万円 38.2万円 2台
(カラーリングはセンターカウルの配色)

まず目につきのが、黒系と青/銀(2015~2016年のディープパープリッシュブルーメタリック)の台数の多さ。
人気カラーであることが分かります。買取の際は売れやすい人気カラーということで、気持ち査定価格がプラスに働くでしょう。

続いて、Movistar MotoGP Edition(YZF-R3モビスター モトGP エディション)の取引価格の高さに着目したのですが、取引概数が少ないうえに走行0kmの未使用車も混ざっているため、傾向地としては弱いと言わざるを得ません。
とはいえYZF-R1XSR900SR400V-MAX、 BOLT、 マジェスティSなど多くの車種において、、2017年のイエロー/黒ストロボの60th Anniversaryモデルがプレミアムのカラーリングとして相場が高くなっていることを踏まえると、Movistar MotoGP Editionの相場が数万円高そうなことは 想像できます。買取査定価格に反映するにはややデータ不足ではありますが、弊社パッションのように販売店仕入れであればカラーリングでの査定価格上乗せも十分期待できるでしょう。

YZF-R3の買取相場は、季節要因(夏場が高い)によっても変動しますし、発売から3年以上経過していることもあり時系列でも変化しています。
今後はフルモデルチェンジも予想されます。新モデルが登場した後の旧モデルの相場は急変も予想されます。
最新の相場情報は、自動査定(更新が遅れているケースがございます)やお電話で迅速にご案内いたしております。
YZF-R3の買取査定はパッションにお任せくださいませ!
その他、どんなことでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

YZF-R3の買取相場

YZF-R3
状態の良いバイクの業者間取引市場(定例オークション)における、
買取時点直近6ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 56台
平均価格: 321,964円
最高価格: 454,000円
最低価格: 168,000円

事故車・不動バイクの業者間取引市場(蚤の市オークション)における、
買取時点直近12ヶ月間の取引成立価格は

取引台数: 15台
平均価格: 150,133円
最高価格: 212,000円
最低価格: 61,000円

相場情報:2018年4月9日時点

業界の買取相場/業者間取引市場とは?
業界の買取相場/業者間取引市場とは? パッションのオンライン査定ではバイクの車種別に直近の相場データをお知らせしています。

 YZF-R3いくらになる?
  • 無料出張査定
  • 無料オンライン査定
パッションだから実現できるバイク買取価格
パッションだから実現できるバイク買取価格
事故車不動車も買取ってます
事故車不動車も買取ってます
YZF-R3買取査定お任せください
買取査定お任せください

YZF-R3は売ろうと考え時が一番高く売れます

愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118