査定風景 調整画像 高額買取 お笑い芸人パッション屋良 査定もすごく親切だね
バイクのイメージ画像

最新!買取査定相場

FLTRXSE-CVO ロードグライド 【2018~22年|M8 117】

下記、自動見積りの表示金額は査定現場での実際の買取額!
買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の(年間 約20万台の)取引データを忠実に反映し、業者の最低限の儲けと経費を差し引いた競争力の高い買取額を表示しています。

高額買取 お笑い芸人パッション屋良

業者の指標である買取相場を把握することは、適正価格以上での売却に繋がります!先ずは詳細な相場情報をご覧くださいませ。

より詳しくお知りになりたい方は
0120-819-118(全国対応!年中無休9:00-21:00)

出張買取予約
FLTRXSE-CVO ロードグライド 【2018~22年|M8 117】 の買取相場

データ最終更新:2024年02月23日

  • 出張査定を予約する
  • 無料査定のご希望日時
    査定は全て無料です (お断り頂いても無料です)
    査定自体は5分。お支払いと車両の引取を含めても20分程です

    戻る 02月27日〜03月04日 進む
    27
    28
    29
    01
    02
    03
    04
    8:00-
    10:00
    10:00-
    12:00
    12:00-
    14:00
    14:00-
    16:00
    16:00-
    18:00
    18:00-
    20:00
    20:00-
    21:00
  • 郵便番号

  • 町名の先のご住所(バイクの保管場所)

  • お電話番号(ハイフンなし 数字のみ)

  • メールアドレス

  • お客様のお名前

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い

FLTRXSE-CVO ロードグライド 【2018~22年|M8 117】毎週更新の買取査定相場

FLTRXSE-CVO ロードグライド 【2018~22年|M8 117】 買取査定に役立つ豆知識

【車両解説】FLTRXSE-CVO ロードグライド 【2018~22年|M8 117】
FLTRXSE-CVO ロードグライド 【2018~22年|M8 117】

創業から115周年という節目の年を迎えることになった2018年モデルのハーレーは、ラインアップ構成の大きな変化が見られた。リアにツインショックを装備してスポーティテイストを強調する「ダイナ」ファミリーがリジットスタイルの「ソフテイル」に統合されたのだ。そして最高峰のファクトリーカスタムマシンが展開される「CVO」ファミリーには、従来のMilwaukee Eight 114エンジン1,868ccをボアアップによって117キュービックインチ(1,923cc)まで拡大したMilwaukee Eight 117を与えられた。
この2018年式「CVO」ファミリーは、3モデルで展開。その1台が本モデル「FLTRXSE CVO ロードグライド」である。
ベースになっているのは「FLTRXS ロードグライド スペシャル」だが、数々のハイクオリティ純正カスタムパーツによって全くの別物に仕上げられている。特徴的なディテールは以下の通り。

・Milwaukee Eight 117エンジン
・ハイパフォーマンスサスペンション
・プレミアムインフォテイメントシステム
・フロント21インチ大径カスタムホイール
・カスタムペイント

マシンの心臓部には、ボア・ストロークが103.5mm×114.3mmの1,923cc空冷Milwaukee Eight 117エンジンを採用。先代ユニットとのMilwaukee Eight 114のボア径102.0mmを拡大することで排気量アップが図られたエンジンとなる。
2018年式の本モデルは、3,500回転166Nmというスペックでデビュー。ベースモデルの「FLTRXS ロードグライド スペシャル」に関しては、1,745ccのMilwaukee Eight 107を搭載しており3,250回転150Nmという最大トルクだった。
ちなみに前年の「CVO」ファミリーに採用されていたMilwaukee Eight 114は、2018年のニュー「ソフテイル」ファミリーに属する「FLHCS ヘリテイジ クラシック」、「FLFBS ファットボーイ」、「FXBRS ブレイクアウト」、「FXFBS ファットボブ」に搭載されていた。
本モデルの足回りは、フロントにSHOWA製の49mm大径デュアルベンディングバルブフォークをセットして21インチのグロスブラック&コントラストクローム仕上げのノックアウトホイールをセット。「ツーリング」マシンでフロントに21インチの大径ホイールを装着しているのは「FLTRXSSE CVO ロードグライド」が唯一のマシンで圧倒的な存在感を醸し出している。ブレーキは300mmのダブルディスクに32mmの4ピストンキャリパーを組合せる。
リアはサドルバッグ内側に工具不要でプリロード調整が可能なプレミアムローサスペンションを装備。そこに18インチホイールをセットする。
デーメーカー製のデュアルLEDヘッドライトをインストールするシャークノーズフェアリングはフレームマウント。その内側にはプレミアム仕様のインフォテイメントシステムが組み込まれる。「ツーリング」モデルに装備されているような車体リアセクションのアンテナは取り付けられていないのでスッキリとしたロー&ロングで攻撃的な車体フォルムは犠牲になっていない。
カラーリングは、ブラックエンジン仕様のダークテイストバージョンとクロームカバー仕上げの煌びやかなバージョンの異なるタイプが展開された。国内向けは456万5,600円(税込)で発売された。
デビュー以降は、カラーチェンジや仕様変更を受けながら継続ラインアップとなっているが、登場翌年の2019年モデルで早速ブラッシュアップを受けて以下の仕様変更を実施。

・ヘビーブリーザーエアクリーナー採用
・インフォテイメントシステム日本語対応
・フロントスポイラー装着
・ロッカーボックスカラーリングチェンジなど

新たにスクリーミンイーグル製の剥き出し型エアクリーナーが取り付けられたことで、最大トルクは3,750回転171Nmまで高められた。そしてスポーティなフロントスポイラーを装着することでアグレッシブな印象をさらに強調。
実用性面ではインフォテイメントシステムが日本語に対応したことで利便性が大きく向上。
以降は2020年モデルで最新安全装備RDRS(リフレックス・ディフェンシブ・ライダー・システム)を採用。重量級ハイパワーマシンを操作するうえでの安心感や信頼性がアップ。
デザイン面ではカフナコレクションのアクセサリーが各部に装着されてイメージチェンジ。
そして2021年式では、デザインや実用性面でのアップデートを受けた。

・ロックフォード製ハーレー専用オーディオ採用
・アルミリム&スチールレースコンボホイール採用
・インストゥルメントデザインリニューアルなど

オーディオシステムの刷新でラインディング時の快適性が向上。高級マシンに相応しい音響効果をライダーとパッセンジャーに提供する。
各部のブラッシュアップを施しながら最高のスタイルと快適性を高め続けているカスタムバガーマシンだ。

買替や売る際の買取査定は、2018年式~ FLTRXSE CVO ロードグライドの中古価値に精通しているバイクパッションに!

解説記事更新日:2023年01月20日

【スペック・仕様】
車名/型式/年式 FLTRXSE CVO ロードグライド /2019年モデル
発売年月 2018年
車両サイズ(mm)・重量(kg) 全長 2,460mm 重量 405kg
シート高・最低地上高(mm) シート高 680mm 最低地上高 125mm
エンジン機構・最高出力・燃費 Milwaukee Eight 117・171Nm/3,750rpm
エンジン始動・燃料供給装置・タンク容量 セル・インジェクション・22.7L
新車販売価格 468万4,200円(税込)
ジャンル ハーレーCVOハーレー ツーリングロードグライド
【ライバル・兄弟車】最新買取相場

実働車【年式別 平均取引額】 FLTRXSE-CVO ロードグライド 【2018~22年|M8 117】

【万円】

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格

2024年2月時点から12ヶ月間遡った数字

【年式別】平均買取額の目安

平均
N/A万円
平均
382.7万円
平均
340.5万円
平均
323.0万円
平均
284.8万円

※データ更新:2024年02月23日

【実働車の取引価格帯】 FLTRXSE-CVO ロードグライド 【2018~22年|M8 117】

単位【万円】

買取業者の転売先である業者間オークション市場の取引価格帯

2024年2月時点から12ヶ月間遡った数字

【取引価格帯と構成比】

最高
400 ~ 450
万円
%
12
構成比
最多
250 ~ 300
万円
%
47
構成比
最低
200 ~ 250
万円
%
6
構成比

※データ更新:2024年02月23日

【状態別の取引額】 FLTRXSE-CVO ロードグライド 【2018~22年|M8 117】

最高額
平均落札額
最低額
【評価点】
【万円】

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格

2024年2月時点から12ヶ月間遡った数字

【状態別買取額の目安】

7
超極上
最高
平均
最低
取引
418.0万円
379.3万円
340.5万円
2台
6
極上
最高
平均
最低
取引
400.0万円
350.0万円
300.0万円
2台
5
良好
最高
平均
最低
取引
338.0万円
287.4万円
237.5万円
12台
4
軽い難
最高
平均
最低
取引
360.4万円
360.4万円
360.4万円
1台
1
事故
不動
最高
平均
最低
取引
230.2万円
230.2万円
230.2万円
1台

※データ更新:2024年02月23日

【実働車|過去60ヶ月の買取相場の推移】 FLTRXSE-CVO ロードグライド 【2018~22年|M8 117】

最高額
平均落札額
最低額

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格の推移

査定現場での買取価格は上記取引金額から業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります
※51~125ccの場合、上記転売金額から2万円程度差し引いた金額が正味の買取額となります

2024年2月時点から60ヶ月間遡った数字

【平均買取相場の変動】

対前年比
-13
% down

【2023年間 vs 2024年間】

対3前年比
-30
% down

【2021年間 vs 2024年間】

年間平均
取引台数
10

過去4年間の取引台数÷4

※データ更新:2024年02月23日

実働車【年式別|買取相場の推移】FLTRXSE-CVO ロードグライド 【2018~22年|M8 117】


  • 2022年式

  • 2021年式

  • 2020年式

  • 2019年式

  • 2018年式

買取業者の転売先である業者間オークション市場の平均取引価格の推移

査定現場での買取価格は上記取引金額から業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を差し引いた金額となります
※51~125ccの場合、上記転売金額から2万円程度差し引いた金額が正味の買取額となります

2024年2月時点から60ヶ月間遡った数字

【平均買取相場の変動】

対前年比 対3年前比 2024年の取引台数
2022年式 - - 0 台
2021年式 -15 - 1 台
2020年式 -100 - 0 台
2019年式 -100 -100 0 台
2018年式 -8 -33 3 台

※データ更新:2024年02月23日

spacer-for-layout
自動査定の金額】は査定現場での実際の買取額です。
買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の(年間 約20万台の)取引データを忠実に反映し、業者の最低限の儲けと経費を差し引いた競争力の高い実際の買取額を表示 しています。

【グラフ領域の金額】は買取業者の転売額です。
転売額とは買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場での落札金額に当たります。
業者間オークション市場とは買取業者と販売業者が参画する競り市場で、年間に約20万台のオートバイが取引されています。
実は買取業者が買取したバイクの約9割は上記市場において転売されています。
そのため、業者間市場での取引額(業者の転売額)から買取業者の儲けと経費(運送料や出品手数料など)を割引いた金額が査定現場での実際の買取額になります。
業者間での取引額から割引かれる金額は、単価の低い原付バイクで0.6万円から、100万円を超える高額車両では6万円までが適正かつ競争力の高い割引額と言えます。
率にすると概ね2%~10%の(高額車両ほど率が低い)割引率なので、業者間での取引額の90~98%が実際の買取額となると憶えておけば、査定額の妥当性や競争力を判断する材料になることでしょう。

FLTRXSE-CVO ロードグライド 【2018~22年|M8 117】 上位20台の取引額 (データ更新:2024年02月23日)

落札額 評価点 車台番号 走行距離 カラー
1 FLTRXSE-CVO ロードグライド 【2018~22年|M8 117】 418.2万円 7.3点 1TCL5XMB 1,697km
2 FLTRXSE-CVO ロードグライド 【2018~22年|M8 117】 400.2万円 5.5点 1TCL5XMB 5,002km
3 FLTRXSE-CVO ロードグライド 【2018~22年|M8 117】 360.6万円 4.0点 1TCLE1KB 44,093km
4 FLTRXSE-CVO ロードグライド 【2018~22年|M8 117】 340.7万円 6.8点 1TCL59LB 2,272km
5 FLTRXSE-CVO ロードグライド 【2018~22年|M8 117】 338.2万円 5.0点 1TCLE5JB 1,400km
6 FLTRXSE-CVO ロードグライド 【2018~22年|M8 117】 330.1万円 4.5点 1TCL53MB 2,644km
7 FLTRXSE-CVO ロードグライド 【2018~22年|M8 117】 302.1万円 4.5点 1TCLE7JB 8,760km
8 FLTRXSE-CVO ロードグライド 【2018~22年|M8 117】 300.1万円 5.7点 1TCLE7JB 12,326km
9 FLTRXSE-CVO ロードグライド 【2018~22年|M8 117】 299.9万円 4.7点 1TCLE6JB 2,887km
10 FLTRXSE-CVO ロードグライド 【2018~22年|M8 117】 295.1万円 4.5点 1TCLE8JB 22,444km
11 FLTRXSE-CVO ロードグライド 【2018~22年|M8 117】 285.4万円 4.7点 1TCLEXKB 22,134km
12 FLTRXSE-CVO ロードグライド 【2018~22年|M8 117】 284.9万円 4.7点 1TCLE6JB 22,304km
13 FLTRXSE-CVO ロードグライド 【2018~22年|M8 117】 280.9万円 5.0点 1TCLE3JB 2,333km
14 FLTRXSE-CVO ロードグライド 【2018~22年|M8 117】 269.9万円 4.7点 1TCLE1JB 14,138km
15 FLTRXSE-CVO ロードグライド 【2018~22年|M8 117】 264.9万円 4.8点 1TCLE5JB 17,666km
16 FLTRXSE-CVO ロードグライド 【2018~22年|M8 117】 259.8万円 4.7点 1TCLE5JB 17,332km
17 FLTRXSE-CVO ロードグライド 【2018~22年|M8 117】 237.3万円 5.3点 1TCLE5JB 32,272km

【評価点】8点以上:新車 7点:超極上車 6点:極上車 5点:良好車 4点:多少の使用感 3点:難有 2点:劣悪 1点:事故不動
(※3~4点の評価ながら、値段が跳ねているケースの多くは純正品の無いカスタム車です)

【走行距離】単位はkm

上記は買取業者の最大の転売先である業者間オークション市場の落札金額のデータ
業者間オークション市場では年間に約20万台の中古バイクが取引されています

買取実例

実働車
全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い

買取査定の安心ステップ

【リピーターやご紹介のお客様が非常に多い】 のは、お客様の立場に立った誠実な査定と相場以上での高額査定が評価されてのことだと自負しております。
事実、パッションのバイク買取査定はお客様満足度95%超!
弊社パッションは最高の接客と特別な買取価格で常にお客様満足度No1を追求しています。
【当社の査定員はみんな査定資格とマナー講習を修了】
お客様が気持ちよく満足してオートバイを売るできる事がとても大切だと考えています。 買取提示価格がお客様のご希望金額に届かない等、御満足頂けない 場合は買取不成立となりますが、その場合もパッションの査定はモチロン無料です! 査定は全て、最初から最後まで無料。安心してお気軽に最高の無料査定をお試しして頂けます。

バイクパッションについて

出張買取エリア

北海道を除く全国で出張査定

【即日対応!資格を持った査定士がお伺いいたします】
全国の支店からご希望日時に出張査定にお伺いしています。弊社の査定員は全員。査定士の資格を取得し、マナー講習を修了しております。
リピーターやご紹介のお客様が非常に多いのには理由がございます。
最高の査定額と最上のご対応でお客様のご期待にお応えいたします。

買取の際に必要なもの

全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 全国対応どんなことでもお気軽にお電話ください0120819118 出張買取の予約 査定は全て無料!価格に納得→全額を現金でお支払い