バイクパッション フリーダイヤル tel-0120819118
メニュー開閉ボタン
オンライン査定 相場情報をご案内 無料出張査定 全額現金でお支払い
nsr250r
調整画像 高額買取 お笑い芸人パッション屋良 nsr250r最強の買取価格
10秒で愛車を見積る

個人情報不要です

全車種の買取相場

データ最終更新:2020年09月11日

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118

【NSR】買取査定事例を一挙公開!

ホンダNSR250Rは、初代モデルが1986年にデビューしました。
車名はNew Sprinter Revolutionの略であり、その名のとおりバイク界に革命を起こした一台です。
スタイリングや性能はワークスレーサーであるNSR250と変わらず。
500のV4を縦割りにした90°Vツインエンジンには、1985年にWGPでフレディー・スペンサーがホンダにもたらした500cc&250ccのダブルタイトルを獲得したテクノロジーを余すことなく盛り込まれています。

最新の買取相場をcheku!

NSR買取査定実例

NSR事故車・不動車

NSR250R 概要

NSR250R誕生秘話

ホンダは1983年に、公道走行可能車として世界初の2ストロークV型3気筒エンジンを搭載したMVX250Fを発売するものの、マシントラブルやライバル各社から魅力的なバイクが発売されたことにより人気が低迷、わずか1年でレーシングマシンRS250Rと基本設計を同じくした「NS250R」にバトンを渡すことになります。

時代はレーサーレプリカブームに突入し、より過激でワークスマシンに近いスペックが求められるようになる中、ヤマハがTZR250を発売、リードを広げます。
ホンダは巻き返しを図るべく、1986年にNS250Rを極限まで進化させたNSR250Rを発売します。

パワーユニットは先代であるNS250RのVツインの形態を継承しながらピストンリードバルブからクランクケースリードバルブに変更。
市販レーサーであるRS250と同時開発するなど、レーサーレプリカとしてのコンセプトを忠実に再現し、そのクオリティの高さから、瞬く間にトップセールスを記録しました。

こだわりのV型レイアウト

V型エンジンは幅がスリムなのでバンク角が深く、低重心化を図ることができます。
また前傾して前方に設置することにより直進性と旋回性を両立。
さらにエンジンを90°の狭角にしてリジットマウントにすることにより振動の減少、さらにはフレームの軽量化や高剛性化をも可能にしているのです。

最速のための最新のメカニズム

吸気ポートをシリンダーからクランクに移すことで、ポート面積の拡大とシリンダーケースの剛性が図れること、さらにピストン位置に関係なくケース内の負圧のときは常に吸気が可能になり、大幅な効率の向上が図られています。
さらにコンピューター制御により、排気タイミングがコントロールされ、回転数に応じた最適なポートタイミングを受けられるようになっているのです。
こうした最新メカニズムを纏い、最速を実現したNSR250Rは、その後のバイクシーンに大きな影響を与えるマシーンとなったのです。

NSR250Rの遍歴

  • 1986年モデル
    「レーサーレプリカ」というよりは「レーサーに保安部品を付けたバイク」と呼ぶにふさわしいポテンシャルを引っ提げて登場した意欲作。
    一部部品には「HONDA RACING」の刻印が入り、競技用車両とパーツの設計を一にしている点も注目されました。
  • 1988年モデル
    市販レーサーのRS250と同時開発されたスピードリミッター無しの最後のモデル。
    初期型よりボア径を4㎜アップさせたことによっておこるキャブレターの問題を、新システムのPGM・キャブレターシステムを搭載することにより解消。
    ワークスレーサーNSR250からのフィードバックによりすべてに改良を行い、許容回転数を最高500rpmもアップさせるなど、とてつもない進化を遂げています。

    また上級モデルとしてSP(Sports Production)を限定販売。
    量産車初の軽量のマグネシウム製ホイールを装着。
    高効率の乾式多板クラッチを標準装備していました。
  • 1989年モデル
    販売2年目からすでにイヤーズモデルとして定着し、年々進化を遂げている1989年モデルNSR250Rは、WGP250ccクラス4年連続メーカーチャンピオンマシンのレイアウトをそのまま採用。
    PGM・キャブレターシステムⅡ、PGMイグニッションⅡの採用など、内容面での充実が図られています。
    このモデルでもSP仕様を販売。
    テラカラー(清水雅広)を身に纏い、スペシャルパーツで構成されていました。
  • 1990年モデル
    向上しすぎたNSR250Rのパワーは、「誰もがどこでも楽しめる」バイクではなくなっていました。
    1990年モデルは、それまでのレーサーレプリカの方向性を変えたモデルといえます。
    出力特性を制御するコンピューターはPGM-IIIに進化。
    ワイドになったパワーバンドにより、サーキットユースだけでなく市街地での乗りやすさを向上。
    扱いやすさを兼ね備えた出力特性が与えられました。
  • 1993年モデル
    疾風のごとく駆け抜けたNSR250Rの最終モデル。
    メーカー4社の自主規制によりチャンバーの入り口を絞られ、40馬力にパワーダウンしていますが、社外品のチャンバーに交換することで本来のパワーに戻すことが可能です。
    エンジンマネージメントシステムは新システムのPGM-IVを採用。
    PGMメモリーカードキーによりハンドルロックの解除やエンジンを始動します。
    また、競技専用のPGMメモリーカードを使用することでエンジンの特性を簡単に変更することができました。
関心が高まる排ガス規制問題に対しホンダは、今後市販車の2ストロークモデルの販売を行わないという方針を打ち立てたため、NSR250Rの日本国内販売は1999年を持って終了しました。
そのため中古市場では新車以上のプレミアが付き、高価で取引されています。
機会があれば一世を風靡したモンスターマシンの加速を体感してみてください。

NSR250Rは売ろうと考え時が一番高く売れます

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い

買取査定の安心ステップ

【リピーターやご紹介のお客様が非常に多い】 のは、お客様の立場に立った誠実な査定と相場以上での高額査定が評価されてのことだと自負しております。
事実、パッションのバイク買取査定はお客様満足度95%超!
弊社パッションは最高の接客と特別な買取価格で常にお客様満足度No1を追求しています。
【当社の査定員はみんな査定資格とマナー講習を修了】
お客様が気持ちよく満足してオートバイを売るできる事がとても大切だと考えています。 買取提示価格がお客様のご希望金額に届かない等、御満足頂けない 場合は買取不成立となりますが、その場合もパッションの査定はモチロン無料です! 査定は全て、最初から最後まで無料。安心してお気軽に最高の無料査定をお試しして頂けます。

バイクパッションについて

出張買取エリア

北海道を除く全国で出張査定
パッションの査定士

【即日対応!資格を持った査定士がお伺いいたします】
全国の支店からご希望日時に出張査定にお伺いしています。弊社の査定員は全員。査定士の資格を取得し、マナー講習を修了しております。
リピーターやご紹介のお客様が非常に多いのには理由がございます。
最高の査定額と最上のご対応でお客様のご期待にお応えいたします。

買取の際に必要なもの

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い
to top