thumb1 thumb2 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb7 thumb8 thumb1

Z1・Z2・ローソンレプリカ・Z400FXなど 買取 高額査定

カワサキの旧車・絶版車 買取は首都圏最大級のバイク買取販売店パッションにお任せください。
~Z1・Z2・Z1000R・Z1000MK2・ローソンレプリカ・Z400FX・Z500FX・Z750FX・KH・GPZ400F・SSマッハシリーズ~などの旧車の査定相場情報を交えて買取事例をご案内しています

750RS/Z2 買取事例

750RS/Z2

1973年発売のZ2
カワサキの旧車を代表するZ系の中でも希少性からZ1の中古流通価格を上回り中古相場が最も高い旧車の1つに数えられるZ2(750RS/Z750FOUR)。
業者間で取引される価格帯は140~150万円台が中心で、純正パーツが揃っていて状態が良い車両になると査定価格で200万円超も射程圏内です。
その人気から、長期放置などでエンジンがかからず錆び錆びの状態でも完品であれば100万円以上の値段が付く凄い車両です!


Z1 買取事例

Z1

Z系の元祖である1972年発売のZ1
73年初期モデルのZ1、74年モデルのZ1A、75年モデルのZ1Bと3モデル存在しますが、中古相場では大きな差はありませんが初期モデルが最も高値で流通しています。
業者間で取引される価格帯は120~130万円台がボリュームゾーンで、極上車になると買取の査定価格で160万円超えも期待できます。
完品であれば故障していたり錆びの激しい不動車両でも50万円は付きます。


Z1000Rローソンレプリカ 買取事例

Z1000Rローソンレプリカ

写真のローレプ(Z1000R)は伝わりにくいですが、20年近く放置されていてブレーキやチェーンが固着して押しても動かすことが出来ず、各所の劣化が激しく錆び錆びの状態の不動車でも このような金額が付きますので、買取査定の中心価格帯は100万円台ですが、特に希少性が高いZ1000R1(ローソンレプリカとしての通りが良い)で状態が良い車両であれば買取の査定価格で150万円も期待できます


Z1000MKⅡ 買取事例

Z1000MKⅡ/マーク2

今となっては不思議に映りますが、当時は不人気だったZ1979年発売の1000MKⅡ/マーク2
写真のZ1000MK2はエンジン回りなどパーツ取りのドナー車として、欠品だらけな上に、野ざらしで長期間放置されていたため、残存している各パーツの劣化が激しくボロボロとも形容できる状態でも40万円近い 金額で買取させて頂きました。買取査定の中心価格帯は120~140万円台ですが、状態が良ければ180万円も期待できます


Z1100Rローソンレプリカ 買取事例

Z1100Rローソンレプリカ

(Z1100Rはローソンレプリカではないという声もありますが・・・)中古相場もZ1000Rに比べると少し低く、業者間での取引価格は100~110万円台が中心です。
写真のZ1100Rはエンジンを載せ替えている点がマイナスとなっていますが、状態が良ければ査定価格の伸びしろが大きく期待できます


Z750FX 買取事例

Z750FX

写真のZ750FXは最終の3型で状態は劣悪だったため査定価格が伸びませんでしたが、
1型(KZ750D)・2型(KZ750E-01)・3型(KZ750E-02)とあるZ750FXは型式で中古相場(査定価格)が全く異なります。
初期型D2のZ750FXの査定相場は、100~150万円の価格帯で取引されていますが、2型3型になると30万円台が中心価格帯になっています。 状態が良ければ初期型で買取価格150万円付近、2~3型で50万円付近が狙えます。


Z500FX 買取事例

Z500FX/Z500

写真はZ500の劣化が目立つ不動車の買取事例ですが、
Z400FXとZ750FXの狭間でやや存在感が薄いZ500FXですが、買取の査定相場は30~40万円台が中心ゾーンで、状態が良ければ50万超えて伸びしろは70万円付近まであります。


Z400FX 買取事例

Z400FX

カワサキの中型を象徴する人気の旧車Z400FX
旧車としては流通数が多く400ccとしては抜群の人気を誇り、査定価格の中心帯は50~70万円台です。状態が優れているZ400FXであれば90万円近い買取価格が期待できます。
E1(1979年)~E4B(1982年)まで5つのモデルが存在しますが、中古相場では目に付くようなモデルの違いによる価格差はありません。


GPZ400F2 買取事例

GPZ400/F/F2

1983~1984年にかけて発売開始されたGPZ400/GPZ400F/F2
査定の中心価格帯は20万円台、劣化や不調などが目立つ車両は10万円台、状態が良いGPZ400F/F2になると40万円以上の買取価格が期待できます。


KH250 買取事例

KH250

90cc~500ccまで幅広い排気量を揃えるKHシリーズですが、相場が高いのはSSマッハシリーズの後継機のKH400と特にKH250
査定の中心価格帯はKH250で30万円台。KH400で50万円台。
写真のKH250はKHの特徴であるエンジンの状態が良く外装も綺麗で50万円の買取価格が付きましたが、上限ターゲットは50万円付近。KH400は状態が良ければ60万円以上から伸びしろが期待できます。


250SSマッハ 買取事例

250SSマッハ

2スト3気筒が特徴的な軽いのに唸るような加速が醍醐味のマッハ(MACH)シリーズ。
250SS(マッハ1)・350SS(マッハ2/S2)・400SS(マッハ2/S3)・500SS(マッハ3)・750SS(マッハ4)とありますが、 写真は250SSマッハ1の10年屋外放置の不動車を10万円で買取した事例ですが、マッハシリーズは排気量が大きくなるほど相場も非常に高く推移しています。
査定の中心価格帯は、750SS:80~110万円台。500SS:60~70万円台。400SS:30~50万円台。350SS:30~40万円台。 中でも状態が良ければマッハ4は150万円オーバー。マッハ3は100万円オーバーの買取価格も期待できます。


愛車の相場情報をチェック

車種と状態に応じた相場価格をご案内しています

メーカー
排気量
車種
お客様ご満足度95%超!無料出張査定

ご希望日時に無料査定に御伺いいたします

ご希望の査定日
ご希望の時間帯 時~ 時の間
お伺い先
全国対応!お気軽にお電話ください 0120-849-118